Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

アメリカで飲酒できる年齢は何才から?【飲酒時の注意点も紹介!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、アメリカで飲酒できる年齢を紹介していきます。

飲酒時に年齢以外に注意すべきルールについても紹介していますので、これからアメリカに旅行する予定であれば必ず目を通しておくようにしましょう。

またアメリカでの生活を快適にするために「 アメリカで日本のテレビ番組を見る方法【現地でも5分の作業でOK!】」という記事も用意しています。

アメリカでも日本のテレビ番組を見たいなら、上記の記事をチェックしてみてください。

アメリカで飲酒できる年齢は何才?

アメリカ合衆国において、飲酒が合法となる年齢は、一般的には21歳です。アメリカでは全州で統一された法律に基づいており、未成年者がアルコールを摂取することは禁止されています。この法律は、アルコールによる健康上のリスクや交通事故の予防を目的としています。アメリカの飲酒年齢制限は、個々の州での異なる法律による変更があるかもしれませんが、一般的には21歳が規定されています。未成年者がアルコールを入手、所持、摂取することは法的に罰せられる行為とされています。したがって、アメリカにおいては21歳を迎えるまでアルコールの摂取は厳格に制限されています。

なぜアメリカでは21才からではないと飲酒ができない?

アメリカにおいて飲酒が合法となる年齢が21歳からである理由には、主に健康と安全に関する観点が影響しています。1984年に連邦政府によって制定された「全国最低飲酒年齢法」(National Minimum Drinking Age Act)により、全米での飲酒年齢が21歳に統一されました。以下はその背後にある主な理由です。

健康への懸念: 若者がアルコールを摂取することは脳の発達に影響を与える可能性があります。未成年者がアルコールを摂取することにより、記憶や学習能力、判断力が損なわれるリスクが高まります。21歳以上になるまで待つことで、脳の発達に悪影響を与える可能性を最小限に抑えようという考え方があります。

飲酒と交通事故の防止: 若者が飲酒し、その後運転することは交通事故のリスクを高めます。21歳以上になるまで待つことで、交通安全への配慮が図られ、未成年者による飲酒運転事故の発生を減少させる狙いがあります。

社会的な影響: 若者が早い段階でアルコールに触れることが、社会的な問題や依存症のリスクを引き起こす可能性があります。21歳以上になるまで待つことで、より成熟した判断力を備えた個人がアルコールの消費を管理できると考えられています。

これらの健康や安全に関する理由から、アメリカでは21歳以上でないとアルコールの摂取が認められないよう法律が制定されています。

年齢以外にアメリカで飲酒する時に注意すべきルール

お酒を買えない時間帯がある

アメリカにおいて飲酒する際には、年齢だけでなくいくつかの重要なルールや制約にも留意する必要があります。一つの特筆すべき事項は、「お酒を買えない時間帯」が存在することです。

アメリカの各州や郡によって異なるが、多くの場所でアルコール販売には厳格な時間帯が設けられています。これは、社会的な安全や公共の健康を守るための規制の一環です。具体的な制約は地域により異なりますが、以下に一般的な規則の例を挙げてみましょう。

サンデーブルー法(Sunday Blue Laws): いくつかの州や郡では、日曜日の朝から午後にかけてアルコールの販売が禁止されることがあります。これは、宗教的な理由や休息の日として規制が敷かれていることがあります。

ラストコール: ほとんどの場所で、夜の一定の時間以降はアルコールの販売が終了します。これを俗に「ラストコール」と呼び、この時間を過ぎてからアルコールを買うことはできません。

未成年者の制約: アメリカでは、未成年者にアルコールを提供することは法律で禁止されています。また、未成年者がアルコールを購入することも禁止されています。

これらの時間帯に関する制約は、各地域の法律によって異なるため、訪れる場所によっては事前に確認が必要です。アメリカでの飲酒は、単に年齢だけでなく、地域ごとの法的な規制にも留意することが求められます。

公共の場では飲酒禁止

アメリカにおいて、年齢以外にも飲酒する際に留意すべき重要なルールが存在します。その中で特に顕著なのが、「公共の場での飲酒禁止」の規定です。これは、公共の場でアルコールを摂取することに対する社会的な制約や法的な規制を指します。

オープンコンテナー法(Open Container Laws): 多くのアメリカの州や自治体では、公共の場でのオープンなアルコール容器(缶やボトルなど)の持ち歩きや摂取が制限されています。歩道、公園、通り、公共交通機関などでのアルコールの開封容器の所持は、法的に禁止されていることがあります。

特定の場所での禁止: 特に学校、教育機関、公共の公園、プレイグラウンド、宗教的な場所など、特定の公共の場では飲酒が厳しく制限されていることがあります。これは、安全や環境への配慮が背景にあります。

特別なイベントやフェスティバル: 特定の公共のイベントやフェスティバルでは、アルコールの摂取が制限されることがあります。これは、大規模な人が集まる場所でのセキュリティや治安の確保、およびイベントの円滑な進行を図るための措置として行われることが一般的です。

