Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国に持ち込み禁止の食べ物・食品【お菓子は持っていける?】

記事内に広告を含む場合があります
・中国に持ち込みできる食品は?
・お菓子は持っていっていいの?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • 中国に食べ物・食品は持ち込みできる?
  • 中国に持ち込み禁止の食べ物・食品
  • 中国に持ち込み禁止のお菓子

この記事では、中国に持ち込み禁止の食べ物・食品を紹介していきます。

お菓子やカップラーメンを持っていけるのかも紹介していますので、これから中国に旅行する予定であればぜひチェックしておきましょう。

また中国に行くと、ネット規制の影響で「LINE」「YouTube」「SNS」などがすべて使えなくなります。

ただ「VPN」というものを使えば、中国にいても上記のアプリを使えるようになります。

ちなみにVPNとの接続は5分ほどで終わり、料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行くときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、旅行前にVPNとの接続を済ませて中国でもLINEやYouTubeを使えるようにしておくといいですよ。

では中国でもLINEやYouTubeなどを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

中国から日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使って中国から日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う

中国にいるとネット規制の影響でLINEやYouTubeを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、中国からでも日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は5分ほどの作業だけでOKです。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでVPNとの接続ができます。

また通信速度も速いので、Google検索もサクサクできますし、YouTubeの再生でカクつくこともありません。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行で中国に行く方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業しておけば中国でも日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませておくといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う
備考
この記事では「 NordVPN」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイトにアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

ここまでで日本でやる作業は一旦終わりです。

日本のサーバーと接続

次に日本のサーバーとの接続方法を紹介していきます。

中国でもスムーズに日本のサーバーと接続できるように、事前に予習しておくのがおすすめです。

中国に行ったら、これから紹介することをやればOKというわけです!
備考
日本のサーバーとの接続方法も「 NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

LINEやYouTubeを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通りLINEやYouTubeを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、中国でも問題なくLINEやYouTubeを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

中国に食べ物・食品は持ち込みできる?

結論、中国に食べ物や食品は持ち込みできます。

ただ一部の食品は中国への持ち込みが禁止されていますので、持ち込み禁止リストに該当する食べ物は持っていけません。

ほとんどの食品は中国に持っていけますので、いろんな日本食を持っていくのがおすすめですよ

中国に持ち込み禁止の食べ物・食品

中国に持ち込み禁止の食べ物・食品は、下記のとおりです。

中国に持ち込み禁止の食品
  • 肉製品
  • 動物性商品
  • 卵由来の製品
  • 果物・野菜

上記の食品は手荷物だろうとスーツケースに入れようと、中国への持ち込みが禁止されています。

逆に上記のリストに該当しない食品に関しては、すべて中国への持ち込みが許可されています。

それぞれの食品に関して、具体例を交えながら紹介していきますね。

肉製品

中国には肉製品全般が持ち込み禁止でして、生のものから熟成されたものまで持ち込み不可。

臓器類も持ち込み禁止ですので、よく焼肉屋で食べる「ハラミ」や「ハツ」なども持ち込みできません。

肉関連のものや肉が含まれている食べ物は持っていかないほうがいいですね

中国に持ち込み禁止の肉製品の例をいくつか紹介しておきますね。

肉製品の例
  • 生肉(牛、豚、鶏など)
  • ソーセージ、ウインナー
  • ベーコン、サラミ
  • ビーフジャーキー
  • ハム、生ハム
  • 肉まん、餃子

なお「スパム」などの肉を加工した缶詰も、動物検疫に提出して検査を受ける必要があります。

中国に旅行する場合には、とにかく肉関連のものは持っていかないのが吉です。

動物性商品

中国には動物性商品も持ち込み禁止です。

動物性商品とは主に乳製品のことを指し、牛乳バターなどが該当します。

動物が生み出した食材も、中国には持ち込み禁止というわけですね

中国に持ち込み禁止の動物性商品も、いくつか例を紹介しておきます。

動物性商品の例
  • 牛乳
  • バター
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 動物性のクリーム

卵由来の製品

中国には卵そのものや卵由来の製品が持ち込み禁止です。

卵を使ったソースなども持ち込み禁止ですので、その点は誤解なきよう。

これも動物性の食品なので、なんとなく持ち込み禁止なのがわかりますね

中国に持ち込み禁止の卵由来の製品も、いくつか例を紹介しておきますね。

卵製品の例
  • 卵(鶏卵、うずらの卵)
  • 保存された卵
  • 塩漬け卵
  • マヨネーズ
  • 卵を使ったソース

果物・野菜

中国には果物や野菜類も持ち込み禁止。

果物や野菜は中国でも買えますので、現地で調達するのがおすすめですね。

ちなみに緑茶や紅茶は検査なしで持ち込み可能。

コーヒー豆」「香草類(ハーブなど)」「ドライフルーツ」に関しては、植物防疫で検査を受ければ中国に持ち込みできます。
検査がめんどくさいなら、現地でコーヒー豆や香草などを揃えればいいですね

中国に持ち込み禁止の果物や野菜の例もいくつか紹介しておきますね。

果物や野菜の例
  • 生の野菜、果物
  • サラダ

中国に持ち込み禁止のお菓子

中国に持ち込み禁止のお菓子はほとんどありません。

ポテチやチョコなど、基本的にどんなお菓子も中国に持っていけます。

強いて持ち込み禁止のお菓子をあげるなら、下記のようなものです。

持ち込み禁止のお菓子
  • ジャーキー類
  • 動物性のクリームだらけのお菓子
  • バターがそのまま挟まってるお菓子
ジャーキー類は肉製品に該当するので、中国への持ち込みはNGですね

