Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

アメリカに荷物を送る方法【おすすめの宅配会社も紹介!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、アメリカに荷物を送る方法を紹介していきます。

これからアメリカに移住しようと考えている場合には、ぜひ参考にしてみてください。

またアメリカでの生活を快適にするために「 アメリカで日本のテレビ番組を見る方法【現地でも5分の作業でOK!】」という記事も用意しています。

アメリカでも日本のテレビ番組を見たいなら、上記の記事をチェックしてみてください。

アメリカに荷物を送る方法

郵便局を使って荷物を送る

アメリカへの荷物の送り方には様々な選択肢がありますが、その中でも手軽で信頼性の高い方法として、郵便局を利用することが挙げられます。郵便局を通じて荷物を送る際には、以下の手順が一般的です。

まず最初に、送りたい荷物のサイズや重さを確認し、郵便局の規定に適しているか確認します。一般的には小型から中型の荷物が郵便局のサービスに適していますが、大型の荷物や特殊な荷物の場合は別途相談が必要となることがあります。

次に、送り先のアメリカの住所や郵便番号を正確に入力します。送り先の情報が正確でないと、荷物が誤配されたり届かない可能性がありますので、慎重に入力することが重要です。

郵便局では通常、航空便や海上輸送など複数の選択肢が提供されています。急ぎの場合は航空便を選択し、通常の場合は経済的な海上輸送を選ぶことができます。料金や所要時間などを比較検討し、利用目的に合ったオプションを選択します。

選択した輸送方法に基づき、適切な梱包を行います。荷物が損傷しないように十分なクッション材やパッキングテープを使用し、適切な箱に詰め込みます。郵便局で利用可能な梱包材も利用することができます。

最後に、郵便局の窓口で発送手続きを行います。荷物の重さや輸送方法に応じて適切な料金が発生しますので、窓口で支払いを済ませます。

アメリカに荷物を送る際には、これらの手順を遵守することで、安全かつ迅速に荷物を送ることができます。郵便局のスタッフが丁寧にサポートしてくれるため、初めての経験でも安心して利用することができます。

宅配会社を使って荷物を送る

アメリカへ荷物を送る際に、効率的で確実な方法の一つは宅配会社を活用することです。宅配会社は迅速なサービスや追跡機能、保険オプションなどを提供し、送り手に安心感をもたらします。以下に、宅配会社を利用する際の一般的な手順を紹介します。

まず初めに、送りたい荷物のサイズや重さを確認し、宅配会社が扱える範囲内に収まるか確認します。宅配会社は通常、小包から大型の荷物まで様々なサイズに対応しています。

次に、送り先のアメリカの住所や郵便番号を正確に入力します。送り先の情報が正確でないと、荷物が誤配されたり届かない可能性がありますので、慎重に入力することが重要です。

宅配会社では通常、サービスの種類や速達オプションが提供されています。急ぎの場合はエクスプレスサービスを選択し、通常の場合はスタンダードな配送オプションを選ぶことができます。また、荷物の追跡や保険オプションの利用も検討すると良いでしょう。

選択した配送オプションに基づき、適切な梱包を行います。宅配会社は通常、梱包材や指示を提供していますが、荷物が損傷しないように十分なクッション材や強固な箱を使用することが重要です。

最後に、宅配会社のウェブサイトや窓口を通じて発送手続きを行います。送り手の情報や荷物の詳細を入力し、選択したオプションに基づいて発送料金を支払います。

宅配会社を活用することで、アメリカへの荷物送りが簡便で迅速に行えます。提供される機能やサービスによって選択肢が豊富であるため、利用者は自身のニーズに合わせて最適なオプションを選択できます。

アメリカに荷物を送れる宅配会社

ヤマトの国際宅急便

ヤマトの国際宅急便は、アメリカへ荷物を送る際の信頼性と効率性を提供する頼れる宅配オプションの一つです。ヤマトは、その確かな宅配ネットワークと高品質なサービスで知られており、国際宅急便を通じてアメリカとの間にスムーズな物流を実現しています。

このサービスを利用する際には、以下の手順が一般的です。

まず初めに、送りたい荷物の内容やサイズ、重さを確認し、ヤマトの国際宅急便が扱える範囲内に収めることを確認します。ヤマトは、小包から大型の荷物まで様々なサイズに対応しています。

