Alice blogでは、ブログに関する情報を発信しています

【完全初心者向け】WordPressブログの始め方_最短10分で開設!

【完全初心者向け】WordPressブログの始め方_最短10分で開設!
WordPressを簡単かつお得に始めたい!
実際の手順を見ながら作業を進めたい!

このような要望にお応えします。

本記事の内容
  • WordPressを始める全体像
  • WordPressの始め方【最短10分!】
  • WordPressを始めた後の流れ
本記事の信頼性

この記事では、WordPressの始め方を実際の手順に沿って解説していきます。

すべての手順を画像と一緒に解説していきますので、早い人であれば10分ほどで自分のブログを作れますよ。

お知らせ
今すぐWordPressを始めたい方は、WordPressブログの始め方【最短10分!】までスキップしてもらってOKです。

WordPressの始め方の全体像

WordPressの始め方の全体像

WordPressの始め方は、下記のような手順で進んでいきます。

WordPressの始め方の全体像
  1. レンタルサーバーを設置
  2. ドメインを取得
  3. WordPressをインストール

初めて聞くような単語もあると思いますので、簡単に用語の説明だけしておきます。

レンタルサーバー サイトのデータを保存しておく場所
(家で言うところの「土地」)
ドメイン 自分のサイトのURL
(家で言うところの「住所」)
WordPress ブログを書くためのシステム
(家で言うところの「家本体」)
ポイント
それぞれの用語はそれほど重要ではありませんので、なんとなく頭に入れておけばOKです!ブログを運営していくなかで、自然と言葉の意味を理解できるようになります。

本来WordPressを開設するとなるとサーバーの設置からWordPressのインストールまでを個々に進める必要があるのですが、この記事で紹介している方法であれば簡単な入力作業だけですべての工程を自動で進めてくれます。

なので開設手順については、ざっくりと理解しているくらいでOKですよ。

WordPressを始める時にかかる費用

WordPressの開設時にかかる費用は下記のとおりです。

レンタルサーバー 3600円
(3ヶ月分の月額費用)
ドメイン 0円
WordPress 0円

月1200円の月額費用を、最初に3ヶ月分まとめて支払えば終わりですね。

3ヶ月目以降は毎月1000円ほどの月額費用を支払えば、自分のブログを維持できます。

WordPressブログの始め方【最短10分!】

WordPressブログの始め方

WordPressを始める手順は、下記のとおりです。

WordPressを始める手順
  1. レンタルサーバーと契約
  2. WordPressかんたんセットアップの入力
  3. お客様情報の入力
  4. お支払い情報の入力

先ほどもお伝えしましたが、やるべきことは簡単な入力作業を進めていくだけです。

特に難しい作業はありませんので、初めての方でも10~30分ほどで自分のブログを作れますよ。

これからWordPressの開設手順を紹介していきますので、最初は「どんな流れになるのかな?」くらいの感じで全体の流れを見てみるといいですよ!

そうすれば実際の手順も見えてきて、自分のブログをもつイメージが湧くと思います。

手順①:レンタルサーバーと契約

まず最初にやる作業は、レンタルサーバーとの契約です。

レンタルサーバーは「ConoHa WINGを使うのが個人的にはおすすめです。

ConoHa WINGの特徴としては、下記のとおり。

ConoHa WINGの特徴
WordPressの開設がカンタン
サーバーの初期費用が0円
ドメインが無料で1つもらえる
サイトの表示速度が早い

特筆すべき点は、初期費用が0円のこととサイトの表示速度が早いことですね。

レンタルサーバーを契約する場合にはサーバーの設置費用として「2000~3000円」ほどの初期費用がかかることがあるのですが、ConoHa WINGは初期費用が無料です。

ちなみに他の有名レンタルサーバー会社の初期費用を紹介しておくと、次のような感じです。

XSERVER 3300円
LOLIPOP! 1650~3300円
ColorfulBox 2200円
(3ヶ月以上の契約で無料)
mixhost 0円
ConoHa WING 0円

