Alice blog

クラシックエディター(Classic Editor)の使い方【WordPress】

WordPress クラシックエディター 使い方
           

クラシックエディターでは、紙に文字を書く時と同じように記事作成が行えます。

普段と同じように文章を書けるめ、誰でも親しみやすいエディターと言えますね

この記事を読んでいるということは、あなたもGutenbergからクラシックエディターに戻し、これからクラシックエディターを使っていこうと思っているのではないでしょうか。

当記事では、クラシックエディターの使い方を紹介していきます。

クラシックエディターの使い方は画像メインで解説していくため、初めてクラシックエディターを使う場合でも理解しやすい内容となっています。

この記事を最後まで読み、クラシックエディターの使いこなせるようになりましょう。

まだクラシックエディターに戻していない場合には、下記の記事を参考にしながらクラシックエディターを適用してみましょう。
WordPressのエディターをClassic Editorに戻す方法_プラグインを入れるだけでOK



クラシックエディターの使い方【記事作成編】

クラシックエディターの使い方は、下記の通りです。

  • クラシックエディターの基本操作
  • 記事タイトルの入力
  • 見出しの作成
  • 本文の執筆
  • 本文の装飾
  • メディアの挿入
  • パーマリンクの設定
  • カテゴリーの設定
  • タグの設定
  • アイキャッチ画像の設定
  • SEO設定などの入力
  • 記事のプレビュー
  • 記事の投稿

それぞれの使い方について紹介していきますね。

クラシックエディターの基本操作

クラシックエディターで覚えておくべき基本操作は、下記の2つです。

  • 段落の変更・改行方法
  • エディターの切り替え

それぞれの操作方法について紹介していきますね。

段落の変更・改行方法

クラシックエディターの段落の変更・改行方法は、下記の通りです。

段落の変更
「Enter」
改行
「Shift+Enter」
テーマによっては、段落の変更と改行方法のコマンドが逆の場合もあります。

本記事の内容とは少しそれますが、行間が詰まっていると読者に読みづらい印象を与えてしまいます。

そのため、WEB上の文章を書く時には、句点(。)が付いたタイミングで段落を変更することをおすすめします。

当ブログでは、上記のように読みやすい文章を書くコツも紹介しているため、興味があればぜひ読んでみてください。

エディターの切り替え

クラシックエディターには、下記の2種類のエディターがあります。

  • ビジュアルエディター
  • テキストエディター

なお、エディターの切り替えは「ビジュアル」と「テキスト」のタブをクリックすることで変更できます。

 

ビジュアルエディターとテキストエディターについて、簡単に紹介していきますね。

ビジュアルエディター

ビジュアルエディターとは、通常の文章を書くためのエディターです。

本文は、基本的にビジュアルエディターを使って作成していきます。

テキストエディター

テキストエディターとは、HTMLを編集するためのエディターです。

上記の特徴から、テキストエディターは記事のデザインを編集する時などに使用します。

ビジュアルエディターで文章を作成し、細かなデザインはテキストエディターで編集するという流れが一般的ですね

なお、テキストエディター上部にあるボタン(クイックボタン)をクリックすると、テンプレート化されたタグが挿入されます。

そのため、タグの挿入を効率的に進められるようになります。

※クリックボタンの画像

クラシックエディターを使う場合には、ビジュアルエディターとテキストエディターを効果的に使い分けられるようになりましょう。

記事タイトルの入力

記事タイトルは、クラシックエディター上部にある「タイトルを追加」に入力します。

クリック率の高いタイトルを付けるコツは下記の記事で紹介しているため、よければ一度読んでみてください。
ブログの記事タイトルの付け方【10のコツでクリック率もUP】

本文の執筆

本文は、クラシックエディターの中央部分に書き進めていきます。

 

なお、本文作成の基本として、使用頻度の高いテキストの作成方法を紹介しておきますね。

紹介するテキストの作成方法は、下記の5種類です。

  • 段落
  • 見出し
  • リスト
  • リンク
  • 引用文

段落の作成

段落の作成方法は特にありません。

普通に文章を書き始めれば、段落として作られます。

通常の文章は「段落」で作成していくため、記事の中で最も使用頻度の高いテキストは「段落」と言えますね

なお、段落で作成されているかを確認するには、テキストエディターを開いて該当する箇所が「<p></p>」で囲われていれば、段落として作られていることになります。

※Pで囲われている画像

見出しの作成

見出しはツールバー左上のボタンをクリックし、任意の見出しを選択すれば作れます。

なお、見出しは全部で下記の6種類があります。

  • 見出し1
  • 見出し2
  • 見出し3
  • 見出し4
  • 見出し5
  • 見出し6
SEOに強い見出しの使い方は下記の記事で紹介しているため、興味がある場合には一度読んでみてください。
【SEOに強い】ブログの見出しの使い方・作り方_4つのコツも合わせて紹介