バターや牛乳自体は中国への持ち込みが禁止されていますが、バターや牛乳を使ったお菓子くらいなら全然持ち込みOKです。

マドレーヌ」や「カステラ」なんかも持っていけますので、基本的にはどんなお菓子も持ち込みできます。

中国に持ち込みできるお菓子一覧

基本的にどんなお菓子でも中国に持ち込みできますが、参考までに中国に持ち込みできるお菓子を一覧形式で紹介しておきますね。

持ち込みできるお菓子
  • ガム
  • グミ
  • ポテチ
  • クッキー
  • だんご、大福
  • 羊羹、水羊羹
  • チョコレート
  • プリン、ゼリー
  • 飴、キャンディー
  • ワッフル、ドーナツ
  • スナック菓子
    (じゃがりこ、ベビースター)
  • 焼き菓子
    (マドレーヌ、カステラなど)
上記のリストに当てはまるものであれば、中国には持っていけますよ!

ゼリーやプリンの機内持ち込みには制限がある

ただゼリーやプリンを機内に持ち込む場合には、持ち込み制限があります。

そもそも液体物を飛行機内に持ち込む場合には少しルールがあります。

液体物をスーツケースに入れて預ける場合、特に制限はありません。どれだけ入れても大丈夫です。

しかし液体物を機内に持ち込む場合には、持ち込み制限があります。

具体的なルールとしては、下記のような感じ。

液体物の持ち込みルール
  • 100ml以下の容器に入れる
  • 縦横20cm以下のジッパー付きの袋に入れる
  • 袋の容量が1L以下
液体物を機内に持ち込む時のルール
備考

ちなみにゼリーやプリンなどのお菓子は液体物とみなされますので、機内持ち込みの制限対象になります。

液体物とみなされる食品・お菓子をいくつか紹介しておきますね。

液体物の例
  • 味噌
  • 飲料水
  • ゼリー
  • プリン
  • あんこ
  • ヨーグルト
審査が厳しいときは、あんこが入ったお菓子も制限対象になることがありますね…

液体物はほとんど機内に持っていけないので、もし上記の食品を中国で食べたいならスーツケースに入れていくのがおすすめ。

スーツケースの中なら、どれだけ液体物を入れても問題ないからですね。

中国に持ち込み禁止かよく気になる食品

中国に持ち込み禁止か判断が難しい食品もあると思います。

代表的な食品をいくつか紹介していきますので、気になるものはチェックしてみてください。

お米

お米は中国への持ち込みOKな食品です。

昔までは肉や野菜などと一緒にお米も持ち込み禁止だったのですが、いまでは持ち込みOK。

実際に中国にお米を持ち込んでいる人は多く見かけますので、実績的に見ても大丈夫なはずです。

ただお米を持っていき過ぎて商売目的と判断された場合には、税関で止められる可能性があります。

またスーツケースの重量オーバーにもなりやすいので、持っていくとしても5kgくらいがベストだと思います。

梅干し

種なしの梅干しであれば中国への持ち込みはOKです。

ただし種付きの梅干しの場合には、植物検疫に引っかかることがあります。

梅干しには基本的に種が含まれていると思いますが、中国には植物の種子類を持ち込みできません。

ですので種付きの梅干しは、植物検疫で引っかかる可能性があります。

とはいえ種付きの梅干しでも「市販のもの+個包装されているもの」であれば持ち込みできる場合があるみたいですので、完全に種付きの梅干しがNGなわけではなさそう。

ただ種なしの梅干しであれば確実に中国に持っていけますので、旅行に持っていくなら種なしの梅干しがおすすめですよ。

ナッツ

ナッツは中国への持ち込みがかなり微妙なラインの食品です。

ナッツ類も植物の種子に該当しますので、中国への持ち込みが禁止されていそうな食品。

ただ火入れされているナッツなら繁殖能力がないため、持ち込みできるという考え方もあります。

ここら辺の具体的なルールは決まっていないみたいですので、ナッツを持ち込みできるかはその時の検疫官次第といったところです。

ナッツを持ち込みできるかは、ぶっちゃけ運次第ですね…

ナッツは中国への持ち込みがグレーな食品ですので、基本的には持っていかないほうがいいですよ。

カップラーメン・インスタント食品

カップラーメンやインスタント食品は中国への持ち込みOKな食品です。

カップラーメンだけでなくカップスープやインスタントスープなども持ち込みできますのでご安心ください。

ちなみにカップヌードルとかに入ってる謎肉が検疫に引っかかるんじゃないか?という疑問もあると思いますが、検疫はそこまで厳格ではありません。

カップラーメンに入ってる乾燥肉くらいなら、全然スルーの対象です。
中国の検疫はけっこうザルみたいですので、持ち込み禁止の食品すらも普通にスルーされることがあるみたいですね…

ただカップラーメンやインスタント食品を持ち込み過ぎて、商売目的と判断された場合には税関に止められる可能性があります。

3つか4つくらいなら全然持ち込みOKですので、過剰に持っていき過ぎなければ大丈夫ですよ。

余談ですがカップラーメンやカップスープは中国人に人気みたいですので、お土産に持っていくと喜ばれるそう…

中国に友だちや親戚がいるなら、お土産としてカップラーメンやインスタント食品を持っていくといいですよ。

中国に持ち込み禁止のお菓子や食品は持っていかないようにしよう!

これで「中国に持ち込み禁止の食べ物・食品」の内容は終わりです。

中国に持ち込み禁止の食品は動物性の食品と覚えておけばOKです。

それ以外の食品は基本的になんでも持ち込みできますので、お菓子なんかもほとんどの種類持っていけます。

中国の食事が口に合わないこともあると思いますので、お菓子やカップラーメンはいくつか持っていくのがおすすめですよ

最後まで読んでいただきありがとうございました。