またConoHa WINGの通信速度は国内最速となっています。

レンタルサーバー選びにおいて通信速度の速さはもっとも重要なポイントと言っても過言ではないので、国内1位の通信速度は非常に魅力的なポイントです。

これからブログを始める方は、ConoHa WINGを選んでおけば間違いないですよ。

お知らせ
この記事では、ConoHa WINGを使ったWordPressの始め方を紹介していきます。

まず最初にConoHa WINGにアクセスします。

ConoHa WINGのホームページにアクセスできましたら、画面中央にある「今すぐお申し込み」をクリック。

レンタルサーバーを申し込み

レンタルサーバーの申し込み画面が表示されますので、下記の2項目を入力して「次へ」をクリックします。

  • メールアドレス
  • パスワード
レンタルサーバーにメールアドレスとパスワードを入力

手順②:WordPressかんたんセットアップの入力

次にWordPressかんたんセットアップの入力作業を進めていきます。

ここでConoHa WINGのプランや契約方法について解説しておきますね!

ConoHa WINGには下記の3つのプランがあるのですが、特になにもなければ「ベーシックプラン」を選べばOKです。

ConoHa WINGのプラン
  • ベーシック
  • スタンダード
  • プレミアム

それぞれのプランの違いは、基本的にはサーバーの容量だけです。

月に100万回アクセスされているサイトもベーシックプランで問題ないとのことですので、ブログくらいの規模であればベーシックプランで問題ないですね。

ポイント
もしサーバーの容量が足りなくなったら、後でプランをアップグレードすればOKです。

ConoHa WINGはプランに加えて契約方法も下記の2種類から選ぶのですが、「WINGパック」の方がお得です。

ConoHa WINGの契約方法
  • WINGパック
    (月単位の契約)
  • 通常版
    (時間単位の契約)

というのも、WINGパックで契約をすると次のような特典が得られるからです。

WINGパックの特典
  • ドメインが1つ無料でもらえる
  • 月々の料金が安くなる
  • WordPressの開設がカンタンになる

1~2ヶ月でブログをやめる予定でなければ、WINGパックの3ヶ月プランから始めてみるのがいいですよ。

なおConoHa WINGは、長期の契約にすればするほど料金が安くなります。

「1年くらいはブログをがんばる予定だよ!」という方は、「12ヶ月プラン」や「24ヶ月プラン」で始めるとさらにお得になりますよ。

お知らせ
この記事では、WINGパックを使った手順を紹介していきます。

話を戻しまして、WINGパックのタブをクリックして契約したいプランを選択します。

WINGパックのプランを選択

次に下記の2項目を入力します。

  • 初期ドメイン
  • サーバー名

上記の2つはほとんど使う機会がありませんので、自分の好きな文字列を入力すればOKです。

迷ったらブログ名を英語表記にしたものを入力しておけば問題ないですよ。

初期ドメインとサーバー名を入力

上記の2項目を入力できましたら、「WordPressかんたんセットアップ」の項目を「利用する」に選択します。

そして下記の4項目を入力します。

  • 作成サイト名
  • 作成サイト用新規ドメイン
  • WordPressユーザー名
  • WordPressパスワード
WordPressかんたんセットアップを入力

各項目の内容とおすすめの入力方法は、次の表を参考にしてみてください。

作成サイト名 自分のブログ名のこと
自分の好きなブログ名を入力すればOK
作成サイト用新規ドメイン 自分のブログのURLのこと
当ブログの場合「aliceblog.org」の部分を指す

ドメインはユーザーにもよく見られるので、ブログ名を英語表記にしたものがおすすめ
(例)アリスブログ→aliceblog

なお「.com」や「.net」は基本的にどれでもOK
迷ったら知名度の高い「.com」を選択するのがおすすめ
WordPressユーザー名 WordPressを管理する人の名前
(WordPressにログインする時などに使用)

基本的には自分の名前を入力すればOK
WordPressパスワード WordPressにログインする時のパスワード

自分が覚えていられるパスワードを設定すればOK

上記の4項目を入力し終わりましたら、次はWordPressテーマの選択です。

WordPressテーマとは、ブログのデザインを決めるためのものです。

イメージとしては、着せ替え人形の「洋服」みたいなものですね。

ポイント
当ブログも様々なデザインが施されていますが、これらはすべてWordPressテーマによって作られています。

WordPressテーマは世界中に星の数ほど存在し、後から変更することも可能です。

WordPressの開設時には下記の4テーマからしか選択できませんので、とりあえず無料で使える「Cocoon」を選択して後からお好きなテーマを探すのがおすすめですよ。

