Alice blog

【初心者必見】WordPressの初期設定_最初に変更すべき項目を紹介

WordPress 初期設定
           

最初にWordPressの初期設定を変更することで、今後スムーズにサイト運営を進められるようになります。

初期設定は、WordPressを始めたら一番最初にやっておくべき作業ですね

この記事を読んでいるということはあなたもWordPressを始めたばかりであり、WordPressをどのように設定すればいいのかわからないのではないでしょうか。

当記事では、最初に変更すべきWordPressの初期設定を紹介していきます。

この記事を最後まで読み、適切な初期設定に変更しましょう。



WordPressの設定画面を開く方法

WordPressの設定画面を開くには、ダッシュボードの「設定」にカーソルを乗せます。

すると、下記の7項目が表示されます。

  • 一般
  • 投稿設定
  • 表示設定
  • ディスカッション
  • メディア
  • パーマリンク
  • プライバシー

あとは、設定を変更したい項目をクリックすれば、設定画面を開けます。

 

なお、設定の変更を適用するには、画面一番下の「変更を保存」をクリックすれば変更後の設定を適用できます。

 

設定の保存は忘れやすいため、注意しましょう

それでは、それぞれの設定項目を上から順番に見ていきましょう。

一般設定

一般設定では、下記の設定を変更できます。

  • サイト名の設定
  • WordPressアドレスとサイトアドレスの設定
  • 通知用のメールアドレスの設定
  • 「ユーザー」に関する設定
  • サイトの言語設定
  • タイムゾーンの設定

一般設定のおすすめ設定は、下記の通りです。

※一般設定のおすすめ設定

それぞれの設定について、詳しく紹介していきますね。

サイト名の設定

サイト名の設定は、下記の2項目から設定できます。

  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ

サイトのタイトルはその名の通り、サイト名のことです。

 

サイトのタイトルには、自分が設定したいサイト名を設定しましょう。

キャッチフレーズは、サイトタイトルを補足する一文のことです。

 

なお、キャッチフレーズは空欄に設定しておくのがおすすめです。

キャッチフレーズを設定してしまうと、テーマによっては自動でh1タグなどに設定されてしまうからですね。

また、単純にキャッチフレーズはデザイン的によくないという理由もあります。

キャッチフレーズはテーマによって表示位置が異なります。基本的にはサイトタイトルの近くに表示されることが多いです。

WordPressアドレスとサイトアドレスの設定

WordPressアドレスとサイトアドレスの設定は「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」から設定します。

 

WordPressアドレスにはWordPressのファイルがアップロードされているアドレスを入力し、サイトアドレスにはサイトを表示するときのアドレスを入力します。

上記の2つを正しく入力しないと、下記の不具合が起こります。

WordPressアドレス
WordPressに一切アクセスできなくなる。
サイトアドレス
サイトを表示できなくなる。
WordPressアドレスに関しては管理画面にすらログインできなくなるため、FTPソフトやレンタルサーバーを使った複雑な作業が必要になりますね

とはいえ、上記の2つはWordPressを立ち上げたときに正しく設定されているため、下手にいじらなければ問題ありません。

WordPressアドレスとサイトアドレスは、初期設定のまま変更しないようにしましょう。

通知用のメールアドレスの設定

通知用のメールアドレスの設定は「管理者メールアドレス」から設定します。

 

管理者メールアドレスの欄には、WordPressからの通知を受け取りたいメールアドレスを設定しましょう。

「ユーザー」に関する設定

「ユーザー」に関する設定は、下記の2項目から設定できます。

  • メンバーシップ
  • 新規ユーザーのデフォルト権限グループ
ユーザーとは?という疑問を抱えている場合には、下記の記事を読んでみてください。
WordPressのユーザー権限とは?【登録方法や編集方法も合わせて紹介】

メンバーシップにチェックを入れると、購読者から管理者まで誰でもユーザーの登録が行えるようになります。

とはいえ誰でもユーザーの登録ができるようになると、必要のないユーザーまで登録されてしまう可能性が出てきます。

余計なユーザーを登録させないためにも、メンバーシップにはチェックを入れないのがおすすめです。

新規ユーザーのデフォルト権限グループは、ユーザー権限のデフォルト設定のことです。

普段よく登録する権限を設定しておくことで、多少ですが作業の効率化が望めるでしょう。

WordPressの言語設定

WordPressの言語設定では、WordPressで使われる言語を設定できます。

 

