Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

アメリカ旅行に持ち込みできる食べ物【日本食は携帯すべき!】

記事内に広告を含む場合があります
・アメリカに食べ物って持ち込みできるの?
・持ち込み禁止の食べ物は?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • アメリカ旅行に食べ物は持ち込みできる?
  • アメリカ旅行に持ち込みできない食べ物
  • アメリカ旅行に持ち込みできる食べ物

この記事では、アメリカ旅行に持ち込みできる食べ物・できない食べ物を紹介していきます。

おすすめの食べ物についても紹介していますので、これからアメリカに旅行する方はぜひ参考にしてみてください。

またアメリカに行くと、地域制限の影響で一部の日本のアプリが使えなくなります。

例えば「動画配信サービス」「マンガアプリ」「ゲームアプリ」などは、ほとんどのアプリが使えなくなってしまいますね。

ただ「VPN」というものを使えば、アメリカにいてもすべての日本のアプリを使えるようになります。

ちなみにVPNとの接続は5分ほどで終わり、料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行くときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、旅行前にVPNとの接続を済ませてアメリカでも日本のアプリを使えるようにしておくといいですよ。

ではアメリカでも日本のアプリを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

アメリカから日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使ってアメリカから日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. 日本のアプリを使う

アメリカにいると地域制限の影響で一部の日本のアプリを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、アメリカからでもすべての日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は5分ほどの作業だけでOKです。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでVPNとの接続ができます。

また通信速度も速いので、動画を見てもカクつくことはありませんし、ゲームもスムーズにロードできます。。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行でアメリカに行く方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業しておけばアメリカでも日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませておくといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. 日本のアプリを使う
備考
この記事では「 NordVPN」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイトにアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

ここまでで日本でやる作業は一旦終わりです。

日本のサーバーと接続

次に日本のサーバーとの接続方法を紹介していきます。

アメリカでもスムーズに日本のサーバーと接続できるように、事前に予習しておくのがおすすめです。

アメリカに行ったら、これから紹介することをやればOKというわけです!
備考
日本のサーバーとの接続方法も「 NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

日本のアプリを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通り日本のアプリを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、アメリカでも問題なくすべての日本のアプリを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

アメリカ旅行に食べ物は持ち込みできる?

アメリカへの旅行を計画している方は、航空機や入国審査での様々な制約について気になることでしょう。その中でも、食べ物を自分の荷物に持ち込むことができるかどうかは重要なポイントの一つです。

アメリカへの国際線の航空機での旅行の場合、一般的には食べ物を持ち込むことは認められています。しかし、いくつかの制約が存在します。まず第一に、液体やゲル状の食品には厳格な規制があります。これらのアイテムは、100ml(3.4オンス)を超える場合は機内に持ち込むことができません。そのため、ジャムやヨーグルト、ソースなどの容器には十分な注意が必要です。

また、飛行機内での食事は航空会社によって異なりますが、ご自身で好みの食べ物を用意して持参することも一般的です。非常食やお子様向けの食べ物、アレルギー対応の食品など、特別なケースに対応するためにも事前に確認しておくと良いでしょう。

一方で、アメリカへの入国審査では、一般的な食品に関しては問題なく持ち込むことができます。ただし、原木や未加工の農産物、肉製品などには厳しい規制があるため、これらのアイテムを持参する際には注意が必要です。また、規模によっては通関で申告が必要な場合もありますので、事前に関連する法規や規制を確認しておくことが重要です。

総じて、アメリカへの旅行では基本的に食べ物を持ち込むことができますが、細かな規制や制約に注意して、スムーズな旅行を楽しむようにしましょう。

アメリカ旅行に持ち込みできない食べ物

生の肉類

アメリカへの旅行者が気になる一つの重要な規制は、生の肉類の持ち込みに関するものです。アメリカ合衆国では、農業検疫および食品安全保障の観点から、旅行者が肉製品を持ち込むことに厳格な制限が設けられています。

