ココナラ占いで使える3,000円クーポン【無料登録でGET!】

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」の意味・解釈【ニーチェの名言】

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」の意味・解釈

この言葉は、人間が知りたいことや探求しようとすることに対して、自分自身も見られているという意味を持ちます。つまり、自分が深淵を見る時、深淵も自分を見ているということです。これは、人間が自己を深淵のように探求することで、自己を理解し、成長することができるという意味を持ちます。

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」の「深淵」とは?

「深淵」は、謎や不確かなこと、知られていないことなどを指します。それは、私たちが探求しようとするものであり、私たちが知りたいと思うものです。深淵は、人間が知りたいことや探求しようとすることを表しています。

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」の「怪物」とは?

「怪物」は、この文脈では特に指されていません。

クトゥルフ神話との関係性はある?

この言葉は、クトゥルフ神話とは直接の関係はありません。クトゥルフ神話は、人間が恐れるものや恐れられるものを描写していますが、この言葉は、人間が自己を探求することを描写しています。

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」の類義語

「自己を見ることで、自己が見られていること」「自己を探求することで、自己が探求されていること」などが類義語です。これらの言葉は、人間が自己を探求することで、自己を理解し、成長することができるという意味を持っています。また、自己を見ることで、自己が見られていることを知ることができるという意味も含んでいます。

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」の原文

「When you gaze into the abyss, the abyss also gazes into you」

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」は誰の言葉?

この言葉は、ドイツの哲学者ニーチェによって提示されました。

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」は誰の言葉?

この言葉は、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェによって提示されました。彼は、この言葉を「Thus Spoke Zarathustra」という著書に登場させています。

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」が登場する作品

この言葉は、ニーチェの著書「Thus Spoke Zarathustra」に登場します。この作品は、彼の哲学的思考を綴ったもので、人間の存在や人間の存在意義などについて深く考察しています。

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」以外のニーチェの名言

「He who fights with monsters should look to it that he himself does not become a monster」「That which does not kill us makes us stronger」「Without music, life would be a mistake」などがあります。これらの言葉は、人間が自己を理解し、成長するためにどのように戦うべきか、人間が何を受け入れることで強くなるか、音楽が人間にとってどの程度の重要性を持つかなどについて深く考察しています。

「なぜ生きるか」を知っている者は、ほとんど、あらゆる「いかに生きるか」に耐えるのだ。

この言葉は、ニーチェが「なぜ生きるか」を知っている者は、その生き方について考えることなく、多くのことに耐えることができると言っています。人間が生きる意義を知っていることが、その生き方について考えることなく、多くのことに耐えることができるということです。 また、生きる意義を知らない者は、生き方について考えすぎて、混乱し、苦しむことがあるということも指しています。

過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。

この言葉は、過去の行動や選択が現在に影響を与えるように、現在の行動や選択も将来に影響を与えるということを指しています。現在が将来を作り上げるということです。

毎日少なくとも一回、何か小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も駄目になるおそれがある。

この言葉は、毎日少なくとも一回、何か小さなことを断念することが重要だと言っています。断念することで、無駄なものを捨て、自分自身を整理することができるということです。そうしないと、毎日が無駄に使われ、翌日も駄目になるおそれがあると言っています。

あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう。

この言葉は、最悪の敵は自分自身だと言っています。自己の欲望や恐れ、自己の弱さなどを克服することが、最大の戦いであると言っています。

軽蔑すべき者を敵として選ぶな。汝の敵について誇りを感じなければならない。

この言葉は、軽蔑すべき者を敵として選ぶことは間違いだと言っています。自分自身を高めるためには、弱い者を敵にしても意味がないと言っています。真の敵は、自分自身の弱さであり、それを克服することが重要だと言っています。

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」まとめ

「深淵をのぞく時 深淵もまたこちらをのぞいているのだ」は、人間が自己を探求することで、自己を理解し、成長することができるという意味を持つ言葉です。また、自己を見ることで、自己が見られていることを知ることができるという意味も含んでいます。この言葉は、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェによって提示され、彼の著書「Thus Spoke Zarathustra」に登場しています。ニーチェの哲学的思考の中で、人間が自己を理解し、成長するためには、自己を探求することが重要であると言っています。そして、この言葉は、自己を見ることで、自己が見られていることを知ることができるということを示しています。これらのことは、自己を理解し、成長するために必要なことだと言えます。