Alice blog

WordPressのユーザー権限とは?【登録方法や編集方法も合わせて紹介】

WordPress ユーザー
           

WordPressにユーザー権限を設定することで、ユーザーごとにWordPressの操作を制限できます。

複数人でWordPressを運営する場合にも、安心してサイト運営を行えますね

この記事を読んでいるということは、あなたもユーザー権限について知りたいと思っているのではないでしょうか。

当記事では、WordPressのユーザー権限の概要から使い方までを紹介していきます。

ユーザー権限を設定する時の注意点も紹介していますので、間違ったユーザー権限の使い方をすることがなくなります。

この記事を最後まで読み、ユーザー権限を効果的に設定できるようになりましょう。



ユーザー権限とは?

ユーザー権限とは、WordPressに行使できる権限をユーザーごとに制限する機能のことです。

主に記事作成を外注する場合や、団体でWordPressを運営する場合に使われる機能ですね

ユーザー権限を設定することで利用者ごとに機能を制限できるため、他のユーザーにサイトの情報を書き換えられるといった心配がなくなります。

上記の特徴から、2人以上でWordPressを運営する場合にはユーザー権限を設定し、セキュリティ性を維持しながらサイト運営するのがおすすめです。

ユーザー権限の種類

ユーザー権限には、次の5種類があります。

  • 購読者
  • 寄稿者
  • 投稿者
  • 編集者
  • 管理者

上記のリストの場合、WordPressに行使できる権限は下に行くほど大きくなります。

それぞれのユーザーごとに、操作できる項目を紹介していきますね。

購読者

購読者に登録されたユーザーの管理画面は、下記の通りです。

 

購読者が操作できる権限は、次の通りです。

  • 自分のユーザー情報を変更する権限
  • 記事の閲覧をする権限
購読者はサイト内の記事を読むだけで、記事の投稿や編集はできないわけですね

寄稿者

寄稿者に登録されたユーザーの管理画面は、下記の通りです。

 

寄稿者が操作できる権限は、次の通りです。

  • 購読者のすべての権限
  • 投稿を確認する権限
  • コメントを確認する権限
  • 記事を作成する権限

寄稿者はサイトに投稿されている記事の確認はできますが、それぞれの記事を編集する権限はありません。

また、寄稿者が作成した記事は直接サイトには投稿できません。

記事をサイトに投稿するには、編集者か管理者が記事の公開を承認する必要があります。

投稿者

投稿者に登録されたユーザーの管理画面は、下記の通りです。

 

投稿者が操作できる権限は、次の通りです。

  • 寄稿者のすべての権限
  • 投稿を公開する権限
  • メディアを追加する権限

投稿者には、自分で作成した記事をそのままサイトに公開する権限があります。

そのため、編集者や管理者の承認を待たずに記事を投稿できます。

また、寄稿者ではできなかったメディアの追加も行えます。

投稿者であれば、自分でアップロードした画像を記事に掲載することもできますね

編集者

編集者に登録されたユーザーの管理画面は、下記の通りです。

 

編集者が操作できる権限は、次の通りです。

  • 投稿者のすべての権限
  • カテゴリーとタグを作成・管理する権限
  • 固定ページを作成・管理する権限
  • 寄稿者が作成した記事を承認する権限
  • コメントの承認や管理をする権限
編集者は、投稿に関する権限をすべて持っていると考えると理解しやすいですね
編集者は投稿に関するすべての権限を持っていますが、テーマやプラグインといったWordPress全体に関わる権限は持っていません。

管理者

管理者に登録されたユーザーの管理画面は、下記の通りです。

 

管理者が操作できる権限は、WordPressで使えるすべての機能です。

そのため、管理者は投稿の管理からサイトの詳細設定までを編集できます。

ユーザー権限を設定すべきサイト

ユーザー権限を設定すべきサイトは、2人以上で運営しているサイトです。

逆に1人で運営しているサイトは、ユーザー権限を設定する必要はありません。

上記のことから、個人でWordPressを運営している場合にはユーザー権限はまったく必要ない機能ということです。

記事の外注や複数人でサイトを運営する場合にのみ、ユーザー権限を使用しましょう!

ユーザー権限を設定する時の注意点

ユーザー権限を設定する時の注意点は、管理者を増やさないことです。

管理者はWordPressにおけるすべての権限を持っています。

そのため、自分以外を管理者に設定することで、他のユーザーによってサイトの情報を書き換えられる恐れが出てきます。

他の管理者にログインパスワードを変更されたら、サイト自体が乗っ取られてしまいますね

上記の被害を生まないためにもWordPressの管理者は1人に設定し、他のユーザーには編集者までの権限しか与えないようにしましょう。

ユーザーの登録方法

ユーザーの登録方法は、ダッシュボードのユーザーから「新規追加」を選択します。

 

  • ユーザー名(必須)
  • メール(必須)
  • 名前
  • サイト
  • 言語
  • パスワード
  • 権限グループ

上記の項目を入力し終えたら「新規ユーザーを追加」をクリック。

 

