Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

アメリカ旅行で自炊するのはあり?【おすすめのレシピも紹介!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、アメリカ旅行で自炊するのはありなのかを紹介していきます。

自炊におすすめのレシピも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

またアメリカでの生活を快適にするために「 アメリカで日本のテレビ番組を見る方法【現地でも5分の作業でOK!】」という記事も用意しています。

アメリカでも日本のテレビ番組を見たいなら、上記の記事をチェックしてみてください。

アメリカ旅行で自炊するのはあり?

アメリカ旅行を計画する際、食事の選択肢は多岐にわたります。観光地や都市部ではレストランやファーストフードが豊富にありますが、中には自炊派の旅行者もいます。アメリカでの自炊にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず第一に、予算の節約が挙げられます。外食は一般的にレストランやカフェでの食事が中心となりますが、これには一食あたりのコストがかかります。一方で、自炊を選ぶとスーパーマーケットで材料を調達するため、同じ予算でより多くの食材を手に入れることができます。

また、自炊することで特定の食事制限や好みに合わせた食事を摂ることができます。アメリカは多様な食材が手に入り、自炊ならば自分の好みに合わせた食事を用意できます。健康志向や特定の食事制限がある方にとっては、自炊が理想的な選択となるでしょう。

ただし、アメリカでの自炊にはいくつかの注意点もあります。まず、宿泊先によってはキッチンが完備されていない場合もあるため、事前に確認が必要です。また、旅程が短い場合や観光がメインの場合は、毎食を自炊するのが難しいかもしれません。

総じて言えることは、アメリカ旅行での自炊は予算や好みによって選択肢として考えられます。自分の旅行スタイルや目的に合わせて、外食とのバランスを取ることが重要です。

アメリカ旅行で自炊するとどれくらい節約できる?

アメリカ旅行において自炊を選ぶことは、予算を効果的に管理し、節約する方法の一つとなります。外食が一般的な国であるアメリカでは、自炊によってどれくらいの節約が期待できるのでしょうか。

まず、外食にかかる費用と比較して、自炊は一般的に経済的です。レストランやファーストフードでの食事は、税金やサービス料などが追加されることがあり、これらの費用が自炊ではかからないため、食事の総費用を大幅に削減することができます。また、自分で材料を調達することで、同じ予算内でより多くの食材を手に入れることが可能です。

例えば、シンプルな食事を考えてみましょう。外食では一食にかかる費用が平均的に15~20ドル程度かかることが一般的ですが、同じ予算でスーパーマーケットで材料を購入すれば、複数の食事を用意することができます。これにより、日々の食事にかかる支出を大幅に抑えることができます。

ただし、具体的な節約額は個人の食事のスタイルや好み、旅程によって異なります。また、観光地や都市部では外食が魅力的な食文化を楽しむ手段でもありますので、完全な自炊には向かない場合もあります。

総合的に考えると、アメリカ旅行で自炊することで、予算を節約しながらも食事を楽しむことができます。個々の旅行者の好みや予算に応じて、柔軟に外食と自炊を組み合わせることが、理想的なアプローチと言えるでしょう。

アメリカ旅行で自炊する時におすすめのレシピ

アメリカ旅行中に自炊する際、手軽で美味しいレシピを活用することで、現地の食材を楽しみながら経済的に食事を楽しむことができます。

アメリカのスーパーマーケットで手に入る新鮮な食材を活かして、旅行中も美味しい食事を楽しんでください。

以下はアメリカ旅行でおすすめの手軽なレシピのいくつかです。

アボカドトースト

アメリカのスーパーマーケットで手に入る新鮮で豊富な食材を活かした、シンプルで美味しいアボカドトーストの作り方を紹介します。このレシピは朝食やランチにぴったりで、手軽に調理できるのが魅力です。

材料:

トースト用のパン(お好みの種類)
アボカド(熟していてやわらかいものがおすすめ)
オリーブオイル
レモン(もしくはレモンジュース)
塩とこしょう
オプション: トマト、レッドペッパーフレーク、粉チーズ
手順:

アボカドの用意:
アボカドを半分に切り、種を取り除きます。スプーンを使って果肉をスライスまたはつぶし、ボウルに移します。

アボカドに味をつける:
アボカドにオリーブオイルを数滴垂らし、レモンの絞り汁を加えます。塩とこしょうで味を調え、よく混ぜます。ここでオプションとして、トマトのみじん切りやレッドペッパーフレークを加えてアクセントをつけることもできます。

