Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

犬は中国に連れて行ける?【渡航条件を紹介!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、犬を中国旅行に連れていけるのかを紹介していきます。

犬を連れていくために必要な渡航条件についても紹介していますので、これから中国に旅行を計画している場合にはぜひ参考にしてみてください。

また中国に入国すると、YouTubeやインスタを使えなくなります。

中国でもYouTubeやインスタを使う方法は下記の記事で紹介していますので、興味があればチェックしてみてください。

犬は中国に連れていける?

もちろん、犬を中国に連れていくことは可能ですが、いくつかの手続きや条件があります。まず第一に、中国の動植物検疫局(AQSIQ)の規定に従って、犬の輸入手続きを完了する必要があります。

犬の輸入には、狂犬病のワクチン接種証明書が必要です。一般的に、最後のワクチン接種から30日以上経過している必要があります。また、狂犬病ワクチンの有効期限も注意する必要があります。さらに、犬はマイクロチップなどの識別手段を備えている必要があります。

中国の法律では、特に危険な犬種や大型犬種に対して厳格な制限がある場合があります。したがって、犬種によっては追加の条件や規制があるかもしれません。また、到着後には現地の動植物検疫局での検疫手続きも行われます。

最終的な確認として、具体的な輸入規定や手続きについては、中国の動植物検疫局や関連する当局に直接問い合わせ、最新の情報を入手することが重要です。

犬を中国に連れて行くための渡航条件

狂犬病ワクチンと証明書

犬を中国に連れて行く際には、狂犬病ワクチンとそれに関連する証明書が重要な渡航条件となります。中国では、動植物検疫局(AQSIQ)の規定に基づき、犬の輸入に関する厳格な規制が設けられています。以下は、その主なポイントです。

1. 狂犬病ワクチン接種:
犬は渡航前に狂犬病ワクチンを接種する必要があります。このワクチン接種は、通常最後の接種から一定期間が経過していることが求められます。接種の際には、ワクチンの種類やブランド、接種日などが詳細に記載された接種証明書が発行されます。

2. ワクチン接種証明書:
ワクチン接種証明書は、犬が狂犬病に対して適切に保護されていることを示す重要な文書です。証明書には犬の基本情報、マイクロチップの識別番号、最後のワクチン接種の日付と場所、獣医の署名や印鑑が含まれます。これらの情報が正確であることが、中国への入国審査および検疫手続きにおいて必須となります。

渡航前には、動植物検疫局や中国の大使館などの公式な情報源で最新の規定を確認し、必要な手続きを遵守することが不可欠です。狂犬病ワクチンとそれに伴う証明書を適切に取得することで、犬の中国への安全な渡航が実現されます。

マイクロチップの装着

犬を中国に連れて行く際に重要な渡航条件の一つは、犬にマイクロチップを装着することです。この措置は、犬の識別およびトラッキングを容易にし、動植物検疫局(AQSIQ)の規定に従った手続きの一環として要求されています。

1. マイクロチップの装着:
犬には、マイクロチップなどの電子識別デバイスを装着する必要があります。このチップには一意の識別番号が含まれ、犬が所有者に帰属することを明確に示します。通常、マイクロチップは皮膚の下に埋め込まれ、犬が失踪した場合や警察・動植物検疫局が確認する際に有用です。

2. 識別情報の登録:
マイクロチップの装着後は、その識別番号や関連する情報を正確に登録することが求められます。これは、中国への入国審査や検疫手続きにおいて、犬の所有者の確認や健康状態のトラッキングに利用されます。登録情報は最新のものである必要がありますので、渡航前に確認と更新を行うことが重要です。

犬を中国に連れて行く際には、マイクロチップの装着は単なる手続きだけでなく、犬の安全を確保するための効果的な手段でもあります。中国の動植物検疫局や関連する当局の公式情報を事前に確認し、要件を満たすよう努めましょう。

健康証明書

犬を中国に連れて行く場合、犬が健康であることを証明するために健康証明書が不可欠です。この手続きは、中国の動植物検疫局(AQSIQ)の規定に基づき、犬の輸入に関する厳格な条件の一環となっています。

1. 健康証明書の取得:
犬の健康証明書は、最寄りの獣医師によって発行されます。通常、証明書には犬の基本情報、狂犬病ワクチンの接種履歴、最後の健康検査の結果が含まれます。この証明書は、犬が感染症や健康上の問題を抱えていないことを確認するものです。