リストの作成

リストは、ツールバーにある「リストボタン」をクリックすれば作れます。

なお、リストには下記の2種類があり、文脈に応じて使い分けることが可能です。

  • 順番なしリスト
  • 順番ありリスト

リンクの作成

リンクを作成するには、ツールバーにある「リンクボタン」をクリックします。

 

次に「リンク設定」をクリックして、リンクの編集画面を開きます。

 

あとは「URL」の欄にリンク先のURLを入力し、「リンク文字列」にアンカーテキストを入力すればリンクの作成は完了です。

「リンクを新しいタブで開く」にチェックを入れれば、リンク先のページを別タブで開けるようになります。

なお、内部リンクはリンクの編集画面から記事を選択すれば簡単に作成できます。

引用文の作成

引用文は、ツールバーにある「引用ボタン」をクリックすれば作成できます。

他サイトから情報を引用する時には、引用文を利用しましょう。

本文の装飾

本文の装飾は、ツールバーから行えます。

 

例えば、文字色を変更する場合には「テキスト色」をクリックすれば、任意の色に変更できると言った具合です。

 

なお、クラシックエディターの装飾を増やしたい場合には「Advanced Editor Tools」というプラグインをインストールすることをおすすめします。

Advanced Editor Toolsをインストールすれば下記のように装飾項目が増えるため、デザインの幅がグンと広がります。

 

当ブログでは見やすいブログの作り方を紹介しているため、興味がある場合には一度読んでみてください。
見やすいブログの書き方【10のコツで読みやすさUP】

メディアの挿入

メディアを挿入するには、ツールバーの上にある「メディアを追加」をクリックします。

 

「ファイルをアップロード」を選択し、掲載したい画像をアップロードします。

 

あとは、メディアの詳細情報を入力して「投稿に挿入」をクリックすれば、メディアの挿入は完了です。

 

画像や動画の詳しい挿入方法は下記の記事で紹介しているため、よければ一度読んでみてください。

パーマリンクの設定

パーマリンクを設定するには、記事タイトル下の「パーマリンク」の「編集」をクリックします。

 

あとは、入力欄に任意の文字列を入力すれば、パーマリンクの設定は完了です。

 

なお、パーマリンクの入力欄が表示されるのは、記事タイトルを入力してからです。

記事タイトルを入力する前はパーマリンクの入力欄は表示されていないため注意しましょう。

 

「そもそもパーマリンクとは?」という場合には、下記の記事がおすすめです。
WordPressのパーマリンクとは?【変更方法とおすすめの設定方法も紹介】

カテゴリーの設定

カテゴリーの設定は、エディターの右サイドバーにある「カテゴリー」から任意のカテゴリーにチェックを入れれば設定できます。

カテゴリーの使い方・作り方がわからない場合には、下記の記事を読んでみてください。
WordPressでカテゴリーを作成・編集する方法【カスタマイズ方法も紹介】

タグの設定

タグの設定は、エディターの右サイドバーにある「タグ」の入力欄に任意の文字列を入力します。

 

あとは「追加」をクリックすれば、タグの設定は完了です。

 

「よく使われているタグから選択」をクリックすれば使用頻度の高いタグを簡単に入力できるため、タグの入力作業を効率化できます。
タグを複数設定する場合には「,(コンマ)」で区切ります

なお、タグを削除したい場合には削除したいタグにカーソルを乗せ「✕ボタン」をクリックすれば削除できます。

アイキャッチ画像の設定

アイキャッチ画像の設定は、エディターの右サイドバーにある「アイキャッチ画像」の中から「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

 

「ファイルをアップロード」を選択し、設定したい画像をWordPressにアップロードします。

 

