ココナラ占いで使える3,000円クーポン【無料登録でGET!】

ザ・ビートルズの名曲「let it be」の意味【誕生秘話も紹介!】

ザ・ビートルズの名曲「let it be」の意味

「let it be」は、ザ・ビートルズが1970年にリリースした名曲です。この曲は、自分自身を落ち着かせ、自分自身に言い聞かせ、自分自身を信じることを示しています。歌詞は、問題やトラブルがあったときに、「Mother Mary」と呼ばれる存在が訪れ、慰めの声をかけてくれるというものです。母なる存在が抱き寄せてくれるような安らぎを歌っています。

ザ・ビートルズの名曲「let it be」の「it」が示すもの

「it」は、この曲では人生や問題に対しての対処方法を示しています。「let it be」とは、問題やトラブルを受け入れ、自分自身に言い聞かせることを意味しています。人生において、解決すべき問題があっても、それを受け入れ、放心して生きることが大切だと歌っています。

ザ・ビートルズの名曲「let it be」の歌詞

歌詞は以下の通りです。
「When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom, let it be
And in my hour of darkness
She is standing right in front of me
Speaking words of wisdom, let it be
Let it be, let it be
Let it be, let it be
Whisper words of wisdom, let it be
And when the broken hearted people
Living in the world agree
There will be an answer, let it be
For though they may be parted there is
Still a chance that they will see
There will be an answer, let it be
Let it be, let it be
Let it be, let it be
There will be an answer, let it be
Let it be, let it be
Let it be, let it be
Whisper words of wisdom, let it be」

「let it be」の使い方・例文

「let it be」は、問題やトラブルがあったときに、それを受け入れ、自分自身に言い聞かせることを示すフレーズとして使用されます。例文としては、「彼女と別れたけど、let it be, 次に会える人がきっといる」「仕事が忙しくてストレスがたまっているなら、let it be, あなた自身を信じて進みましょう」などがあります。これは、問題やトラブルがあったときに、落ち込んでいるのではなく、それを受け入れ、自分自身に言い聞かせることで、前向きに生きることを示しています。

「let it be」の発音

「let it be」の発音は、「レット・イット・ビー」です。「let」は「レット」、「it」は「イット」、「be」は「ビー」と発音します。

「let it be」と「let it go」の違い

「let it be」は、問題やトラブルに対しての対処方法を示していますが、「let it go」は、問題やトラブルを放り出すことを示しています。「let it be」は、問題やトラブルを受け入れ、自分自身に言い聞かせることで、前向きに生きることを示していますが、「let it go」は、問題やトラブルを放り出し、それを気にしないことで、落ち着いて生きることを示しています。

ザ・ビートルズの名曲「let it be」の誕生秘話

「let it be」は、ザ・ビートルズが1969年にアルバム「Let It Be」に収録し、1970年にシングルとしてリリースされました。この曲は、彼らが解散する直前に制作されましたが、解散した後にリリースされました。彼らの解散に対して、悲しみや不安を感じていたときに、「let it be」と言い聞かせることで、落ち込んでいないで生きることを歌ったと言われています。

ザ・ビートルズの名曲「let it be」のチャート成績

「let it be」は、全米シングル・チャートで1位を獲得し、イギリスでも2位にランクインしました。また、世界中で大ヒットし、多くの国で1位を獲得しました。この曲は、ザ・ビートルズの代表曲の一つとされ、今なお幅広い年齢層の人々に愛され続けています。

「let it be」のバンド「ザ・ビートルズ」のメンバー一覧

「let it be」のバンド「ザ・ビートルズ」のメンバーは、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターです。ジョン・レノンはリーダーであり、シンガーソングライターでした。ポール・マッカートニーはベーシストであり、シンガーソングライターでした。ジョージ・ハリスンはギタリストであり、シンガーソングライターでした。リンゴ・スターはドラマーであり、バンドのオフィシャルなリーダーでした。

ジョン・レノン

ジョン・レノンは、ザ・ビートルズのリーダーであり、シンガーソングライターでもありました。彼は、ザ・ビートルズが解散した後にソロ活動を展開し、数多くの名曲を生み出しました。彼は、彼の作品の中でも特に「Imagine」や「Instant Karma!」などが有名です。

ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーは、ザ・ビートルズのベーシストであり、シンガーソングライターでもありました。彼は、ザ・ビートルズが解散した後にソロ活動を展開し、数多くの名曲を生み出しました。彼の代表曲には「Maybe I’m Amazed」や「Live and Let Die」などがあります。

ジョージ・ハリスン

ジョージ・ハリスンは、ザ・ビートルズのギタリストであり、シンガーソングライターでもありました。彼は、ザ・ビートルズが解散した後にソロ活動を展開し、数多くの名曲を生み出しました。彼の代表曲には「My Sweet Lord」や「What Is Life」などがあります。

リンゴ・スター

リンゴ・スターは、ザ・ビートルズのドラマーであり、バンドのオフィシャルなリーダーでもありました。彼は、ザ・ビートルズが解散した後にソロ活動を展

開し、数多くの名曲を生み出しました。彼の代表曲には「Photograph」や「It Don’t Come Easy」などがあります。また、彼は、解散後に「Ringo Starr & His All-Starr Band」というバンドを結成し、ワールド・ツアーを行っています。

ザ・ビートルズの名曲「let it be」の人気度

ザ・ビートルズの名曲「let it be」は日本でも人気?

「let it be」は日本でも人気があり、1970年に日本でもシングル・チャートにランクインしました。また、今なおカラオケでよく歌われる名曲の一つであり、様々なジャンルの歌手によってカバーされています。

ザ・ビートルズの名曲「let it be」は海外でも人気?

「let it be」は海外でも大ヒットし、世界中で人気があります。世界中のミュージシャンによってカバーされ、オリジナル・バージョンもしくはカバー・バージョンとして、多くのアルバムやコンピレーション・アルバムに収録されています。

ザ・ビートルズの名曲「let it be」はカラオケでよく歌われる?

「let it be」はカラオケでよく歌われる名曲の一つです。この曲は、様々な年齢層の人々に愛されており、カラオケでも人気があります。

いまの若い人はザ・ビートルズの名曲「let it be」を知っている?

「let it be」は、ザ・ビートルズが結成された時代からかなり遠いため、若い人にとっては知らない人もいるかもしれませんが、曲自体は世代を超えて愛され続けており、若い人にも知られていることでしょう。また、「let it be」は、様々なジャンルの歌手によってカバーされ、現代にも通じるメッセージを持っているため、新しい世代にも愛され続けることでしょう。