Alice blogでは、ブログに関する情報を発信しています

編集したWordPressテーマを非公開でテスト変更する方法

WordPressのテーマ変更をテストするためのプラグイン【WP Theme Test】
WordPressテーマを編集したんだけど、読者にバレずにテストする方法ってないのかな?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容
  • テストするテーマの準備手順
  • WordPressのテーマ変更をテストする方法
  • テーマ変更後のテストサイトが表示されない場合の対処方法
本記事の信頼性

今回は、WordPressのテーマ変更をテストする方法を紹介します。

この記事で紹介する方法を使えば、読者にバレずに編集後のテーマをテスト確認できます。

いきなり編集後のテーマを適用すると画面が真っ白になってしまうこともありますので、テーマ変更前にはぜひテストを実施してみてください。




WordPressのテーマ変更をテストするなら「WP Theme Test」

WordPressのテーマ変更をテストするなら「WP Theme Test」

WordPressのテーマ変更をテストするなら、「WP Theme Test」というプラグインを使うのがおすすめです。

WP Theme Testでは、非公開の状態でテーマの変更をテストできます。

したがって、サイトに訪れた読者に対しては以前のテーマでサイトを表示し、自分だけは編集した後のテーマでサイトを確認することができます。

要するに、読者にバレることなく、テーマの変更作業を進めることができるというわけですね

WP Theme Testを使ってテーマ変更をテストすることには、下記のメリットがあります。

WP Theme Testを使うメリット
  • テーマ変更後のミスを未然に防げる
  • ゆっくりテーマ編集を進められる
  • 様々なテーマを実際に適用しながら比較できる

WordPressのテーマを変更する場合には、テストを実施してから本移行するのがおすすめですよ。

テストするテーマの準備手順

テストするテーマの準備手順

まだテーマを編集していない方のために、編集用のテーマ(テストするテーマ)の準備方法から解説していきますね。

テストするテーマの準備手順は、下記のとおりです。

テストするテーマの準備手順
  1. 編集するテーマをダウンロード
  2. テーマの名前を変更
  3. テスト用のテーマを編集
  4. WordPressにアップロード

順番に紹介していきますね。

編集するテーマをダウンロード

まずは、編集するテーマをダウンロードしていきます。

お使いのレンタルサーバーにアクセスし、テーマファイルをまるごとダウンロードします。

テーマファイルをダウンロード
ちなみに僕の場合は「Xサーバー」を使っていますので、下記の階層にアクセスしてテーマファイルをダウンロードします。

「ドメイン>public html>wp-content>themes>↓ココにあるテーマファイルをダウンロード」
ポイント
レンタルサーバーからテーマファイルを直接ダウンロードできない場合には、FTPソフトを使ってテーマファイルをダウンロードしてみてください。

テーマの名前を変更

次に、テーマの名前を変更していきます。

先ほどダウンロードしたテーマファイルの名前を変更して、元のテーマファイルと編集するテーマファイルを区別できるようにしましょう。

テーマファイルの名前をリネーム

元のテーマファイルの名前に「test」でもつけておけばOKですよ。

テスト用のテーマを編集

テーマ名の変更まで終わりましたら、実際にテーマを編集していきましょう。

「Atom」などのエディターを使い、サイトのデザインを編集したいなら「CSS」。サイトのレイアウトや機能を編集したい場合には「PHP」を編集します。

ちなみにテーマの編集はWordPressからもできますので、この段階でテーマを編集しなくてもOKです。

あとでテーマを編集したい場合には、とりあえず何もせずに次のステップに進んでもらえれば大丈夫です。

WordPressにアップロード

テーマの編集が終わりましたら、編集したテーマをWordPressにアップロードしていきます。

テーマのアップロードにはレンタルサーバーを使ってもいいですし、FTPソフトを使ってもOKです。

編集後のテーマをアップロード

アップロードしたテーマがWordPressで適用できれば、テストするテーマの準備は完了です。

WordPressのテーマ変更をテストする方法

WordPressのテーマ変更をテストする方法

先ほどもお伝えしたとおり、テーマ変更のテストには「WP Theme Test」というプラグインを使います。

テーマ変更の手順は下記の順番で紹介していきますので、1つずつ進めていきましょう。

テーマ変更の手順
  1. WP Theme Testのインストール
  2. WP Theme Testの使い方
  3. WP Theme Testのテストを終了する方法

