Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

アメリカの入国審査は英語が話せなくても平気?【審査官との会話方法を紹介!】

記事内に広告を含む場合があります
・アメリカの入国審査は英語が話せなくても平気?
・どんな内容を聞かれるの?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • アメリカの入国審査は英語が話せなくても平気?
  • 入国審査で英語が話せない時の対処法
  • アメリカの入国審査でよく聞かれる質問

この記事では、アメリカの入国審査で英語が話せなくても平気なのかを紹介していきます。

どんな質問をされるのかも紹介していますので、英語があまり得意ではない場合には一度チェックしておくのがおすすめです。

またアメリカに行くと、地域制限の影響で一部の日本のアプリが使えなくなります。

例えば「動画配信サービス」「マンガアプリ」「ゲームアプリ」などは、ほとんどのアプリが使えなくなってしまいますね。

ただ「VPN」というものを使えば、アメリカにいてもすべての日本のアプリを使えるようになります。

ちなみにVPNとの接続は5分ほどで終わり、料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行くときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、旅行前にVPNとの接続を済ませてアメリカでも日本のアプリを使えるようにしておくといいですよ。

ではアメリカでも日本のアプリを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

アメリカから日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使ってアメリカから日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. 日本のアプリを使う

アメリカにいると地域制限の影響で一部の日本のアプリを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、アメリカからでもすべての日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は5分ほどの作業だけでOKです。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでVPNとの接続ができます。

また通信速度も速いので、動画を見てもカクつくことはありませんし、ゲームもスムーズにロードできます。。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行でアメリカに行く方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業しておけばアメリカでも日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませておくといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. 日本のアプリを使う
備考
この記事では「 NordVPN」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイトにアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

ここまでで日本でやる作業は一旦終わりです。

日本のサーバーと接続

次に日本のサーバーとの接続方法を紹介していきます。

アメリカでもスムーズに日本のサーバーと接続できるように、事前に予習しておくのがおすすめです。

アメリカに行ったら、これから紹介することをやればOKというわけです!
備考
日本のサーバーとの接続方法も「 NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

日本のアプリを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通り日本のアプリを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、アメリカでも問題なくすべての日本のアプリを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

アメリカの入国審査は英語が話せなくても平気?

アメリカの入国審査は、基本的に英語が話せなくても審査に合格することができます。入国審査官は多言語に対応しており、必要に応じて通訳サービスを提供することがあります。しかし、英語が理解できるとコミュニケーションがスムーズになるため、基本的な英会話スキルを持っていると好ましいです。入国審査では、滞在目的や旅程に関する質問が主になされますので、質問に理解できるように十分な準備をしておくことが重要です。英語が苦手な場合でも、審査官とのコミュニケーションが円滑に進むよう、簡潔かつ明確に回答することが重要です。

アメリカの入国審査で日本語が通じることは少ない

アメリカの入国審査では、一般的に審査官が英語を主要なコミュニケーション言語として使用します。そのため、日本語が通じることは比較的少ないです。審査官は主に英語で質問をし、対話が円滑に進むように期待されています。ただし、入国審査官は国際的な状況を考慮し、必要に応じて通訳サービスを提供することがあります。しかし、日本語を話せる審査官が常駐しているわけではないため、基本的には英語での対応が求められます。したがって、アメリカへの入国を控える際には、英語スキルを向上させ、審査でのスムーズなコミュニケーションを図ることが望ましいでしょう。

アメリカの入国審査で英語が話せない時の対処法

スマホの翻訳機能を使って会話する

アメリカの入国審査では、審査官とのコミュニケーションが主に英語で行われますが、英語が不得意な場合にはスマートフォンの翻訳機能が有用です。入国審査官が質問をする際に、スマートフォンの翻訳アプリを利用して質問文を即座に理解し、適切に回答することができます。

この際には、事前に一般的な審査での質問や必要な情報を翻訳しておくと効果的です。スマートフォンを使用することで、言語の壁を乗り越えて円滑なコミュニケーションが可能となります。ただし、迅速かつ正確な翻訳が求められるため、信頼性の高い翻訳アプリを選択することが重要です。

また、翻訳機能を使用する際には、審査官に使用していることを明示的に伝え、協力を仰ぐことも大切です。英語が苦手な場合でも、このような対処法を活用することで、入国審査をスムーズに進めることができます。

ジェスチャーで会話を補完する

アメリカの入国審査において、英語が不得意な場合でもジェスチャーを活用することで、効果的なコミュニケーションが可能です。審査官との対話がスムーズに進むよう、以下はジェスチャーを利用する際の対処法です。

身振り手振りを活用: 重要な情報や意図を伝える際に、手や身体の動きを駆使して理解されやすくします。例えば、目的地や滞在期間を指し示すことで、審査官に情報を伝えやすくなります。

単語の代わりにジェスチャーを: 英単語が出てこない場合や理解が難しい時には、関連する動作や手の動きで概念を表現します。具体的な事例や状況に即してジェスチャーを行うことで、相手に意図を伝えやすくなります。

表情や姿勢の工夫: 表情や姿勢を工夫して感情や態度を伝えることで、質問に対する態度や回答のニュアンスを補完します。これにより、審査官とのコミュニケーションが円滑に進みます。

ジェスチャーは非言語コミュニケーションの一環として有効であり、言葉の制約を克服する手段となります。ただし、相手との誤解を避けるためにも、できるだけ具体的で明確なジェスチャーを用いるよう心掛けることが重要です。