これらの公共の場での飲酒禁止のルールは、各州や自治体によって異なります。訪れる場所でのルールを確認し、適切に遵守することが重要です。公共の場での飲酒に対する違反は罰金や法的な制裁を受ける可能性がありますので、慎重に行動することが求められます。

車内では同乗者も飲酒禁止

アメリカにおいて飲酒する際に留意すべき重要なルールの一つに、「車内では同乗者も飲酒禁止」があります。この規定は、公共の安全と交通法規の遵守を目的としています。

オープンコンテナー法の適用: アメリカの多くの州では、車内でのオープンなアルコール容器(未開封の缶やボトル)の持ち込みや摂取が法的に禁止されています。これは、運転者および同乗者がアルコールを摂取することにより、運転の安全性が損なわれるリスクがあるためです。

DUI(飲酒運転)法の厳罰: 運転中にアルコールを摂取した場合、運転者はDUI(Driving Under the Influence)として摘発され、罰金や免許停止、刑務所への収容などの厳しい法的制裁を受ける可能性があります。同乗者がアルコールを摂取していた場合でも、運転者には責任が問われることがあります。

安全運転の促進: 車内での飲酒禁止は、安全な運転環境を維持するための一環として位置づけられています。アルコールの影響下での運転は危険であり、同乗者がアルコールを摂取している場合でも、それが運転に悪影響を与える可能性があるためです。

したがって、アメリカにおいては車内でのアルコール摂取は厳しく制限されており、同乗者も含めた全員が遵守する必要があります。これは法律に基づくものであり、これらの規則に従わない場合は厳格な法的制裁が課される可能性があります。飲酒と車の運転は切り離せない関係であり、公共の安全確保のために慎重な行動が求められます。

アメリカで飲酒運転をするとどうなる?

アメリカ合衆国において飲酒運転を行うと、厳格な法的制裁が待っています。飲酒運転は公共の安全を脅かす重大な犯罪と見なされており、これに対する法的な処罰は州によって異なるものの、一般的には以下のような制裁が課せられます。

DUI(Driving Under the Influence)の逮捕: 運転者がアルコールの影響下で車を運転している場合、警察はDUIの容疑で逮捕することがあります。DUIの逮捕は、血中アルコール濃度(BAC)が法定の制限を超えている場合や、運転者が明らかにアルコールの影響下にあると見なされる場合に行われます。

罰金: DUIの有罪判決を受けた場合、運転者は罰金を支払わなければなりません。罰金額は州や事件の重大度によって異なりますが、一般的には数百ドルから数千ドルに及ぶことがあります。

免許停止: DUIの有罪判決を受けると、運転者の運転免許が一定期間停止されます。停止期間も州によって異なり、初犯から繰り返し犯まれるごとに厳しい制限が課せられることがあります。

刑務所への収容: 重大なDUIの場合、運転者は刑務所に収容される可能性があります。刑務所での収容期間も罪の程度によって変動しますが、特に悪質なケースでは数か月から数年にわたる刑が科せられることがあります。

社会奉仕やアルコール教育プログラムの参加: DUIの有罪判決を受けた運転者には、社会奉仕やアルコール教育プログラムの参加が課せられることがあります。これは、再犯を防ぐための更生プロセスの一環です。

これらの制裁は、飲酒運転が公共の安全に与える潜在的な危険を抑制し、同時に運転者に責任を持たせるための手段として導入されています。従って、アメリカにおいては飲酒運転を避け、交通法規を順守することが強く奨励されています。

アメリカ以外の国で飲酒できる年齢

日本

日本において、法的にアルコールを購入し飲むことが許される年齢は20歳です。これは「飲酒年齢」として知られており、未成年者に対するアルコールの販売や提供が制限されています。20歳未満の者がアルコールを購入・摂取することは法律で禁じられています。

以下は、日本におけるアルコールの飲酒年齢制限に関する主なポイントです:

法的な制約: 日本では、20歳未満の者に対してアルコールの販売や提供が禁止されています。これは、飲食店やバー、居酒屋、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなど、あらゆる場所で適用されます。

未成年者の保護: 飲酒年齢制限は、未成年者の健康や社会的な側面を考慮して導入されています。未成年者がアルコールに触れることによるリスクを最小限に抑え、健全な成長と発達を促進することが狙いです。

違反への罰則: 飲酒年齢制限に違反することは罰則があり、未成年者にアルコールを提供したり、未成年者自身がアルコールを購入・摂取した場合、罰金や社会奉仕などが科される可能性があります。

飲酒の場面やイベント: 飲食店やイベント、公共の場などでアルコールを提供する際には、飲酒年齢を確認することが一般的であり、偽造された身分証明書の使用も違法とされています。

日本では、飲酒年齢制限は社会的な安全や健康の観点から設けられています。この法的な制約を守り、20歳以上の成人が責任を持ってアルコールを楽しむことが奨励されています。

イギリス

イギリスにおいて、法的にアルコールを購入し飲むことが許される年齢は18歳です。この年齢制限は、全てのアルコール類に対して一般的に適用されています。18歳未満の個人は、パブ、バー、レストラン、そして一般の小売店でアルコールを購入することは法律で禁じられています。

