ココナラ占いで使える3,000円クーポン【無料登録でGET!】

「新しい」は「あらたしい」と「あたらしい」のどっちで読むのが正しい?

「新しい」は「あらたしい」と「あたらしい」のどっちで読むのが正しい?

「新しい」は正しい読み方は「あたらしい」です。日本語には、読み方によって意味が変わる単語があります。「新しい」もそのような単語の1つで、「あらたしい」と読んでも、「あたらしい」と読んでも意味は同じですが、正しい読み方は「あたらしい」です。

「新しい(あらたしい)」の意味

「新しい(あらたしい)」の意味は、「新しい、新しくなった、新鮮な、新規の」となります。「新しい」は、既存のものよりも新しいものであることを示します。例えば、新しい車、新しいアイデア、新しい本などがあります。

「新しい(あらたしい)」の語源

「新しい(あらたしい)」の語源は、「新」という漢字から来ています。「新」は、「新しい」「新鮮な」「新しくなった」などの意味を持ちます。「新しい」という言葉は、「新」という漢字から来ていることから、新しいこと、新しい状態、新しいものを表しています。

「新しい(あらたしい)」の使い方・例

「新しい(あらたしい)」の使い方・例として、「新しい車を買った」、「新しいアイデアを思いついた」、「新しい本を読んだ」などがあります。「新しい車を買った」は、既存の車よりも新しい車を購入したことを表しています。「新しいアイデアを思いついた」は、以前にない新しいアイデアを思いついたことを表しています。「新しい本を読んだ」は、新しく出版された本を読んだことを表しています。

「新しい(あらたしい)」の英語表記

「新しい(あらたしい)」の英語表記は、”new” です。”new”は、新しいこと、新しい状態、新しいものを表します。例えば、”I bought a new car”、”I had a new idea”、 “I read a new book”などがあります。”new”は、新しいことを表す英語の単語です。

「あらたしい」のように音位転換で間違った読み方で定着した単語

「あらたしい」のように音位転換で間違った読み方で定着した単語として、「独壇場」、「眞子の手」、「だらしない」、「飲み代」、「秋葉原」などがあります。これらの単語は、正しい読み方とは異なる読み方で、日常的に使用されています。

独壇場(本来:どくせんじょう)

「独壇場」は本来「どくせんじょう」と読みますが、「どくだんじょう」と読むことが一般的です。これは、音位転換によって生じた読み方です。

眞子の手(本来:まこのて)

「眞子の手」は本来「まこのて」と読みますが、「まこので」と読むことが一般的です。これは、音位転換によって生じた読み方です。

だらしない(本来:しだらない)

「だらしない」は本来「しだらない」と読みますが、「だらしない」と読むことが一般的です。これは、音位転換によって生じた読み方です。

飲み代(本来:のみしろ)

「飲み代」は本来「のみしろ」と読みますが、「のみだい」と読むことが一般的です。これは、音位転換によって生じた読み方です。

秋葉原(本来:あきばはら)

「秋葉原」は本来「あきばはら」と読みますが、「あきはばら」と読むことが一般的です。これは、音位転換によって生じた読み方です。

現代では「あらたしい」ではなく「あたらしい」と呼んだほうが伝わりやすい!

現代では「あらたしい」ではなく「あたらしい」と呼んだほうが伝わりやすいということもあります。これは、「あたらしい」が、一般的に使用されている読み方であるためです