事前に簡単な受け答えはできるようにしておく

アメリカの入国審査において、英語が不得意な場合でも対処法があります。その一つは、事前に簡単な英語での受け答えを準備しておくことです。以下は、具体的な対処法についてのポイントです。

基本的な質問に対する受け答えの準備: 入国審査では、滞在目的や滞在期間、宿泊先などに関する基本的な質問が行われます。これらの質問に対して簡潔かつ理解しやすい形での受け答えを事前に考え、練習しておきましょう。

重要な情報の英語表現の確認: 重要な情報やキーワードについて、英語での表現を確認しておくと役立ちます。例えば、航空券や予約確認書に記載されている情報を理解し、適切に伝えることが求められます。

簡単な日常会話のフレーズの習得: 日常的な挨拶や感謝の表現、簡単な質問応答のフレーズなど、一般的な日常会話の英語表現を覚えておくことで、自信を持ってコミュニケーションを取ることができます。

これらの対処法を活用することで、入国審査官とのコミュニケーションがより円滑に進み、スムーズな入国手続きが期待できます。

アメリカの入国審査でよく聞かれる質問

アメリカに滞在する目的は?

アメリカの入国審査では、審査官が訪問者にさまざまな質問を行いますが、その中でも特に頻繁に尋ねられる質問の一つが「アメリカに滞在する目的は何ですか?」です。この質問は、滞在者が法令に基づいた正当な理由でアメリカを訪れているかどうかを確認するために行われます。

滞在者は、具体的で明確な滞在目的を審査官に伝えることが求められます。例えば、観光、ビジネスミーティング、学業、家族訪問などが一般的な滞在目的として挙げられます。審査官はこれらの情報を基に、滞在者がビザやESTA(Electronic System for Travel Authorization)などの適切な入国許可を持っているかどうかを判断します。

滞在目的に関する質問に対しては、誠実かつ簡潔に回答することが重要です。質問にはっきりと答えることで、入国審査が円滑に進み、滞在者のアメリカでの滞在が正常に始まることが期待されます。

アメリカに滞在する日数は?

アメリカの入国審査において、審査官が訪問者に頻繁に尋ねる質問の一つが、「アメリカに滞在する予定の日数はいくつですか?」です。この質問は、滞在者がビザやESTA(Electronic System for Travel Authorization)などの入国許可に基づいた期間内で滞在するかどうかを確認するために行われます。

滞在者は、具体的で正確な滞在日数を審査官に伝える必要があります。滞在予定日数が入国許可期間内に収まっているかどうかを確認することは、法令に則り正規の滞在を保証するために重要です。また、滞在者がビジネス、観光、学業などの特定の目的でアメリカに滞在する場合、その期間も明示的に伝えることが期待されます。

誠実かつ簡潔な回答が求められるこの質問に対して滞在者は、注意深く計画を立てた上で的確に回答することが、入国審査を円滑かつ効果的に進める鍵となります。

経済状況は?

アメリカの入国審査において、審査官が訪問者に頻繁に行う質問の一つが、「経済状況はどうですか?」です。この質問は、滞在者がアメリカでの滞在期間中に生計を立てるために十分な経済的な資源を有しているかどうかを確認するために行われます。

審査官は、滞在者が滞在中に財政的に困難に陥る可能性がないかを判断するため、職業、収入源、資産の有無、滞在先での経済的サポートなどについて質問します。これにより、滞在者が合法的でかつ安定した経済的状況でアメリカに滞在することが期待されます。

質問に対しては、正確かつ誠実な回答が求められます。具体的な情報や資産、滞在中の財政計画などを審査官に明示することで、審査が円滑に進み、入国が許可される可能性が高まります。

アメリカの入国審査で注意すべきこと

嘘はつかない

アメリカの入国審査において、最も重要なポイントの一つは、審査官に対して正確かつ誠実に情報を提供することです。審査官は入国者が法令を守り、正当な目的で滞在することを確認するため、真実を述べることが求められます。

嘘をつくことは、不正確な情報を提供することになり、入国を妨げるだけでなく、法的な問題を引き起こす可能性があります。入国審査では、滞在目的、滞在期間、職業、経済状況などに関する正確な情報が重要となります。虚偽の回答は信頼性を損ない、入国を拒否される可能性が高まります。

誠実さと正確さは信頼を築く基盤であり、審査官とのコミュニケーションを円滑に進め、問題を回避するために重要です。したがって、入国審査での質問に対する回答は、自身の状況に基づいて真実を述べ、信頼性を損なわないよう留意することが肝要です。

曖昧な回答はしない

アメリカの入国審査では、審査官とのコミュニケーションにおいて正確で明確な回答が求められます。曖昧な回答は、審査官に対して十分な情報を提供できないため、入国者の意図や背景を理解するのが難しくなります。以下は、曖昧な回答を避けるためのポイントです。

具体的で明確な情報の提供: 質問に対してできるだけ具体的で詳細な回答を心掛けましょう。例えば、滞在目的や予定の活動、滞在先の住所など、できるだけ具体的な情報を提供することが重要です。

自分の状況を把握: 入国審査でよく問われる事柄について、事前に自分の状況を把握しておくことが重要です。滞在の目的や計画、関連する資料についての理解を深め、明確な回答を用意しておくことが役立ちます。

誤解を避けるために質問を確認: 質問内容が理解できない場合や疑義が生じた場合には、審査官に確認することが大切です。誤解を防ぐために、質問の意図を理解し、それに対する明確な回答を心がけましょう。

曖昧な回答は審査の遅延や不確実性を引き起こす可能性があります。徹底的な準備と誠実な対応によって、審査を円滑かつ迅速に進めることができます。