Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国で人気の食べ物を紹介【渡米したらコレは食べるべき!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、中国で人気の食べ物いくつか紹介していきます。

中国旅行に行った場合には、これから紹介する食べ物はぜひ食べてみてください。

また中国に入国すると、YouTubeやインスタを使えなくなります。

中国でもYouTubeやインスタを使う方法は下記の記事で紹介していますので、興味があればチェックしてみてください。

中国で人気の食べ物【主食】

餃子(Jiaozi)

中国の食文化において、餃子は広く親しまれ、欠かせない存在です。「餃子」は、薄い生地で包まれ、中には肉や野菜が詰まった料理で、多様なバリエーションが存在します。

餃子の起源は古く、中国では紀元前に遡るとされています。伝統的には、新年を迎える際に家族が一緒に座り、一緒に餃子を包むことが行われ、これを食べることで幸福や繁栄を祈る風習があります。

餃子の種類は豊富で、主に蒸し餃子、焼き餃子、揚げ餃子などが挙げられます。中に詰まる具材も多岐にわたり、豚肉や鶏肉、牛肉、海鮮、野菜、きのこなどが使われます。調味料としては、醤油、酢、生姜、ニンニク、花椒(山椒)などが使われ、これによって餃子に深みと風味が生まれます。

餃子は、レストランや市場だけでなく、屋台や家庭でも手軽に楽しまれます。その食べ方も様々で、一口でかじるか、まず皮だけを食べてから中身を味わうかなど、個々の好みによって異なります。

餃子は中国料理の代表的な一品であり、その美味しさと手軽さから、国内外で広く愛されています。

北京ダック(Peking Duck)

中国料理の中で特に著名な料理として挙げられるのが、北京ダックです。北京ダックは、中国の首都である北京発祥の料理であり、その独自の調理法や風味から国内外で広く愛されています。

北京ダックの特徴は、脂身の少ない鴨肉が薄い生地で包まれ、脆く焼かれた外皮とともに提供されることです。一般的な食べ方は、薄切りにしたダックの肉を、小麦粉の薄いパン(薄餅)に包み、ネギやキュウリ、そして甜麺醤(甘い豆鼓醤油)と一緒にいただくことです。

北京ダックはその歴史や伝統に裏打ちされた贅沢な料理で、皮のパリパリ感と肉のジューシーさが絶妙に調和しています。調理の過程も特別で、鴨肉は風通しの良い場所で数日間干し上げられ、その後に特製の調味料で丁寧に焼かれます。

レストランでは、通常は専門の職人がダイニングエリアで北京ダックを調理し、その過程を見せてくれることがあります。このショーのような演出も、北京ダックを楽しむ一部となっています。

北京ダックは中国を代表する料理として知られ、その美味しさと独特の食べ方が、観光客や食通たちに絶大な支持を受けています。

麻婆豆腐(Mapo Tofu)

中国料理の中で、辛い香辛料と豆腐の絶妙な組み合わせが楽しめる麻婆豆腐は、多くの人に愛されている料理の一つです。この料理は主に四川省の伝統的な料理であり、その独特で深い味わいが多くのファンを引きつけています。

麻婆豆腐の特徴は、豆腐のもちもちとした食感と、辛さと香り豊かな調味料が特徴的な肉味噌と絡み合っていることです。一般的な具材には、牛ひき肉や豚ひき肉、細かく刻まれた香辛料、豆鼓醤(黒豆鼓の発酵したもの)、辣豆瓣醤(豆板醤)、花椒(山椒)などが含まれます。

麻婆豆腐は一口食べると口の中に広がる深い旨味とピリッとした辛さが特徴で、ご飯との相性が抜群です。四川料理の代表格である麻辣(麻=花椒のしびれ、辣=辛さ)の要素がしっかりと感じられ、そのために辛い料理が好きな人には特に人気があります。

麻婆豆腐は、中国国内でだけでなく、世界中で広く提供されており、その独特な風味と美味しさが多くの食通や料理愛好者に支持されています。

小籠包(Xiaolongbao)