2. 検疫手続き時の提出:
健康証明書は、中国への入国時に検疫手続きで提出するため、事前に正確かつ詳細な情報が記載されていることが求められます。犬の健康状態や狂犬病ワクチンの接種履歴などが検疫官によって確認され、順調な入国をサポートします。

3. 時間的な制約:
一般的には、健康証明書の発行日から一定期間内に入国する必要があります。この制約期間は国や地域によって異なるため、具体的な日数や条件は中国の規定に基づいて確認することが必要です。

犬を連れて行く際には、健康証明書の取得とその正確な情報が不可欠です。渡航前に中国の動植物検疫局の最新の情報を確認し、要件を遵守することで、犬の中国への安全な渡航が実現されます。

入国審査と検疫手続き

犬を中国に連れて行くためには、犬が入国審査と検疫手続きを経る必要があります。これらのプロセスは中国の動植物検疫局(AQSIQ)の規定に基づいており、順守が求められています。

1. 入国審査:
中国への犬の入国では、最初に入国審査が行われます。犬の所有者は、到着時に関連する文書や証明書を提出する必要があります。狂犬病ワクチン接種証明書や健康証明書、マイクロチップの情報などが、入国審査官によって確認されます。これらの書類が正確であることが犬の中国入国を許可される重要な要因です。

2. 検疫手続き:
入国審査合格後、犬は動植物検疫局で検疫手続きを受けます。検疫では、犬の健康状態や接種歴が再度確認され、必要に応じて追加の検査が行われることがあります。狂犬病ワクチンの有効性や他の感染症のリスクを確認するため、検疫官が犬を審査します。

3. 事前の確認と手続き:
入国審査と検疫手続きに備えて、犬の所有者は渡航前に中国の動植物検疫局の公式情報を確認し、必要な書類や条件を確実に把握しておく必要があります。また、入国前には所定の手続きを遵守し、正確かつ完全な文書類を用意することが重要です。

これらの手続きを順守することで、犬は中国への安全な渡航が可能となります。確実性を高めるために、渡航前に中国の関連当局に直接問い合わせ、最新の情報を入手することがお勧めです。

犬種に関する規制

犬を中国に連れて行く際に留意すべきなかに、犬種に関する規制があります。中国では一部の犬種に対して厳格な規定が存在し、これらの条件に適合するかどうかが渡航の可否に影響を与えます。

1. 危険な犬種の制限:
中国では一部の犬種が「危険な犬種」と見なされ、これらの犬種には特別な規制が課せられています。危険な犬種には、例えばピットブルやロットワイラーなどが含まれます。これらの犬種に対しては、入国や飼育に対する制限や条件が適用されることがあります。

2. 大型犬種の制限:
中国では大型犬種にも制限が課せられている場合があります。特に市街地や住宅地域では、大型犬の飼育に対して厳しい制限があることがあります。これには身体的な特徴やサイズに基づく基準が設けられ、これを満たさない場合は特別な許可が必要とされることがあります。

3. 事前の確認と手続き:
犬の所有者は、渡航前に中国の動植物検疫局や関連する当局のウェブサイトで犬種に関する最新の規制を確認する必要があります。犬の種類やサイズによっては特別な手続きや許可が必要となる場合がありますので、これらの条件を事前に把握し、遵守することが必要です。

中国への犬の連れて行きたい場合には、犬種に関する規制に留意し、これらの条件を遵守することがスムーズな渡航を実現する鍵となります。

犬を中国に連れて行くための準備

数時間はケージの中で大人しくできるように訓練する

犬を中国に連れて行く際、長時間のフライトや検疫手続きにおいて、犬がケージの中で安心して過ごせるようにするための訓練が重要です。以下はそのための具体的な準備と訓練に関するポイントです。

1. ケージの慣れ:
犬が慣れているケージを利用することが大切です。犬にとって、安心感のある環境であることがストレスを軽減する要因となります。ケージは犬のサイズに合ったものを用意し、事前に犬がくつろげるようにしておきましょう。

2. 数時間の訓練:
犬に数時間ケージで過ごす訓練を行います。最初は少しずつ始め、徐々に時間を延ばしていきます。犬には褒め言葉やおやつを使って、ケージの中で静かに過ごすことにポジティブな経験を結び付けることが重要です。

