Alice blogでは、ブログに関する情報を発信しています

Youtubeの画質が悪い・いきなり悪くなる原因と解決策【iPhone・Android】

Youtubeの画質が悪い・いきなり悪くなる原因と解決策【iPhone・Android】
・Youtubeの画質が悪くて困っている
・いきなり画質が悪くなってしまう

このような悩みにお答えしていきます。

本記事の内容
  • Youtubeの画質が悪い原因と対処方法
  • Youtubeを再生すると最初だけ画質が悪い

今回は、Youtubeの画質が悪い原因と対処方法を紹介していきます。

現在Youtubeの画質が悪くて困っている場合には、この記事で紹介している原因のどれかには当てはまるはずです。

Youtubeを快適に見るためにも、ぜひこの記事で紹介している対処方法を実践してみてください。




Youtubeの画質が悪い原因と対処方法3選【iPhone・Android】

Youtubeの画質が悪い原因と対処方法3選【iPhone・Android】

Youtubeの画質が悪い原因は、基本的には下記の3つです。

Youtubeの画質が悪い原因
  • 通信速度が遅い
  • 低画質の設定になっている
  • 動画自体の画質が悪い

それぞれの原因について、対処方法を交えながら紹介していきますね。

通信速度が遅い

まず1つ目の原因は、通信速度が遅いことです。

Youtubeは通信速度が遅い状態で動画を再生しようとすると、自動で画質を落とすように設定されています。

したがって、通信速度の遅い環境でYoutubeを再生しようとすると、自然と画質は悪くなってしまいます。

Youtubeを見ていていきなり画質が悪くなるのは、通信環境が悪くなって自動で画質を落としているわけですね

この問題の対処方法としては、下記のとおり。

通信環境が悪い時の対処方法
  • 通信速度の速い環境に移動する
  • 動画をダウンロードして通信を必要なくする
  • 通信速度の悪い環境でYoutubeを見るのを諦める

ちなみに自動で画質を落とす設定は変更することができまして、自分の好きな画質で固定することもできます。

とはいえ、通信環境に合わない画質で動画を再生してもカクカクになったり、そもそも動画を再生できないことになったりします。

通信環境の悪い状態では無理に高画質で動画を見ようとはせず、通信環境の良いところに移動することをおすすめします。

低画質の設定になっている

画質が悪くなる原因2つ目は、低画質の設定になっていることです。

あたりまえのことですが、Youtubeの画質設定が低画質になっている場合には、Youtubeの動画も低画質で再生されてしまいます。

現在Youtubeの画質が悪いと感じる場合には、Youtubeの画質設定を確認してみることをおすすめします。

wifiがない時に低画質に設定してそのまま…なんてこともあったりしますね

Youtubeの画質設定を確認したい人のために、現在設定されている画質が低画質かを確認する方法を紹介しておきますね。

お知らせ
この記事では、スマホ版とPC版を紹介していきます。

PCのYoutubeで低画質かを確認する方法

PCでYoutubeが低画質かを確認する方法は、まずはじめにYoutubeで何かしらの動画を再生します。

その後、画面右下にある「歯車(設定)」をクリックして「画質」を選択すれば、現在設定されている画質を確認できます。

PCで低画質かを確認する

スマホ(Youtubeアプリ)で低画質かを確認する方法

スマホでYoutubeが低画質かを確認する方法は、Youtubeのアプリを開いて何かしらの動画を再生します。

次に、画面右上にある「設定ボタン」をクリックします。

Youtubeの設定ボタンをクリック

様々な設定が表示されますので、その中から「画質」を選択すれば、現在設定されている画質を確認できます。

スマホで低画質かを確認する方法

動画自体の画質が悪い

3つ目の原因は、動画自体の画質が悪いパターンです。

Youtubeで配信されているすべての動画が高画質なわけではありません。低画質でアップロードされた動画もあれば、4Kでアップロードされた動画もあります。

もちろん、低画質でアップロードされた動画は高画質で見ることはできませんので、動画自体が低画質である可能性も頭に入れておくといいですね。

  • 通信環境も悪くない
  • 画質の設定も高画質になっている

上記のポイントを抑えているのに画質が悪い場合には、他の動画も同じ環境で再生してみてください。

もし別の動画は高画質で再生されるようでしたら、動画自体の画質が悪いとわかります。

Youtubeを再生すると最初だけ画質が悪い

Youtubeを再生すると最初だけ画質が悪い

Youtubeを再生し始めると、最初だけ画質が悪いことがありますよね。

これは「現在の通信環境にはどの画質が最適か?」を確認するために、Youtubeが画質を調整している時に起きる現象です。

したがって、動画の最初だけ画質が悪くなるのはYoutubeを開いて1本目の動画だけであり、2本目や3本目からは問題なく動画を再生できます。

Youtubeとしては一番下の画質から確認していき、どの画質までなら上げられるのかをチェックしてくれているわけですね

最初だけ画質が悪いのが気になる場合には、Youtubeの画質設定を固定することで解決できます。

というのも、最初から動画の画質を決めておけば、Youtubeが自動調整をすることがなくなるからですね。

1本目の動画から安定した画質で見たい場合には、Youtubeの画質設定を変更してみてください。

Youtubeの画質が悪い問題を解決しよう!

Youtubeの画質が悪い問題を解決しよう!

これで「Youtubeの画質が悪い・いきなり悪くなる原因と解決策」の内容は終わりです。

Youtubeの画質が悪い場合には、何かしら原因があるはずです。

この記事で紹介した対処方法を実践して、安定した画質でYoutubeを見れるようになりましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。