Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国に荷物を送る方法【おすすめの宅配会社も紹介!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、中国に荷物を送る方法を紹介していきます。

おすすめの宅配会社についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

また中国に入国すると、YouTubeやインスタを使えなくなります。

中国でもYouTubeやインスタを使う方法は下記の記事で紹介していますので、興味があればチェックしてみてください。

中国に荷物を送る方法

郵便局を使って荷物を送る

近年、国際間の物流がますます発展し、中国への荷物送りも簡便かつ迅速に行うことができるようになりました。その中でも、郵便局を利用する方法が依然として一般的で信頼されています。以下に、中国へ荷物を送るための手順を紹介いたします。

まず最初に、郵便局の窓口やオンラインプラットフォームを通じて発送する荷物の種類やサイズに適した適切な郵便サービスを選択します。一般的な選択肢には、エアメール、エクスプレス、または国際小包などがあります。荷物の重量や到着までの日数などによって最適なサービスを選びましょう。

次に、荷物を適切な梱包材で包み、送り先の住所や受取人の情報を正確に記入します。郵便局はこれらの情報に基づいて荷物の受け渡しを行いますので、入力には十分な注意が必要です。

その後、郵便局の窓口で荷物を受け付けてもらうか、またはオンラインで発送手続きを行います。必要な書類や料金についても確認し、手続きをスムーズに進めましょう。

荷物が発送されると、発送状況をオンラインで追跡することができる場合があります。これにより、荷物の現在地や到着予定日を把握することができます。

最後に、中国で荷物が到着するまで待ちましょう。通常、エクスプレスサービスを利用すると比較的短い期間で到着しますが、エアメールや国際小包を利用する場合は到着までに数週間かかることがあります。

以上が、中国に荷物を送る際の基本的な手順となります。郵便局を活用することで、安全かつ効率的に荷物を送ることができます。

宅配会社を使って荷物を送る

近年、グローバルな物流網が拡大し、中国との国際的な荷物送りもより迅速かつ効率的に行うことができるようになりました。その中で、宅配会社を活用する方法は、便利で頻繁に利用されています。以下に、中国へ荷物を送る際の手順を紹介いたします。

まず初めに、信頼性のある宅配会社を選定します。国際的に有名で安全な宅配会社には、DHL、FedEx、UPSなどがあります。これらの宅配会社は追跡サービスや保険オプションを提供しており、荷物の迅速かつ確実な配送が期待できます。

次に、荷物の内容やサイズに応じて最適なサービスやパッケージを選択します。宅配会社は様々なサービスを提供しており、急ぎの場合はエクスプレスサービス、通常の場合は標準的な国際宅配サービスを利用できます。

荷物を適切に梱包し、送り先の住所や受取人の詳細情報を正確に記入します。これにより、荷物が正確な宛先に運ばれ、受取人がスムーズに受け取ることができます。

その後、宅配会社の拠点やオンラインプラットフォームを利用して発送手続きを行います。必要な書類や送料についても確認し、手続きを完了させましょう。

発送後は、宅配会社が提供する追跡サービスを利用して、荷物の現在地や到着予定日を確認することができます。これにより、送り主と受取人は荷物の状態をリアルタイムで把握できます。

最後に、中国で荷物が到着するまで待ちましょう。宅配会社を通じた国際宅配は通常、数日から数週間で到着することが一般的です。

このように、宅配会社を活用することで、中国に荷物を迅速かつ確実に送ることができます。

中国に荷物を送れる宅配会社

DHL(ディーエイチエル)

中国に荷物を送る際におすすめの宅配会社として、DHL(ディーエイチエル)は高い信頼性と迅速なサービスで知られています。以下に、DHLを利用して中国に荷物を送る際のメリットや手順について説明します。

1. 高い信頼性とスピード:
DHLは国際宅配サービスで世界的に信頼され、その急速かつ確実なサービスが特徴です。中国への荷物送りでも、優れたネットワークと効率的な物流体系により、素早い配送が期待できます。

2. 包括的なサービスと追跡機能:
DHLは包括的なサービスを提供しており、様々なサイズや重さの荷物に対応しています。また、荷物の追跡機能も充実しており、発送から到着までリアルタイムで荷物の状態を確認できます。

3. 保険オプションの提供:
DHLは荷物の安全性を重視し、保険オプションを提供しています。これにより、荷物が万一の事故や損傷に遭った場合でも補償を受けることができます。

