Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

アメリカ旅行中にスピード違反をするとどうなる?【罰金や逮捕について解説】

記事内に広告を含む場合があります
・アメリカでスピード違反するとどうなる?
・罰金や逮捕はあるの?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • アメリカでスピード違反するとどうなる?
  • アメリカの法定速度

この記事では、アメリカ旅行中にスピード違反をするとどうなるのかを紹介していきます。

アメリカで運転しようと思っている場合には、事前にチェックしておくといいですよ。

またアメリカに行くと、地域制限の影響で一部の日本のアプリが使えなくなります。

例えば「動画配信サービス」「マンガアプリ」「ゲームアプリ」などは、ほとんどのアプリが使えなくなってしまいますね。

ただ「VPN」というものを使えば、アメリカにいてもすべての日本のアプリを使えるようになります。

ちなみにVPNとの接続は5分ほどで終わり、料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行くときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、旅行前にVPNとの接続を済ませてアメリカでも日本のアプリを使えるようにしておくといいですよ。

ではアメリカでも日本のアプリを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

アメリカから日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使ってアメリカから日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. 日本のアプリを使う

アメリカにいると地域制限の影響で一部の日本のアプリを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、アメリカからでもすべての日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は5分ほどの作業だけでOKです。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでVPNとの接続ができます。

また通信速度も速いので、動画を見てもカクつくことはありませんし、ゲームもスムーズにロードできます。。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行でアメリカに行く方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業しておけばアメリカでも日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませておくといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. 日本のアプリを使う
備考
この記事では「 NordVPN」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイトにアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

ここまでで日本でやる作業は一旦終わりです。

日本のサーバーと接続

次に日本のサーバーとの接続方法を紹介していきます。

アメリカでもスムーズに日本のサーバーと接続できるように、事前に予習しておくのがおすすめです。

アメリカに行ったら、これから紹介することをやればOKというわけです!
備考
日本のサーバーとの接続方法も「 NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

日本のアプリを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通り日本のアプリを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、アメリカでも問題なくすべての日本のアプリを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

アメリカ旅行中にスピード違反をするとどうなる?

アメリカで車を運転する際には、交通ルールを守ることが重要です。スピード制限を守らない場合、様々な法的および経済的な影響が生じる可能性があります。

まず第一に、スピード違反を犯すと、通常は警察官によって取り締まられます。アメリカでは、各州や地域によってスピード制限が異なるため、その地域の規定を厳守することが重要です。スピード違反の取り締まりは、警察官がレーダーガンや速度計測器を使用して行われることが一般的です。

違反が確認された場合、警察官は違反の内容に応じて違反切符を発行します。この切符には違反の種類や罰金額、支払い期限などが記載されています。支払い期限を守らないと、罰金が増額されたり、違反記録が運転免許証に記載されたりすることがあります。

また、スピード違反によって運転免許証のポイントが加算されることもあります。ポイントが一定数以上たまると、免許停止や保険料の増額などの厳しい制裁が科せられる可能性があります。一部の場合では、特定の速度超過によっては刑事罰が課せられることもありますので、注意が必要です。

したがって、アメリカでの車の運転ではスピード制限を守り、交通ルールを守ることが不可欠です。違反を防ぐためには、現地の交通法規を確認し、道路標識にも留意するよう心がけましょう。

アメリカではスピード違反に対して異議申し立てができる

アメリカでスピード違反の切符を受け取った場合、運転者は異議を申し立てる権利があります。異議申し立ては、違反が不当であると考える場合や、誤った判断があったと感じる場合に行われます。以下は、アメリカでスピード違反に対して異議を申し立てる際の一般的なプロセスです。

まず、切符を受け取った運転者は、指定された期限内に異議を申し立てる必要があります。この期限は州や地域によって異なるため、切符に記載された情報を確認することが重要です。期限を逃すと、異議申し立ての機会を失う可能性があります。

異議申し立ては、通常、裁判所に提出されます。提出の際には、なぜ違反が不当であると考えるのかを具体的に説明する必要があります。これには、速度計測器の誤差、道路標識の不明瞭さ、または特殊な状況があった場合などが含まれます。

裁判所では、異議を申し立てた運転者と警察官が対面し、双方の主張を聞いた上で判断が下されます。一部の場合では、裁判所が罰金の軽減や違反ポイントの取り消しを決定することがあります。

ただし、異議を申し立てても必ずしも成功するわけではありません。裁判所の判断によっては、違反が成立する場合もあります。したがって、異議を申し立てる前に、事実を検討し、具体的な根拠を持つことが重要です。

総じて、アメリカではスピード違反に対して異議を申し立てる権利があるが、その際には慎重に事実を確認し、適切な手続きを踏むことが重要です。

アメリカの法定速度

アメリカ合衆国においては、車両の速度は道路や州によって異なる法定速度に従う必要があります。法定速度は、交通の安全性や道路の性質に基づいて設定され、遵守が求められています。以下に、アメリカの法定速度に関する基本的な情報をまとめました。

1. 高速道路(インターステートハイウェイ):
アメリカの高速道路では、一般的に最低でも55マイル/時(約88.5キロメートル/時)以上の速度制限が設定されています。ただし、一部の州では70マイル/時(約112.7キロメートル/時)以上が認められていることもあります。法定速度は州ごとに異なるため、走行する地域の交通規則に留意することが重要です。