生の肉類には、生肉や生ハム、生ソーセージ、生の肉片などが含まれます。これらの商品は、伝染性疾病や食中毒のリスクを軽減するために、アメリカへの持ち込みが許可されていません。また、未加工で生の状態であるため、細菌や病原体の拡散を防ぐためにも規制が行われています。

アメリカへの入国審査では、食品に関する規制が厳しく取り締まられており、違反した場合は罰金や没収の対象となることがあります。したがって、旅行者は食品を持ち込む際には注意が必要であり、特に生の肉類については持参を避けるか、関連する法規を確認してからの持ち込みが望ましいです。

代替策として、加工された肉製品や缶詰、真空パックされた肉製品は一般的に持ち込みが認められています。しかし、これらも検疫および食品安全の審査を通過する必要がありますので、事前に法規を確認し、安心して旅行を楽しむための配慮が重要です。

生の野菜や果物

アメリカへの旅行者にとって、持ち込み可能な食品にはいくつかの制限があります。その中で特に注目されるのが、生の野菜や果物の持ち込みに関する制約です。アメリカでは、農業検疫および病害虫の拡散を防ぐために、生の植物製品に対して厳格な規制が設けられています。

生の野菜や果物には、害虫や病原体が付着している可能性があり、これらがアメリカの農地に影響を及ぼすことを防ぐための規制が存在しています。したがって、旅行者が生の野菜や果物を持ち込むことは一般的に許可されていません。

ただし、加工された野菜や果物、缶詰、冷凍食品などは通常持ち込みが認められています。これらは加熱処理や特殊な保存方法によって害虫や病原体のリスクが低減されているため、通関での審査を通過しやすいです。

アメリカへの入国時には、未加工で生の状態の野菜や果物を持ち込まないよう留意する必要があります。規制に違反した場合、没収される可能性があり、罰金や入国拒否のリスクも伴います。旅行者は事前に関連する法規や規制を確認し、安全かつ順調な旅行を楽しむための配慮が求められます。

乳製品

アメリカへの旅行者が留意すべき食品の制限の一つに、乳製品の持ち込み規制があります。アメリカ合衆国では、農業検疫や食品衛生の観点から、外国からの乳製品の持ち込みが厳格に制限されています。

生乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品は、細菌や病原体の拡散のリスクがあるため、通常は旅行者が個人的に持ち込むことが許可されていません。この制限は、異なる国々で異なる病原体が存在する可能性があるため、アメリカの畜産業に対するリスクを軽減するために導入されています。

ただし、加工された乳製品や乳製品が使用された製品は一般的には持ち込みが認められています。たとえば、缶詰のミルクや加工されたチーズ、チョコレートなどは通常規制の対象外となります。しかし、これらも検疫や食品安全の審査を受ける必要があります。

アメリカへの入国時には、乳製品を持ち込む前に関連する法規や規制を確認し、許可されたアイテムかどうかを把握することが重要です。制限に違反すると、没収や罰金の対象となる可能性があります。旅行者は事前に情報を入手し、順調な旅行を楽しむための対策を講じるよう心掛けるべきです。

アメリカ旅行に持ち込みできる食べ物

ご飯のお供

アメリカへの旅行では、特定の食べ物には制限がある一方で、多くの食品は持ち込みが認められています。ご飯のお供として選ぶ際には、いくつかのポイントに留意することがおすすめです。

非液体の加工品: ご飯のお供として非常に便利なのは、非液体の加工品です。例えば、クッキーやビスケット、チョコレートなどが挙げられます。これらは通常、規制の対象外であり、飛行機の機内やアメリカへの入国時に持ち込むことができます。

乾燥果物やナッツ: ヘルシーで持ち歩きに便利な乾燥果物やナッツも良い選択肢です。袋詰めされたものや、個別包装の小袋入り商品は、携行しやすく、飛行機内での持ち込みにも適しています。

缶詰や真空パックの食品: 缶詰や真空パックされた食品も、ご飯のお供として重宝します。例えば、缶詰のツナやチキン、真空パックのチーズなどは、通常は許可されています。

