Alice blog

【2021年最新】Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ8選

WordPress Gutenberg おすすめ テーマ
           

Gutenberg(ブロックエディター)はリリースされてから数々のアップデートを繰り返し、年々使いやすさが向上してきています。

Gutenbergをメインエディターとして使う人も増えていると感じますね

この記事を読んでいるということは、あなたもブロックエディターをメインエディターとして使うためにGutenberg対応のWordPressテーマを探しているのではないでしょうか。

当記事では、Gutenberg対応のWordPressテーマを8つ紹介していきます。

記事前半ではGutenberg対応のテーマを選ぶ時のポイントを紹介していますので、テーマ選びをミスなく進められるようになります。

この記事で紹介しているテーマを参考にし、本格的にGutenbergへの移行を進めていきましょう。

Gutenbergの使い方が知りたい場合には、下記の記事がおすすめです。
【WordPress最新版】ブロックエディター(Gutenberg)の使い方



Gutenberg対応のWordPressテーマを選ぶ時のポイント

Gutenberg対応のWordPressテーマを選ぶ時のポイントは、下記の2つです。

  • Gutenberg(ブロックエディター)の操作性
  • 追加できるブロックの数

それぞれのポイントについて紹介していきますね。

Gutenberg(ブロックエディター)の操作性

Gutenberg対応のWordPressテーマを選ぶ時のポイント1つ目は、Gutenbergの操作性です。

以前までのクラシックエディターでは、テーマを変えてもエディターの使いやすさ自体はそれほど変わりませんでした。

しかし、Gutenbergではそれぞれのテーマごとにエディターの使いやすさが大きく異なります。

ボタンをポチポチ押すだけで様々なデザインのブロックにカスタマイズできるテーマもあれば、ブロックのカスタマイズ性が低くデザインの幅も少ないテーマもありますね

とはいえ、Gutenbergの操作性は実際に使ってみなければわかりません。

この問題を解消するために無料体験を実施しているテーマもありますので、気になるテーマが無料体験できる場合には実際に使ってみてからテーマを導入することをおすすめします。

また、無料体験を実施していないテーマについては、SNSなどを使って実際に使っている人のレビューや感想をリサーチしてみてもいいでしょう。

オリジナルブロックの数

Gutenberg対応のWordPressテーマを選ぶ時のポイント2つ目は、オリジナルブロックの数です。

Gutenberg対応のテーマでは、標準のGutenbergには用意されていないオリジナルブロックが用意されていることがほとんどです。

テーマに用意されているオリジナルブロックの例は、下記の通り。

  • アコーディオンメニューを設置するためのブロック
  • 吹き出しを作成するためのブロック
  • CTA(ボタン)を設置するためのブロック
  • 星評価を実装するためのブロック
  • スライダーを実装するためのブロック
オリジナルブロックは、テーマの公式サイトに記載されていることがほとんどですね!

用意されているオリジナルブロックはテーマによって異なりますので、テーマを導入する前に追加できるオリジナルブロックを把握しておくことをおすすめします。

オリジナルブロックは、ブロック追加系のプラグインをインストールしても追加できます。おすすめのブロック追加系プラグインは下記の記事で紹介してますので、よければ読んでみてください。
【Gutenberg】ブロック拡張系WordPressプラグインおすすめ5選

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ5選

Gutenberg対応のおすすめなWordPressテーマ(有料)は、下記の5つです。

  • Swell
  • STORK19
  • Snow Monkey
  • THE SONIC
  • Diver

これまでに紹介したテーマ選びのポイントを踏まえたうえで、それぞれのテーマを見ていきましょう。

Swell

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ1つ目は「Swell」です。

SwellはWordPressテーマの中では珍しい、完全Gutenberg対応のGutenbergだけに特化したテーマです。

SwellがどれだけGutenbergに力を入れているのかは、Swellの公式サイトに書かれている下記の文から伝わってきます。

ブロックエディターと比べると機能はかなり少なくなりますが、旧エディターでもできるだけクリックのみでデザインが可能になるように開発しています!

ただし、SWELLを購入していてブロックエディターを使わないのはかなりもったいないないので、おすすめはしません。

Swellの公式サイト

SwellはGutenbergに特化したテーマであることから、エディターの操作性がかなり高いです。

そのため、Gutenbergを使い始めたばかりでも簡単に使いこなせるようになります。

SNSを見てみても、Swellの評判はかなり良いですね

Swellはシャープでまとまりのあるデザインをしているため、おしゃれカッコいいサイトを目指している場合におすすめなテーマです。

また、エディターの操作性にも優れているため、多くの記事を執筆するブログやアフィリエイトサイトにもおすすめです。

商品名 Swell
おすすめ度
オリジナルブロックの数 14コ
サポート あり
価格 ¥17,600(税込み)