次に、送り先のアメリカの住所や郵便番号を正確に入力します。ヤマトの国際宅急便では、正確な送り先情報が迅速かつ確実な配送を実現する鍵となります。

ヤマトの国際宅急便では、エクスプレスサービスやスタンダードな配送オプションなど、様々な選択肢が提供されています。配送の速さや荷物の追跡が必要な場合はエクスプレスサービスを選び、通常の場合はスタンダードな配送オプションを検討します。

選択した配送オプションに基づき、ヤマトの提供する梱包ガイドラインに従って荷物を梱包します。梱包がしっかりとされていることで、荷物が安全に届くことが保証されます。

最後に、ヤマトのウェブサイトや窓口を通じて発送手続きを行います。送り手の情報や荷物の詳細を入力し、発送料金を支払います。

ヤマトの国際宅急便は、アメリカへの荷物送りにおいて高い信頼性とサービス品質を提供しており、日本からアメリカへの国際輸送を手軽かつ安心して行える選択肢の一つです。

FedEx

FedEx(Federal Express)は、アメリカを含む世界中に高品質な宅配サービスを提供している信頼性のある宅配会社です。アメリカへの荷物送りに際して、FedExは効率的かつ確実な輸送手段を提供し、追跡機能や様々なサービスオプションを通じて送り手に柔軟性をもたらします。

以下は、FedExを利用してアメリカに荷物を送る際の一般的な手順です。

荷物の確認とサイズの選定: まず初めに、送りたい荷物の内容やサイズ、重さを確認し、FedExが取り扱える範囲内に収めることを確認します。FedExは小包から大型の荷物まで様々なサイズに対応しています。

送り先情報の入力: 送り先のアメリカの住所や郵便番号を正確に入力します。正確な送り先情報が提供されることで、FedExは迅速で確実な配送を実現します。

配送オプションの選択: FedExではエクスプレスサービスやグラウンドサービスなど、複数の配送オプションが提供されています。急ぎの場合はエクスプレスサービスを選択し、通常の場合はグラウンドサービスを利用することができます。

荷物の梱包: 選択した配送オプションに基づき、FedExが提供する梱包ガイドラインに従って荷物を梱包します。適切な梱包が行われることで、荷物が安全に届くことが確保されます。

発送手続き: FedExのウェブサイトや窓口を通じて発送手続きを行います。送り手の情報や荷物の詳細を入力し、発送料金を支払います。

FedExは高度な物流ネットワークを有し、アメリカへの荷物送りにおいて迅速で確実なサービスを提供しています。送り手は送り先や荷物の特性に合わせて選択できる配送オプションが豊富であり、荷物の追跡や保険オプションも利用できるため、柔軟かつ信頼性の高い選択肢となります。

DHL

DHL(DHL Express)は、国際的な宅配サービスで広く知られ、アメリカへの荷物送りにおいても頼りにされている宅配会社の一つです。高度な物流ネットワークと迅速なサービスにより、送り手は効率的で確実な輸送を期待できます。以下は、DHLを利用してアメリカに荷物を送る際の一般的な手順です。

荷物の確認とサイズの選定: まず、送りたい荷物の内容やサイズ、重さを確認し、DHLが取り扱える範囲内に収めることを確認します。DHLは小包から大型の荷物まで多岐にわたるサイズに対応しています。

送り先情報の入力: 送り先のアメリカの住所や郵便番号を正確に入力します。DHLは正確な送り先情報に基づいて確実な配送を行います。

配送オプションの選択: DHLではエクスプレスサービスなど様々な配送オプションが提供されています。急ぎの場合はエクスプレスサービスを選択し、通常の場合は標準のエアサービスやグラウンドサービスを選ぶことができます。

荷物の梱包: 選択した配送オプションに基づき、DHLが提供する梱包ガイドラインに従って荷物を梱包します。適切な梱包が行われることで、荷物が安全に届くことが保証されます。

発送手続き: DHLのウェブサイトや窓口を通じて発送手続きを行います。送り手の情報や荷物の詳細を入力し、発送料金を支払います。

DHLは国際的な物流ネットワークを有し、アメリカへの荷物送りにおいて確実で迅速なサービスを提供しています。送り手は多様な配送オプションから選択でき、リアルタイムの荷物追跡や損害補償オプションも利用できるため、柔軟性と信頼性を備えた宅配の選択肢となっています。

