Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国旅行で自炊するのはあり?【おすすめのレシピも紹介!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、中国旅行で自炊するのはありなのかを紹介していきます。

自炊する時におすすめのレシピも紹介していますので、これから中国に旅行を計画する場合にはぜひチェックしてみてください。

また中国に入国すると、YouTubeやインスタを使えなくなります。

中国でもYouTubeやインスタを使う方法は下記の記事で紹介していますので、興味があればチェックしてみてください。

中国旅行で自炊するのはあり?

中国を旅行する際、自炊を検討することは一つの選択肢です。自炊にはいくつかのメリットがありますが、同時に考慮すべき注意点も存在します。

メリット:

経済的な面: 外食は旅行費用をかさむ一因となりますが、自炊すれば食材を市場で手に入れ、予算を節約できます。

健康への配慮: 自分で調理することで、健康的な食事を摂ることができます。地元の新鮮な食材を使用することで、栄養バランスを保つことができます。

地元の文化体験: 地元の市場やスーパーで食材を買い物することで、その土地の食文化を身近に感じることができます。

注意点:

調理設備の確認: 宿泊先の設備やキッチンの状態を確認しましょう。調理に必要な道具や調味料が揃っているかを確保しておくことが重要です。

言葉の壁: 地元の食材や調味料の名前を理解することができない場合、購入や調理が難しくなります。基本的なフレーズや簡単な中国語の知識が役立ちます。

清潔な食材の確保: 市場で食材を購入する際には、清潔な場所から購入するように心掛けましょう。食材の取り扱いに注意を払い、食中毒を予防するために十分な注意が必要です。

中国旅行での自炊は、予算管理や健康の観点から良い選択肢となりますが、事前の計画や状況に応じて慎重に検討することが重要です。

中国旅行で自炊するとどれくらい節約できる?

中国旅行者にとって、自炊は予算を効果的に節約できる手段の一つです。以下に、自炊が予算に与える影響についていくつかのポイントを挙げてみましょう。

食材のコスト: 地元の市場やスーパーマーケットで食材を調達することで、外食よりも格安で新鮮な食材を手に入れることができます。特に、季節の野菜や地元の特産品を利用することで、コスト面でのメリットが大きくなります。

調理の工夫: 自炊にはレストランで提供されるようなサービス料や税金がかからないため、同じ材料を使用しても自分で調理する方がコスト効果が高まります。また、基本的な調理技術を身につけ、シンプルなレシピを使うことで、無駄な費用を削減できます。

日々の節約: 外食は毎日の支出に影響を与えますが、自炊に切り替えることで、予算を日々節約できます。これにより、旅行期間全体で見るとかなりの金額が節約できるでしょう。

ただし、節約の度合いは個々の旅行スタイルや地域によって異なります。食材の価格や宿泊施設の設備、自身の調理スキルなどを考慮しながら、自炊が予算管理にどれくらい寄与するかを計画的に検討することが重要です。

中国旅行で自炊する時におすすめのレシピ

簡単麻婆豆腐

中国旅行中に自分で料理を楽しむことは、地元の食材や調味料を活かし、旅の一環として新しい食文化を体験する素晴らしい方法です。その中でも、手軽でありながら美味しさ抜群の「簡単麻婆豆腐」は、初めての自炊にもおすすめのレシピです。

材料:

豆腐
挽肉
豆板醤
甜面醤
生姜
ニンニク
細ネギ
手順:

豆腐を一口大に切り、軽く湯通しして水気を切ります。これにより、豆腐がより味を吸収しやすくなります。

中火で鍋に油を熱し、挽肉を炒めます。挽肉が軽く焼けたら、みじん切りにした生姜とニンニクを加え、香りが立つまで炒め続けます。

豆板醤と甜面醤を加え、全体が均一に混ざるように炒めます。これにより、ピリッとした辛さと甘さが生まれます。

湯通しした豆腐を加え、優しく混ぜながら炒め、豆腐がしっかりと味を吸収するまで調理します。

最後に細ネギを散らして仕上げ、ご飯や麺と一緒にお召し上がりください。

この簡単な麻婆豆腐のレシピは、地元のスパイスを存分に楽しむことができ、手軽な材料で本格的な味わいを堪能できます。ぜひ現地の市場で手に入る新鮮な食材を使って、自分だけのアレンジを試してみてください。

野菜炒め

中国の地元の市場で手に入る新鮮な野菜を活かして、シンプルで健康的な料理を楽しんでみましょう。野菜炒めは、その土地ならではの季節の野菜を使用し、色とりどりの食材を組み合わせて作ることができる簡単で美味しい一品です。

材料:

季節の野菜(青椒肉絲用のピーマンやピーマン、ニンジンなど)
鶏肉または豆腐
生姜
醤油

手順:

鶏肉または豆腐を食べやすい大きさに切ります。季節の野菜も食べやすく切って準備しておきましょう。

中火で鍋に油を熱し、生姜をみじん切りにして炒めます。香りが立つまで炒め続けます。

切った鶏肉または豆腐を加え、色が変わるまで炒め続けます。

野菜を加え、全体が均一に混ざるように炒めます。野菜がしんなりするまで炒め続けます。

醤油と塩を加え、味を調整します。最後に軽く混ぜて完成です。

この野菜炒めは、地元の食材をフルに活かし、シンプルながらバランスの取れた食事となります。季節の野菜を使ってアレンジすることで、その土地ならではの味わいを楽しむことができます。ぜひ地元の市場で手に入る新鮮な野菜を選んで、自分だけの野菜炒めを試してみてください。

