1カラムのおすすめWordPressテーマ8選【日本語対応テンプレート】

1カラムのおすすめWordPressテーマ8選【2021年最新】
1カラムのサイトを作ろうと思ってるんだけど、おすすめのWordPressテーマってないかな?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 1カラムとは?
  • 1カラムのおすすめWordPressテーマ
  • 1カラムのおすすめ無料WordPressテーマ
本記事の信頼性
この記事を書いている僕はWordPressを始めて3年目であり、これまでにいくつかのWordPressテーマを使ってきました。

今回は、1カラムのおすすめWordPressテーマを紹介します。

1カラムのWordPressテーマは海外製のものも多いですが、この記事では日本語対応のテーマだけを紹介しています。したがって、どんな人にも安心して使ってもらえるはずです。

また、それぞれのテーマがどんなサイトと相性が良いのかも紹介していますので、自分のサイトと照らし合わせながらテーマ選びを進められるはずですよ。

1カラムのWordPressテーマをお探しの場合には、ぜひ参考にしてみてください

WordPressの1カラムとは?

WordPressの1カラムとは?

まずはじめに、WordPressで言う1カラムとは何かをおさらいしていきますね。

「おすすめのテーマが早く知りたい!」という場合には、1カラムのおすすめWordPressテーマ5選【日本語対応テンプレート】に飛んでもらえればOKです。

1カラムとはサイトのレイアウトの1種で、サイドバーを排除してメインコンテンツだけにしたレイアウトのことです。

1カラムと2カラムを比較すると理解しやすいと思います。

1カラムと2カラム

上記のように1カラムはサイドバーを非表示にするため、本文に集中しやすいといったメリットがあります。

また、余計なものがなく全体的にシンプルですので、デザイン性が高いといった特徴もありますね。

1カラムのメリットとデメリットをまとめたものは、下記のとおりです。

1カラムのメリット
本文に集中しやすい
シンプルでデザイン性が高い
1カラムのデメリット
サイト内を回遊されづらい
広告を設置しづらい
ブログの場合は「スマホ=1カラム」「PC=2カラム」というレイアウトが多いですね
最近のWordPressテーマは1カラムと2カラムの両方のレイアウトを実装できるものが多く、この記事で紹介するテーマもハイブリッド型のテーマが多いです。

これまでの内容を把握したうえで、1カラムのおすすめテーマを見てみてください。

1カラムのおすすめWordPressテーマ5選【日本語対応テンプレート】

1カラムのおすすめWordPressテーマ5選

1カラムのおすすめWordPressテーマは、下記の5つです。

  • SWELL
  • ONE
  • AFFINGER6
  • THE THOR
  • Grazioso

紹介するテーマは、シンプルなものからインパクト性のあるテーマまで様々です。

それでは、1つずつ紹介していきますね。

SWELL

SWELL

まず最初のテーマは「SWELL」です。

SWELLはサイドバーを非表示にすることで1カラムのレイアウトを実現します。

また、レイアウト設定はそれぞれの記事単位で設定できますので、記事ごとにレイアウトを変更することもできます。

SWELLの1カラム設定

SWELLの最大の特徴はブロックエディター完全対応という点で、ブロックエディターでの記事作成を効率的に進められるようになります。

実際に僕もSWELLを使った経験がありますが、SWELL以上にブロックエディターを使いやすいテーマはないと感じましたね。

SWELLには上記の他にも強みがあり、具体的には下記のとおりです。

  • SEOに強い
  • デザインがシンプルでおしゃれ
  • プラグインを最小限にできる
総合力で見ると、2021年ではSWELLがもっともおすすめなテーマだと感じます
実際にSWELLを使ったレビューは、 【星5.0】WordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー_口コミ・評判で詳しくまとめてあります。

SWELLはもともと落ち着きのあるテンプレートですので、1カラムにすることで更にシンプルで大人っぽいサイトができあがります。

上記のデザイン性から、大人をターゲットにしたサイトにぴったりのWordPressテーマです。

SWELL
商品名 SWELL
おすすめ度
カラム 1カラム以外も選択可
サポート あり
日本語対応 対応
価格 ¥17,600(税込み)

ONE

ONE

2つ目のおすすめテーマは「ONE」です。

ONEはWordPressのテーマの中では珍しい、1カラムに特化したWordPressテーマです。したがって、サイドバーを非表示にするタイプのテーマよりもおしゃれなサイトを実現できます。