トーストの用意:
お好みのパンをトーストします。トーストの焼き加減は個々の好みに合わせて調整しましょう。

アボカドトーストの組み立て:
トーストしたパンの上に、調理したアボカドを均等に広げます。スプーンやフォークを使ってなじませると良いでしょう。

仕上げ:
仕上げにお好みで粉チーズやさらにオリーブオイルをかけ、新鮮なこしょうをふりかけます。

これで、アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料で簡単かつ美味しいアボカドトーストが完成です。お好みで具材をアレンジして、アメリカの食材を存分に楽しんでください。

ワンポットパスタ

アメリカのスーパーマーケットで手に入るシンプルな食材を使った、便利で美味しいワンポットパスタの作り方をご紹介します。ワンポットパスタは手軽で調理が簡単なため、忙しい旅行中にも最適です。

材料:

パスタ(お好みの種類、通常の乾燥パスタが使いやすい)
トマト缶(刻んだものやホールトマトでも可)
ニンニク(1〜2片、みじん切り)
玉ねぎ(1個、みじん切り)
オリーブオイル
塩とこしょう
バジルやオレガノ(ドライハーブでも可)
グレーテッドチーズ(お好みで)
手順:

ワンポットに材料を投入:
ワンポットにパスタ、トマト缶、みじん切りにしたニンニク、みじん切りにした玉ねぎを投入します。

調味料を加える:
オリーブオイルを適量加え、塩とこしょう、ハーブを入れます。これでワンポットに全ての材料が揃いました。

調理:
材料が水面に浸るように、水を加えます。その後、中火にかけ、パスタがアルデンテになるまで、定期的にかき混ぜながら約10~15分ほど調理します。

仕上げ:
パスタが茹であがり、トマトソースがとろみを持ったら火を止めます。お好みでグレーテッドチーズをトッピングして、器に盛り付けます。

これで、アメリカのスーパーマーケットで手に入るシンプルな食材でワンポットパスタが完成します。アレンジ次第でお好みの具材や風味を加え、手軽に美味しい食事を楽しんでください。

グリルチーズサンドイッチ

アメリカのスーパーマーケットで手に入るシンプルな食材を使った、クリーミーで美味しいグリルチーズサンドイッチの作り方をご紹介します。このクラシックなアメリカ料理は手軽で、旅行中にも簡単に楽しめます。

材料:

パン(お好みの種類)
チェダーチーズ(スライスまたは粉チーズ)
バター
オプション: ベーコン、トマト、アボカド、マスタードなど
手順:

パンの用意:
お好みのパンを選び、スライスします。一般的には白パンやホールウィートパンがグリルチーズサンドイッチに適しています。

チーズを敷く:
パンの一方のスライスに、チェダーチーズを敷きます。お好みで他の種類のチーズを組み合わせても良いでしょう。

トッピングの追加(オプション):
ベーコン、トマト、アボカドなど、お好みのトッピングを加えます。これにより、サンドイッチに新しい風味が加わります。

もう一方のパンを被せる:
トッピングの上にもう一方のパンスライスを被せます。サンドイッチが形成されたら、外側にバターを薄く塗ります。

焼く:
フライパンにバターを入れ、中火にかけます。サンドイッチを焼く前に軽く押さえて、中の具材がくっつくようにします。両側がキツネ色になるまで焼きます。

切ってサーブ:
グリルチーズサンドイッチが焼きあがったら、ナイフで斜めに切り分け、お好みでケチャップやマスタードと一緒にサーブします。

これで、アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料で美味しいグリルチーズサンドイッチが完成します。アレンジ次第で様々なバリエーションを楽しんでください。

シーザーサラダ

アメリカのスーパーマーケットで手に入るシンプルな材料を使った、クラシックで爽やかなシーザーサラダの作り方をご紹介します。シーザーサラダはさっぱりとした味わいが特徴で、手軽に調理できるため、旅行中にもおすすめです。

材料:

ロメインレタス(1個)
クルトン(シーザーサラダ用がおすすめ)
パルメザンチーズ(お好みで粉チーズまたはスライス)
シーザードレッシング(市販のものを使用するか、自家製)
シーザードレッシングの材料:

マヨネーズ(1/2カップ)
アンチョビペーストまたはアンチョビフィレ(1〜2片、みじん切りにするか、ペーストにする)
ニンニク(1片、みじん切り)
ディジョンマスタード(1小さじ)
レモン汁(1大さじ)
ウスターソース(1小さじ)
オリーブオイル(1/3カップ)
塩とこしょう(お好みで調整)
手順:

ロメインレタスの洗浄:
ロメインレタスをよく洗い、水気を切って適切な大きさにちぎります。

クルトンとチーズの追加:
シーザーサラダ用のクルトンをレタスに加え、お好みでパルメザンチーズもトッピングします。

シーザードレッシングの調理:
シーザードレッシングを作る場合、全てのドレッシングの材料をよく混ぜ合わせます。味を確認し、塩とこしょうで調整します。

ドレッシングをかける:
サラダにシーザードレッシングをかけ、全体が均一になるように優しく混ぜます。

仕上げ:
サラダを器に盛り付け、仕上げに追加のクルトンやパルメザンチーズをトッピングします。

これで、アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料で爽やかで美味しいシーザーサラダが完成します。サイドディッシュとして楽しむもよし、おかずとしてもピッタリです。

タコス

アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料を使った、シンプルで美味しいタコスの作り方をご紹介します。タコスはアメリカでも親しまれており、手軽に調理できるため、旅行中にも楽しむことができます。

材料:

タコス用のトルティーヤ
牛ひき肉または鶏ひき肉(約1ポンド)
タコスシーズニングミックス(市販のものを使用するか、シーズニングを自家製)
玉ねぎ(1個、みじん切り)
トマト(1個、みじん切り)
レタス(適量、千切り)
シュレッドチーズ(チェダーなどお好みで)
サワークリーム(お好みで)
タコスシーズニングの材料:

チリパウダー(1大さじ)
ガーリックパウダー(1小さじ)
オニオンパウダー(1小さじ)
グラウンドコリアンダー(1小さじ)
クミンパウダー(1小さじ)
パプリカ(1小さじ)
塩(1/2小さじ)
こしょう(1/4小さじ)
手順:

ひき肉の調理:
フライパンにひき肉を入れ、中火で加熱します。肉が焼けるようになったら、みじん切りにした玉ねぎを加え、炒めます。

タコスシーズニングの追加:
タコスシーズニングミックスまたは自家製のシーズニングを加え、よく混ぜて香りを引き立てます。必要に応じて水を加えて調整します。

具材の準備:
トマト、レタス、シュレッドチーズ、サワークリームなどの具材を準備します。

トルティーヤの温め:
トルティーヤを温めるため、オーブンで数分間加熱するか、フライパンで温めます。

タコスの組み立て:
温めたトルティーヤにひき肉を載せ、お好みの具材をトッピングします。

仕上げ:
シュレッドチーズをかけ、サワークリームを添えて、お好みでサルサやギネスを添えてお楽しみください。

これで、アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料で美味しいタコスが完成します。アボカドやシャキシャキの生野菜を加えても美味しいですし、アレンジは自由自在です。

ステーキ

アメリカのスーパーマーケットで手に入る新鮮な肉を使用した、シンプルで美味しいステーキの作り方をご紹介します。アメリカでは様々な種類のステーキが手軽に入手でき、家庭で調理することが一般的です。

材料:

ステーキ(お好みの部位、例: ニューヨークストリップ、リブアイ、サーロイン)
塩とこしょう
オリーブオイルまたはバター
ガーリック(1片、皮を剥いて軽くつぶす)
手順:

ステーキの室温に戻す:
ステーキを冷蔵庫から取り出し、室温に戻します。これにより調理が均一になります。

ステーキの下ごしらえ:
ステーキの表面に塩とこしょうをまぶします。ステーキが厚い場合は、肉にしっかりと味が染み込むように、数時間から一晩寝かせると良いでしょう。

フライパンの加熱:
フライパンを中火にかけ、オリーブオイルまたはバターを加えます。ガーリックも加え、香りを出します。

ステーキの調理:
フライパンが十分に熱くなったら、ステーキを加えます。肉に触れたら動かさず、片面を約3~5分焼きます。焼き色がついたら裏返し、反対側も同様に焼きます。

レスト:
ステーキが焼けたら、取り出してアルミホイルで包み、そのまま約5分程度レストさせます。これにより肉汁が行き渡り、ジューシーな仕上がりになります。

切り分けて盛り付け:
レストさせた後、厚みに応じて適当な大きさにステーキを切り分け、お皿に盛り付けます。

オプション:
好みに応じて、ソースやバター、香草を添えても良いです。また、付け合わせとして焼き野菜やポテトを添えると美味しいです。

これで、アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料で簡単で美味しいステーキが楽しめます。お好みの焼き加減でお召し上がりください。