あとは、画像の詳細設定を入力して「アイキャッチ画像を設定」をクリックすれば、アイキャッチ画像の設定は完了です。

詳しいアイキャッチ画像の設定方法は、下記の記事で紹介しています。
WordPressのアイキャッチ画像とは?【使うメリットと設定方法も紹介】

SEO設定などの入力

テーマによってはクラシックエディターを拡張し「meta description」や「meta keywords」などの入力欄を追加している場合があります。

上記のようにテーマ独自の入力欄を追加している場合には、エディターの最下部に入力欄が表示されています。

SEOに強いテーマを使っている場合には、エディターの最下部からSEO設定を入力できる場合が多いですね

 

テーマ独自の機能を利用する場合には、エディターの最下部から情報を入力できることを覚えておきましょう。

記事のプレビュー

記事をプレビューをするには、エディター右上にある「プレビュー」をクリックすれば現在の記事状況を確認できます。

記事のプレビューは、記事を最終確認をする時などに使うことをおすすめします。

記事の投稿

記事を投稿するには、エディター右上にある「公開」をクリックすれば記事を投稿できます。

 

記事を下書き保存する方法

記事を下書き保存するには、エディター右上にある「下書き保存」をクリックすれば下書きとして記事を保存できます。

作業を中断したい時には、下書き保存が便利ですね

記事を予約投稿する方法

記事を予約投稿するには、エディター右上にある「すぐに公開する」の隣に表示されている「編集」をクリックします。

 

あとは、任意の日時に設定してから「OK」を選択し「予約投稿」をクリックすれば、設定した日時に記事が自動で投稿されます。

 

リビジョンから記事を復元する方法

リビジョンとは、記事の編集履歴のことです。

つまり、リビジョンを使えば編集前の記事を復元できるわけですね

リビジョンを使って記事を復元するには「リビジョン」の隣に表示されている「表示」をクリックします。

 

すると、現在の記事と過去記事の比較画面が表示されます。

画面上部のつまみを左に動かすほど過去の編集履歴に遡るため、復元したい記事の位置までつまみを左に移動させます。

 

あとは「この自動保存を復元」をクリックすれば、設定した日時の過去記事に復元できます。

テーマによっては、リビジョンを保存しない設定にしている場合もあります。リビジョンを保存していない場合には記事の復元はできないため、自分の使っているテーマがリビジョンを保存しているかを確認してみましょう。

クラシックエディターの使い方【番外編】

クラシックエディターの使い方【番外編】では、下記の項目を紹介していきます。

  • クラシックエディターの入力項目を増やす方法
  • 作成中の記事を削除する方法
  • ヘルプの開き方

それぞれの使い方について紹介していきますね。

クラシックエディターの入力項目を増やす方法

クラシックエディターの入力項目を増やすには、画面右上にある「表示オプション」をクリックします。

すると、クラシックエディターに表示できる項目が一覧で表示されます。

あとは、追加したい項目にチェックを入れれば、自動でエディターに入力項目が追加されていきます。

 

チェックを入れた項目は、エディターの右サイドバー。または、エディターの最下部に表示されていきます。

テーマによっては「表示オプション」の中に便利な機能が隠されていることもあるため、一度確認してみることをおすすめします

作成中の記事を削除する方法

作成中の記事を削除するには、公開ボタンの左にある「ゴミ箱へ移動」をクリックすれば、記事を削除できます。

なお、ゴミ箱へ移動された記事は完全に削除されることはないため、後々ゴミ箱から復元することも可能です。

ヘルプの開き方

ヘルプを開くには、表示オプションの右にある「ヘルプ」をクリックすれば開けます。

ヘルプでは、クラシックエディターについて下記のようなことが書かれています。

  • パーマリンクが表示されるタイミング
  • ビジュアルエディターとテキストエディターの違い
  • メディアの挿入方法
  • etc…

クラシックエディターでわからないことがある場合には、ヘルプを確認してみることをおすすめします。

クラシックエディターの使い方をマスターしよう!

これで「クラシックエディターの使い方」の内容は終わりです。

クラシックエディターに特別難しい機能はありません。そのため、クラシックエディターを使いこなすまでにはそれほど時間はかからないはずです。

クラシックエディターで多くの記事を書き、クラシックエディターの使い方をマスターしましょう。

当ブログでは、WordPressのおすすめテーマを紹介しています。

まだテーマ選びが終わっていない場合や現在使っているテーマに不満を抱えている場合には、ぜひ一度上記の記事を読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。