Alice blogでは、ブログに関する情報を発信しています

シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマ8選【ミニマルデザイン】

シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマ8選【ミニマルデザイン】
シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマって、どんなのがあるのかな?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容
  • シンプルでスタイリッシュな有料WordPressテーマ
  • シンプルでスタイリッシュな無料WordPressテーマ
  • シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマ比較早見表
本記事の信頼性
この記事を書いている僕はWordPressを始めて3年目であり、毎日ブログを書く日々を送っています。

今回は、シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマを8つ紹介していきます。

紹介するテーマはデザインだけでなく機能性も高いテーマだけを厳選していますので、ブログ運営自体も問題なく進められるはずです。

また、それぞれのテーマがどんな人におすすめなのかも紹介していますので、自分のブログと照らし合わせながら記事を読んでみてください。

シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマ




シンプルでスタイリッシュな有料WordPressテーマ

シンプルでスタイリッシュな有料WordPressテーマ

それではさっそく、テーマを紹介していきますね。

シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマは、下記の4つです。

  • SWELL
  • AFFINGER6
  • Muum
  • Bloom

1つずつ詳しく紹介していきます。

SWELL

まず最初のテーマは「SWELL」です。

SWELL
おすすめ度
デザイン性 サイト運営に必要な機能以外は省略したデザイン
SEOの強さ 強い
カスタマイズ性 高い
複数サイトでの利用 可能
価格 ¥17,600(税込み)
SWELLを実際に使ったレビューは、 【星5.0】WordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー_口コミ・評判で詳しく紹介しています。

SWELLはサイト運営に必要な機能以外はできるだけ省略したテーマですので、シンプルながらも機能性の高いテーマです。

ちなみにSWELLの公式サイトには下記のように書かれており、シンプルさへのこだわりが伺えます。

シンプルで美しいデザイン
読み手の意識を邪魔しない、コンテンツに集中できるようなデザインになるようにこだわっています。

SWELLのシンプルさへのこだわり

なお、SWELLのデザインは「線」を意識して作られていますので、適用するだけでスタイリッシュなサイトができあがります。

誰でも簡単にデザイン性の高いサイトが作れますので、初心者にもおすすめのテーマですね。

SWELLのデザインはSWELLの公式サイトから確認できます。

SWELLはデザインがシンプルなだけでなく、機能性もかなり高いです。

具体的な特徴としては、下記のとおり。

  • SEOに強い
  • ブロックエディター完全対応
  • レイアウトを自由に変更できる
個人的な感想ですが、2021年ではSWELLがもっとも総合力の高いテーマだと感じます

SWELLはシンプルかつ機能性も高いので、初心者から上級者まですべての人におすすめのテーマですね。

AFFINGER6

2つ目のテーマは「AFFINGER6」です。

AFFINGER
おすすめ度
デザイン性 もともとシンプルなわけではないが、カスタマイズの仕方によってシンプルなデザインにもできる
SEOの強さ 強い
カスタマイズ性 高い
複数サイトでの利用 可能
価格 ¥14,800(税込み)

AFFINGER6はシンプルさを意識して作られているテーマではないのですが、カスタマイズの仕方によってはシンプルなサイトを実現することもできます。

イメージとしては、下記のサイトのような感じですね。

AFFINGER6でシンプルにカスタマイズ

NOJI BLOG

ちなみに、AFFINGER6ではサイドバーをなくしたレイアウトも設定できますので、よりシンプルなサイトにすることもできます。

AFFINGER6を使う場合には、機能性なども考えながら自分なりにレイアウトを組んでみてください。

AFFINGER6のデザインは AFFINGER6の公式サイト から確認できます。

AFFINGER6はSEOにも強いです。

したがって、AFFINGER6を使えば今より検索順位UPも期待できますよ。

これまでの特徴を踏まえると、AFFINGER6はシンプルでありつつも検索に強いサイトを作りたい人におすすめのテーマです。

Muum

3つ目のシンプルなテーマは「Muum」です。

Muum
おすすめ度
デザイン性 シンプルながらも、画像を引き立たせるようなデザイン
SEOの強さ 普通
カスタマイズ性 やや高い
複数サイトでの利用 可能
価格 ¥9,800(税込み)