個別包装の調味料: ご飯に味をつけるために、個別包装された調味料やソースを携行することも考えてみてください。小分けになっているものは、液体の規制をクリアしやすいです。

ただし、生の肉や生魚、果物などはアメリカへの入国時に制限があるため、これらには十分な注意が必要です。また、飛行機内では液体の規制が厳しいため、注意深く選んで携行品を選ぶよう心がけましょう。事前に航空会社やアメリカの入国規定を確認し、スムーズな旅行を楽しむための計画を立てましょう。

調味料

アメリカ旅行において、自分の好みの味を楽しむために調味料を持ち込むことは一般的です。ただし、様々な制約があるため、携行する調味料を選ぶ際には注意が必要です。

個別包装の調味料: 個別包装された調味料やソースは、携帯しやすく、通常は液体規制に適しています。例えば、小袋入りの塩、胡椒、マヨネーズ、ケチャップなどが挙げられます。

粉末状の調味料: 粉末状の調味料は、携行に適しており、液体規制の心配がありません。カレー粉、スープの素、ドレッシングの粉末などが良い例です。

小瓶入りの調味料: 小瓶入りの調味料も選択肢の一つです。しかし、容量が100ml(3.4オンス)以下であることを確認し、液体規制に適合しているかを確認しましょう。オリーブオイルやバルサミコ酢、特定のソースなどがこれに当たります。

ドライハーブやスパイス: ドライハーブやスパイスは、携帯しやすく、飛行機の機内に持ち込むのに適しています。好みの香りや風味を楽しむために、小さな容器に詰めて持参することができます。

ただし、入国審査や飛行機内での使用においても注意が必要です。規制に違反しないよう、事前にアメリカの入国規定や航空会社のポリシーを確認し、適切に携行するよう心掛けましょう。自分の好みの味で旅行をより楽しむために、十分な計画と注意が大切です。

インスタント食品

アメリカ旅行では、手軽で準備が簡単なインスタント食品を持ち込むことが一般的です。これらのアイテムは様々な種類があり、旅行中に食事の手配や時間の制約がある際に便利です。

カップラーメンやカップ麺: インスタントラーメンや麺は、湯を注ぐだけで簡単に食べられるため、旅行先での急な食事に最適です。小型で個別包装されたものは、携行に便利です。

即席オートミール: フレーバーやトッピングが付いた即席オートミールは、ホテルの部屋で簡単に調理できるうえに、栄養価も高いため、朝食に最適です。袋詰めされているものは持ち歩きに便利です。

フリーズドライの食品: フリーズドライの食品は、軽量かつ長期保存が可能であり、旅行者に人気があります。コーヒー、スープ、フルーツ、ミールキットなどがフリーズドライの形態で提供されています。

即席スープやカレー: 小袋に入った即席のスープやカレーも、携行に適したインスタント食品の一例です。湯を注ぐだけで手軽に食べることができます。

エネルギーバー: エネルギーバーは、栄養を手軽に補給するための便利なスナックです。旅行中のアクティビティや長時間の移動時に重宝します。

ただし、アメリカへの持ち込みにあたっては、食品の成分や材料を確認し、通関の際に問題がないか注意が必要です。また、飛行機の機内では液体の規制に気をつけながら、携行するよう心掛けましょう。アメリカの入国規定や航空会社のポリシーを確認して、安心して旅行を楽しむための計画を立てましょう。

乾燥食品

アメリカへの旅行では、手軽で保存が効く乾燥食品を携行することが一般的です。これらのアイテムは軽量でありながらも栄養価が高く、旅行中の食事や非常時に備えて便利です。

ビーフジャーキー: 高たんぱくで持ち歩きやすいビーフジャーキーは、旅行者にとって理想的なスナックの一つです。様々なフレーバーやパッケージサイズが揃っているため、個人の好みに合わせて選ぶことができます。

