Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国で単身赴任すると生活費はいくらかかる?【1ヶ月の目安を紹介!】

記事内に広告を含む場合があります
・中国に単身赴任するといくらかかる?
・どうすれば費用を抑えられる?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • 中国で単身赴任する場合の生活費
  • 単身赴任の費用を抑えるコツ

この記事では、中国で単身赴任すると1ヶ月の生活費はいくらかかるのかを紹介していきます。

生活費を抑えるコツについても紹介していますので、これから渡航する場合にはぜひ参考にしてみてください。

また中国に行くと、ネット規制の影響で「LINE」「YouTube」「SNS」などがすべて使えなくなります。

ただ「VPN」というものを使えば、中国にいても上記のアプリを使えるようになります。

ちなみにVPNとの接続は5分ほどで終わり、料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行くときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、旅行前にVPNとの接続を済ませて中国でもLINEやYouTubeを使えるようにしておくといいですよ。

では中国でもLINEやYouTubeなどを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

中国から日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使って中国から日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う

中国にいるとネット規制の影響でLINEやYouTubeを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、中国からでも日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は5分ほどの作業だけでOKです。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでVPNとの接続ができます。

また通信速度も速いので、Google検索もサクサクできますし、YouTubeの再生でカクつくこともありません。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行で中国に行く方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業しておけば中国でも日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませておくといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う
備考
この記事では「 NordVPN」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイトにアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

ここまでで日本でやる作業は一旦終わりです。

日本のサーバーと接続

次に日本のサーバーとの接続方法を紹介していきます。

中国でもスムーズに日本のサーバーと接続できるように、事前に予習しておくのがおすすめです。

中国に行ったら、これから紹介することをやればOKというわけです!
備考
日本のサーバーとの接続方法も「 NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

LINEやYouTubeを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通りLINEやYouTubeを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、中国でも問題なくLINEやYouTubeを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

中国で単身赴任する場合の生活費の目安【1ヶ月】

家賃

中国での短期の単身赴任において、適切な住居を見つけることは重要な要素です。家賃は地域や都市によって異なりますが、一般的な目安を提供いたします。大都市やビジネス地区では、家賃が高くなる傾向がありますので、以下は一般的なガイドラインです。

一等市(例:北京、上海):

シティセンター: 約5,000元 ~ 15,000元/月
郊外エリア: 約3,000元 ~ 8,000元/月
二等市(例:広州、深セン):

シティセンター: 約3,000元 ~ 10,000元/月
郊外エリア: 約2,000元 ~ 6,000元/月
これらは一般的な目安であり、実際の価格は物件の条件、設備、立地などによって異なります。また、不動産市況の変動も考慮する必要があります。予算や利便性に応じて、不動産エージェントやオンラインの不動産検索サイトを活用して、適切な住居を見つけることが重要です。さらに、単身赴任の期間や予算に合わせて、フルサービスのアパートメントやショートステイ施設も検討することができます。

光熱費

単身赴任者にとって、中国での滞在中に発生する光熱費は重要な予算の一部です。以下は、一般的な光熱費の目安ですが、地域や季節によって変動することに留意してください。

電気料金:

一般的なアパートメントの場合、約200元 ~ 500元/月が一般的です。使用量や住居の広さによって変動します。
水道・ガス料金:

水道光熱費とガス代は、約100元 ~ 300元/月程度が一般的です。これも使用状況によって変動します。
インターネットとケーブルテレビ:

インターネットとケーブルテレビの費用は、約100元 ~ 300元/月程度です。通信速度や提供されるチャンネル数によって価格が異なります。
冷暖房費:

冷房や暖房にかかる費用は、季節により異なります。夏季は冷房、冬季は暖房に対応した場合、約100元 ~ 300元/月程度が一般的です。
これらの数値はあくまで一般的な目安であり、実際の費用は生活様式や使用状況によって異なります。また、不動産エージェントや賃貸契約時に確認すべき具体的な条件も考慮することが重要です。単身赴任者は、光熱費の予算も含め、快適な滞在を実現するためにしっかりと計画を立てることが求められます。