これでユーザーの登録は完了です。

なお、ユーザーの登録時に「ユーザーに通知を送信」をチェックすることで、登録したメールアドレス宛に下記のメールが届きます。

 

メールに記載されている内容は、下記の通りです。

  • ログイン画面のURL
  • パスワード変更のリンク

登録するユーザーに上記のメールを送ることで、相手側でパスワードを設定できるようになります。

登録するユーザーが離れている場合には「ユーザーに通知を送信」にチェックをし、相手に任意のパスワードを設定してもらいましょう。

「ユーザーに通知を送信」にチェックを入れなかった場合、登録時に設定したパスワードを直接相手に伝える必要があります。パスワードがわからなければ、相手はWordPressにログインできなくなってしまうからです。

ユーザーの編集方法

ユーザーの編集を行うには、ダッシュボードのユーザーから「ユーザー一覧」を選択します。

 

あとは編集したいユーザーにカーソルを乗せ「編集」をクリックすればユーザーの編集画面が開けます。

ユーザーの編集画面で設定できる項目は、大きく分けて次の5つです。

  • 個人設定
  • 名前
  • 連絡先情報
  • ユーザーについて(あなたについて)
  • アカウント管理

それぞれの項目について、簡単に紹介していきますね。

個人設定

個人設定では、次の5項目を設定できます。

  • ビジュアルエディター
  • 管理画面の配色
  • キーボードショートカット
  • ツールバー
  • 言語

ビジュアルエディター

「ビジュアルリッチエディターを使用しない」にチェックを入れると、エディターがテキストエディターだけになります。

 

ビジュアルエディターを一切使わない場合には、チェックを入れるといいでしょう。

管理画面の配色

管理画面の配色では、ダッシュボード全体の色を変更できます。

お好みの色がある場合には、管理画面の色を変更してみましょう。

キーボードショートカット

キーボードショートカットをONにすることで、コメント画面でショートカットキーを実行できるようになります。

とはいえ、コメント画面でしか使えないショートカットキーをいくつも覚えなければいけないため、使いこなすまでに時間がかかります。

ちなみに私は覚えるのが面倒なので使っていません
ショートカットキーの詳細は、キーボードショートカットの右に表示されている「詳細情報」から確認できます。

言語

言語では、WordPress全体の言語を設定できます。

自分が理解しやすい言語を設定しましょう。

名前

名前では、下記の項目を設定できます。

  • 名前
  • ニックネーム
  • ブログ上の表示名

上記の3つは、どれも普通に入力しておけば問題ありません。

ちなみに「ブログ上の表示名」は投稿一覧などに表示されるため、他のユーザーに見られても平気な名前に設定しましょう。

 

連絡先情報

連絡先情報では、下記の項目を設定できます。

  • メール
  • サイト

上記の2つはユーザーの登録時に入力した項目です。なので説明は省略します。

ユーザーについて(あなたについて)

ユーザーについてでは、ユーザーのプロフィール情報を入力できます。

プロフィール情報は、記事の執筆者として記事の終わりに掲載されることがあります。

携わっているサイトで記事の執筆者を紹介している場合には、簡単なプロフィールを記載しておきましょう。

記事の執筆者を紹介していない場合には、プロフィール情報を入力する必要はありません。

なお、プロフィール写真は自身のユーザーアカウントにログインしている場合にのみ変更できます。

そのため、管理者が他のユーザーのプロフィール写真を設定することはできません。

アカウント管理

アカウント管理では、パスワードの設定が行なえます。

パスワードを変更したい場合には、アカウント管理から変更しましょう。

ユーザーの削除方法

ユーザーの削除方法は、ダッシュボードのユーザーから「ユーザー一覧」を選択します。

 

削除したいユーザーにカーソルを乗せ「削除」をクリック。

すると、ユーザーの削除に関する最終確認が表示されます。

ここで注意点です。

「すべてのコンテンツを消去します」にチェックを入れてユーザーを削除すると、削除するユーザーが作成した記事もすべて消去されてしまいます。

削除するユーザーが作成した記事を残しておきたい場合には「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」にチェックを入れ、WordPressの責任者であるユーザーアカウントを選択しましょう。

「すべてのコンテンツを消去します」を選択してユーザーを削除してしまうと、サイト全体に大きな損害が出てしまいますね

コンテンツの処理方法を選択し「削除を実行」をクリックすれば、ユーザーの削除は完了です。

複数人でWordPressを運営する場合にはユーザー権限を設定しよう!

これで「WordPressのユーザー権限の基礎と使い方」の内容は終わりです。

ユーザー権限を効果的に設定することで、安全にWordPress運営を進められます。

複数人でWordPressを運営する場合には、ユーザー権限を設定するようにしましょう。

当ブログでは、WordPressの使い方を初心者に向けて0から紹介しています。

上記の中で1つでもあてはまる場合には、ぜひ一度WordPressの使い方を読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。