WordPressの言語設定は特に難しい設定ではないため、自分の理解しやすい言語を設定しておけばOKですね。

タイムゾーンの設定

タイムゾーンの設定は、下記の4項目から設定できます。

  • タイムゾーン
  • 日付形式
  • 時刻形式
  • 週の始まり

上記の設定は、それほど難しい設定ではありません。

所属している国の一般的な情報を設定しておけばOKです。

なお、日付形式と時刻形式は、設定によって表示方法が異なります。

そのため、日付形式と時刻形式は任意の設定を選択しましょう。

投稿設定

投稿設定では、下記の4つを設定できます。

  • カテゴリーの初期設定
  • 投稿フォーマットの初期設定
  • メール投稿に関する設定
  • 更新情報に関する設定

投稿設定のおすすめ設定は、下記の通りです。

 

それぞれの設定について、詳しく紹介していきますね。

カテゴリーの初期設定

カテゴリーの初期設定は「投稿用カテゴリーの初期設定」から設定できます。

 

投稿用カテゴリーの初期設定は、よく投稿するカテゴリーに設定しておくのがおすすめです。

使用頻度の高いカテゴリーを設定することで、作業効率を高められるからですね。

投稿フォーマットの初期設定

投稿フォーマットの初期設定は「デフォルトの投稿フォーマット」から設定できます。

 

投稿フォーマットもカテゴリーと同様、使用頻度の高い投稿フォーマットを選択しておくのがおすすめです。

メール投稿に関する設定

メール投稿に関する設定は、下記の4項目から設定できます。

  • メールサーバー
  • ログイン名
  • パスワード
  • メール投稿用のカテゴリーの初期設定

とはいえ、メール投稿を利用している人は少ないです。

上記の理由から、メール投稿に関する設定は基本的に初期設定のままでOKです。

更新情報の通知設定

更新情報の通知設定は「更新情報サービス」から設定できます。

 

更新情報サービスに送信先のURLを設定することで、記事の投稿・更新をした際に設定したURLに自動で更新情報を送信してくれます。

WordPressには、初期の状態で「PING」のURLが設定されています。

「人気ブログランキング」や「にほんブログ村」などのまとめサイトに登録している場合には、PING送信用のURLを入力しましょう。

表示設定

表示設定では、下記の3つを設定できます。

  • ホームページの設定
  • RSS/Atomフィードの設定
  • 検索エンジンの設定

表示設定のおすすめ設定は、下記の通りです。

 

それぞれの設定について、詳しく紹介していきますね。

ホームページの設定

ホームページの設定は、下記の2項目から設定できます。

  • ホームページの表示
  • 1ページに表示する最大投稿数

ホームページの表示では、下記の2種類からホームページの表示方法を選択できます。

  • ブログ型のホームページ
  • 固定ページをホームページに設定

基本的には「最新の投稿」を選択し、ブログ型のホームページに設定しておけばOKです。

サイト運営を進めていく中で特定の固定ページをトップページに設定したくなった場合に、ホームページの設定を固定ページに設定しましょう。

固定ページをホームページに設定する場合、ホームページ用の固定ページを別途作成する必要があります。

1ページに表示する最大投稿数では、記事一覧やカテゴリーページに表示する1ページの投稿数を設定できます。

おすすめの投稿数は、10~20記事までです。

あまり投稿数を増やしすぎると、ページの表示速度が遅くなってしまうからですね。

上記の理由から、多くても20記事。最大でも30記事までの設定にしておきましょう。

RSS/Atomフィードの設定

RSS/Atomフィードの設定は、下記の2項目から設定できます。

  • RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数
  • フィードの各内容に含める内容

RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数は、RSS/Atomフィード内に表示される投稿の数のことです。

RSS/Atomフィードの表示数は、デフォルト設定の10記事がおすすめです。

そのためRSS/Atomフィードの表示数の設定は、初期設定のままでいいでしょう。

フィードの各内容に含める内容は、下記の2種類から選択できます。

  • 全文を表示
  • 要約

おすすめは「要約」です。

投稿の全文を表示してしまうと、記事が探しづらくなってしまうからですね。

検索エンジンの設定

検索エンジンの設定は「検索エンジンでの表示」から設定できます。

検索エンジンでの表示にチェックを入れると、サイト全体を検索エンジンが巡回しなくなります。

サイト全体がnoindexに設定されるため、サイト内の記事すべてが検索結果に表示されなくなりますね

上記のことから、検索エンジンでの表示にチェックを入れるのは基本的にNGです。

検索からの流入を止めたい時にだけ「検索エンジンの表示」にチェックを入れましょう。

ディスカッション設定

ディスカッション設定では、次の6つを設定できます。

  • デフォルトの投稿設定
  • 他のコメントの設定
  • 自分宛のメール通知設定
  • コメントの表示条件
  • コメントのブラックリストの設定
  • アバターの設定