STORK19

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ2つ目は「STORK19」です。

STORK19はGutenbergが実装される以前から人気なテーマでした。

そして、現在では完全Gutenberg対応のため、Gutenbergユーザーにとっても使いやすいテーマとなっています。

STORK19のデザインはカジュアルでいておしゃれなため、ブログのように少しラフなメディアにピッタリですね

なお、STORK19もSwellと同様、記事のデザインはエディターの右側からポチポチするだけで簡単に実装できます。

そのため、Gutenberg自体の操作性が高く、効率的に記事作成を行えます。

加えて、STORK19はWordPressテーマの中では比較的安めな「11000円」で購入できます。

上記の特徴から、コスパを抑えたい人にもおすすめなWordPressテーマと言えるでしょう。

商品名 STORK19
おすすめ度
オリジナルブロックの数 9コ
サポート 30日間のメールサポートあり
価格 ¥11,000(税込み)

Snow Monkey

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ3つ目は「Snow Monkey」です。

Snow MonkeyもSwellと同様、完全Gutenberg対応のWordPressテーマになります。

Snow Monkeyの特徴は、追加できるブロックの数とテーマのカスタマイズ性です。

追加できるブロックについては全部で39種類用意されており、どれも使い勝手がよくサイトのデザインを大幅に広げられます。

Snow Monkeyにブロックを追加するには「Snow Monkey Blocks」というプラグインをインストールする必要があります。なお、追加できるブロックについては下記の記事で詳しく紹介しています。
【Gutenberg】ブロック拡張系WordPressプラグインおすすめ5選

また、テーマ自体がかなりシンプルなデザインとなっているため、CSSを編集できる人にとってはデザインをカスタマイズしやすいテーマと言えるでしょう。

今お伝えしたようにSnow Monkeyはかなりシンプルなデザインになっているため、ブログやアフィリエイトサイトのように文章メインのサイトにおすすめなテーマになります。

逆に、コーポレートサイトのようにデザイン性を重視するサイトにはあまりおすすめではありません。

Snow Monkeyはサブスクリプション制を採用していますが、1度契約をすればテーマ自体はずっと使い続けられます。2年目以降の継続課金をすることもできますが、あまりメリットはありませんので契約を更新する必要はないでしょう。
商品名 Snow Monkey
おすすめ度
オリジナルブロックの数 39コ(プラグイン必須)
サポート サブスクリプション継続中はあり
価格 ¥16,500(税込み)

THE SONIC

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ4つ目は「THE SONIC」です。

THE SONICは、実績のあるアフィリエイターやサイトデザイナーなどが共同で作成したWordPressテーマです。

この特徴から、アフィリエイトで収益を上げるために必要なノウハウやテクニックが集約されたWordPressテーマとなっています。

また、THE SONICはサイトの表示速度がかなり速いです。

そのため、SEOにも有利なテーマと言えるでしょう。

SEO対策はアフィリエイトで成果を出すには必須の項目ですので、アフィリエイターにとっては強い味方になってくれるテーマですね

THE SONICは、シンプルでいておしゃれなデザインとなっています。

そのため、あまりごちゃごちゃさせずにおしゃれなサイトを作りたい場合におすすめなテーマです。

なお、THE SONICの料金形態は一般的なWordPressテーマとは異なり、完全サブスクリプション制です。

THE SONICを使うには継続的に使用量を支払う必要がありますので、他のテーマと料金形態が異なることは頭に入れておきましょう。

商品名 THE SONIC
おすすめ度
オリジナルブロックの数 11コ
価格 ¥月980(税抜き)
サポート なし

DIVER

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ5つ目は「Diver」です。

Diverは以前から人気のテーマでしたが、Gutenberg対応に力を入れたことでGutenberg利用者からも人気を集め始めたテーマです。

Gutenberg対応があまり進んでいない中、Diverは積極的にGutenberg対応に力を入れていると感じますね

とはいえ、これまでに紹介したGutenberg完全対応の4テーマに比べると、デザイン性やエディターの使いやすさですこし見劣りする部分もあります。

そのため、これから先Gutenbergをメインエディターとして使っていく場合にはすこし力不足だと感じるかもしれないので注意です。

Diverはスタイリッシュでこなれた雰囲気を出せるテーマです。

この特徴から、おしゃれで大人っぽいデザインのサイトを目指している場合におすすめなテーマです。

商品名 Diver
おすすめ度
オリジナルブロックの数 11コ
サポート あり
価格 ¥17,980(税込み)

Gutenberg対応のおすすめ無料WordPressテーマ3選

Gutenbergに対応しているおすすめ無料テーマ(有料)は、下記の3つです。

  • Cocoon
  • yStandard
  • Luxeritas

それぞれの無料テーマについて紹介していきますね。

Cocoon

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ6つ目は「Cocoon」です。

個人的にですがCocoonはGutenberg対応とか関係なく、無料のWordPressテーマの中で最も高品質なテーマだと感じます。

そのCocoonがGutenberg対応なので、無料テーマでGutenberg対応のテーマを探しているのであればCocoonはかなりおすすめのWordPressテーマです。