UPS

UPS(United Parcel Service)は、アメリカを含む世界中で幅広い宅配サービスを提供している信頼性の高い宅配会社です。荷物の確実な配送や多彩なサービスオプションにより、UPSは送り手に安心感をもたらしています。以下は、UPSを利用してアメリカに荷物を送る際の一般的な手順です。

荷物の確認とサイズの選定: まず初めに、送りたい荷物の内容やサイズ、重さを確認し、UPSが取り扱える範囲内に収めることを確認します。UPSは小包から大型の荷物まで様々なサイズに対応しています。

送り先情報の入力: 送り先のアメリカの住所や郵便番号を正確に入力します。正確な送り先情報が提供されることで、UPSは確実な配送を実現します。

配送オプションの選択: UPSではエクスプレスサービスやスタンダードサービスなど、複数の配送オプションが提供されています。急ぎの場合はエクスプレスサービスを選択し、通常の場合はスタンダードなサービスを利用することができます。

荷物の梱包: 選択した配送オプションに基づき、UPSが提供する梱包ガイドラインに従って荷物を梱包します。適切な梱包が行われることで、荷物が安全に届くことが確保されます。

発送手続き: UPSのウェブサイトや窓口を通じて発送手続きを行います。送り手の情報や荷物の詳細を入力し、発送料金を支払います。

UPSは高い実績を誇り、アメリカへの荷物送りにおいて確実で迅速なサービスを提供しています。送り手は多様な配送オプションから選択でき、荷物の追跡や補償オプションも充実しており、柔軟性と信頼性を兼ね備えた宅配の選択肢として広く利用されています。

アメリカに送れない荷物【航空危険物】

国際輸送において、特に航空輸送においては安全性が最優先されます。そのため、航空危険物として指定される一部の荷物は、厳格な制限が設けられており、これらの物質はアメリカへの送付が禁止されています。以下に、アメリカへ送れない航空危険物に関する詳細な情報を記載します。

可燃性物質: ガソリン、油類、軽油、ペトロール、プロパンガスなどの可燃性物質は、航空機内での取り扱いが危険であるため、送ることができません。これらの物質は火災の原因となり、機内の安全を脅かす可能性があります。

爆発物: 火薬、花火、信管、爆薬など爆発物は、航空機内での運搬が禁止されています。これらの物質は航空安全上のリスクが高く、厳重な管理が求められています。

酸化剤: 強酸や強塩基、過酸化物質、漂白剤などの酸化剤も航空危険物に該当します。これらは他の物質と混ざることで反応を引き起こし、有害なガスを発生させる可能性があるため、輸送が制限されています。

放射線物質: 放射線を発する物質、放射能物質は航空機内での輸送が厳しく制限されています。これは公共の安全に関わる要因であり、国際的な基準に基づいて管理されています。

有毒物質: 有毒な化学物質や危険な生物学的物質も航空危険物に指定されています。これらの物質は取り扱いが難しく、事故や漏洩が生じた場合に重大な影響を及ぼす可能性があるため、国際的な安全基準に従って取り扱いが規制されています。

これらの航空危険物は、安全上の理由からアメリカへの送付が厳しく制限されています。発送前には、荷物の内容を確認し、航空危険物に該当する可能性があるかを確認することが大切です。航空輸送のルールを遵守することで、安全かつ円滑な荷物の送付が実現されます。

アメリカに荷物を送るときによくある質問

関税はかかる?

アメリカへ荷物を送る際には、関税のかかる可能性があります。国際輸送においては、荷物の価値や内容に応じてアメリカ合衆国の税関で関税が評価されることが一般的です。以下に、アメリカへの荷物送りにおける関税に関する詳細を紹介します。

荷物の価値と関税: 荷物の価値が一定の金額を超える場合、アメリカ合衆国の税関はその荷物に関税を課すことがあります。関税の金額は荷物の価値に基づいて算出され、通常は荷物の詳細な輸入書類に基づいて評価されます。

関税の種類: 関税の種類は様々で、商品の種類や材質によって異なります。特定の商品は高い関税率が適用されることがあり、逆に一部の商品は関税免除の対象となることもあります。たとえば、食品、アルコール、タバコ製品、高級品などは高い関税がかかることがあります。