WP Theme Testのインストール方法

WP Theme Testをインストールするには、ダッシュボードの「プラグイン」から「新規追加」を選択します。

プラグインから新規追加をクリック

検索窓に「WP Theme Test」と入力し「今すぐインストール」をクリック。

WP Theme TESTをインストール

あとは「今すぐインストール」が「有効化」に切り替わりますので「有効化」をクリックすれば、WP Theme Testのインストールは完了です。

WP Theme testを有効化

WP Theme Testの使い方

WP Theme Testでテーマをテストするには、ダッシュボードの「外観」から「WP Theme Test」をクリックします。

WP Theme Testを選択

WP Theme Testの設定画面が表示されますので「テストテーマ」の欄を、テストしたいテーマに設定します。

テストしたいテーマを選択

次に「現在の状態」を「ON」に変更し「表示する権限グループ」を任意の設定に変更します。

ちなみに、「表示する権限グループ」は基本的に「管理者」に設定しておけばOKです。

権限を選択
ポイント
「表示する権限グループ」を複数選択したい場合には、「Ctrl」を押しながら任意の項目を選択すればOKです。

あとは「変更を保存」をクリックすれば、プラグインが作動して自分のWordPressだけテストしたいテーマで表示されるようになります。

テストテーマの変更を保存

プラグインが正常に作動しているかを確認するには、下記の手順で確認できます。

プラグインの動作確認をする手順
  1. WordPressにログインした状態でサイトを確認
  2. WordPressからログアウトした状態でサイトを確認

まずはWordPressにログインした状態で自分のサイトを開いてみてください。

WordPressにログインした状態でテストしたいテーマが表示されていれば、まずは第1段階クリアです。

テストしたいテーマが表示

次に、WordPressからログアウトした状態で自分のサイトにアクセスしてみてください。

WordPressからログアウトした状態で以前のテーマが表示されていれば、プラグインは正常に機能しています。

テスト前のテーマが表示

先ほどテーマを編集せずにアップロードした場合には、この段階からテーマを編集し始めればOKです。

ちなみに、テーマの編集画面は「外観>テーマエディター」から開けます。

テーマエディターの開き方
テーマの編集をミスってもメインサイトには何も影響ありませんので、思いっ切りテーマを編集してみてください

WP Theme Testの詳細設定

WP Theme Testでは基本設定の他に、下記の2つの設定があります。

WP Theme Testの詳細設定
  • パラメーター機能
  • IP Address

それぞれの設定について紹介していきますね。

パラメーター機能

パラメーター機能は、「現在の状態」をoffにしてプラグインの機能を停止している状態でも、特定のURLにアクセスすることで新しいテーマを適用したテスト環境を表示する機能です。

つまり、WordPressの管理画面は前のテーマで表示し、新しいテーマのテストページを別に作る機能ということですね

パラメーター機能の使い方は簡単で、パラメーター機能の設定欄を「有効」に変更するだけでOKです。

なお、テストページへのURLは、パラメーター機能の下に表示されています。

WP Theme Testのパラメーター機能について
IP Address

IP Addressはパラメーター機能と似ており、特定のIP Adressからアクセスした時だけテストページを表示する機能です。

IP Addressの設定方法は、IP Addressの入力欄に登録したいIP Addressを入力するだけでOKです。

WP Theme TestのIPアドレスについて

WP Theme Testのテストを終了する方法

WP Theme Testのテストを終了するには、WP Theme Testの設定画面から「現在の状態」を「off」にするだけでOKです。

WP Theme Testのテストを終了する方法

テストしたテーマをこれからメインで使いたい場合には、テーマの変更画面からテーマを変更しましょう。

WP Theme Testで気をつけるべきこと

WP Theme Testで気をつけるべきことは、テーマカスタマイザーで編集した内容が保存されないことです。

WP Theme Testを使っている状態は、あくまでテスト環境を構築している状態です。

そのため、テスト中にテーマカスタマイザーで編集した内容は、WP Theme Testを無効化するとすべてリセットされてしまいます。

お試し感覚でテーマカスタマイザーをイジるのはいいですが、テスト環境で本格的にテーマをカスタマイズするのは意味ないのでやめましょう

なお、テスト環境で編集した内容をそのまま引き継ぐには、テーマエディターに直接コードを入力する必要があります。

テーマエディターに書き込んだ内容はWP Theme Testを無効化しても残り続けるため、テスト環境で本格的にテーマをカスタマイズする場合にはテーマを直接編集しましょう。

テーマ変更後のテストサイトが表示されない場合の対処方法

テーマ変更後のテストサイトが表示されない場合の対処方法

WP Theme Testを有効化したのに新しいテーマが適用されない場合には、基本的にブラウザのキャッシュが原因です。

つまり、ブラウザにキャッシュが残っており、前のテーマでサイトが表示されてしまっているわけですね

上記のことから、正常にテスト環境を構築するにはブラウザのキャッシュを削除する必要があります。

ブラウザのキャッシュを削除する方法はブラウザによって異なりますので、下記の中からお使いのブラウザを見つけてキャッシュを削除しましょう。

WordPressのテーマ変更はテストを実施しよう!

WordPressのテーマ変更はテストを実施しよう!

これで「WordPressのテーマ変更をテストする方法」の内容は終わりです。

WordPressのテーマ変更時には、思わぬトラブルが起こる可能性があります。

上記のことから、テーマ変更時にはテストを実施してから本移行することをおすすめします。

当ブログでは、WordPressのおすすめテーマを紹介しています。

現在使っているテーマに不満を抱えている場合には、下記の記事を参考にしながらテーマ選びを進めることをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。