ココナラ占いで使える3,000円クーポン【無料登録でGET!】

「カタギ」の意味とは?【由来や使い方を解説!】

「カタギ」の意味とは?

「カタギ」の意味は、「肩借り」を意味します。肩に乗せることで運ぶことができるものを指します。物を運ぶ際に、肩に乗せて運ぶことが一般的だった昔から、この言葉が生まれたと考えられています。

「カタギ」の由来

「カタギ」の由来は、古い時代には、人々は荷物を運ぶために、肩に乗せて運んでいました。それが「肩借り」と呼ばれるようになったと言われています。また、肩に運ぶことで、手が自由になり、仕事をすることができるため、労働力を有効活用するためにも用いられてきたとも言われています。

「カタギ」の使い方・例

「カタギ」の使い方・例は、「彼に荷物をカタギしてもらった」「彼女は肩にカタギしている」などです。これらの例文では、物を肩に乗せて運ぶことを指しています。また、「カタギを担う」「カタギを引く」「カタギを下ろす」などの表現もあり、物を肩に乗せることに関連した様々な表現があります。

「カタギ」の類義語

「カタギ」の類義語は、「肩に乗せる」「肩車する」「背負う」などがあります。これらの言葉は全て、物を肩に乗せることを指しています。また、「背負う」は、責任や問題なども含めた意味合いがあります。

「カタギ」の英語表記

「カタギ」の英語表記は、”shouldering” です。これは、「肩に乗せる」という意味を表しています。

ヤクザの方たちが使う「カタギ」の意味とは?

ヤクザの方たちが使う「カタギ」の意味は、「仕事を背負って、責任を持つ」ことを意味します。これは、自分がやらなければならない仕事を引き受けることを意味しており、それに伴って責任も持っていくという意味合いがあります。

「カタギ」を普段の会話に使うことは少ない!

「カタギ」を普段の会話に使うことは少ないと言われています。これは、現代では、荷物を肩に乗せて運ぶことが少なくなったため、使用頻度が減ったと考えられています。また、肩に乗せることを意味する言葉については、「背負う」「担う」などの言葉が使われることが多いです。

「カタギ」の意味をしっかり理解しておこう!

「カタギ」の意味をしっかり理解しておくことで、より正確なコミュニケーションが可能になります。物を肩に乗せることを意味する「カタギ」を使った表現を理解することで、例えば、荷物を運ぶことや、責任を持つことなどを表すことができるため、より詳細な意味を伝えることができます。