Alice blogでは、ブログに関する情報を発信しています

タイピングで指が動かない人の解決策【器用さは必要ありません】

タイピングで指が動かない人の解決策【器用さは必要ありません】
タイピングを練習してるんだけど、思うように指が動かない…

このようなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • タイピングで指が動かない人の解決策
  • タイピングで指が動かないと思っている人の勘違い
本記事の信頼性
この記事を書いている僕は1ヶ月ほどでタイピングを身につけ、今では「寿司打」で15000点以上を出せるようになりました。

今回は、タイピングで指が動かない人の解決策を紹介していきます。

紹介する方法を実践すれば、今よりスムーズに指を動かせるようになるはずです。

また、記事後半では指が動かないと思っている人に多い勘違いも紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。




タイピングで指が動かない人の解決策

タイピングで指が動かない人の解決策

タイピングで指が動かない人の解決策は、下記の3つです。

タイピングで指が動かない人の解決策
  • 指の力を抜く
  • 腕全体の力を抜く
  • 指のストレッチをする

1つずつ紹介していきます。

指の力を抜く

まず1つ目の解決策は、単純に指の力を抜くことです。

タイピングをしようとすると、気持ちが入って知らぬ間に指に力が入っている人もいます。

しかし、指に力が入っている状態でタイピングをしても、スムーズにキーをタイプすることはできません。

裁縫なんかも、指に力が入っているとうまくできませんよね

指が動かないとお悩みの場合には、まずはリラックスした状態でタイピングすることを意識してみてください。

とはいえ、中には下記のような方もいるはずです。

読者の声
すでに指の力は抜いているつもりだけど、それでも指が思うように動かない…

このような方は、脱力した感覚がわかっていない可能性があります。

上記の場合には、次のテストを試してみてください。

  1. 立ち姿勢で腕をダラ~ンと脱力する
  2. 腕から指までを脱力した状態で、指を動かしてみる

このテストで指を動かしている感覚が、指を脱力した状態です。

タイピングをしている時にテスト以上に指に力が入ってしまっている場合には、自然と指に力が入ってしまっている証拠です。

脱力した感覚がいまいちわからない場合には、まずは脱力した感覚を掴むことから始めてみましょう。

腕全体の力を抜く

2つ目の解決策は、腕全体の力を抜くことです。

先ほどの解決策にも通じてきますが、肩や腕に力が入っていると自然と指にも力が入ってしまいます。

肩や腕に力を入れた状態で指を動かしてみてください。たぶん、指先は器用に動かないはずです

指が動かない場合には、腕全体の力を抜くことも意識してみてください。

指のストレッチをする

3つ目の解決策は、指のストレッチをすることです。

指の筋肉が硬くなっていると、タイピングも思うようにはできません。

したがって、指の筋肉が硬い人は指のストレッチをするのが効果的です。

指のストレッチ方法としては、下記の方法がおすすめですよ。

指のストレッチ方法
  • グーパー体操をする
  • 指先を持って反対側に反らせる
  • 手首をグルグル回す
ポイント
上記のストレッチ方法に加えて、腕全体のストレッチもすると更に効果的!

タイピングで指が動かないと思っている人の勘違い

タイピングで指が動かないと思っている人の勘違い

これまでにタイピングで指が動かない時の解決策を紹介してきましたが、指が動かないと感じている人はそもそもタイピングに関して勘違いをしている可能性があります。

指が動かないと感じている人に多い勘違いは、下記のとおり。

指が動かない人の勘違い
  • タイピングは手全体を動かすもの
  • タイピングに慣れてくれば自然と指も動くようになる

1つずつ紹介していきますね。

タイピングは手全体を動かすもの

タイピングは指先だけでするものではなく、手全体を動かしながらするものです。

例えば「P」を入力する時は指先だけを使うのではなく、手首を少し浮かせて腕全体を右に傾けるようにする感じですね。

指だけでなく腕全体でタイピングをする
すべてのキーを指先だけで入力しようとしても、可動域的には無理があります。

したがって、タイピングは手全体でするものと認識してもらえればOKです。

指先だけでタイピングをしている場合には、キーをタイプしやすいように手全体を動かしてみてください。

タイピングに慣れてくれば自然と指も動くようになる

そもそも、タイピングをしていて指が動かないと感じるのは、初心者に多い悩みです。

というのも、今まで指先を使わなかった人がいきなり指先を使おうとしても、筋肉が硬くて動かしづらいからですね。

先ほど指が動かないなら指のストレッチをすべきとお伝えしましたが、ぶっちゃけタイピングの練習を継続していれば自然と筋肉もほぐれて問題は解決します。
つまり、指が動かないという悩みは時間が解決してくれるというわけですね

現在タイピングの練習を始めて30時間も経っていない場合には、指もまだ慣れていません。

今は指を動かしづらく感じるかもしれませんが、タイピングの練習を続ければ勝手に指は動くようになりますよ。

タイピングで指が動かないのは慣れが解決してくれる!

タイピングで指が動かないのは慣れが解決してくれる!

これで「タイピングで指が動かない人の解決策」の内容は終わりです。

先ほども紹介しましたが、指が動かないのはタイピングを練習していれば次第に動くようになってきます。

今は指を動かしづらいかもしれませんが、多くの練習をこなして指をタイピングに慣らしていきましょう。

当ブログでは、タイピングを上手くするコツを紹介しています。

上達のポイントを抑えておけば、タイピングも速く習得できるようになります。

現在タイピングの練習をしている場合には、ぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。