2. 一般道路:
一般的な市街地や郊外の道路では、速度制限は通常25〜35マイル/時(約40〜56キロメートル/時)とされています。学校周辺や住宅地域では、より低い速度制限が適用されることが一般的です。

3. 特定のエリアや状況における速度制限:
アメリカでは、特定のエリアや状況においては速度制限が変動することがあります。たとえば、工事現場や特別な交通標識がある場所では、一時的に速度制限が引き上げられたり、制限されたりすることがあります。これらの情報には注意が必要です。

法定速度を守ることは、交通の安全性を高めるだけでなく、スピード違反による罰金や違反ポイントの蓄積を避けるためにも重要です。運転者は常に道路標識や地元の交通法規を確認し、法定速度を守るよう心がけることが求められます。

アメリカ旅行中のスピード違反に関してよくある質問

スピード違反を犯すと犯罪歴としてESTAに影響する?

アメリカへの渡航者が入国の際に利用するESTA(Electronic System for Travel Authorization)は、アメリカへの短期滞在目的での渡航者に対して発行される電子渡航許可です。ESTAは、観光やビジネスなどの目的で90日以内の滞在を希望する渡航者に適用されます。一般的に、軽微な交通違反がESTAにどのような影響を与えるかについては、以下のポイントが考えられます。

1. スピード違反とESTA:
通常、単なるスピード違反はESTAに直接的な影響を与えることはありません。ESTAの審査は、主に国際的な安全保障上の理由に焦点を当てています。一般的な交通違反はこの審査基準には含まれていません。

2. 重大な犯罪の場合:
ただし、過去に重大な交通違反や犯罪歴がある場合、それがESTAの審査に影響を与える可能性があります。例えば、飲酒運転や事故による人身傷害など、法的に重要視される状況での違反が含まれます。

3. 逮捕や起訴の有無:
ESTAの申請フォームでは、逮捕歴や起訴歴に関する質問があります。スピード違反が逮捕や起訴につながった場合、これらの情報は正直かつ正確に提供されるべきです。虚偽の情報提供は、ESTAの無効化や将来の渡航において法的な問題を引き起こす可能性があります。

総じて言えるのは、通常のスピード違反がESTAに直接的な影響を与えることは少ないですが、それが重大な犯罪につながる場合や、虚偽の情報提供がある場合には異なる可能性があります。渡航者はESTAの申請時に正確な情報を提供し、過去の違反については関連する法的な質問にも真摯に対応することが重要です。

スピード違反の罰金を支払わないとどうなる?

スピード違反の罰金を支払わないことは、さまざまな法的および経済的な影響をもたらす可能性があります。以下は、罰金未納がもたらす潜在的な問題についての情報です。

1. 追加料金と増額:
切符の罰金に指定された期限内に支払わないと、通常は追加料金が課せられます。これは遅延料や手数料として知られており、未払い期限が過ぎるごとに増額されることがあります。

2. 運転免許証の制限:
一部の州では、罰金の未払いが運転免許証に影響を与えることがあります。未払いが長期間続く場合、免許停止や制限が科せられる可能性があります。

3. 信用度への影響:
罰金未納は信用度にも悪影響を与える可能性があります。一部の地域では、未払いの罰金が信用情報機関に報告され、信用スコアに悪い影響を与えることがあります。

4. 司法手続きと逮捕の可能性:
罰金を支払わない場合、裁判所は債権回収手続きを開始することがあります。これには給与差し押さえや銀行口座の凍結などが含まれます。また、一部の地域では罰金の未払いが逮捕状を引き起こす可能性もあります。

5. その他の法的措置:
未払いが続くと、裁判所はさまざまな法的手段を取ることができます。これには財産差し押さえや訴訟などが含まれます。

したがって、スピード違反の罰金を支払わないことは、個人や運転者にとって深刻な結果をもたらす可能性があります。速やかに罰金を支払うか、支払い困難な場合は裁判所や関連する機関と連絡を取り、分割払いや減額交渉の可能性を検討することが重要です。

スピード違反を犯すと会社に連絡は行く?

スピード違反を犯した場合、通常は直ちに会社に連絡が行くことはありません。ただし、いくつかの特定の状況や条件下では、雇用主が違反情報にアクセスできる可能性があります。

1. 会社所有車両を使用していた場合:
もしスピード違反が、仕事中に使用された会社所有の車両で行われた場合、会社はその情報にアクセスできる可能性があります。一部の企業は、車両に搭載されたトラッキングシステムやGPSを通じて運転履歴を監視していることがあります。

2. 仕事の一環として運転していた場合:
仕事に関連して運転している場合、たとえ自家用車を使用していても、会社は仕事中の行動に注意を払うことがあります。運転中の事故や違反が仕事に影響を与える可能性があるため、雇用主が関連情報にアクセスすることがあります。

3. 会社のポリシーに違反した場合:
一部の企業は、社内ポリシーに従わない行動に対して厳しい態度を持っています。もし雇用契約や企業のガイドラインに速度違反が含まれている場合、それが雇用関係に影響を与える可能性があります。

ただし、個々の企業や雇用契約によって異なるため、一概に全てのスピード違反が雇用主に通知されるわけではありません。違反情報が会社に通報されるかどうかは、雇用契約や会社の方針に基づいていることが多いため、雇用者が確認することが重要です。