以下は、イギリスにおけるアルコールの年齢制限に関する主なポイントです:

購入および提供の制限: イギリスでは、18歳未満の者にアルコールを提供すること、または未成年者に対してアルコールを購入させることは法的に違法です。これは、親権者や保護者によるものでも、未成年者自身によるものでも違法とされています。

公共の場での摂取: 18歳未満の者は、公共の場でアルコールを摂取することも法的に禁止されています。パークやストリートなどでの公共の場でのアルコールの消費は、地元の法執行機関によって厳密に取り締まられています。

教育機関での制限: 学校や大学などの教育機関では、18歳未満の学生に対してアルコールの提供が規制されています。学校のプロパティ内でのアルコールの摂取は通常禁止されています。

イギリスのアルコールに関する法律は厳格であり、これに違反すると罰金や法的制裁が科せられる可能性があります。したがって、イギリスにおいては法律に則り、18歳以上の年齢を達成した者のみがアルコールを購入し、摂取することが認められています。

フランス

フランスにおいて、法的にアルコールを購入し飲むことが許される年齢は18歳です。フランスでは、この年齢制限は一般的なアルコール類に対して適用されています。18歳未満の者がアルコールを購入し、摂取することは法律で禁止されています。

以下は、フランスにおけるアルコールの年齢制限に関する主なポイントです:

法的な制約: フランスでは、18歳未満の者に対してアルコールの販売および提供が禁止されています。これは、バー、レストラン、小売店、イベント、およびその他の公共の場で一般的に適用されます。

保護者の同意が必要な場合: 16歳から18歳までの未成年者に関しては、保護者や法定代理人の同意を得ることで、一部の場所や特定の状況でアルコールを摂取することが認められることがあります。ただし、これは厳密な規制があるため、一般的な規則と異なる場合があります。

公共の場での摂取: 18歳未満の者は、公共の場でアルコールを摂取することも法的に禁止されています。これには、公園やストリートなどの屋外の場所も含まれます。

フランスでは、未成年者に対するアルコールの制限は、法的な責任を規定し、公共の秩序を維持するための措置として位置づけられています。したがって、フランスにおいては法律を順守し、18歳未満の者がアルコールを購入し、摂取することは違法です。

オーストラリア

オーストラリアにおいて、法的にアルコールを購入し飲むことが許される年齢は18歳です。この年齢制限は、全てのアルコール類に対して一般的に適用されています。未成年者がアルコールを購入し、摂取することは法律で禁じられています。

以下は、オーストラリアにおけるアルコールの飲酒年齢制限に関する主なポイントです:

法的な制約: オーストラリアでは、18歳未満の者にアルコールを提供すること、または未成年者に対してアルコールを販売することは違法です。これは、酒店、バー、クラブ、レストラン、そして小売店を含むあらゆる場所で適用されます。

未成年者の保護: 飲酒年齢制限は、未成年者がアルコールに触れることによる健康リスクを最小限に抑え、若者の成長と発達を保護するために導入されています。また、未成年者に対する社会的な安全性も確保する狙いがあります。

違反への罰則: 飲酒年齢制限に違反することは罰則があり、未成年者にアルコールを提供したり、未成年者自身がアルコールを購入・摂取した場合、罰金や法的な制裁が科せられる可能性があります。

公共の場での摂取: 公共の場でアルコールを摂取することにも制約があり、飲酒が許可されている場所や特定のイベントを除いて、未成年者は公共の場でアルコールを摂取することは違法です。

オーストラリアでは、飲酒年齢制限が法的な基準として厳格に適用され、これに違反することは法的な制裁を伴います。未成年者やその保護者は、この法的な制約を順守し、安全かつ健康的な飲酒文化の確立に寄与するよう努めています。

タイ

タイでは、法的にアルコールを購入し飲むことが許される年齢は20歳以上です。この年齢制限は、全てのアルコール飲料に対して一般的に適用されています。未成年者がアルコールを購入し、摂取することは法律で禁じられています。

以下は、タイにおけるアルコールの飲酒年齢制限に関する主なポイントです:

法的な制約: タイでは、20歳未満の者にアルコールを提供すること、または未成年者に対してアルコールを販売することは違法です。これは、酒店、バー、レストラン、そして小売店を含むあらゆる場所で適用されます。

未成年者の保護: 飲酒年齢制限は、未成年者がアルコールに触れることによる健康リスクを最小限に抑え、若者の成長と発達を保護するために導入されています。また、未成年者に対する社会的な安全性も確保する狙いがあります。

違反への罰則: 飲酒年齢制限に違反することは罰則があり、未成年者にアルコールを提供したり、未成年者自身がアルコールを購入・摂取した場合、罰金や法的な制裁が科せられる可能性があります。

公共の場での摂取: 公共の場でアルコールを摂取することにも制約があり、未成年者は公共の場でアルコールを摂取することは違法です。

タイでは、飲酒年齢制限は法的な基準として厳格に適用され、これに違反することは法的な制裁を伴います。未成年者やその保護者は、この法的な制約を順守し、安全かつ健康的な飲酒文化の確立に寄与するよう努めています。