CocoonはSEO的にも強いため、無料テーマのクオリティとしては文句なしですね

Cocoonは余計なものがないシンプルなデザインですので、文章メインのブログにおすすめなテーマと言えるでしょう。

商品名 Cocoon
おすすめ度
オリジナルブロックの数 20コ
サポート 個別サポートはセキュリティ面に関する質問以外はなし(サポートフォーラムはあり)
価格 ¥0

yStandard

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ7つ目は「yStandard」です。

yStandardのコンセプトは他のWordPressテーマとは異なり「カスタマイズありきのWordPressテーマ」となっています。

上記の特徴から、yStandardは自分でデザインをカスタマイズしたい人におすすめのWordPressテーマと言えます。

CSSの知識があり、自分なりの理想的なデザインがある場合にはyStandardがおすすめですね

なお、yStandardはそのまま使ってもスタイリッシュでおしゃれなサイトが出来上がります。

そのため、余計なものを一切省いたデザインにしたい場合には、yStandardをそのまま使うのもおすすめです。

yStandardは「y Standard Blocks」というプラグインをインストールすることで、オリジナルブロックが使えるようになります。
(y Standard Blocksは無料のWordPressプラグインです。)
商品名 yStandard
おすすめ度
オリジナルブロックの数 y Standard Blocksを導入すれば10コ。また「y Standard Toolbox」という有料プラグインを購入すれば+5コ
サポート 個別は有料(サポートフォーラムはあり)
価格 ¥0

Luxeritas

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ8つ目は「Luxeritas」です。

LuxeritasはGutenberg対応に加えてSEO対策も施されているため、無料テーマの中では比較的高スペックな無料テーマです。

とはいえ、CocoonとLuxeritasを比較するとやはりCocoonの方が高品質であると感じます。

そのため、Luxeritasにしかない独自ブロックを使いたい場合やCocoonのデザインが気に入らない場合以外は、Cocoonを使うことをおすすめします。

商品名 Luxeritas
おすすめ度
オリジナルブロックの数 12コ
サポート 個別サポートはなし(サポートフォーラムはあり)
価格 ¥0

Gutenberg対応のおすすめWordPressテーマ比較早見表

これまでに紹介したGutenberg対応テーマを比較しやすいように1つの表にまとめましたので、それぞれのテーマを比較してみてください。

商品画像
商品名 Swell STORK19 Snow Monkey THE SONIC Diver Cocoon yStandard Luxeritas
おすすめ度
特徴 Gutenbergに完全特化。エディターの操作性が高い エディターの操作性が高い。そして、コスパも良い 39コのオリジナルブロックとテーマのカスタマイズ性が高い 実績あるアフィリエイターやサイトデザイナーが作成。SEOに強い 以前から人気のあったテーマ。完全Gutenberg対応のテーマには劣るが、Gutenberg対応には力を入れている 無料テーマの中では文句なしのクオリティ。オリジナルブロックも20コ用意 カスタマイズありきのWordPressテーマ。そのまま使ってもおしゃれ 無料テーマの中ではそれなりのクオリティ。Cocoonが使いたくない場合におすすめ
オリジナルブロックの数 14コ 9コ 39コ 11コ 11コ 20コ 10コ 12コ
デザイン シャープでおしゃれカッコいい カジュアルでいておしゃれ かなりシンプル シンプルでいておしゃれ スタイリッシュで大人っぽい雰囲気 余計なものがなくシンプル スタイリッシュ シンプル
サポート 30日間メールサポートあり 14コ サブスクリプション継続中はあり なし あり 個別サポートはセキュリティ面に関する質問以外はなし(サポートフォーラムはあり) 個別サポートは有料(サポートフォーラムはあり) 個別サポートはなし(サポートフォーラムはあり)
価格 ¥17,600(税込み) ¥11,000(税込み) ¥16,500(税込み) ¥月980(税抜き) ¥17,980(税込み) ¥0 ¥0 ¥0
公式サイト

Gutenberg対応のテーマを使ってWordPressを使いこなそう!

これで、Gutenberg対応のおすすめテーマの紹介は終わりです。

今回紹介してきたテーマの中で個人的におすすめなのは「Swell」です。

ぶっちゃけ2020年現在で最もGutenbergを使いやすいテーマは「Swell」だと感じるからですね。

これからGutenbergをメインエディターとして使っていきたい場合には、ぜひ「Swell」を使ってみてください!

当ブログでは、私がおすすめするGutenbergのブロック拡張系プラグインを5つ紹介しています。

Gutenberg対応のテーマを導入した後は、ブロック拡張系のプラグインも一緒にインストールしてしまいましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。