中国の代表的な料理の一つである小籠包は、その独自の製法と美味しさから国内外で大きな人気を誇っています。特に上海などで広く親しまれている小籠包は、薄い生地で包まれ、中にはジューシーで肉汁たっぷりの具が詰まった蒸し餃子です。

小籠包の最大の特徴は、その中に含まれるスープです。薄い生地の中に、豚肉や他の具材と一緒にスープが詰まっており、一口かじると熱々の肉汁が口の中に広がります。これにより、小籠包は見た目以上の食べ応えと風味を提供しています。

通常、小籠包は蒸し器で蒸して提供され、食べる際には細長い箸で持ち上げ、一口サイズに小さくかじります。一般的には、酢と生姜を混ぜたディップソースに付けて食べられ、この酸味が小籠包のコクとバランスを引き立てます。

小籠包は上海料理の中でも特に有名で、世界中の中華料理店でも取り上げられています。その独特な食感とスープのアクセントが、多くの人々に愛され、食べるたびに新たな驚きをもたらしています。

チャーハン(Fried Rice)

中国料理の中で広く親しまれ、世界中の中華料理店で提供されている料理の一つが、チャーハンです。チャーハンは、ご飯を使った炒飯で、豊富な具材や調味料とともに炒められ、独自の風味と香りが楽しめる料理です。

主な具材としては、エビ、鶏肉、ハム、野菜、卵などが挙げられ、これらをご飯と一緒に炒めます。調味料には醤油、オイスターソース、塩、胡椒などが使われ、香り豊かで味わい深い一品が仕上がります。

チャーハンは通常、高温の鉄板や中華鍋で素早く炒められ、ご飯の粒がパラパラとした食感を持つのが特徴です。時折、青ネギやコーン、ピーマンなどが加えられ、色鮮やかで栄養豊富な仕上がりになります。

この料理は、単体で食べられるだけでなく、他の中華料理との相性も抜群です。特に、醤油や他の調味料がうまく絡み合ったチャーハンは、一口食べると食欲をそそり、シンプルでありながら飽きのこない美味しさがあります。

チャーハンは中国料理の中でもシンプルでありながら奥深い料理で、その美味しさと手軽さから、広く親しまれています。

中国で人気の食べ物【デザート・お菓子】

月餅(Mooncake)

中国の伝統的なお祭り、中秋節に欠かせない食べ物として知られるのが月餅です。この円い形状の焼き菓子は、豊かな文化や家族の結びつきを象徴し、中秋節に親しまれる風物詩となっています。

月餅は、薄くて固い外皮に包まれた中に、様々な具が詰まっています。代表的な具材には、蓮蓉、紅豆ペースト、くるみ、塩卵黄(鹹蛋黄)などがあり、それぞれの味わいが異なります。また、最近では、アイスクリームや巧妙なフルーツフィリングが使われるなど、創意工夫が凝らされたバリエーションも増えています。

中秋節になると、月餅は贈り物として友情や親子の情を表す手土産として広く使われます。家族や友人と一緒に月餅を囲んで中秋節を祝うことは、中国の伝統的な習慣であり、月餅の交換は感謝と祝福の象徴となります。

月餅にはそれぞれ象徴的な模様があり、伝統的には円い形状に中に模様や文字が刻まれています。これらのデザインは縁起を担ぎ、幸運や長寿を祈る意味を持っています。

中秋節になると、市場や菓子店はさまざまな種類の月餅で賑わい、季節感あふれる雰囲気が漂います。月餅はその特別な存在から、中国の食文化において愛され続けています。

タンタン(Tanghulu)

中国の伝統的な屋台や祭りでよく見られる甘いおやつとして、タンタンが広く親しまれています。これは、キャンディーコーティングされたフルーツやナッツが串に刺さった独特なデザートで、その美しい見た目と美味しい味わいが多くの人を引き寄せています。

タンタンの特徴は、シロップでキャラメリゼされた外皮で覆われたフルーツやナッツです。代表的な具材にはいちご、りんご、キウイ、パイナップル、ピーナッツなどがあり、これらがキャンディーコーティングされ、キラキラとした美しい仕上がりになります。