食費

単身赴任者にとって、滞在中の食費は重要な予算の一環です。中国の食文化は多様で、様々な選択肢がありますが、以下は一般的な食費の目安です。

外食:

レストランや屋台などでの外食は、地域やレストランのクラスによって価格が異なります。一般的なレストランでのランチは約20元 ~ 60元、ディナーは50元 ~ 200元程度が一般的です。
ファーストフード:

国際的なファーストフードチェーンや地元のファーストフード店もあります。セットメニューを利用すると、約20元 ~ 50元で済むことがあります。
スーパーマーケット:

自炊をする場合、スーパーマーケットでの買い物が一般的です。新鮮な食材や調味料の価格は、約200元 ~ 500元/週程度となることが一般的です。
屋台や市場:

地元の市場や屋台で購入すると、リーズナブルな価格で食事を楽しむことができます。一食あたりの費用は約10元 ~ 30元程度です。
これらは一般的な目安であり、生活様式や好みによって変動します。また、大都市と地方では価格帯が異なるため、滞在地の地域性を考慮することも重要です。食費においては、外食と自炊のバランスを取りつつ、予算を適切に管理することが滞在期間を快適に過ごすための鍵となります。

生活用品

単身赴任者が中国で1ヶ月を過ごす際に必要な生活用品は、快適な滞在を実現するために重要です。以下は、一般的な生活用品の目安です。

寝具とタオル:

寝具セット(シーツ、掛け布団、枕カバー)は、約100元 ~ 300元で入手できます。タオルも追加で約20元 ~ 50元程度かかります。
キッチン用品:

基本的な調理器具や食器類は、セットで約200元 ~ 500元ほどです。鍋、フライパン、皿、コップなどが含まれます。
洗濯用品:

洗濯洗剤や柔軟剤、洗濯かごなどは、約50元 ~ 150元程度で揃えることができます。
トイレタリー:

シャンプーやボディーソープ、歯ブラシなどの基本的なトイレタリー用品は、約50元 ~ 200元で入手できます。
掃除用具:

掃除機やモップ、ほうきといった掃除用具は、約100元 ~ 300元ほどで手に入ります。
基本的な日用品:

ティッシュペーパーや生活用洗剤、ゴミ袋などの日用品は、合わせて約50元 ~ 150元ほどで調達できます。
これらの価格は一般的な目安であり、ブランドや品質によっても変動します。滞在先が提供している設備によっては、一部のアイテムは不要かもしれませんので、事前に確認しておくことが賢明です。地元のスーパーマーケットや日用品店で必要なアイテムを揃え、快適な環境での滞在を楽しんでください。

交通費

中国での単身赴任において、移動手段や交通費の計画は滞在の重要な要素です。以下は、1ヶ月の単身赴任における交通費の目安です。

公共交通機関:

地元の公共交通機関(バス、地下鉄、トラムなど)を利用する場合、1ヶ月の定期券は約100元 ~ 300元程度が一般的です。都市によっては価格が異なりますので、滞在地において最適な選択を検討しましょう。
タクシー:

タクシー利用が必要な場合、都市や移動距離によって異なりますが、1回の利用で約10元 ~ 50元程度かかることがあります。特に大都市や交通の混雑するエリアでは、タクシーが便利な選択肢となります。
共有モビリティ(自転車シェアや電動スクーター):

大都市では共有モビリティが普及しており、自転車や電動スクーターを利用することができます。利用料金は時間や距離によって変動し、1ヶ月の利用で約50元 ~ 200元程度が考えられます。
長距離移動:

別の都市や地域への移動が必要な場合、列車や飛行機を利用することが一般的です。長距離列車や航空券の価格は移動距離やクラスによって異なりますが、数百元 ~ 数千元になることがあります。
これらの価格は一般的な目安であり、都市や利用状況によって変動します。また、交通手段の組み合わせや事前に購入することで割引が受けられる場合もあります。滞在計画に合わせて、効率的で経済的な移動手段を選択し、円滑な単身赴任生活を実現しましょう。

交際費

単身赴任中においても、仕事や社交活動において発生する交際費は注意が必要です。以下は1ヶ月の単身赴任における交際費の目安です。

仕事関連の会食:

仕事仲間やビジネスパートナーとの会食が発生することがあります。高級なレストランでの会食やビジネスランチにかかる費用は、1回あたり約200元 ~ 800元程度となることがあります。
ビジネスイベントへの参加:

セミナーやカンファレンス、ネットワーキングイベントへの参加がある場合、参加費や交通費、飲食費などがかかることがあります。これらの費用はイベントの性格や参加先によって異なりますが、1回あたり数百元から数千元になることがあります。
同僚との親睦活動:

同僚との親睦を深めるための飲み会やアクティビティがある場合、1回あたりの費用は約100元 ~ 500元程度が一般的です。
贈り物やお土産:

会社やビジネスパートナーに贈り物やお土産を購入する場合、予算によって異なりますが、数百元から数千元までが一般的です。
これらの費用は仕事やビジネスにおいて発生するものであり、社交や人間関係の構築において重要です。ただし、予算を無駄に使わず、適切な範囲で抑えることも重要です。滞在先の文化やビジネス環境に適した交際スタイルを心得、円滑な人間関係の構築に努めましょう。

通信費

単身赴任中は、効率的なコミュニケーションや仕事に必要な情報のアクセスが欠かせません。以下は1ヶ月の単身赴任における通信費の目安です。

携帯電話料金:

中国の主要な携帯通信事業者(中国移動、中国聯通、中国電信など)は競争が激しく、通信プランは多岐にわたります。一般的なスマートフォンプランの料金は、約50元 ~ 300元/月程度が一般的です。データ通信量や通話時間によって価格が変動します。
インターネット:

滞在先の住居によっては、Wi-Fiが提供されている場合がありますが、自身でインターネットを契約する場合も考えられます。ブロードバンドや光回線のプランにかかる費用は、約100元 ~ 500元/月程度が一般的です。高速で安定した接続が必要な場合は、適切なプランを選ぶことが重要です。
国際電話やローミング:

仕事や家族との国際電話が必要な場合、通信事業者によって異なるが、国際電話パッケージやローミングサービスを利用することで通話費を抑えることができます。国際通話やローミングにかかる費用は、使用状況やプランにより異なります。
これらの通信費は個人の使用状況やニーズによって変動します。事前に滞在地の通信事業者やプランを調査し、自身の通信ニーズに合った適切なプランを選択することで、便利でコスト効果の高い通信環境を整えることができます。

中国で単身赴任する場合に生活費を抑えるコツ

家賃を抑える

単身赴任者が中国で生活費を効果的に抑えるための重要なポイントは、家賃を抑えることです。以下はそのためのコツです。

地域の選択:

大都市やビジネス地区では家賃が高くなる傾向があります。比較的家賃が抑えられる郊外エリアや、交通の便のよいがらんとした地域を検討すると、予算を抑えつつも快適な生活を送ることができます。
不動産市場の調査:

滞在地の不動産市場を事前に調査し、適正な価格帯を把握することが重要です。オンラインの不動産検索サイトや不動産エージェントを活用して、適切な物件を見つける手助けとなります。
物件の設備や条件の検討:

家賃を抑えるために、物件の広さや設備条件を検討することが重要です。必要最低限の設備であれば、余分な費用をかけずに済みます。
一時的な滞在オプションの検討:

短期間の単身赴任であれば、フルサービスのアパートメントやショートステイ施設を利用することも検討する価値があります。これらの施設では家賃に加えて水道光熱費やWi-Fiなどが含まれており、総合的なコストが抑えられます。
交渉力を発揮する:

不動産契約の際には、家賃交渉の余地があることがあります。物件の状態や契約期間、支払い方法などについて交渉してみることで、より良い条件で借りることができる可能性があります。
家賃を抑えることは、単身赴任者にとって生活費を効果的に管理し、快適な滞在を実現するための一環です。地道な調査と交渉、柔軟な選択肢の検討が、予算を合理的に管理する鍵となります。

家での食事は自炊にする

単身赴任者が生活費を節約し、健康的で経済的な食事を確保するための一つの効果的な方法は、家での食事を自炊することです。以下はそのためのコツです。

食材の地元購入:

地元の市場やスーパーマーケットで食材を購入することで、通常の外食よりも格安で新鮮な食材を手に入れることができます。地元の特産品や旬の食材を活用して、予算を抑えながらバラエティ豊かな食事を楽しむことができます。
基本的な調理器具の活用:

基本的な調理器具や食器を揃え、簡単な料理をマスターすることで、外食よりも自炊が手軽になります。炊飯器や電子レンジを利用して、手軽で栄養バランスの取れた食事を作ることができます。
食事の下ごしらえと冷凍保存:

一度に多めに調理し、余った食事は冷凍保存しておくことで、忙しい日や外出が多い場合でも手軽に食事を用意できます。冷凍保存は無駄を減らし、予算と時間の節約につながります。
外食を特別な機会に限定:

外食を特別な機会や社交の場に限定し、普段の食事は家での自炊に徹することで、生活費を効果的に節約できます。外食は特別感を楽しむためのアクティビティと位置づけることで、予算をコントロールしやすくなります。
自炊によって、食事代の節約だけでなく、健康的な食生活を維持することも可能です。地元の食文化を味わいながら、自分の好みや栄養バランスに合った料理を楽しむことで、単身赴任中の生活をより豊かにすることができます。

移動は自転車や徒歩をメインにする

単身赴任者が生活費を効果的に抑えるための一つの手段は、移動手段を自転車や徒歩に重点を置くことです。以下はそのためのコツです。

自転車の利用:

大都市や商業地域では、自転車が広く普及しており、市内の移動に利用することができます。自転車は公共交通機関よりも費用が抑えられ、健康促進や環境への貢献も期待できます。
ウォーキング:

短い距離の移動や日常の用事には、徒歩が効果的です。特に住居と仕事場が近い場合は、毎日の通勤や買い物を歩いて行うことで、交通費を削減できます。
共有モビリティの活用:

大都市では自転車シェアや電動スクーターシェアなどが利用可能です。これらの共有モビリティを上手に利用することで、短距離移動が手軽になり、交通費を節約できます。
交通カードの活用:

公共交通機関を利用する際には、交通カードを活用することで、料金を事前に支払っておくことができます。これにより、現金の取り扱いを減らし、予算を効果的に管理することができます。
遠出の際は公共交通機関:

遠出や大きな荷物を運ぶ場合は、公共交通機関を利用すると効率的です。長距離の移動には、列車やバスを上手に活用して、移動費を抑えましょう。
これらの移動手段の工夫により、交通費を抑えつつも効率的かつ快適な生活を実現することができます。地元の状況や滞在地の文化に合わせて柔軟に移動手段を選び、経済的かつ健康的なライフスタイルを築いてください。

スマホは格安SIMを使う

単身赴任者が生活費を効果的に管理するための一つの重要なポイントは、スマートフォンの通信費を格安SIMに切り替えることです。以下はそのためのコツです。

格安SIMの選定:

中国の通信市場では複数の格安SIMプロバイダが存在し、通信プランも多岐にわたります。自身の通話やデータ使用量に合わせて、料金やサービスを比較し、最適な格安SIMを選ぶことが重要です。
データプランの最適化:

単身赴任中は外出が多く、データ通信を頻繁に利用することが予想されます。データ通信のプランは自身の使用状況に応じて最適なものを選び、無駄な追加料金を回避しましょう。
Wi-Fiの活用:

スマホを使用する際には、可能な限りWi-Fiを活用するように心掛けましょう。自宅や公共施設、カフェなどで無料のWi-Fiを利用することで、データ通信の使用量を削減できます。
定期的な契約見直し:

滞在期間中に通信ニーズが変化する可能性があります。定期的に通信プランや契約内容を見直し、最適な状態に保つことで、予算を効果的に管理できます。
端末のSIMロック解除:

中国で購入した端末がSIMロックされている場合、解除することで異なる通信事業者のSIMを使用できます。端末のSIMロック解除により、より選択肢が広がり、競争の激しい市場でお得なプランを活用できます。
これらのコツを活用することで、スマートフォンの通信費を節約し、生活費全体を抑えることができます。通信サービスの契約は滞在期間全体を通じて検討し、最適な状態を保つよう心がけましょう。