4. 簡単な手続き:
DHLのオンラインプラットフォームを利用すれば、簡単かつ迅速に発送手続きを行うことができます。必要な情報を入力し、適切なサービスを選択するだけで、荷物の受け渡し手続きが完了します。

5. 国際的なネットワーク:
DHLは広範な国際的なネットワークを有しており、中国の主要都市や地域に対しても幅広い配送範囲をカバーしています。これにより、中国全土に効率的に荷物を届けることができます。

総合的に、DHLは中国への荷物送りにおいて信頼性と効率性を兼ね備えた宅配会社としておすすめです。発送前に料金やサービスの詳細を確認し、荷物の内容や急ぎ度に合わせて最適なサービスを選択することが重要です。

FedEx(フェデックス)

中国への荷物発送において、信頼性と効率性を追求するならば、FedEx(フェデックス)が優れた選択肢となります。以下に、FedExを利用する際の特長や手順について詳しく説明します。

1. 信頼性と迅速なサービス:
FedExは国際的な宅配サービスで高い信頼性とスピードを誇ります。中国への荷物送りでも、確実かつ迅速な輸送網を活かし、荷物が迅速に受け取り先に到着します。

2. 包括的なサービス範囲:
FedExは様々なサイズや重量の荷物に対応する包括的なサービスを提供しています。急ぎの場合や標準的な国際宅配に適したオプションが豊富に用意されており、送り主のニーズに合わせて選択できます。

3. 追跡機能の充実:
FedExは荷物の追跡機能が充実しており、発送から到着までの経過をリアルタイムで確認することができます。これにより、送り主や受取人は荷物の状態を常に把握できます。

4. 保険オプションの提供:
FedExは荷物の安全性を考慮し、保険オプションを提供しています。これにより、万が一の事故や損傷に備えることができます。

5. オンライン手続きの容易さ:
FedExのオンラインプラットフォームを活用することで、簡単かつ迅速に発送手続きを行うことができます。必要な情報を入力し、適切なサービスを選択するだけで、手続きが完了します。

6. 広範な中国ネットワーク:
FedExは中国国内においても広範なネットワークを有しており、主要都市や地域に対して効率的なサービス提供が可能です。これにより、中国内の様々な地域への迅速かつ確実な荷物の届けが期待できます。

総合的に考えると、FedExは中国への荷物送りにおいて優れた選択肢であり、高品質かつ安心して利用できる宅配会社です。発送前に料金やサービスの詳細を確認し、荷物の内容や緊急度に応じて最適なサービスを選択することをお勧めします。

UPS(ユーエーピーエス)

中国への荷物発送において、信頼性と幅広いサービスを求めるならば、UPS(ユーエーピーエス)が優れた選択肢となります。以下に、UPSを利用する際の特徴や手順について詳しく説明します。

1. 信頼性と迅速なサービス:
UPSは国際的な宅配サービスで高い信頼性と迅速なサービスを提供しています。中国への荷物送りでも、確実な配送網を駆使し、迅速かつ安全に荷物を届けることができます。

2. 包括的なサービスオプション:
UPSは様々なサイズや重量の荷物に対応する包括的なサービスを提供しています。急ぎの場合や通常の国際宅配に最適なオプションが用意されており、送り主がニーズに合わせて選択できます。

3. 高度な追跡機能:
UPSは荷物の高度な追跡機能を提供しており、発送から到着までの過程をリアルタイムで確認できます。送り主や受取人はいつでも荷物の状態を確認できるため、安心して利用できます。

4. 荷物の安全性の重視:
UPSは荷物の安全性を重視し、適切な梱包や保険オプションを提供しています。これにより、荷物が損傷や紛失した場合でも補償を受けることができます。

5. 簡便なオンライン手続き:
UPSのオンラインプラットフォームを利用することで、簡便かつ迅速に発送手続きを行うことができます。必要な情報を入力し、適切なサービスを選択するだけで、手続きが完了します。

6. 幅広い中国ネットワーク:
UPSは中国国内においても広範なネットワークを有しており、主要都市や地域に対して迅速で確実なサービス提供が可能です。これにより、中国内の様々な地域への効率的な荷物の届けが期待できます。

総合的に、UPSは中国への荷物送りにおいて高品質で信頼性のある宅配会社としておすすめです。発送前には料金やサービスの詳細を確認し、荷物の内容や緊急度に応じて最適なサービスを選択することをお勧めします。

EMS(国際速達郵便)