ディスカッション設定のおすすめ設定は、下記の通りです。

 

それぞれの設定について、詳しく紹介していきますね。

デフォルトの投稿設定

デフォルトの投稿設定では、下記の項目を設定できます。

  • 投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる
  • 新しい投稿に対し他のブログからの通知を受け付ける
  • 新しい投稿へのコメントを許可

投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる

「投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる」にチェックを入れると、投稿内にリンクを挿入した場合に相手サイトに自動で通知が送信されるようになります。

リンクしたことを相手サイトに認知してもらうことで、被リンクをもらえるチャンスが生まれます。

上記の理由から、本項目にはチェックを入れるのがおすすめです。

新しい投稿に対し他のブログからの通知を受け付ける

「新しい投稿に対し他のブログからの通知を受け付ける」にチェックを入れることで、自分のサイトにリンクを貼られたときに通知をしてくれます。

被リンク元のサイトを確認するためにも「新しい投稿に対し他のブログからの通知を受け付ける」にはチェックを入れるのがおすすめです。

新しい投稿へのコメントを許可

「新しい投稿へのコメントを許可」にチェックを入れることで、読者が記事にコメントを残せるようになります。

「新しい投稿へのコメントを許可」からチェックを外すと、コメントの入力欄が表示されなくなります。

多くの読者からコメントが集まることはSEO的にも有利です。

上記の理由から「新しい投稿へのコメントを許可」にはチェックをいれ、コメントを活用できるようにしておきましょう。

他のコメントの設定

他のコメントの設定では、下記の項目を設定できます。

  • コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする
  • ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする
  • ○日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる
  • コメント投稿者がcookieを保存できるようにする、cookieオプトイン用チェックボックスを表示します
  • コメントを○階層のスレッド形式にする
  • 1ページあたり○件のコメントを含む複数ページに分割し、○のページをデフォルトで表示する
  • ○コメントを各ページのトップに表示する

コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする

「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」にチェックを入れることで、名前とメールアドレスを入力しなければコメントを投稿できなくなります。

スパムコメントを防ぐためにも「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」にはチェックを入れるのがおすすめです。

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

「ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする」にチェックを入れることで、ユーザー登録をした人だけがコメントを投稿できるようになります。

コメントの投稿者を限定する必要はないため「ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする」からはチェックを外すのがおすすめです。

○日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

「○日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる」にチェックを入れることで、投稿から○日以上経った記事のコメント欄を自動で非表示に設定してくれます。

コメントの受け付け期間は限定する必要がありませんので「○日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる」からはチェックを外すのがおすすめです。

コメント投稿者がcookieを保存できるようにする、cookieオプトイン用チェックボックスを表示します

「コメント投稿者がcookieを保存できるようにする、cookieオプトイン用チェックボックスを表示します」にチェックを入れることで、一度コメントを残したユーザーは再度コメントを投稿するときに名前とメールアドレスの入力が不要になります。

上記の設定を有効にすることで、リピーターのユーザビリティがUPしますね

よくコメントを残してくれるユーザーのためにも、本項目にはチェックを入れるのがおすすめです。

コメントを○階層のスレッドにする

「コメントを○階層のスレッドにする」にチェックを入れることで、ユーザーがコメントに意見や返信できる回数を○回までに制限できます。

本項目からチェックを外すと、ユーザー同士がコメント欄を使って会話をすることができなくなります。

個人的には、コメント欄でユーザー同士が会話をするのは避けるべきだと考えています。

というのも、ユーザー同士の会話は時にヒートアップしてコメント欄の治安が乱れると思うからです。

上記の理由から、当ブログは本項目からはチェックを外し、コメント欄ではサイト運営者とユーザーの2人だけが会話をできるように設定しています。

1ページあたり○件のコメントを含む複数ページに分割し、○のページをデフォルトで表示する

「1ページあたり○件のコメントを含む複数ページに分割し、○のページをデフォルトで表示する」にチェックを入れることで、○件以降のコメントを別ページに分割して表示できるようになります。

