ココナラ占いで使える3,000円クーポン【無料登録でGET!】

SNSで使われる「h」や「m」は何分を表す単位?「k」や「m」の意味も紹介!

SNSで使われる「h」や「m」は何分を表す単位?読み方は?

SNSで使われる「h」や「m」は、時間や分を表す単位です。「h」は「エイチ」、「m」は「エム」と読みます。これらは、時間や分を簡潔に表すために使用される単位です。特にSNSでは文章の長さを短く抑えることが求められるため、これらの単位がよく使われます。

SNSで使われる「h(時間)」の使用例

SNSで「h」の使用例としては、「今日のランチは1h後に予約しました」や「今週の会議は3h開催です」などがあります。これらのように、時間を簡潔に表すために「h」が使用されます。特に、スケジュールや予定を共有する際によく使われます。

SNSで使われる「m(分)」の使用例

SNSで「m」の使用例としては、「今日のスケジュールは午後3時から5時までです」や「睡眠時間は8時間30分が理想です」などがあります。これらのように、分を簡潔に表すために「m」が使用されます。特に、スケジュールや生活の乗り方を共有する際によく使われます。

SNSで使われる「k」や「m」は何人を表す単位?読み方は?

SNSで使われる「k」や「m」は、人数を表す単位です。「k」は「ケイ」、「m」は「エム」と読みます。これらは、人数を簡潔に表すために使用される単位です。特にSNSでは、フォロワー数やイベントの参加人数などを共有する際によく使われます。

SNSで使われる「k(千)」の使用例

SNSで「k」の使用例としては、「今日のイベントは3k人が参加予定です」や「このブランドのフォロワーは10k人超えです」などがあります。これらのように、「k」は、人数を千人単位で簡潔に表すために使用されます。

SNSで使われる「m(万)」の使用例

SNSで「m」の使用例としては、「この映画の興行収入は10mドル超えです」や「この本の販売部数は100m部を突破しました」などがあります。これらのように、「m」は、人数や数量を万単位で簡潔に表すために使用されます。特に、商業的な成果を共有する際によく使われます。

SNSだと「Instagram」で「h」や「m」は使われる!

SNSだと、特に「Instagram」では「h」や「m」が頻繁に使用されます。Instagramは、写真や動画を共有するプラットフォームであり、スケジュールや生活の一部を共有することが多いため、時間や分を簡潔に表す「h」や「m」がよく使われます。

現在のInstagramは「h」や「m」ではなく「千」や「万」に表記が変更

しかし、現在のInstagramでは「h」や「m」ではなく「千」や「万」に表記が変更されています。これは、Instagramが成長し、フォロワー数やインスタグラムストーリーの視聴回数などが増加したため、人数や数量を簡潔に表すために「千」や「万」に変更したと考えられます。

SNSで使われる「h」は時間。「m」は分と覚えておこう!

SNSを使う際は、「h」は時間、「m」は分と覚えておくと便利です。SNSは、短い文章や画像で情報を共有することが多いため、簡潔な表現が求められます。「h」や「m」を覚えておくことで、スケジュールや生活の一部を簡潔に共有することができます。