ココナラ占いで使える3,000円クーポン【無料登録でGET!】

「往復」「往路」「復路」の意味【駅伝好きは必見!】

「往復」の意味とは?

「往復」は、旅行や出張などで、一度行ってから戻ってくることを意味します。「往」とは「行く」、「復」とは「戻る」を意味し、それらを合わせた言葉です。例えば、東京から大阪へ旅行に行き、その後大阪から東京に戻る場合を「東京から大阪へ往復で旅行する」と表現することができます。

「往復」の由来・語源

「往復」は、「往」と「復」から来ています。「往」は古い漢字で「往き」、「復」は「帰り」を意味します。それらを組み合わせた言葉が「往復」となりました。

「往復」の使い方・例

「往復」は、旅行や出張など、一度行ってから戻る場合に使用されます。例えば、「私は東京から大阪へ往復で旅行します」、「私は東京からニューヨークへ往復で出張します」などです。また、特に交通機関の切符や航空券では「往復切符」「往復チケット」として販売されることもあります。

「往復」の英語表記

「往復」は、英語で「round trip」と表記されます。「round」は「周回」、「trip」は「旅行」を意味しています。

「往復」の類義語

「往復」に近い意味の言葉として、「往復切符」「往復チケット」などがあります。

「往路」の意味とは?

「往路」は、特に旅行などで、出発地から目的地へ向かう道のことを意味します。「往」とは「行く」を意味する言葉で、「往路」は「行く道」を意味します。例えば、東京から大阪へ旅行に行く場合を「東京から大阪への往路」と表現することができます。

「往路」の由来・語源

「往路」は、「往」と「路」から来ています。「往」は古い漢字で「往き」を意味し、「路」は「道」を意味します。それらを組み合わせた言葉が「往路」となりました。

「往路」の使い方・例

「往路」は、旅行や出張など、出発地から目的地へ向かう場合に使用されます。例えば、「私は東京から大阪への往路で旅行します」、「私はニューヨークから東京への往路で出張します」などです。また、特にスポーツの試合やレースでは「往路タイム」として記録されることもあります。

「往路」の英語表記

「往路」は、英語で「outbound」と表記されます。「out」は「外へ」、「bound」は「向かう」を意味しています。

「往路」の類義語

「往路」に近い意味の言葉として、「出発」「向かう」「発」などがあります。

「復路」の意味とは?

「復路」は、特に旅行などで、目的地から出発地へ戻る道のことを意味します。「復」とは「戻る」を意味する言葉で、「復路」は「戻る道」を意味します。例えば、大阪から東京へ旅行に戻る場合を「大阪から東京への復路」と表現することができます。

「復路」の由来・語源

「復路」は、「復」と「路」から来ています。「復」は古い漢字で「帰り」を意味し、「路」は「道」を意味します。それらを組み合わせた言葉が「復路」となりました。

「復路」の使い方・例

「復路」は、旅行や出張など、目的地から出発地へ戻る場合に使用されます。例えば、「私は大阪から東京への復路で旅行します」、「私はニューヨークから東京への復路で出張します」などです。また、特にスポーツの試合やレースでは「復路タイム」として記録されることもあります。

「復路」の英語表記

「復路」は、英語で「return」と表記されます。「return」は「戻る」を意味します。

「復路」の類義語

「復路」に近い意味の言葉として、「帰る」「戻る」「帰着」などがあります。

「往路」と「復路」の違い

「往路」は、出発地から目的地へ向かう道のことを指します。一方、「復路」は、目的地から出発地へ戻る道のことを指します。つまり、「往路」は移動の始点、「復路」は移動の終点を意味します。

「往復」「往路」「復路」がよく使われるシーン

「往復」、「往路」、「復路」は、特に交通機関や旅行に関する場面でよく使われます。例えば、飛行機の便、新幹線の切符、電車の切符などでは、「往復」「往路」「復路」が使用されます。また、駅伝や陸上競技の試合でも、「往路」「復路」が使用されます。

駅伝・陸上競技

駅伝や陸上競技の試合では、選手たちが「往路」で走ったタイムや「復路」でのパフォーマンスが重要な要素となります。例えば、「往路」でのランナーのタイムを見ながら、「復路」での優勝候補のライバルたちとの戦いを期待することができます。

飛行機の便

飛行機の便では、「往復」や「片道」などがあります。「往復」は、出発地から目的地へ行き、その後目的地から出発地に戻る便を指します。一方、「片道」は、出発地から目的地に向かう便のことを指します。

新幹線の切符

新幹線の切符では、「往復」や「片道」などがあります。「往復」は、出発地から目的地へ行き、その後目的地から出発地に戻る切符を指します。一方、「片道」は、出発地から目的地に向かう切符のことを指します。新幹線の切符では、旅行先や出張先によって、「往復」や「片道」の切符を選ぶことができます。

電車の切符

電車の切符でも「往復」や「片道」などがあります。「往復」は、出発地から目的地へ行き、その後目的地から出発地に戻る切符を指します。一方、「片道」は、出発地から目的地に向かう切符のことを指します。電車の切符でも、旅行先や出張先によって、「往復」や「片道」の切符を選ぶことができます。

郵便物・配達

「往復」は、郵便物や配達のことでも使用されます。例えば、出発地から目的地へ送り、その後目的地から出発地に戻る郵便物や配達を「往復」と表現することができます。

「往復」「往路」「復路」がよく使われる箱根駅伝の詳細

箱根駅伝では、「往路」「復路」が重要な要素となります。「往路」でのランナーたちのタイムを見ながら、「復路」での優勝候補のチームたちとの戦いを期待することができます。

箱根駅伝の往路のコース・距離

箱根駅伝の往路のコースは、東京から箱根駅までの約169kmの距離を走ることになります。コースは、東京都内を経由し、埼玉県、千葉県、東京都の箱根駅に向かうもので、山岳地帯を経て、ハイキングコースやトレイルランニングに適した路面を多く含んでいます。

箱根駅伝の復路のコース・距離

箱根駅伝の復路のコースは、箱根駅から東京までの約169kmの距離を走ることになります。コースは、箱根駅を出発し、東京都、千葉県、埼玉県を経由し、東京都内に戻るもので、山岳地帯を経て、ハイキングコースやトレイルランニングに適した路面を多く含んでいます。

箱根駅伝の往復のコース・距離

箱根駅伝の往復のコースは、東京から箱根駅までの約338km距離を走り、その後箱根駅から東京までの約338kmを走ることになります。往復のコースは、山岳地帯を経てハイキングコースやトレイルランニングに適した路面を多く含んでいます。

「往復」「往路」「復路」の意味を理解して駅伝を楽しく見よう!

駅伝を見る際には、「往路」「復路」の意味を理解することで、選手たちの奮闘やチーム戦いをより深く楽しむことができます。また、「往復」の意味も理解することで、選手たちがどのように競い合っているのかを把ることができます。駅伝の試合は、往路、復路、往復の3つの要素が絡み合っているため、それぞれの意味を理解することで、より深い楽しみ方ができるでしょう。特に箱根駅伝は、山岳地帯を経てハイキングコースやトレイルランニングに適した路面を多く含んでいるため、選手たちのパフォーマンスや戦いを見るのが非常に興味深いです。「往復」「往路」「復路」の意味を理解して駅伝を楽しむことで、ますます駅伝の魅力を感じることができるでしょう。