Alice blog

WordPressのエディターをClassic Editorに戻す方法_プラグインを入れるだけでOK

WordPress クラシックエディターの戻し方
           

WordPress5.0のアップデートから新エディター(Gutenberg)を使っている場合、下記の不満を抱えることもあるはずです。

新エディターではなく、旧エディターのクラシックエディターが使いたい…

当記事では、WordPressのエディターをクラシックエディター(Classic Editor)に戻す方法を紹介しています。

この記事で紹介する変更方法を実践すれば、2020年現在でもクラシックエディターを使えるようになります。

また、クラシックエディターへの変更手順はすべて画像付きで解説しているため、ミスなくクラシックエディターを使えるようになります。

この記事で紹介する方法を実践し、エディターをクラシックエディターに戻してみましょう。



WordPressのクラシックエディター(Classic Editor)とは?

クラシックエディター(Classic Editor)とは、現在メインエディターに設定されている「ブロックエディター(Gutenberg)」の前に使われていた旧エディターのことです。

WordPress5.0のアップデートにより、クラシックエディターはメインエディターとして使われなくなりました。アップデート以降は『ブロックエディター(Gutenberg)』がメインエディターに設定されています。

なお、クラシックエディターのサポート期間は2021年末までと言われています。

2021年以降もクラシックエディターを使う方法は下記の記事で紹介しているため、興味がある場合にはぜひ一度読んでみてください。

クラシックエディターとブロックエディターの違い

クラシックエディターとブロックエディターの違いは、記事の作り方にあります。

クラシックエディターとブロックエディターの記事の作り方は、下記の点で異なります。

クラシックエディター
紙に文章を書くように記事が作れる
ブロックエディター
ブロックを積み上げるようにして記事を作る

クラシックエディターでは紙に文章を書くように記事が作れるため、普段文章を書く時と何ら変わりなく作業を行えます。

対してブロックエディターはブロックを積み上げるようにして記事を作っていくため、普段文章を書く時とは違った感覚で記事を作ることになります。

始めてブロックエディターを使うと、少し使いづらさを感じると思います

とはいえ、ブロックエディターにはブロックエディターにしかないメリットもあります。

ブロックエディターを使うメリットは下記の記事で紹介していますので、興味がある場合にはぜひ読んでみてください。

クラシックエディターとブロックエディターはどっちがおすすめ?

結論から言うと、クラシックエディターとブロックエディターにおすすめはありません。

両者を使い比べてみて、自分が使いやすい方を選びましょう。

今回クラシックエディターをインストールしてみて、使いづらかったらブロックエディターに戻せばOKですね

WordPressのエディターをClassic Editorに戻す方法

WordPressのエディターをクラシックエディターに戻すには『Classic Editor』というプラグインをインストールするだけでOKです。

Classic EditorはWordPressが公式で管理しているプラグインですので、安心して旧エディターに戻すことができますね

それでは早速、Classic Editorをインストールしていきましょう。

Classic Editorプラグインをインストールする手順

まずはじめに、ダッシュボードのプラグインから「新規追加」を選択します。

 

プラグインの検索窓に「Classic Editor」と入力し、該当するプラグインを見つけます。

Classic Editorのプラグインが見つかりましたら「今すぐインストール」をクリック。

 

インストールボタンが「有効化」に切り替わりますので、そのまま「有効化」をクリックします。

 

これで、クラシックエディターのインストールは完了です。

エディターを開き、クラシックエディターに戻っているかを確認してみましょう。

当ブログではクラシックエディターの使い方を紹介しているため、使い方がわからない場合にはぜひ参考にしてみてください。
クラシックエディター(Classic Editor)の使い方【WordPress】

クラシックエディターとブロックエディターの切り替え方法

「Classic Editor」をインストールすると、エディターの設定を下記の2種類から選べるようになります。

  • エディターをクラシックエディターに固定
  • 投稿ごとにクラシックエディターとブロックエディターを切り替え

それぞれの設定方法について紹介していきますね。

エディターをクラシックエディターに固定

エディターをクラシックエディターに固定したい場合には、ダッシュボードの「設定」から「投稿設定」を選択します。

 

あとは「すべてのユーザーのデフォルトエディター」を「Classic Editor」に設定すれば作業は完了です。

 

設定の適用後は実際にエディターを開き、クラシックエディターが適用されているかを確認しましょう。

投稿ごとにクラシックエディターとブロックエディターを切り替え

投稿ごとにクラシックエディターとブロックエディターを切り替えられるようにするには、ダッシュボードの「設定」から「投稿設定」を選択します。

 

あとは「ユーザーにエディターの切り替えを許可」の項目を「はい」に切り替えれば、ブロックエディターとクラシックエディターの切り替えができるようになります。

 

ちなみに、エディターの切り替えをできるように設定すると、投稿の編集画面で下記のようにエディターを切り替えられるようになります。

 

エディターをClassic Editorに戻してWordPressを運営しよう!

これで「WordPressのエディターをClassic Editorに戻す方法」の内容は終わりです。

世間的には、ブロックエディターへの移行を推進しています。

しかし、2021年以降もクラシックエディターを使う方法はあるため、個人的には無理にブロックエディターに移行する必要はないと思います。

自分の使いやすいエディターを使い、サイト運営を効率的に進めていきましょう。

当ブログでは、WordPressブログに必ず入れるべきプラグインを4つ紹介しています。

ブログとしてWordPressを運営している場合には、ぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。