パスタ

アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料を使用して、シンプルで美味しいパスタを作る方法をご紹介します。パスタはアメリカでも一般的な食材で、さまざまなソースや具材と組み合わせて楽しむことができます。

材料:

乾燥パスタ(お好みの種類)

オリーブオイル
好みのソースや具材(例: トマトソース、ミートソース、野菜、チーズ)
手順:

パスタのゆでる:
大きな鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を加えます。湯が沸騰したら、乾燥パスタを加え、袋やパッケージに記載されている時間通りにゆでます。アルデンテ(適度な歯ごたえがある)が好みなら、指定時間より1分短めに茹でると良いです。

パスタを絞る:
茹で上がったら、ざるなどで水切りをして余分な湿気を取ります。オリーブオイルを加え、軽く混ぜてパスタがくっつかないようにします。

ソースや具材の用意:
お好みのソースや具材を用意します。トマトソース、ミートソース、野菜、チーズなど、アメリカのスーパーマーケットで手に入る多彩なアイテムが利用できます。

ソースと組み合わせる:
パスタをお皿に盛り、お好みのソースや具材をトッピングします。よく混ぜて、パスタ全体にソースを絡めます。

仕上げ:
チーズや新鮮なハーブ、こしょうなどをトッピングして、お好みでオリーブオイルを垂らして完成です。

これで、アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料で簡単で美味しいパスタが楽しめます。アレンジを加えて、お好みの味わいにカスタマイズしてみてください。

ベーコンエッグ

アメリカのスーパーマーケットで手に入る身近な材料を使用して、朝食にぴったりなベーコンエッグの作り方をご紹介します。このシンプルながら美味しい料理は、アメリカの朝食テーブルによく登場します。

材料:

ベーコン(好みの本数)
卵(1個またはお好みの個数)
塩とこしょう
チーズ(お好みで)
手順:

ベーコンの調理:
フライパンを中火にかけ、ベーコンを並べて焼きます。ベーコンがカリッとした食感になるまで焼きます。余分な脂を吸い取るため、ペーパータオルなどでベーコンを置いたり押さえたりします。

卵の調理:
別のフライパンで、卵を焼きます。卵を割り、白身が固まるまで焼きます。黄身は好みに応じて固まり具合を調整します。塩とこしょうで味付けします。

ベーコンと卵の組み合わせ:
ベーコンの上に卵をのせます。ベーコンの中央に卵を乗せると、ベーコンで巻いたり包んだりすることができます。

チーズのトッピング:
お好みでチーズをトッピングします。チーズが溶けて、ベーコンエッグにコクが加わります。

仕上げ:
お皿に盛り付け、お好みでハッシュブラウンやトースト、フルーツなどと一緒に楽しんでください。

これで、アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料で簡単で美味しいベーコンエッグが完成します。アレンジ次第で、具材や調味料を追加して朝食を自分好みにアレンジしてみてください。

パンケーキ

アメリカのスーパーマーケットで手に入る身近な材料を使った、ふわふわで美味しいパンケーキの作り方をご紹介します。アメリカの伝統的な朝食メニューとして親しまれているパンケーキは、簡単に調理できるため、家庭での朝食に最適です。

材料:

パンケーキミックス(市販のものを使用するか、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜたもの)
牛乳(約1カップ)
卵(1個)
バター(溶かしたもの、または溶かしていないもの)
バニラエッセンス(小さじ1)
塩(ひとつまみ)
手順:

ボウルでミックス:
大きなボウルにパンケーキミックスを入れ、牛乳、卵、溶かしたバター、バニラエッセンス、塩を加えてよく混ぜます。なめらかな生地ができるようにします。

フライパンの準備:
フライパンを中火にかけ、少量のバターを溶かします。または、フライパンにクッキングスプレーを使っても良いです。

生地を注ぐ:
1/4カップから1/3カップほどの生地をフライパンに注ぎます。生地が広がるように軽く押さえ、直径約4インチ(約10センチ)の円形になるように整えます。

バブルができたら裏返す:
パンケーキの表面に小さなバブルができ、端が少し固まったら、裏返して反対側を焼きます。両側がきれいな焼き色になるまで調理します。

仕上げ:
パンケーキを取り出し、お好みのトッピングやシロップをかけてお召し上がりください。フルーツやホイップクリームもおすすめです。

これで、アメリカのスーパーマーケットで手に入る材料で簡単で美味しいパンケーキが完成します。アレンジしてチョコチップやベリーを加えたり、シロップの代わりにメープルシロップをかけても美味しく楽しめます。