Alice blog

WordPressのパーマリンクとは?【変更方法とおすすめの設定方法も紹介】

WordPress パーマリンク
           

WordPressを始めた場合には、パーマリンク設定は必ず最初にやらなければいけない作業です。

後でパーマリンクを変更するとなると、かなり面倒な作業になるからですね

この記事を読んでいるということはあなたもWordPressを始めたばかりであり、パーマリンクについてよくわからない状態なのではないでしょうか。

当記事では、パーマリンクの概要から変更方法までを紹介していきます。

手順はすべて画像と一緒に解説していきますので、WordPressを始めたばかりでもミスなく設定を変更できるようになります。

また、記事後半ではおすすめのパーマリンク設定についても紹介しているため、最適なパーマリンクを設定できるようになります。

この記事を最後まで読み、サクッとパーマリンクを変更してしまいましょう。



WordPressのパーマリンクとは?

WordPressのパーマリンクとは、記事のURLのことです。

WordPressのパーマリンクは、サイトのドメインの後に「投稿日」や「カテゴリー名」などを連ねる形で表示されます。

ちなみに、WordPress初期のパーマリンクは下記の設定になっています。

「サイトのドメイン/?p=投稿ID」

※初期パーマリンクで作成したパーマリンクの画像

投稿IDは、WordPressがランダムで数字を当てはめます。

当ブログではパーマリンク設定を「サイトのドメイン/投稿名」に変更しているため、下記のパーマリンクで表示されています。

 

WordPress初期のパーマリンクよりも、記事の内容をイメージしやすいはずです

なお、WordPressで設定できるパーマリンクは、下記の6種類です。

  • 基本
    http(s)://サイト名/?p=投稿ID
  • 日付と投稿名
    http(s)://サイト名/投稿日/投稿名
  • 月と投稿名
    http(s)://サイト名/投稿月/投稿名
  • 数字ベース
    http(s)://サイト名/archives/投稿ID
  • 投稿名
    http(s)://サイト名/投稿名
  • カスタム構造
    http(s)://サイト名/カスタム

パーマリンク設定は、上記の中から任意の設定を選択します。

WordPressを始めたらすぐにパーマリンクを変更すべき理由

WordPressを始めたらすぐにパーマリンクを変更すべき理由は、下記の2つです。

  • 記事の内容をイメージしづらいから
  • 後でパーマリンクを変更するのはデメリットしかないから

それぞれの理由について、もう少し深掘りしていきます。

記事の内容をイメージしづらいから

WordPressを始めたらすぐにパーマリンクを変更すべき理由1つ目は、記事の内容をイメージしづらいからです。

先ほどもお伝えしましたが、WordPress初期のパーマリンク設定では下記のパーマリンクが表示されます。

「http(s)://サイト名/?p=投稿ID」

とはいえ、上記のパーマリンクではどのような内容について書かれた記事なのかイメージできないはずです。

そのため、ユーザーにとって使いやすい記事とは言えないでしょう。

上記の理由から、パーマリンクは記事の内容をイメージしやすい設定に変更する必要があります。

後でパーマリンクを変更するのはデメリットしかないから

WordPressを始めたらすぐにパーマリンクを変更すべき理由2つ目は、後でパーマリンクを変更するのはデメリットしかないからです。

後でパーマリンクを変更するデメリットは、下記の通りです。

  • 全記事を301リダイレクトしなければいけない
  • 301リダイレクトでサイトの表示速度が遅くなる
全記事301リダイレクトしなければいけない理由は、パーマリンクを変更する時の注意点で紹介しています。

全記事のリダイレクト作業は、プラグインを使えば一括で変更できます。

そのため、それほど大きなデメリットにはならないでしょう。

しかし、リダイレクトによるサイトの低速化は改善しようがありません。

上記の理由から、パーマリンク設定はWordPressを始めた当初に変更することをおすすめします。

パーマリンクとスラッグの違い

パーマリンクとスラッグは、別物です。

パーマリンクとはURL全体のことを指し、スラッグはパーマリンクの中でも投稿名の部分だけを指します。

 

WordPressを使っていく中で「パーマリンク」と「スラッグ」という言葉はよく使われるため、両者の違いを明確に把握しておきましょう。

パーマリンクを変更する時の注意点

パーマリンクを変更すると、古いパーマリンクと新しいパーマリンクで2つ同じ記事ができてしまいます。

サイト内に同じ記事がある場合には、下記のデメリットが生じてしまいます。

  • SEOでマイナスの評価を与えられる
  • ユーザーがどちらのURLにアクセスすればいいのかわからなくなる

上記のことから、パーマリンクを変更した時には全記事古いパーマリンクから新しいパーマリンクにリダイレクトするようにしましょう。

WordPressでパーマリンクを変更する方法

WordPressでパーマリンクを変更するには、ダッシュボードの「設定」から「パーマリンク設定」を選択します。

 

あとは、設定したいパーマリンク設定にチェックを入れ「変更を保存」をクリックすれば、パーマリンクの変更は完了です。

 

基本設定の下に「オプション」がありますが、特に設定する必要はありません。

パーマリンクの変更後は自分のサイトを開き、それぞれの記事が新しいパーマリンクに変更されているかを確認してみましょう。

SEOに最適なおすすめのパーマリンク設定

SEOに最適なおすすめのパーマリンク設定は「投稿名」です。

投稿名がおすすめな理由は、下記の2つです。

  • 短いパーマリンクは内容を理解しやすいため、ユーザーの利便性が高くなる
  • カテゴリーの移動にも柔軟に対応できる

そもそも、パーマリンクはできるだけ短い方が内容を理解しやすいです。

そのため「日付」や「月」などはパーマリンクに含めない方がいいです。

また、パーマリンクには「カテゴリー」を含めた方がいいという意見もありますが、パーマリンクにカテゴリーを含めるとカテゴリーの移動がしづらくなります。

これは、カテゴリーを移動するごとにパーマリンクが変更され、その都度新しいパーマリンクにリダイレクトする必要があるからですね。

上記の理由から、SEOに最適なパーマリンクは「投稿名」だと言えます。

WordPressプラグインを使ったパーマリンクの変更方法

プラグインを使ってパーマリンクを変更するメリットは、パーマリンク変更後のリダイレクト作業を省略できることです。

つまり、パーマリンクを変更した後に、自動で新しいパーマリンクにリダイレクトしてくれるわけですね

上記の理由から、すでにWordPressに投稿をしてしまっている場合にはプラグインを使ったパーマリンクの変更方法がおすすめです。

すでに大量の記事を投稿してしまっている場合には、一括リダイレクトをして通常の変更方法を実践する方がおすすめです。

パーマリンクを変更するには「Custom Permalinks」というプラグインを使います。

Custom Permalinksを使うには、ダッシュボードの「プラグイン」の中から「新規追加」を選択します。

 

検索窓に「Custom Permalinks」と入力し、該当するプラグインをインストールします。

あとは、パーマリンクを変更したい記事のエディターを開き「パーマリンク」の欄に任意のパーマリンクを入力すれば、パーマリンクの変更は完了です。

 

パーマリンクの変更後は記事を確認し、変更が適用されているかを確認してみましょう。

WordPressを始めたらパーマリンクの設定を変更しよう!

これで「パーマリンクの概要から変更方法」の内容は終わりです。

冒頭でもお伝えしましたが、WordPressを始めたらまず最初にパーマリンク設定は変更すべきです。

この記事を参考にしながら、パーマリンク設定を変更しましょう。

当ブログでは、WordPressの使い方を初心者に向けて紹介しています。

WordPressを始めたばかりの場合には、ぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。