Alice blogでは、ブログに関する情報を発信しています

登録者1000人未満でもスマホでYoutubeライブを配信する方法

登録者1000人未満でもスマホでYoutubeライブを配信する方法
登録者1000人未満だけど、スマホからYoutubeライブを配信したい

このような要望にお応えします。

本記事の内容
  • Youtubeライブの配信条件
  • 登録者1000人未満でもスマホでYoutubeライブを配信する方法
  • PCであれば登録者1000人未満でもYoutubeライブを配信できる

今回は、登録者1000人未満でもスマホからYoutubeライブを配信する方法を紹介していきます。

実際に配信する手順はすべて画像つきで解説していきますので、迷わずYoutubeライブを配信できるはずです。

この記事を参考にしながら、Youtubeライブを始めてみてください




Youtubeライブの配信条件

Youtubeライブの配信条件

まずはじめに、Youtubeライブの配信条件を確認していきます。

Youtubeの公式ページには下記のように書かれており、スマホからYoutubeライブを配信するには登録者を1000人以上集める必要があるとわかります。

モバイルでライブ配信をするには、チャンネル登録者数が 1,000 人以上である必要があります。
なお、この要件は他のライブ配信ツールには適用されません。チャンネル登録者数が 1,000 人未満であっても、パソコンとウェブカメラを使えばライブ配信ができます。

Youtubeライブの配信条件

とはいえ、登録者が1000人未満のチャンネルでもスマホからYoutubeライブを配信する方法はあります。

登録者1000人未満の状態でスマホからYoutubeライブを配信したい場合には、この記事で紹介する方法を参考にしてみてください。

登録者1000人未満でもスマホでYoutubeライブを配信する方法

登録者1000人未満でもスマホでYoutubeライブを配信する方法

登録者1000人未満の状態でスマホからYoutubeライブを配信するには、「VTeacher」というアプリを使います。

ポイント
VTeacherは、無料で使えるアプリです。

VTeacherを使ってYoutubeライブを配信するおおまかな手順は、下記のとおりです。

VTeacherを使ってYoutubeライブを配信する手順
  1. VTeacherをインストール
  2. Youtubeアカウントに電話番号を登録
  3. Youtubeライブを有効化
  4. ストリームURLの追加
  5. Youtubeライブを配信

それでは、実際に手順を進めていきましょう。

VTeacherをインストール

まずはじめに、VTeacherをインストールしていきます。

ちなみに、VTeacherのアプリは下記のようなアイコンになっています。

VTeacher

VTeacherのアプリをインストールできましたら、次の手順に進んでいきましょう。

Youtubeアカウントに電話番号を登録

次は、Youtubeアカウントに電話番号を登録していきます。

お知らせ
Youtubeアカウントと電話番号の紐付けがすでに終わっている場合には、この手順はスキップしてもらってOKです。

「Safari」でYoutubeを開き、URLの隣に表示されている「あ」をタップして「デスクトップ用Webサイトを表示」を選択します。

PC版のYoutubeを開く

次に、画面右上に表示されている自分のアイコンをタップして「設定」を選択します。

Youtubeの設定

チャンネルの設定画面が開きますので、「チャンネルを追加または管理する」をタップします。

チャンネルを追加または管理する

「スマートフォンによる確認が必要な機能」のタブを開き、「電話番号を確認」をタップします。

Youtubeで電話番号の確認

電話番号の確認画面が表示されますので、入力欄に電話番号を入力して「コードを取得」をタップします。

認証コードを取得

登録した電話番号宛に認証コードが送られてきますので、6桁の確認コードを入力して「送信」をタップ。

電話番号の認証

これで、電話番号の登録は完了です。

Youtubeライブを有効化

次は、Youtubeライブを有効化していきます。

先ほどインストールしたVTeacherを開き、「ユーザー名と暗証番号」をタップして、自分のユーザー名と暗証番号を入力します。

ポイント
「ユーザー名と暗証番号」の画面には、入力を完了するボタンがありません。PINを入力すると、自動的に入力内容が決定されます。
ユーザー名と暗証番号の入力

ユーザー名と暗証番号を入力した後は、簡単な挨拶文を入力して「挨拶を投稿」をタップします。

ポイント
挨拶は「よろしくお願いします」とでも入力しておけばOKです。
挨拶を入力

初期設定が終わるとVTeacherのホーム画面が表示されますので、「Youtube」をタップします。

VTeacherでYoutubeを開く

Youtubeのサインイン画面が表示されますので、「Youtubeにサインイン」をタップします。

Youtubeにサインイン

Googleアカウントのログイン画面が表示されますので、ライブ配信をしたいYoutubeアカウントでログインします。

Youtubeアカウントにログインできると下記の画面が表示されますので、「OK」をタップします。

サインイン完了画面

Youtubeライブの管理画面が表示されますので、画面中央に表示されている「有効にする」をタップします。

ポイント
Youtubeライブの管理画面にはURLの入力を求めるポップアップが表示されると思いますが、現段階では無視してOKです。ポップアップは自由に移動できますので、作業に邪魔な場合には画面の上部にでも移動しておきましょう。
Youtubeライブを有効化

