Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国への持ち込み禁止リスト一覧【渡航する人必見!】

記事内に広告を含む場合があります
・中国に持ち込み禁止なものは?
・どんなものなら持っていっていいの?

このような悩みを解決します。

この記事では、中国への持ち込み禁止リストを紹介していきます。

持ち込み禁止のものを持っていくと空港で捨てられてしまいますので、これから中国に行く場合には必ずチェックしておきましょう。

また中国に行くと、ネット規制の影響で「LINE」「YouTube」「SNS」などがすべて使えなくなります。

ただ「VPN」というものを使えば、中国にいても上記のアプリを使えるようになります。

ちなみにVPNとの接続は5分ほどで終わり、料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行くときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、旅行前にVPNとの接続を済ませて中国でもLINEやYouTubeを使えるようにしておくといいですよ。

では中国でもLINEやYouTubeなどを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

中国から日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使って中国から日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う

中国にいるとネット規制の影響でLINEやYouTubeを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、中国からでも日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は5分ほどの作業だけでOKです。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでVPNとの接続ができます。

また通信速度も速いので、Google検索もサクサクできますし、YouTubeの再生でカクつくこともありません。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行で中国に行く方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業しておけば中国でも日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませておくといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う
備考
この記事では「 NordVPN」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイトにアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

ここまでで日本でやる作業は一旦終わりです。

日本のサーバーと接続

次に日本のサーバーとの接続方法を紹介していきます。

中国でもスムーズに日本のサーバーと接続できるように、事前に予習しておくのがおすすめです。

中国に行ったら、これから紹介することをやればOKというわけです!
備考
日本のサーバーとの接続方法も「 NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

LINEやYouTubeを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通りLINEやYouTubeを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、中国でも問題なくLINEやYouTubeを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

中国への持ち込み禁止リスト

食べ物

中国への渡航や入国の際には、持ち込みが禁止されている食品に関する厳格な規制が存在します。これは、公衆衛生や農業の安全を保護し、感染症や害虫の拡散を防ぐための措置です。以下は、中国への持ち込みが禁止されている主な食品についての情報です。

肉製品: 生の肉製品や家畜由来の製品の持ち込みは一般的に制限されています。これは、家畜伝染病の拡散を防ぐための措置であり、未加工の肉製品や乳製品の輸入が規制されています。

乳製品: 未加工の生乳や乳製品も制限対象となっています。これには、チーズやバター、生のミルクなどが含まれます。乳製品の輸入は、厳格な検疫手続きを経て行われることがあります。

果物および野菜: 生の果物や野菜の持ち込みも一定の制約があります。これは、害虫や病気の拡散を防ぐための対策であり、輸入には検疫手続きが課せられます。

加工品: 一部の加工品や加工食品も制限の対象となっています。これには、未加熱の冷凍食品や未加工の穀物製品が含まれます。輸入に際しては、品目ごとに異なる検疫基準が設けられています。

違法な添加物を含む食品: 中国では、一部の添加物や食品成分が法的に認められておらず、それらを含む食品の持ち込みが禁止されています。これは、食品の安全性と品質を確保するための規制です。

これらの規制は時折変更される可能性がありますので、渡航前に最新の情報を確認し、法令を遵守することが重要です。不正確な情報に基づいて持ち込みを試みると、罰金や没収、入国拒否などの制裁が課せられる可能性があります。

飲み物

中国への渡航や入国においては、特定の飲み物の持ち込みにも一定の制限が存在します。これらの制約は、公衆の健康と安全を守り、国内市場を保護するために設けられています。以下は、中国において飲み物の持ち込みが禁止されている主な理由と規制についての情報です。

健康と衛生の保護: 中国では、海外からの飲み物の持ち込みには検疫手続きが設けられています。これは、持ち込まれた飲み物が公衆の健康に悪影響を及ぼす可能性があるかどうかを確認するための措置です。

食品衛生基準の遵守: 中国では、食品や飲み物に対する衛生基準が設けられています。持ち込まれる飲み物がこれらの基準を満たしていない場合、入国が制限されることがあります。

輸入飲料の規制: 特に、未開封の輸入飲料やアルコール類には制限が課せられています。これは、国内のアルコール市場を保護し、飲み物に関する税制を維持するための対策です。

アルコール検疫の実施: 中国では、アルコール飲料に対する検疫手続きが行われることがあります。これにより、違法な輸入や規制を逃れるための手段を取る者を防ぐことが目的とされています。

特定の成分や添加物の制限: 一部の飲み物には、特定の成分や添加物が含まれている可能性があります。これらが中国の法令や基準に適合していない場合、持ち込みが禁止されることがあります。

持ち込みが禁止される飲み物には個別の規制があるため、訪中前に最新の情報を確認し、現地の法令や規定を遵守することが重要です。違反が発覚した場合、罰金や没収などの法的な措置が取られる可能性があります。

麻薬や覚醒剤

中国への渡航や入国に際しては、麻薬や覚醒剤などの薬物の持ち込みが厳しく制限されています。これらの規制は、国の法律に基づき、公共の安全と秩序を維持するために実施されています。以下は、中国において麻薬や覚醒剤の持ち込みが禁止されている理由と具体的な取り締まりについての情報です。

法的背景: 中国は麻薬や覚醒剤などの薬物を厳格に取り締まり、それらの所持や使用を法的に禁止しています。これは、犯罪の抑制や社会の安定を確保するための措置であり、国内外からの麻薬の不正取引を防ぐ狙いがあります。