下記の発言を見てみても、デザインに対するこだわりがわかると思います。

「ONE」はただサイドバーを排除しただけではありません。情報量を減らした分、ひときわ目立つ存在感が生まれなければ意味がないからです。オシャレ感覚だけではもったいない。さらに踏み込んだ、前進の姿勢を「ONE」では表現しています。

ONEの公式サイト

ONEのデモサイトを見ると企業サイトに使われるようなテンプレートだと感じるかもしれませんが、ONEはブログを想定して作られているテーマです。

なので、過去記事へのアクセスもしやすいですし、アフィリエイトの成約率を上げるための工夫もされています。

ただし、SEOについてはそれほど強くないので注意が必要です。

ONEは1カラムのテーマの中でもひときわおしゃれなデザインをしていますので、デザインを最優先にテーマ選びをしたい場合におすすめのテーマです。

ONEのデモサイト
ONE
商品名 ONE
おすすめ度
カラム 1カラムのみ
サポート あり。個別カスタマイズはなし
日本語対応 対応
価格 ¥22,800(税込み)

AFFINGER6

AFFINGER

1カラムのおすすめテーマ3つ目は「AFFINGER6」です。

AFFINGER6はサイト全体を1カラムにできるのはもちろんのこと、記事単位でカラムの設定を変更することもできます。

AFFINGER5の1カラム設定

また、AFFINHER6はSEOにも強い特徴を持っています。

したがって、AFFINHER6を使うことで検索からのアクセス数を増やすこともできます。

AFFINHER6はブロガー界隈で利用者の多いテーマですので、ブログとの相性も良いWordPressテーマです。

デザインはシャープでかっこいい見た目をしていますので、男性をターゲットにしてるサイトやかっこいいサイトを目指している場合におすすめのテーマですよ。

AFFINGER5のデモサイト
AFFINGER
商品名 AFFINGER6
おすすめ度
カラム 1カラム以外も選択可
サポート なし
日本語対応 対応
価格 ¥14,800(税込み)

THE THOR

THE THOR

4つ目のテーマは「THE THOR」です。

THE THORはAFFINGER6と同様に、サイト全体と記事単位で1カラムを実装できます。

THE THORの1カラム設定

また、THE THORはLP仕様にも変更できますので、メニューバーなどを一切排除したデザインにすることも可能です。

ここまでの特徴を見てもらえればわかるとおり、THE THORとAFFINGER6は似たようなテーマとなっています。

THE THORとAFFINGER6で迷った場合には、デザイン性で判断するのがおすすめですよ。

THE THORのテンプレートはスタイリッシュでおしゃれなデザインですので、基本的にどんなサイトとも相性が良いです。
THE THORのデモサイト
THE THOR
商品名 THE THOR
おすすめ度
カラム 1カラム以外も選択可
サポート テーマをインストールするまではメールサポート付き。フォーラムあり
日本語対応 対応
価格 ¥16,280(税込み)

Grazioso

Grazioso

1カラムのおすすめテーマ5つ目は「Grazioso」です。

Graziosoは1カラム専用のテーマであり、1カラムのサイトを作るために作られたテンプレートです。

また、Graziosoでは簡単にアニメーションを付けることもできますので、動的で奥行きのあるサイトを実現することもできます。

ただし、Graziosoのデモサイトを見てもらえればわかると思いますが、Graziosoはブログというよりはコーポレートサイト向きのテーマです。

個人的な意見ではありますが、Graziosoはブログではなくコーポレートサイトで使うのがおすすめですね。

Graziosoは全体的に落ち着いたデザインをしていますので、大人っぽいサイトを作りたい場合におすすめですよ。

Graziosoのデモサイト
Grazioso
商品名 Grazioso
おすすめ度
カラム 1カラムのみ
サポート あり。個別カスタマイズはなし
日本語対応 対応
価格 ¥19,800(税込み)

1カラムのおすすめ無料WordPressテーマ3選【日本語対応テンプレート】

1カラムのおすすめ無料WordPressテーマ3選

次は、無料で使えるテーマを紹介していきますね。

1カラムのおすすめ無料テーマは、下記の3つです。

  • Cocoon
  • Lightning
  • Sydney

それぞれのテーマについて紹介していきます。

Cocoon

Cocoon

6つ目のテーマは「Cocoon」です。

Cocoonはサイドバーを非表示にすることで1カラムを実現し、トップページや固定ページだけを1カラムに設定することもできます。

Cocoonの1カラム設定

なお、Cocoonはテーマ全体の機能性も高いので、無料テーマの中ではトップレベルでおすすめのテーマです。

Cocoonの特徴をまとめると、下記のとおりです。

  • ブロックエディター対応
  • SEO設定が可能
  • カスタマイズしやすい
ぶっちゃけ、Cocoonを超える無料テーマはないと感じます

Cocoonのデザインはかなりシンプルですので、テキストを引き立たせたいサイトにおすすめです。

もちろん、文章メインのブログとも相性がいいので、ブログにもピッタリのWordPressテーマですよ。

Cocoonのデモサイト
Cocoon
商品名 Cocoon
おすすめ度
カラム 1カラム以外も選択可
サポート フォーラムあり。個別サポートはセキュリティに関すること以外はなし
日本語対応 対応
価格 無料