一般的に、タンタンは市場や屋台で手に入れることができ、特に寒い季節に人気があります。寒い空気の中でキャンディーコーティングが固まり、サクサクとした食感が楽しめるのが特徴です。また、甘酸っぱい味わいが、子供から大人まで幅広い年齢層に愛されています。

タンタンは、その見た目の美しさから写真映えする一方で、街角で手軽に楽しめるスナックとしても親しまれています。中国の伝統的なお祭りやイベントでの出店や、日常的なデザートとして、タンタンは中国の食文化に欠かせない存在となっています。

紅豆沙(Hong Dou Sha)

中国の伝統的な甘味料理の一つである紅豆沙は、その滑らかな食感と甘さが特徴で、広く親しまれています。このデザートは、主に紅豆(アズキ豆)をベースにしており、様々な形態やバリエーションが存在します。

紅豆沙は、アズキ豆を煮てすり潰し、砂糖と合わせて滑らかなペースト状に仕上げられます。このペーストは、あんみつや湯圓(汤圆)、またはパンや菓子の具として使われることがあります。また、冷たいデザートやアイスクリームのトッピングとしても広く愛されています。

一般的な紅豆沙は、甘さとアズキ豆の風味が程よく調和し、そのまま召し上がるか、他のデザートや料理に添えることで楽しまれます。このデザートは、季節や地域によって微妙な変化があり、中国の豊かな食文化の一環として位置づけられています。

紅豆沙は、伝統的な中華料理店から屋台まで、様々な場所で提供されており、その優れた組み合わせと風味深い味わいが、食通や甘いもの好きな人々に支持されています。

糖葫蘆(Tanghulu)

中国の伝統的なデザートである糖葫蘆は、その美しい外観と甘酸っぱい味わいから多くの人に愛されています。このデザートは、果物やナッツを串に刺し、シロップでコーティングして仕上げられた独自のスナックです。

糖葫蘆の主な具材には、りんごやいちご、キウイ、さらにはピーナッツやミカンなどがあり、これらが砂糖や糖蜜で包み込まれ、硬くキャラメリゼされます。このコーティングにより、果物はパリパリとした食感に変わり、酸味と甘みのバランスが楽しめます。

糖葫蘆は、通常は寒い季節や祭り、イベントの屋台で見かけられ、その鮮やかな色彩が賑やかな雰囲気を演出します。歩行者通路や公園、観光地の周辺で手軽に手に入れられ、甘い香りが立ち込めることから、人々の興味を引きつけます。

特に、春節や中秋節などの重要なお祝い事や、新年の祝賀行事で家族や友人と一緒に楽しまれることが多いです。糖葫蘆は、中国の伝統的なデザートとして愛され、その美味しさと見た目の美しさから、幅広い年齢層に喜ばれています。

龍のひげ(Dragon’s Beard Candy)

中国の伝統的なデザートである龍のひげは、その独特な製法と繊細な風味から、多くの人々に親しまれています。このデザートは、見た目が綿飴のように細かい糸で覆われ、中にはさまざまな具が包まれています。

製法は非常に繊細で、砂糖を練り上げ、引き伸ばして細い糸状に仕上げます。この糸を何重にも重ね、最終的には蜜や小麦粉でコーティングして仕上げます。その結果、繊細で細かな繊維ができあがり、まるで龍のひげのような見た目と触感が生まれます。

中には、くるみや花生、黒ゴマ、ココナッツなど、様々なフィリングが使われ、これがデザートに深みと香りを加えます。甘さとほろ苦さ、さらに繊細な食感が一つの龍のひげに詰まっています。

龍のひげは、通常は手でちぎって食べられ、一口ごとに繊細な繊維が広がります。特に祝祭やお祝い事、伝統的な行事などで見かけられ、贈り物としても人気があります。

このデザートは、その製法の複雑さと美味しさから、中国の食文化において特別な存在とされています。視覚的な美しさと独自の味わいが融合した龍のひげは、食べるだけでなく、その製法のプロセスを見ることも楽しい中国の伝統的なデザートの一つです。