コメント欄は1つにまとめた方がSEO的にも有利だと感じますので、本項目からはチェックを外すのがおすすめです。

○コメントを各ページのトップに表示する

「○コメントを各ページのトップに表示する」では、コメントの優先順位を設定できます。

サイトに訪れたユーザーとしては新しいコメントの方が興味があると思いますので「新しいコメント」に設定することをおすすめします。

自分宛のメール通知設定

自分宛のメール通知設定は、下記のタイミングで設定できます。

  • コメントが通知されたとき
  • コメントがモデレーションのために保留された時

上記のタイミングでメールの通知が必要と思う場合にはチェック。必要ないと思う場合にはチェックを外しましょう。

コメントの表示条件

コメントの表示条件は「コメントの表示条件」から設定できます。

コメントの表示条件では、下記の2項目を設定できます。

  • コメントの手動認証を必須にする
  • すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

「すでに承認された~」にチェックを入れることで、スパムコメントを防ぎながら信頼できるユーザーにコメント欄を活用してもらえます。

上記の理由から「コメントの手動認証を必須にする」からはチェックを外し「すでに承認された~」にはチェックを入れるのがおすすめです。

毎回コメントの内容を確認してから記事に掲載したい場合には「コメントの手動認証を必須にする」にチェックを入れましょう。

コメントのブラックリストの設定

コメントのブラックリストの設定は、下記の2項目から設定できます。

  • コメントモデレーション
  • コメント内で許可されないキーワード

コメントモデレーションを設定した場合、該当するコメントを自動で承認待ちにしてくれます。

対して、コメント内で許可されないキーワードを設定した場合、該当するコメントを自動でゴミ箱に移行してくれます。

なお「コメントのブラックリストの設定」でもスパムコメントの対処はできますが、スパムコメント対策用のプラグイン『Akismet』を利用した方が、より高度にスパムコメントを対処できます。

上記の理由から「コメントのブラックリストの設定」は設定せず、Akismetをインストールすることをおすすめします。

アバターの設定

アバターの設定は、次の3項目から設定できます。

  • アバターの表示
  • 評価による制限
  • デフォルトアバター

アバターの表示

アバターの表示にチェックを入れると、コメントの投稿者のアバターが表示されるようになります。

※アバターの画像

投稿者の区別をつけるためにも、アバターの表示にはチェックを入れるのがおすすめです。

評価による制限

「評価による制限」ではアバター画像に年齢制限を設定し、過激なアバター画像の使用を制限できます。

コメント欄でユーザーに不快な思いをさせないためにも「G-あらゆる人に適切」に設定しておくのがおすすめです。

デフォルトアバター

デフォルトアバターでは、コメント投稿者のデフォルトアバターを設定できます。

デフォルトアバターは基本的にどれでもOKです。

自分のサイトに合ったアバターを設定しましょう。

メディア設定

メディア設定では、メディアライブラリに画像を追加するときのサイズを設定できます。

画像サイズには、下記の3種類があります。

  • サムネイルのサイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

画像サイズは、どれも初期設定のサイズのままでOKです。

初期設定の画像サイズが使いづらい場合には、任意のサイズに調整しましょう。

パーマリンク設定

パーマリンク設定では、パーマリンクの作成方法を設定できます。

  • パーマリンクの基礎知識
  • パーマリンクにおすすめの設定

上記の内容は、次の記事で紹介しています。

パーマリンクは、WordPressを始めたら必ず変更すべき設定です。

そのため、上記の記事を参考にしながらパーマリンク設定を変更しましょう。

プライバシー設定

プライバシー設定では、プライバリーポリシーページを設定できます。

サイト運営をしていくのであれば、プライバシーポリシーは必ず用意すべきページです。

プライバシーポリシーを作成し、プライバシー設定に登録しましょう。

WordPressの初期設定の段階で入れておきたいプラグイン

WordPressを始めたら、下記の記事で紹介しているプラグインは導入しておくことをおすすめします。

上記の記事で紹介しているプラグインを導入し、本当の意味で初期設定を完了しましょう。

WordPressを始めたらまず最初に初期設定を変更しよう!

これで「WordPressの初期設定」の内容は終わりです。

冒頭でもお伝えしましたが、WordPressを始めてすぐに初期設定を変更することで、今後スムーズにサイト運営を進められるようになります。

この記事を参考にしながら、WordPressの初期設定を変更しましょう。

当ブログでは、WordPressの使い方を初心者に向けて紹介しています。

WordPressを始めたばかりの場合には、ぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。