ドライフルーツ: ドライフルーツは軽量でありながらも栄養価が豊富で、甘さもあります。レーズン、干しイチジク、アプリコットなど、様々な種類があります。

乾燥ナッツ: アーモンド、ピスタチオ、くるみなどの乾燥ナッツは、栄養満点で手軽に食べられるスナックとして適しています。小袋に詰められたものは、持ち歩きに便利です。

乾燥スープミックス: 旅行先で手軽に温かいスープを楽しむために、乾燥スープミックスを携行するのも一つの手です。様々なフレーバーが市場に出ており、ホテルや宿泊先での利用に適しています。

乾燥麺類: カップ麺や即席ラーメンの乾燥麺は、湯を注ぐだけで手軽に調理できるため、旅行者にとって便利な食品の一つです。小分けにされた袋入りの商品もあります。

これらの乾燥食品は、持ち歩きが容易でありながらも栄養バランスを保てるため、旅行先での食事のサポートに適しています。ただし、アメリカの入国規定や航空会社のポリシーに留意し、制限事項がないことを確認した上で、安心して携行しましょう。

お菓子

アメリカ旅行では、様々な種類のお菓子を手軽に持ち込んで旅をより楽しくすることができます。アメリカはさまざまなお菓子が豊富に揃っており、旅行先でのお楽しみの一環として携帯することが一般的です。

チョコレート: チョコレートは携帯しやすく、幅広い種類が楽しめるお菓子の代表格です。ミルクチョコレート、ダークチョコレート、ナッツやフルーツ入りのものなど、お好みに合わせて選ぶことができます。

キャンディ: ハードキャンディやチューインガム、ソフトキャンディなど、様々なタイプのキャンディが市場に揃っています。小袋入りや個別包装されたものは、持ち運びに便利です。

ポテトチップスやスナック菓子: ポテトチップスやクラッカー、ポップコーンなど、サクサクとした食感のスナック菓子も旅行のお供にぴったりです。個包装された小袋入り商品が選ばれることが多いです。

ビスケットやクッキー: チョコチップクッキーやショートブレッド、各種ビスケットも携帯に適したお菓子の一つです。個別包装や小袋入りで、飛行機の中でも手軽に楽しむことができます。

エネルギーバー: 甘いお菓子としてだけでなく、栄養補給としても使えるエネルギーバーも重宝します。様々なフレーバーがあり、アクティブな旅行者に向いています。

アメリカでは食品の持ち込みに一般的に寛容な傾向がありますが、入国審査や航空会社のポリシーを事前に確認しておくことをお勧めします。お気に入りのお菓子を携帯して、旅先での小さな幸せを楽しんでください。

飲み物

アメリカ旅行では、持ち込むことができる飲み物も検討する重要なポイントです。特に飛行機や長時間の移動中に備えて、お気に入りの飲み物を携帯することで快適な旅行を楽しむことができます。

ボトル入り水: 空港や機内での脱水症状を防ぐために、ボトル入りの水を持参するのは一般的です。空港内での購入やセキュリティチェック後にボトルを持ち込むことができます。

スポーツドリンク: 長時間のフライトやアクティビティの後、エネルギー補給と水分補給を兼ねてスポーツドリンクを携帯することができます。小型サイズやパウチ入りなどが便利です。

コーヒー: 好みのコーヒーを持参して、旅行中もリラックスした時間を楽しむことができます。シングルサーブのコーヒースティックやインスタントコーヒーが持ち運びに便利です。

茶: お茶は様々なフレーバーや種類があり、カフェインやハーブティーなど好みに応じて選ぶことができます。ティーバッグやティーパウチを携帯すると便利です。

ジュース: 小型のジュースパックや、ジュースボトルも飛行機内や観光地での持ち歩きに便利です。果汁飲料やスムージーも選択肢の一つです。

アルコール: アルコールの持ち込みには制限があるため、航空会社や入国審査の規定を確認しましょう。機内でのアルコールの提供は航空会社によって異なります。

注意点として、機内での液体の制限があるため、持ち込む際には規定に合わせるようにしましょう。また、飲み物は漏れ防止のためにしっかりとした容器に入れ、機内での使用に備えると良いです。