3. ケージ内での快適な状態:
犬がケージ内で快適に過ごせるように、お気に入りのおもちゃや布を用意します。これにより、犬は安心感を得ることができ、長時間のフライト中もリラックスしやすくなります。

4. ドライブや短いトリップの経験:
ケージ内での訓練を補完するために、ドライブや短いトリップなどで犬を慣れさせることも有益です。新しい環境にも適応しやすくなります。

5. バイタリティの確認:
犬の年齢や健康状態によっては、数時間のケージ内滞在が適していない場合もあります。事前に獣医と相談し、犬の健康状態やフライトに適したコンディションかどうかを確認しておくことが大切です。

これらの準備と訓練を通じて、犬はケージ内での長時間の滞在に慣れ、安心して旅行に臨むことができるようになります。

離陸前にはあまりエサや水分を与えない

犬を飛行機で中国に連れて行く際、飛行中の快適な過ごし方や健康を確保するためには、離陸前のエサや水分の管理が重要です。以下はそのための具体的なアプローチとポイントです。

1. 飛行中の不安や興奮:
犬が飛行機に慣れていない場合、興奮や不安から吐き気やストレスを感じることがあります。このため、飛行機の離陸前には適度な絶食期間を設け、胃の中に余分なエサが残らないようにします。これにより、犬が快適に過ごしやすくなります。

2. 飛行機内の制約:
飛行機内では犬はケージに入れられ、動きが制限されます。飛行機内での水分摂取が難しいため、事前に与えたエサや水分が体内に残ることで、犬が不快な状態になる可能性があります。離陸前の断食はこれを防ぐ一環となります。

3. 獣医のアドバイスの尊重:
犬の体調や健康状態によっては、断食期間の長さや適否が異なります。獣医のアドバイスを仰ぎ、犬の特有のニーズに合わせたプランを作成することが重要です。

4. 飛行前の最終確認:
離陸前にはケージ内に充分なエサと水を用意しておきます。飛行機の遅延や予測できない事態に備え、犬が飛行中に必要な栄養と水分を確保できるように心掛けます。

5. 穏やかな離陸前の環境:
離陸前は犬にとってストレスの多い瞬間です。犬が穏やかで安心した状態で離陸前の準備を進めることが、飛行中の犬の健康に良い影響をもたらします。

これらの準備を遵守することで、犬が飛行機で快適に過ごし、中国への安全な旅行が実現されます。

犬を中国に連れて行く時の注意点

小さすぎるケージは使わない

犬を中国に連れて行く際、適切なケージの選定は犬の安全と快適な旅行を確保するために極めて重要です。特に、小さすぎるケージの使用は避けるべきであり、以下はその理由と注意点に関する情報です。

1. 快適な移動環境:
小さなケージは犬にとって圧迫感を与え、移動中のストレスを増加させる可能性があります。ケージは犬が立ち上がり、回転し、自由に寝転がるスペースを提供する必要があります。これにより、犬が快適に過ごせる環境が整います。

2. 規制や法令の遵守:
中国への犬の輸送には規制があり、これに違反すると入国が許可されない可能性があります。一般的には、国際的な航空会社や中国の動植物検疫局の規定に基づいて、十分な大きさのケージを使用することが求められます。

3. 犬のサイズに合わせたケージの選定:
犬のサイズや種類に応じて、適切な大きさのケージを選ぶことが大切です。犬が十分なスペースを確保できるように、広さや高さに留意しましょう。適切なサイズのケージは犬の体調や行動にも良い影響を与えます。

4. 空港や航空会社の規定を確認:
中国への犬の輸送には、航空会社や空港などが設定する特定の規定が存在します。これらの規定に基づいて、ケージのサイズや条件を確認し、遵守することが重要です。

5. ケージ内に必要なアイテムの用意:
犬が快適に過ごせるように、ケージ内にはお気に入りのおもちゃや快適なベッドを用意します。これにより、犬は安心感を得て、ストレスを和らげることができます。

これらの注意点を考慮して、適切なサイズのケージを選び、中国への犬の連れて行きを円滑かつ安全に進めることが大切です。

飼い主の匂いがついた衣類をケージの中に入れておく

犬を中国に連れて行く際、飼い主の匂いがついた衣類を犬のケージに入れておくことは、犬の心の安定や旅行中のストレス軽減に役立つ重要な注意点です。

1. 心の安定と安心感:
犬は飼い主との結びつきが非常に強く、飼い主の匂いは犬にとって安心感や心の安定を提供します。長時間のフライトや新しい環境でのストレスを和らげ、犬が安心して過ごせるように、飼い主の匂いがケージ内に広がることが有益です。