関税免除の可能性: アメリカへの荷物には、一部のケースで関税が免除される可能性もあります。たとえば、特定の商品や一定金額以下の荷物、贈り物として送られる場合など、関税免除の対象となる条件が存在します。

正確な輸入書類の提出: 荷物の送付時には、正確で詳細な輸入書類を提出することが重要です。正確な情報提供によって、税関は荷物の内容を正確に評価し、関税を正確に課すことができます。

関税の具体的な金額や詳細な規定は、送り主がアメリカ合衆国の税関規則を確認し、輸入業者や郵便事業者に相談することが望ましいです。また、送り主は荷物が受け取り先の国での規制や関税に適合していることを確認し、トラブルを避けるために慎重に手続きを行うことが重要です。

食品を送ることはできる?

アメリカへ食品を送る際には、特定の規制や条件が適用されますが、原則として食品の送付は可能です。ただし、アメリカ合衆国の食品輸入には連邦法と各州の法規制が関与しており、送る食品の種類や内容によっては制約があることに留意する必要があります。

FDA(食品医薬品局)の規制: アメリカにおける食品輸入は、FDAによって管理されています。特に加工食品、飲料、サプリメント、食品添加物などは、FDAの規制対象となります。食品の成分や製造方法に関する規定に適合しているかどうかが検査されることがあります。

包装とラベリングの要件: 送る食品は適切な包装とラベリングが求められます。FDAは食品の安全性や表示に関する基準を定めており、これに適合していない場合、食品が通関されない可能性があります。

許可が必要な食品: 一部の食品は特別な許可が必要な場合があります。たとえば、生肉、生魚、乳製品などはFDAの事前承認が必要であり、通関時にはこれらの食品に対する許可を得ていることが必要です。

州ごとの法規制: アメリカは州ごとに食品に関する法規制が異なることも考慮する必要があります。各州が独自の法律や規定を持っているため、送り先の州での規制を確認することが重要です。

食品の種類による制約: 一部の食品は輸入が難しい場合があります。例えば、遺伝子組み換え食品や特定の食品添加物は、アメリカでの輸入が厳しく制約されていることがあります。

送り手は、アメリカ合衆国の法規制を確認し、FDAのウェブサイトなどで最新の情報を入手することが重要です。また、送り先の州の規制や法律も確認することで、食品の送付がスムーズに行われるでしょう。

アメリカに荷物が届くまでにはどれくらいの時間がかかる?

アメリカへの荷物の到着までの時間は、複数の要因に依存しており、具体的な所要時間は異なります。以下は、荷物がアメリカに到着するまでにかかる時間の一般的な目安と影響を考慮したポイントです。

発送元と発送先の距離: 荷物の出発地とアメリカの到着地点の距離が近いほど、通常は短い時間で到着します。国際輸送の場合、航空輸送を利用すると速達されることが一般的ですが、陸上輸送や海上輸送を利用する場合は時間がかかることがあります。

選択した宅配サービス: 利用する宅配サービスや発送オプションによっても所要時間は異なります。エクスプレスサービスを選ぶと、通常は急速な輸送が行われ、スタンダードなサービスを選ぶと通常の所要時間がかかります。

通関手続きの所要時間: 国際輸送の場合、通関手続きが発生します。通関手続きの所要時間は国によって異なり、複数の検査や書類審査が行われるため、所要時間が長くなることがあります。

天候や交通状況: 天候や交通状況も到着までの所要時間に影響を与える要因です。天候不良や交通渋滞が発生すると、輸送が遅れる可能性があります。

荷物の種類: 荷物の内容や特性によっても所要時間が変わります。特に制約がある荷物や特殊な取り扱いが必要な場合は、処理に時間がかかることがあります。

一般的に、エクスプレスサービスを利用した場合、アメリカへの荷物の到着までに数日から1週間程度がかかることがあります。スタンダードなサービスを利用する場合は、1週間以上かかることがあります。ただし、これらは一般的な目安であり、具体的な所要時間は送り先やサービスによって異なります。送り手は、利用する宅配サービスや輸送手段、通関手続きなどについて詳細な情報を入手することで、到着までの所要時間を把握することができます。