中国への荷物発送において、迅速で経済的なオプションをお求めであれば、EMS(国際速達郵便)が優れた選択肢となります。以下に、EMSを利用する際の特長や手順について詳しく説明します。

1. 迅速で経済的なサービス:
EMSは迅速かつ経済的なサービスを提供しており、中国への荷物送りにおいても効率的な宅配が期待できます。経済的なオプションが求められる場合におすすめです。

2. 包括的なサービス範囲:
EMSは様々なサイズや重量の荷物に対応する包括的なサービスを提供しています。小包から大きな荷物まで、幅広い選択肢があります。

3. 手軽で簡単な手続き:
EMSの手続きは一般的に手軽かつ簡単です。郵便局を訪れて窓口で手続きするか、オンラインプラットフォームを利用して発送手続きを行います。特に小口の発送に向いています。

4. 追跡機能の提供:
EMSは荷物の追跡機能も提供しており、発送から到着までの経過を確認することができます。これにより、送り主や受取人は荷物の状態を把握できます。

5. 安全性と信頼性:
EMSは各国の郵便事業者が提供しているため、安全性と信頼性が確保されています。国際郵便の形態を取るため、通関手続きも比較的スムーズです。

6. 広範な中国ネットワーク:
EMSは中国国内においても広範なネットワークを有しており、主要都市や地域に対して迅速で確実なサービス提供が可能です。これにより、中国内の様々な地域への効率的な荷物の届けが期待できます。

総合的に、EMSは手軽で経済的な宅配サービスとして、中国への荷物送りにおいておすすめです。発送前には料金やサービスの詳細を確認し、荷物の内容や送り先に応じて最適なオプションを選択することをお勧めします。

中国に送れない荷物【航空危険物】

中国への国際荷物発送に際して、航空輸送においては一定の規制があり、特定の荷物は輸送が制限されています。これらの荷物は一般的に「航空危険物」と呼ばれ、安全上の懸念から航空機での輸送が制限されています。以下に、中国へ送れない航空危険物の一般的な例を挙げてみましょう。

1. 可燃性物質:
可燃性物質は火災の危険性があるため、一般的に航空機での輸送が禁止されています。具体的な例として、ガソリン、塗料、ライターなどが挙げられます。

2. 爆発物:
爆発物や引火性の物質は、航空機の安全性を損なう可能性があるため、航空輸送が厳しく制限されています。火花を発生させることができる火花発生装置や花火も含まれます。

3. 酸素ボンベや圧縮ガス缶:
酸素ボンベや圧縮ガス缶は、高圧に充填されているため、航空機内での取り扱いが難しく、危険とみなされています。

4. 腐食性物質:
腐食性の物質は、機内での腐食や漏れが他の荷物や機材に損傷を与える可能性があるため、航空輸送が規制されています。塩酸や硫酸などがこれに該当します。

5. 生物兵器や毒物:
生物兵器や毒物は国際的に禁止されており、これらの物質を含む荷物は航空機での輸送が制限されています。

6. マグネットロック付きの大型容器:
大型容器にマグネットロックが施されている場合、航空機内での検査が難しくなります。そのため、これらの大型容器は航空輸送が難しい場合があります。

これらの禁止された荷物を航空便で送ることは、国際的な安全基準と法規に則っていない可能性があります。発送前に、荷物の内容や制限事項について十分な確認を行い、制限されているものがないようにすることが重要です。制限事項に違反する場合、荷物は没収される可能性があります。

中国に荷物を送るときによくある質問

関税はかかる?

中国へ荷物を送る際には、関税のかかる可能性があります。国際的な荷物輸送においては、送り主が荷物の価値や種類、数量などを正確に申告し、中国の関税制度に従うことが重要です。以下に、関税に関する基本的な情報を紹介します。

1. 申告の必要性:
中国では、輸入される荷物に対して適用される関税が存在します。送り主は荷物の内容や価値を正確に申告する必要があります。誤った申告や未申告の場合、関税の評価が正確でなかったり、関税逃れと見なされる可能性があります。

2. 免税制度:
一部の荷物には、中国の免税制度が適用されることがあります。例えば、特定の金額以下の荷物や個人使用のための品物などが該当します。しかし、これらの免税額や条件は変動する可能性がありますので、最新の情報を確認することが重要です。

3. 荷物の価値と関税:
荷物の価値が高いほど、関税が発生する可能性が高まります。中国では、通常、荷物の税額は荷物の価値に基づいて計算されます。関税率は品目によって異なり、税率が設定されています。