Muumは全体的にシンプルなテーマなのですが、他のテーマと違う点は画像を引き立たせるようなデザインをしていることです。

この特徴から、シンプルでありながらも画像で読者を引きつけられるようなサイトを作れます。

また、テーマ全体はシャープでスタイリッシュなデザインをしていますので、キリッとした印象のサイトができあがりますね。

Muumのデザインは Muumの公式サイト から確認できます。

Muumは「¥9,800(税込み)」で購入できますので、費用を抑えながら高品質のテーマを使えます。

あまりテーマにお金をかけたくない人には、ピッタリのテーマですよ。

Muumはシンプルかつ画像を活かせるテーマですので、画像に力を入れたいサイトにおすすめのテーマです。

Bloom

4つ目のシンプルなテーマは「Bloom」です。

Bloom
おすすめ度
デザイン性 女性をターゲットにしたシンプルデザイン
SEOの強さ 普通
カスタマイズ性 やや高い
複数サイトでの利用 可能
価格 ¥16,800(税込み)

Bloomは女性をターゲットに作られたテーマでして、美しさやきれいさを感じるようなデザインをしています。

したがって、シンプルなテーマといってもモノクロ系のシンプルさではなく、優しく清潔感の感じられるようなテーマですね。

余白を大胆に使ったシンプルでいてフェミニンな優しい雰囲気のデザインは、コンテンツの魅力を引き立て、女性読者の心を掴みます。

Bloomのシンプルなデザイン性

Bloomはただシンプルなだけでなく、かわいらしさも感じられるようなデザインをしています。

具体的には下記のとおり。

  • 大きな画像を使ったスライダー
  • ゴシック体を使ったかわいらしいメニュー
BloomのデザインはBloomの公式サイト から確認できます。

BloomはMuumと同じ制作会社である「TCD」が作っていますので、機能性も高いです。

快適にブログ運営できること間違いなしですね。

Bloomは優しさを感じるシンプルデザインですので、女性をターゲットにしているサイトや女性が運営するサイトにおすすめのWordPressテーマです。

シンプルでスタイリッシュな無料WordPressテーマ

シンプルでスタイリッシュな無料WordPressテーマ

次は、シンプルな無料テーマについて紹介していきます。

シンプルでスタイリッシュな無料WordPressテーマは、下記の4つです。

  • Cocoon
  • write
  • Graphy
  • Xeory

それぞれのテーマについて紹介していきます。

Cocoon

5つ目のテーマは「Cocoon」です。

Cocoon
おすすめ度
デザイン性 シンプルさを追求したデザイン
SEOの強さ 普通
カスタマイズ性 やや高い
複数サイトでの利用 可能
価格 ¥0

Cocoonの公式サイトには下記のように書かれており、シンプルさを追求したテーマであるとわかります。

テーマ名をCocoon(繭)としたのは、繭のように白い、シンプルなテーマを作りたかったからです。
白いテーマが一番読みやすいと思うので。

Cocoonのシンプルさ
Cocoonのデザインは Cocoonの公式サイトから確認できます。

また、Cocoonは多くの機能を備えており、無料テーマとは思えないほどのクオリティです。

Cocoonを使うメリットをあげると、下記のとおり。

  • 細かなSEO設定ができる
  • ブロックエディター対応
  • レイアウトの変更が自由
正直、Cocoonの機能性を超える無料テーマはないと感じますね

Cocoonは読みやすさを意識したテーマですので、ブログなどの文章をメインにしたサイトにおすすめのWordPressテーマです。

write

6つ目のシンプルなテーマは「write」です。

write
おすすめ度
デザイン性 文章を書くことに特化した超シンプルなデザイン
SEOの強さ 普通
カスタマイズ性 普通
複数サイトでの利用 可能
価格 ¥0

writeは極限まで装飾を省いたデザインをしており、シンプルさを極めたテーマです。

上記のようにwriteはとにかくシンプルなテーマですので、どことなく文章にもゆとりを感じられるようになります。

なお、サイト内の余白も上手く使われていますので、全体的にバランスがいいです。

ミニマルなデザインが好きな人には、特に刺さるテーマだと感じますね
writeのデザインは writeの公式サイト から確認できます。

writeには有料版も用意されているのですが、基本的には無料版でOKです。

無料版の機能だけでも、十分にブログ運営はできますので。

writeはシンプルさを追求したデザインですので、ミニマリストにおすすめのWordPressテーマですよ。

Graphy

7つ目のシンプルなテーマは「Graphy」です。

Graphy
おすすめ度
デザイン性 タイポグラフィの美しさにこだわったシンプルデザイン
SEOの強さ 普通
カスタマイズ性 普通
複数サイトでの利用 可能
価格 ¥0