Cocoon 0円
SANGO 9900円
JIN 14250円
THE SONIC 6578円/年
WordPressのテーマを選択
ポイント
おすすめのWordPressテーマについては、 【2022年ならコレ!】WordPressのおすすめテーマ7選_初心者必見で紹介しています。

WordPressテーマまで選択し終わりましたら、画面右側にある「次へ」をクリックします。

WordPressかんたんセットアップを入力後次へ

手順③:お客様情報の入力

次にお客様情報を入力していきます。

お客様情報の入力はそれほど難しくありませんので、上から順番に入力していけばOKです。

すべての項目を入力し終わりましたら、画面右側の「次へ」をクリックします。

お客様情報の入力

するとSMS/電話認証の画面に切り替わります。

電話番号の認証方法はどちらを選択してもいいのですが、SMS認証の方が簡単なのでSMS認証の手順を紹介しますね。

まずは電話番号の下に表示されている「SMS認証」をクリックします。

SMS認証をクリック

登録した電話番号宛に認証コードが届きますので、届いた認証コードを入力欄に入力して「送信」をクリックします。

SMSの認証コードを入力

するとお支払い方法の画面が表示されます。

手順④:お支払い情報の入力

最後にお支払い情報の入力作業を進めていきましょう。

ブログの開設まで、あとすこしです!

お支払い方法はクレジットカードだけですので、上から順番にクレジットカードの情報を入力していきます。

すべての項目を入力し終わりましたら、「お申し込み」をクリック。

クレジットカード情報の入力

下記の画面が表示されれば、WordPressの開設作業は終了です。

お疲れさまでした。

レンタルサーバーの契約完了画面

>>最初の手順に戻る

【補足】独自SSLの設定

通常ブログを開設した後には自分のブログが安全であることを証明するために、「SSL化」という作業をする必要があります。

とはいえこの記事で紹介した手順でWordPressを開設した場合には、レンタルサーバー側が自動でSSL化をしてくれます。

SSL化には30分〜1時間ほどかかりますが、僕たちは何もする必要がありませんので気長に待ちましょう。

ちなみにSSL化されたかどうかは自分のブログにアクセスすれば確認できます。

SSL化されているサイトとSSL化されていないURLの違い

上記の画像のように自分のブログのURLの隣に「鍵マーク」がついていれば、SSL化が完了したことになります。

ブログを開設して30分〜1時間ほど経ちましたら、SSL化が完了しているかを確認してみてください。

自分のブログを開く方法

自分のブログを開く方法

自分のブログを開くには、下記のURLにアクセスすればWordPressへのログイン画面が表示されます。

「ブログのドメイン/wp-admin」
(例:https://aliceblog.org/wp-admin)

WordPressの開設時に設定した下記の2項目をログイン画面に入力すれば、WordPressへのログインができます。

ログイン画面の入力項目
  • WordPressユーザー名
  • WordPressパスワード
WordPressのログイン画面
ポイント
WordPressのログイン画面はよく使いますので、ブックマークに登録しておくのがおすすめです。

WordPress開設後はアフィリエイトを始めるべし!

WordPress開設後はアフィリエイトを始めるべし!

WordPressを始めた後に、下記の疑問を抱くこともあるはずです。

読者の声
WordPressを始めた後って、具体的に何をすればいいの?

WordPressを始めた後は、ASPに登録してアフィリエイトを始めましょう。

ブログにおすすめのASPは ブログにおすすめなアフィリエイトASP5選_初心者はこれだけ登録すればOK!で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

「アフィリエイトってなに?」という場合には、 【完全初心者OK】アフィリエイトの始め方_スキマ時間に収入GET!に基礎的な内容が書かれています。

WordPressでブログ運営を始めよう!

WordPressでブログ運営を始めよう!

これで「WordPressブログの始め方」の内容は終わりです。

WordPressを開設できましたら、後はひたすらブログを運営していくだけです。

自分のペースで記事を書き、コツコツブログを運営していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Relation