Lightning

Lightning

7つ目は「Lightning」です。

Lightningではサイト全体を1カラムに設定できるのはもちろんのこと、それぞれの記事ごとにもカラムの設定を変更できます。

特定のページだけ1カラムにすることや、逆に特定のページだけ2カラムのレウアウトにすることもできるわけです
Lightningの1カラム設定

ちなみに、LightningはWordPressの公式ディレクトリに登録されているテーマですので、WordPressのテーマ画面から簡単にインストールできます。

WordPress初心者にもおすすめのテーマですね。

Lightningには有料プランも用意されており、無料プランでは満足できなくなった場合にはアップグレードすることもできます。

最初は無料プランで使い始めて、物足りなければ有料プランに移行するといった流れが理想的です。

Lightningはシンプルでいて清潔感があるテンプレートですので、基本的にどのタイプのサイトとも相性が良いですよ。

Lightningのデモサイト
Lightning
商品名 Lightning
おすすめ度
カラム 1カラム以外も選択可
サポート フォーラムあり。個別カスタマイズはなし
日本語対応 対応
価格 無料

Sydney

Sydney

1カラムのおすすめテーマ8つ目は「Sydney」です。

SydneyもCocoonと同様に、サイドバーを非表示にすることで1カラムを実現します。

ちなみにSydneyには1カラム以外のレイアウトも用意されており、様々なタイプのデザインを実装できます。

実装できるデザインは下記の通り。

  • クラシック
  • クラシック(代替)
  • モダン
  • 全幅(サイドバーなし)
  • レンガ積み(グリッドスタイル)

Sydneyは無料テーマでは珍しくスライダーも使えますので、有料テーマのように記事を横流しにできるサイトも作れます。

SydneyはWordPressの公式ディレクトリに登録されているテーマですので、テーマ画面から無料でインストールできるといったメリットもありますね

Sydneyのデザインはシンプルでスタイリッシュな見た目をしているため、男性をターゲットにしているサイトやコーポレートサイトにおすすめなWordPressテーマです。

Sydneyのデモサイト
Sydney
商品名 Sydney
おすすめ度
カラム 1カラム以外も選択可
サポート なし
日本語対応 対応
価格 無料

1カラムのおすすめWordPressテーマ比較早見表

1カラムのおすすめWordPressテーマ比較早見表

それぞれのテーマを比較しやすいように比較早見表を作っておきました。

よければ参考にしてみてください。

商品画像 SWELL ONE AFFINGER THE THOR Grazioso Cocoon Lightning Sydney
商品名 SWELL ONE AFFINGER6 THE THOR Grazioso Cocoon Lightning Sydney
おすすめ度
カラム 1カラム以外も選択可 1カラムのみ 1カラム以外も選択可 1カラム以外も選択可 1カラムのみ 1カラム以外も選択可 1カラム以外も選択可 1カラム以外も選択可
サポート あり あり。個別カスタマイズはなし なし テーマをインストールするまではメールサポート付き。フォーラムあり あり。個別カスタマイズはなし フォーラムあり。個別サポートはセキュリティに関すること以外はなし フォーラムあり。個別カスタマイズはなし なし
日本語対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応
価格 ¥17,600(税込み) ¥22,800(税込み) ¥14,800(税込み) ¥16,280(税込み) ¥19,800(税込み) 無料 無料 無料
公式サイト

1カラムのテーマで無駄のないデザインにしよう!

1カラムのサイトには有料のWordPressテーマがおすすめ!

これで「1カラムのおすすめWordPressテーマ」の内容は終わりです。

1カラムのテーマを使えば無駄のないシンプルなデザインを実現できます。

デザイン性の高いサイトを作りたい場合には、ぜひこの記事で紹介している1カラムのテーマを使ってみてください。

当ブログでは、総合的に見て2021年にもっともおすすめできるWordPressテーマを7つ紹介しています。

現在テーマをお探しの場合には、ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。