法的制裁: 中国において、麻薬や覚醒剤の持ち込みや使用は重大な刑事罪とされており、逮捕や起訴の対象となります。摘発された場合、厳格な司法手続きに従い、懲役刑や罰金などの法的な制裁が科せられる可能性があります。

公共の安全: 麻薬や覚醒剤の濫用は、個々の健康被害だけでなく、社会全体に深刻な問題を引き起こす可能性があります。中国政府はこれらの薬物を厳格に管理し、社会的な安全を守るための措置を講じています。

国際協力: 中国は国際的な取り組みにも積極的に参加し、麻薬の不正取引や密売に対する国際的な協力を推進しています。これにより、国際的な協力体制を築き、麻薬問題への総合的な対処を目指しています。

中国への訪問を計画する際には、これらの法的な制約を理解し、遵守することが不可欠です。法に違反すると、深刻な法的な問題が生じる可能性があるため、留意が必要です。

武器や爆発物

中国への渡航や入国においては、武器や爆発物の持ち込みが厳しく規制されています。これらの規制は、公共の安全と秩序を確保し、国内外のテロリズムや犯罪行為を防ぐために実施されています。以下は、中国において武器や爆発物の持ち込みが禁止されている背景と具体的な取り締まりに関する情報です。

法的規制: 中国の法律において、武器や爆発物の持ち込みは厳格に禁止されています。これは、一般の安全と国家の安定を維持するための法的な措置であり、個人や団体による犯罪行為の抑制を意味しています。

検疫手続き: 入国審査や検疫プロセスにおいて、旅行者の荷物や所持品が厳格に検査されます。武器や爆発物が発見された場合、即座に没収され、緊急の対応が取られる可能性があります。

適切な機関への通報: 中国では一般市民も武器や爆発物の所持や使用を防ぐために協力が求められています。怪しましい行動や物品に遭遇した場合、これを警察や関連機関に通報することが期待されています。

刑事罰の可能性: 武器や爆発物の持ち込みが発覚した場合、旅行者は重大な法的問題に直面する可能性があります。懲役刑や罰金などの刑事罰が科せられ、入国が拒否されることもあります。

国際的な協力: 中国は国際的なテロ対策の一環として、武器や爆発物の不正輸送や密売に対する国際協力にも積極的に参加しています。これにより、国境を越えた危険物の流通を防ぐことを目指しています。

以上の規制を理解し、遵守することが訪中旅行者にとって極めて重要です。法に違反する行為は厳格に取り締まられ、深刻な法的制裁が課せられる可能性があります。

動植物

中国への渡航や入国においては、特定の動植物の持ち込みが厳しく規制されています。これらの規制は、生態系への悪影響や法的な制約を考慮して設けられています。以下は、中国において動植物の持ち込みが禁止されている主な理由と規制に関する情報です。

法的背景: 中国は国内外の生態保護や動植物の保護を促進するために、法的な措置を講じています。これには、国際的な保護協定や国内法に基づく動植物の輸入規制が含まれます。

絶滅の危機に瀕した種: 国際的な絶滅危惧種や国内の保護対象となっている動植物は、持ち込みが禁止されています。これには、象牙やサイの角などの違法な取引が含まれます。

感染病の拡散防止: 病気や害虫の拡散を防ぐため、生きた動植物やそれらから取られた製品の持ち込みが厳しく制限されています。これは、国内の農業や生態系への影響を最小限に抑えるための対策です。

違法な捕獲や取引の防止: 違法な捕獲や取引によって生じる環境への悪影響を防ぐため、動植物の輸入には検疫手続きが設けられています。これにより、密猟や不法な取引を防ぐことが求められています。

持ち込みが許可される場合: 一部の動植物については、特定の手続きを経て持ち込みが許可される場合があります。ただし、事前に適切な許可を得ることが求められ、厳格な条件が課せられることが一般的です。

これらの規制を無視して動植物を持ち込むことは、法的な制裁や没収、入国拒否などの厳しい措置が取られる可能性があります。したがって、訪中前に最新の情報を確認し、法令を順守することが重要です。

文化財や芸術品

中国への渡航や入国においては、文化財や芸術品の持ち込みには一定の規制が存在しています。これらの制約は、国の歴史や文化財を守り、不正な流通や取引を防ぐために実施されています。以下は、中国において文化財や芸術品の持ち込みが禁止されている主な理由と規制についての情報です。

国の文化財保護: 中国は自国の歴史や文化財を厳重に保護しており、これらの財産を不正な取引から守るため、文化財や芸術品の輸入には検疫手続きが設けられています。

法的な規定: 国際的な文化財保護の一環として、中国は国内法で文化財や芸術品の持ち込みを制限しています。これには、法的な手続きを経て取得されたものであっても、違法な取引の痕跡がある場合は制限が課せられることがあります。

不正な取引の防止: 文化財や芸術品の不正な取引や盗難品の流通を防ぐため、輸入時には購入証明書や正当な取得経緯の証拠が求められます。これにより、不正な経緯を持つ品物の持ち込みが制約されています。

国際的な協力: 中国は国際的な文化財保護の取り組みに積極的に参加しており、他国との協力によって不正な流通を防止しています。国際的な取引の透明性を確保し、文化財の合法的な取引を促進することが求められています。

規制対象の具体例: 規制対象になる文化財や芸術品には、歴史的価値のある絵画、彫刻、陶磁器、古代の工芸品などが含まれます。これらの品物は持ち込みが厳しく制限され、許可を得るためには事前に適切な手続きが必要です。

これらの規制を遵守せずに文化財や芸術品を持ち込むと、法的な制裁や没収の対象となる可能性があります。訪中前に最新の情報を確認し、法令を順守することが不可欠です。