4. 関税の支払い:
通常、関税は受取人が負担します。荷物が中国に到着した際に、関税が発生した場合は、受取人が関税を支払う必要があります。支払いは通常、荷物を受け取る際に行われます。

5. 進物税:
贈り物やサンプル品などにも関税がかかることがあります。進物税の評価も荷物の価値に基づいて行われます。

6. 荷物の種類による差異:
食品や特定の商品には、中国の法規制や検疫規定が適用され、関税以外にも特別な取り決めがあることがあります。これらの荷物についても、事前に詳細な情報を確認することが必要です。

送り主は、中国への荷物発送前に関税に関する情報を確認し、正確な申告を行うことが重要です。荷物の内容や価値によって関税が変動するため、最新の関税情報を把握してスムーズな輸送を確保しましょう。

食品を送ることはできる?

中国へ荷物を送る際、食品を送ることは原則として規制されています。食品の送付には特定の手続きと規定が適用され、中国の検疫・衛生規制に従う必要があります。以下に、中国への食品輸送に関する基本的な情報をご紹介します。

1. 規制と検疫手続き:
中国では、食品の輸入には厳格な規制と検疫手続きが課せられています。食品は健康や安全に関する重要な要素であるため、国際的な検疫基準に基づき、適切な手続きが求められます。

2. 特定の食品の禁止:
一部の食品は中国への輸入が禁止されていることがあります。例えば、生肉、生魚、生海産物、加工されていない乳製品、新鮮な果物などがこれに該当します。

3. 加工食品の条件:
中国への食品輸送が認められる場合でも、加工食品については特定の条件が設けられています。食品が検疫規定や衛生基準を満たしていることが求められます。

4. 正確なラベリングと申告:
食品を送る際には、正確で詳細なラベリングが求められます。送り主は内容物や製造日、賞味期限などを明確に表示し、申告書に正確な情報を記入する必要があります。

5. 許可証の取得:
一部の特定の食品には、中国への輸入が事前に許可されているか、許可証が必要な場合があります。これらの手続きを行わないと、荷物は中国への入国を許可されない可能性があります。

6. 特定の制約をクリア:
中国への食品輸送は、国内法規制や検疫基準を遵守し、特定の制約をクリアすることが重要です。これにより、スムーズな輸送が可能となります。

送り主は事前に中国の関連法令や規制について確認し、食品の輸送が許可されるかどうかを確認することが重要です。また、食品を送る場合は正確な情報を提供し、検疫基準を遵守することで、問題なく荷物を中国に送ることができます。

中国に荷物が届くまでにはどれくらいの時間がかかる?

中国への荷物が届くまでの時間は、複数の要因によって異なります。以下に、一般的な要因や目安について説明しますが、これらは一般的な傾向であり、具体的な状況によっては異なる可能性があります。

1. 発送元と発送先の距離:
荷物が発送元から発送先までの距離が遠いほど、通常は配送に時間がかかります。国際輸送であれば、発送元国と中国との間の物流インフラストラクチャーの充実度も影響します。

2. 選択した輸送手段:
輸送手段によっても配送時間が異なります。航空便やエクスプレスサービスを利用すれば、比較的迅速な配送が期待できますが、海上輸送や標準的な国際宅配サービスを利用する場合は、時間がかかることがあります。

3. カスタムクリアランス:
中国への荷物は通関手続きを経てカスタムクリアランスが行われる必要があります。これには、通常数日から数週間かかることがあります。通関手続きが滞る場合は、配送に時間がかかる可能性があります。

4. 季節や特定の期間:
一部の季節や特定の期間(例: クリスマスや大型イベント時)は、物流が混雑しやすいため、配送が遅れる可能性があります。

5. 配送会社やサービスの選択:
利用する宅配会社やサービスによっても配送時間が異なります。エクスプレスサービスや国際的な宅配会社を利用すれば、一般的に迅速な配送が可能ですが、選択したサービスのスピードや効率によって差が生じます。

6. 住所のアクセシビリティ:
荷物を受け取るための配送先住所がアクセスしやすいかどうかも影響します。住所が不確かであったり、アクセスが難しい場合、配送に時間がかかる可能性があります。

総合的に言えば、通常は数日から数週間程度で中国への荷物が届くことが一般的です。ただし、上記で述べた要因により配送時間には変動があります。具体的な荷物やサービスによっても異なるため、発送前に宅配会社のサービスや配送予定日を確認することが重要です。