Graphyはタイポグラフィの美しさにこだわったテーマであり、テーマ全体としてシンプルなデザインをしています。

この特徴から、読者は気が散ることなく本文を読み進められるようになります。

ちなみにGraphyはwriteと同じ方が作っていますので、デザインもやや近めです。

writeのデザインが好きな人は、Graphyのデザインも気に入ると思います。

Graphyのデザインは Graphyの公式サイト から確認できます。

Graphyにも無料プランと有料プランがあるのですが、基本的には無料プランでOKですよ。

機能を拡張したいと思ったら後でアップグレードする流れが理想的ですね

Graphyはタイポグラフィにフォーカスしたテーマですので、文字のきれいさにこだわりたい人におすすめのWordPressテーマです。

Xeory

8つ目のテーマは「Xeory」です。

Xeory Base
おすすめ度
デザイン性 シンプルと言うよりは「スタイリッシュ」
SEOの強さ 普通
カスタマイズ性 普通
複数サイトでの利用 可能
価格 ¥0

Xeoryはシンプルなデザインをしているのですが、シンプルというよりスタイリッシュという言葉の方が似合うテーマです。

これはXeoryがビジネス系のサイトで使われていることが多いことも由来していると思うのですが、Xeoryのデモサイトを見てもらえればなんとなく僕のイメージも伝わるはずです。

Xeoryのデザインは Xeoryの公式サイト から確認できます。
ちなみにXeoryには使い方マニュアルが用意されていますので、初心者でもスムーズに使い始められるはずです。

WordPress初心者にもおすすめのテーマと言えますね。

なお、Xeoryには下記の2種類のテーマがあるのですが、自分の好きな方を使えばOKです。

  • Xeory Base
  • Xeory Extension

どちらもスペックはほとんど同じですので。

Xeoryはシンプルでスタイリッシュなデザインをしていますので、ビジネス系のサイトにおすすめですよ。

シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマ比較早見表

シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマ比較早見表

これまでに紹介したテーマを比較しやすいように、比較早見表を作りました。

よければ使ってみてください。

商品画像 SWELL AFFINGER Muum Bloom
商品名 SWELL AFFINGER6 Muum Bloom
おすすめ度
デザイン性 サイト運営に必要な機能以外は省略したデザイン もともとシンプルなわけではないが、カスタマイズの仕方によってシンプルなデザインにもできる シンプルながらも、画像を引き立たせるようなデザイン 女性をターゲットにしたシンプルデザイン
SEOの強さ 強い 強い 普通 普通
カスタマイズ性 高い 高い やや高い やや高い
複数サイトでの利用 可能 可能 可能 可能
価格 ¥17,600(税込み) ¥14,800(税込み) ¥9,800(税込み) ¥16,800(税込み)
公式サイト
商品画像 Cocoon write Graphy Xeory Base
商品名 Cocoon write Graphy Xeory
おすすめ度
デザイン性 シンプルさを追求したデザイン 文章を書くことに特化した超シンプルなデザイン タイポグラフィの美しさにこだわったシンプルデザイン シンプルと言うよりは「スタイリッシュ」
SEOの強さ 普通 普通 普通 普通
カスタマイズ性 やや高い 普通 普通 普通
複数サイトでの利用 可能 可能 可能 可能
価格 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
公式サイト

シンプルなWordPressテーマといっても種類は様々

シンプルなWordPressテーマといっても種類は様々

これで「シンプルでスタイリッシュなWordPressテーマ」の内容は終わりです。

ひとえにシンプルと言っても、テーマによってけっこうデザインは変わります。

この記事では様々なタイプのテーマを紹介しましたので、自分に合ったシンプルさを見つけてみてください。

当ブログでは、総合的に見て2021年にもっともおすすめできるWordPressテーマを紹介しています。

高品質なWordPressテーマをお探しの場合には、ぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。