Alice blogでは、ブログに関する情報を発信しています

タイピングでミスが多い原因と解決策5選【正確にタイプできるように改善】

タイピングでミスが多い原因と解決策5選【正確にタイプできるように改善】
タイピングを練習してるんだけど、ミスが多くてゲームの点数も伸びない…

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • タイピングでミスが多い原因と解決策
本記事の信頼性
この記事を書いている僕は1ヶ月ほどでタイピングを身につけ、今では「寿司打」で15000点以上は出せるようになりました。

今回は、タイピングでミスが多い原因と解決策を紹介していきます。

現在タイピングでミスが多い場合には、この記事で紹介している原因のどれかには該当しているはずです。

該当する箇所を改善すれば、今よりも正確にタイピングができるようになりますよ。




タイピングでミスが多い原因と解決策

タイピングでミスが多い原因と解決策

タイピングでミスが多い原因は、下記のとおりです。

タイピングでミスが多い原因
  • 入力するキーを正確に覚えていない
  • 焦ってタイピングをしている
  • 指に力が入っている
  • キーボードが合っていない
  • タイピングの練習量が足りない

それぞれの原因に対して、解決策を紹介していきますね。

入力するキーを正確に覚えていない

まず1つ目の原因は、入力するキーを正確に覚えていないことです。

タイピングでミスが少ない人は、それぞれのキーを自信をもってタイプしています。

それに対し、タイピングでミスが多い人はキーボードの配置があやふやで、自信をもってタイプできていないことが多いです。

タイピングでミスが多い人は、ほとんどの人が入力するキーを正確に覚えられていないことが原因ですね

この問題の解決策としては、下記の2つをしっかりと身につけることです。

  • ホームポジション
  • それぞれのキーの正しいタイピング方法

ぶっちゃけ、上記の2つができている人は自然とミスタイプも減ってきます。

ポイント
ホームポジションや正しい指の使い方については、 【タイピング】正しいホームポジションの指の位置と矯正方法で詳しく紹介しています。

僕もタイピングを練習している時にはミスが多く、タイピングゲームでの点数も伸びていきませんでした。

しかし、ホームポジションを定着させて正しい指の使い方に慣れたら、ミスタイプが大幅に減りました。

現在タイピングでミスが多い場合には、まずは基本を定着させることを意識するのがおすすめです。

焦ってタイピングをしている

2つ目の原因は、焦ってタイピングをしていることです。

何事でもそうですが、焦って何かをしようとするとミスは必ず起きてしまいます。

寿司打を例にすると「次の皿に移っちゃいそう(汗)」なんて時は、一番ミスが多くなりますよね

解決策は単純で、焦らずにタイピングをすることです。

焦るのではなく、自分が落ち着いてタイプできる最大の速度でタイピングをするイメージですね。

とはいえ、こんな意見もあると思います。

読者の声
タイピングスピードを上げないと地味に見えるし、点数も伸びていかないじゃん…

もちろんごもっともな意見でして、点数を伸ばすにはどうしてもタイピングスピードは必要になります。

ただ1つ知っておいてもらいたいことは、タイピング速度が速くなる流れは下記のようになるということです。

タイピング速度が上がる流れ
  • それぞれのキーの位置を正確に把握する
  • 自信をもってタイピングできるようになる
  • タイピング速度が上がる

つまり、正確にタイピングできるようになったら、自然とタイピングスピードも上がるというわけです。

上記のことから、まずは落ち着いてタイピングをし、自信をもってタイプできるキーを増やしていくのがおすすめですよ。

指に力が入っている

3つ目の原因は、指に力が入っていることです。

タイピングをする時に指に力が入っていると、柔軟性がなくなり他のキーも同時に押してしまう「かすり」というミスが多くなります。

「O」を押したつもりなのに、「P」も一緒に入力してしまっているという具合ですね

解決策としては、以下2つです。

指に力が入ってしまう時の解決策
  • 単純に指の力を抜く
  • 指のストレッチをする
  • 腕全体の力を抜く

上記のことをすれば、かすりも少なくなるはずです。

タイピングを練習している時には、定期的に指に力が入っていないかを確認してみてください。

キーボードが合っていない

タイピングでミスが多くなる原因4つ目は、キーボードが合っていないことです。

ホームポジションの姿勢をとった時に、指と指の間隔が狭くて窮屈だと感じる方もいると思います。

上記のようにキーボードのサイズが手に合っていないと、下記のデメリットが生まれます。

キーボードが合っていない時のデメリット
  • かすりが多くなる
  • 手が疲れる
  • タイピングのモチベが下がる
僕もノートパソコンのキーボードでは指の間隔が狭く感じるので、ノートパソコンの上にキーボードを乗せたスタイルで毎日ブログを書いています(笑)
ノートパソコンの上にキーボードを乗せている

解決策としては、自分の手に合ったキーボードを使うことです。

自分の手に合ったキーボードを使うことで、タイピングミスから疲れまでを克服できるようになりますよ。

ちなみに、いま僕が使っているキーボードはかなりタイピングがしやすいので、かなりおすすめです。

タイピングの練習量が足りない

最後の原因は、タイピングの練習量が足りないことです。

タイピングは一朝一夕で身につくスキルではありません。多くの練習をすることで体に染み付きます。

タイピングの練習をまだ30時間もやっていない場合には、タイピングミスに悩む必要はありませんよ

まともにタイピングができるようになってくるのは、60~70時間練習をしたあたりからです。

もしタイピングを始めたばかりでタイプミスに悩んでいる場合には、まずはホームポジションや指の使い方などの基礎を身につけることをおすすめします。

タイピングをする時にはミスを減らそう!

タイピングをする時にはミスを減らそう!

これで「タイピングでミスが多い原因と解決策」の内容は終わりです。

タイピングを実際に仕事で使う場合には、速さよりも正確性が重要になります。

この記事で紹介した改善方法を実施し、今よりタイピングミスを減らしていきましょう。

当ブログでは、タイピングが上手くなるコツを紹介しています。

紹介している内容はどれもタイピングの習得には必須ですので、タイピングの練習をしている場合にはぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。