下記の画面が表示されれば、Youtubeライブの有効化は完了です。

Youtubeライブの有効化待機画面

Youtubeライブの有効化には24時間ほどかかりますので、アカウントが有効化されるまで気長に待ちましょう。

ストリームURLの追加

Youtubeライブが有効化されると、下記のようにライブ配信の設定画面が表示されるようになります。

Youtubeライブの有効化完了画面

Youtubeライブが有効化されたら、サイドバーの中にある「エンコーダ配信」をタップします。

Youtubeライブのエンコーダ配信

画面中央に「ストリームURL」という項目がありますので、URLをコピーしてポップアップの入力欄に貼り付けて「OK」をタップします。

ストリームURLの追加

次に、「ストリームキー」という項目をコピーして、再びポップアップの入力欄に貼り付けて「OK」をタップします。

ストリームキーの追加

下記の画面が表示されれば、ストリームURLの追加は完了です。

ストリームURLの追加完了画面

Youtubeライブを配信

ストリームURLの追加が終わった後には、案内に沿って進めていけばOKです。

案内に沿って進めていくと、配信方法の選択画面が表示されます。

  • カメラ配信
  • アバター配信
  • 画面共有
  • ラジオ配信

上記の中からお好きな配信方法を選び、項目をタップします。

お知らせ
この記事では、例として「カメラ配信」でYoutubeライブをする手順を紹介していきます。
配信方法の選択画面

「カメラ配信」を選択した場合にはライブ視聴のURLなどが表示されると思いますので、「ライブ配信開始」をタップします。

ライブ配信開始ボタン

すると、カメラの画面とYoutubeライブの管理画面が同時に表示されます。

ポイント
この段階では、まだライブ配信は始まっていません。

Youtubeライブの管理画面から、「エンコーダ配信」をタップします。

Youtubeライブのエンコーダ配信

画面をすこし左にスクロールして、「編集」をタップ。

Youtubeライブの編集

ライブ配信に関する設定画面が表示されますので、それぞれの項目を任意の設定に変更していきます。

ちなみに、最低でも設定しておいた方がいい項目は、下記のとおりです。

最低でも設定しておいた方がいい項目
  • ライブのタイトル(必須)
  • 説明
  • 公開設定
  • 再生リスト
  • 視聴者(必須)
  • タグ
ポイント
アプリが重い関係上、サムネイルは自由に設定することができません。カメラを使ってその場で撮影した画像はサムネイルに設定できますので、よければご活用ください。

ライブ配信に関する設定を変更し終わりましたら、右下に表示されている「保存」をタップします。

Youtubeライブの編集を保存

あとは、画面上部に表示されている「タップで開始」をタップすれば、ライブ配信が始まります。

Youtubeライブを配信開始

ライブ配信が終わった場合には、「配信終了」をタップすればライブ配信は終了します。

Youtubeライブを配信終了

ここまでで、Youtubeライブの配信方法は終わりです。

PCであれば登録者1000人未満でもYoutubeライブを配信できる

PCであれば登録者1000人未満でもYoutubeライブを配信できる

登録者1000人未満でYoutubeライブの配信ができないのは、あくまでスマホから配信する場合のみです。

したがって、PCを使えば登録者1000人未満でもYoutubeライブを配信することができます。

モバイル
スマートフォンまたはタブレットから vlog(動画ブログ)や簡単なお知らせを配信するのに適しています。
1,000 人以上のチャンネル登録者、およびカメラ付きスマートフォンまたはタブレットが必要です。

ウェブカメラ
ウェブカメラを使用してパソコンから簡単にライブ配信できます。
ウェブカメラが搭載(または接続)されたパソコンが必要です。

PCでのYoutubeライブの配信方法
登録者1000人未満の状態でスマホからライブ配信をしようとすると手間がかかりますので、PCを持っているのであればPCを使うのがおすすめですね

もしPCを持っているのであれば、PCでのライブ配信も検討してみてはいかがでしょうか。

登録者1000人未満でYoutubeライブを配信するなら「VTeacher」がおすすめ

登録者1000人未満でYoutubeライブを配信するなら「VTeacher」がおすすめ

これで「登録者1000人未満でもスマホでYoutubeライブを配信する方法」の内容は終わりです。

登録者1000人未満でスマホからYoutubeライブを配信するなら、「VTeacher」を使うのがおすすめです。

VTeacherを使って、すぐにでもYoutubeライブを配信をできるように準備してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。