エッグフライドライス

中国の伝統的な料理の中でも、手軽に作れて美味しいエッグフライドライスは、旅行中に自分で楽しむのに最適なレシピの一つです。地元のスーパーマーケットで手に入る食材を使い、シンプルでありながら満足感のある一品を作りましょう。

材料:

ご飯

野菜(人参、玉ねぎ、ピーマンなど)
醤油

手順:

ご飯をあらかじめ炊いておき、粒がばらけるようにほぐしておきます。

中火で鍋に油を熱し、野菜を炒めます。野菜がしんなりするまで炒め続けます。

野菜が炒まったら、ご飯を加えて全体を混ぜます。醤油と塩で味を調整します。

別のフライパンで卵を溶きほぐし、ご飯の上に流し入れます。ご飯に絡めながら炒め、卵が熟したら完成です。

最後にお好みで醤油や塩を加えて味を整え、器に盛り付けて完成です。

このエッグフライドライスは、ご飯と卵、野菜が絶妙に組み合わさり、シンプルながらも満足感のある一品となります。自分好みにアレンジすることもできますので、地元のスーパーマーケットで手に入る新鮮な野菜や調味料を活かして、オリジナルのエッグフライドライスを楽しんでみてください。

春巻き

中国の伝統的な春巻きは、自分で手作りすることで地元の食文化をより深く感じることができる美味しい料理です。地元の市場で手に入る新鮮な食材を使って、カリッとした食感と香り豊かな春巻きを作ってみましょう。

材料:

春巻きの皮
鶏肉またはエビ
野菜(春キャベツ、にんじん、タマネギなど)
醤油

ごま油
手順:

鶏肉またはエビを食べやすい大きさに切り、野菜も千切りにします。

中火で鍋にごま油を熱し、鶏肉またはエビを炒めます。色が変わるまで炒め続けます。

野菜を加えて炒め、全体がしんなりするまで炒め続けます。

醤油と塩で味を調整し、最後にごま油を加えて香りを出します。具材を鍋から取り出し、冷ましておきます。

春巻きの皮に適量の具材を包み、端をしっかりと閉じながら丸めます。水で端を湿らせると閉じやすくなります。

揚げ油を熱して春巻きを揚げ、カリッとした食感に仕上げます。

紙タオルなどで余分な油を吸い取り、お好みのソースと一緒に召し上がれます。

この春巻きのレシピは、シンプルながらも素材の旨みを活かし、手作りの楽しさを味わえるものです。地元の市場で手に入る新鮮な食材を使って、自分だけの春巻きを楽しんでみてください。

酢豚

中国料理の中でも親しまれている「酢豚」は、甘酸っぱいソースが特徴で、自分で作ることで地元の食文化を感じられる魅力的な一品です。地元のスーパーマーケットで手に入る食材を使って、家庭で本格的な酢豚を楽しんでみましょう。

材料:

豚肉
パイナップル
ピーマン
にんじん
玉ねぎ

砂糖
ケチャップ
醤油
手順:

豚肉を一口大に切り、中火で鍋に油を熱して炒めます。豚肉が色づくまで炒め続けます。

切った野菜(パイナップル、ピーマン、にんじん、玉ねぎ)を加え、全体が均一に混ざるように炒めます。

酢、砂糖、ケチャップ、醤油を加え、全体を混ぜながら調味します。ソースがしっかり絡まるまで炒め続けます。

最後に全体に均等にソースが絡んだら完成です。

ご飯と一緒に召し上がれます。

この酢豚のレシピは、シンプルながらも酸味と甘みが絶妙に調和した料理です。自分で作ることで、地元の食材や調味料を活かしつつ、本場の味を堪能することができます。ぜひ地元のスーパーマーケットで手に入る新鮮な食材を使って、おうちで本格的な酢豚を楽しんでみてください。

担々麺

中国料理の中でも辛くてこくのある「担々麺」は、その風味と深い味わいが旅の記憶に残る一品です。地元のスーパーマーケットで手に入る食材を使って、自宅で本格的な担々麺を楽しんでみましょう。

材料:

中華麺
豚ひき肉
白ごまペースト
甜麺醤
しょうが
にんにく
鶏がらスープ
しょうゆ
手順:

中華麺を袋の指示通りに茹で、ザルにあげて水気を切ります。

中火でフライパンにごま油を熱し、みじん切りにしたしょうがとにんにくを炒めます。香りが立つまで炒め続けます。

豚ひき肉を加え、ほぐしながら炒め、色が変わるまで炒め続けます。

白ごまペースト、甜麺醤を加え、全体が均一に混ざるように炒めます。

鶏がらスープを加え、しょうゆで味を調整します。全体が混ざったら、中華麺と絡めます。

最後にお好みで細ネギや唐辛子を散らして完成です。

この担々麺のレシピは、深いコクとピリッとした辛さが絶妙にマッチした一品です。自分で作ることで、地元のスーパーマーケットで手に入る新鮮な食材を活かしつつ、旅行の思い出を味わうことができます。ぜひ試してみてください。