2. 不安や寂しさの軽減:
新しい場所や状況に適応することは、犬にとって一定のストレスをもたらすことがあります。飼い主の匂いが近くにあることで、犬は不安や寂しさを軽減し、心地よい状態を維持できるでしょう。

3. 落ち着いた雰囲気の提供:
飼い主の匂いがケージ内に漂うことで、犬は落ち着いた雰囲気を感じやすくなります。これは、犬が航空機の騒音や揺れなどによって感じる不安を和らげ、快適に過ごすのに役立ちます。

4. 飼い主との結びつきの維持:
長時間の旅行中には、犬と飼い主の分離が発生します。飼い主の匂いをケージに取り入れることで、犬は結びつきを感じ、新しい環境にも柔軟に適応することが期待できます。

5. 飼い主の衣類の選定:
犬が慣れ親しんだ匂いを感じられるように、特に飼い主がよく着用するものや眠っていたベッドリネンなど、馴染みのあるアイテムを選んでケージに入れます。

これらの注意点を踏まえ、犬が中国への旅行中に安心して過ごせるように、飼い主の匂いをケージに取り入れることを検討すると良いでしょう。

犬以外に中国に連れていける動物

中国への動物の連れて行きに関しては、犬以外にもさまざまな動物が対象となりますが、それらは種類や規制によって異なります。以下は、一般的に中国へ連れていける可能性がある動物の例と留意すべき点です。

1. 猫:
猫も一般的に中国への連れて行きが可能な動物の一つです。適切な健康証明書や必要なワクチンが備わっていることが求められます。猫の種類やサイズによっても制限があるため、詳細な規定を確認することが重要です。

2. 小動物(ハムスターやウサギなど):
小型のペットとして人気のあるハムスターやウサギなども、一般的には中国への連れて行きが可能です。ただし、衛生状態や種類による規制が存在するため、関連する当局のガイドラインを確認する必要があります。

3. 鳥:
一部の鳥は中国へ連れて行くことができますが、狂犬病の予防措置や鳥インフルエンザの防疫規定が適用されます。特に、エクソチックな種類や大型の鳥には制限がありますので、確認が必要です。

4. 小型哺乳動物(フェレットなど):
一部の小型哺乳動物も連れて行くことが可能ですが、地域や施設による規制が存在するため、移動前に関連する法規や手続きを確認することが重要です。

5. 魚:
水族館や観賞魚として飼われている魚も、中国への連れて行きが可能です。ただし、種類や数量によっては輸送や検疫手続きが必要な場合があります。

動物の種類や条件は、中国の法規や動植物検疫局のガイドラインに基づいて変化する可能性があります。従って、具体的な動物や旅行計画に適した条件を確認するために、渡航前に中国の関連当局や航空会社に確認を行うことが重要です。

中国に連れていけない動物

中国への動物の連れて行きには特定の制約や規制が存在し、一部の動物は連れて行くことが許可されていない場合があります。以下に、一般的に中国に連れていけない動物の例とその理由を示します。

1. 大型・危険な犬種:
中国では一部の大型でまたは危険と見なされる犬種に対して厳格な規制があります。例えば、ピットブルやロットワイラーなどがこれに該当します。これらの犬種は一般的に連れて行くことが難しいです。

2. 野生動物:
野生動物の輸送には厳格な規制があり、法的な手続きや特別な許可が必要です。これには特に絶滅危惧種や保護動物が含まれます。

3. 一部の爬虫類:
中国では一部の爬虫類が法的に制限されており、特に有毒な種類や法的に保護されている爬虫類は輸送が認められないことがあります。

4. 一部の昆虫:
特定の昆虫は害虫と見なされ、持ち込みが許可されないことがあります。これには特に害を及ぼす可能性がある種類が含まれます。

5. 一部の鳥:
中国では鳥インフルエンザの予防のために、一部の鳥の輸送が規制されています。特にエクソチックな鳥や大型の鳥には入国が難しいことがあります。

これらの制約や規制は中国の法律や動植物検疫規定に基づいており、動物の連れて行きを検討する際には、最新の情報を確認し、必要に応じて関連する当局に問い合わせることが重要です。