Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

日本と中国の生活の違い【渡航する方は必見!】

記事内に広告を含む場合があります
・日本と中国の生活の違いって?
・どんなことがマナー違反になるの?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • 日本と中国の日常生活の違い
  • 日本と中国の食事の違い
  • 日本と中国の交通ルールの違い
  • 日本と中国のコミュニケーションの違い

この記事では、日本と中国の生活の違いをあらゆるシチュエーションごとに紹介していきます。

どんなことがマナー違反になるのか気になると思いますので、これから中国に旅行する予定であればぜひチェックしてみてください。

また中国に行くと、ネット規制の影響で「LINE」「YouTube」「SNS」などがすべて使えなくなります。

ただ「VPN」というものを使えば、中国にいても上記のアプリを使えるようになります。

ちなみにVPNとの接続は5分ほどで終わり、料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行くときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、旅行前にVPNとの接続を済ませて中国でもLINEやYouTubeを使えるようにしておくといいですよ。

では中国でもLINEやYouTubeなどを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

中国から日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使って中国から日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う

中国にいるとネット規制の影響でLINEやYouTubeを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、中国からでも日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は5分ほどの作業だけでOKです。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでVPNとの接続ができます。

また通信速度も速いので、Google検索もサクサクできますし、YouTubeの再生でカクつくこともありません。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行で中国に行く方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業しておけば中国でも日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませておくといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う
備考
この記事では「 NordVPN」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイトにアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

ここまでで日本でやる作業は一旦終わりです。

日本のサーバーと接続

次に日本のサーバーとの接続方法を紹介していきます。

中国でもスムーズに日本のサーバーと接続できるように、事前に予習しておくのがおすすめです。

中国に行ったら、これから紹介することをやればOKというわけです!
備考
日本のサーバーとの接続方法も「 NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

LINEやYouTubeを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通りLINEやYouTubeを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、中国でも問題なくLINEやYouTubeを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

日本と中国の生活の違い【日常生活】

挨拶の仕方

日本と中国は異なる文化や歴史を背景に持ち、その影響を挨拶の仕方にも反映しています。以下は、両国の挨拶のスタイルにおける違いについての解説です。

1. 日本の挨拶:
日本では、挨拶は相手に対する敬意や礼儀を表す大切な行為です。一般的な挨拶には、お辞儀が含まれます。お辞儀の深さや頻度は、相手との関係や状況によって微妙に変わります。また、名前の呼び方も慎重に行われ、相手の地位や年齢に応じて適切な敬称が使われます。

2. 中国の挨拶:
中国の挨拶は、より表現豊かで身体的な要素が強調されることがあります。一般的には握手が主流であり、親しい関係の人々の間では抱擁や軽いキスも見られることがあります。敬意を示すためには、相手の手を握る際にも適切な力加減や持ち方に気を使います。また、中国の挨拶においても、敬称や尊敬語の使用が一般的です。

3. 文化的な差異:
これらの挨拶の違いは、文化的な背景や価値観の違いに根ざしています。日本では控えめで謙虚な態度が好まれ、挨拶は静かで穏やかなものとされます。一方で、中国の挨拶は活発で表現豊かな特徴があり、感情や親しさがより明確に表れることがあります。

これらの挨拶の文化的な差異は、相互理解と異文化コミュニケーションにおいて重要な要素となります。異なる挨拶のスタイルを尊重し、適切なコミュニケーションスタイルを選択することが、円滑な人間関係の築き方に寄与します。

靴の取り扱い

日本と中国は異なる文化や習慣を抱えており、その中で日常生活においてもさまざまな違いが見られます。その一環として、靴の取り扱い方にも文化的な差異が表れています。

1. 日本の靴の取り扱い:
日本では、靴の取り扱いは非常に慎重に行われます。一般的に、室内では靴を脱ぎ、室内履きとして使用するスリッパを利用します。家庭や一部の伝統的な場所では、玄関で靴を脱ぐことが当たり前であり、室内での靴の使用は忌避されます。これは清潔さや礼儀正しさの一環として重要視されています。

2. 中国の靴の取り扱い:
中国では、靴の取り扱いは日本ほど厳格ではありません。一般的には、室内で靴を履いたまま歩き回ることがよく見られます。ただし、一部の家庭や特定の場所では、靴を脱いで室内に上がる習慣があることもあります。近年の都市化や現代風の住宅では、日本と同様に室内履きやスリッパの利用が一般的になりつつあります。

3. 文化的な意味合い:
これらの靴の取り扱いの違いには、文化的な価値観や環境の違いが反映されています。日本の場合、室内での靴の脱ぎ履きは清潔さや尊重の一環とされ、宗教的な背景からくるものもあると考えられています。中国では、これに対する厳格な規範はあまり存在せず、地域や家庭によって異なる取り扱いが見られます。

これらの文化的な差異は、日常生活において相互理解と尊重が重要であり、異なる習慣に対する理解が円滑な人間関係の構築に寄与します。

日本と中国の生活の違い【食事】

箸の使い方

箸は、日本と中国の伝統的な食事文化において重要な道具であり、その使い方には文化的な差異が見られます。以下は、両国での箸の取り扱いに関する違いについての解説です。

1. 日本の箸の使い方:
日本では、箸を使った食事は独自のマナーとルールに基づいています。箸の持ち方や使い方には特定のルールがあり、例えば箸で食べ物を刺すことは避けるべきです。箸を使う際には、丁寧で控えめな動作が求められ、食卓で箸を立てて置いてはいけません。また、一度箸に触れた食べ物を他の人に渡すことも控えられます。

2. 中国の箸の使い方:
中国では、箸の使用に関するルールも存在しますが、日本ほど厳格ではありません。箸で食べ物を刺すことや、箸を使って食べ物を共有することが一般的です。また、箸を食卓で立てて置くことは、特に避ける必要がない場合もあります。中国の箸の使い方は、日本よりもさまざまなスタイルが認められています。

3. 文化的な影響:
これらの箸の使い方の違いは、両国の文化的背景や習慣の違いに根ざしています。日本の場合、食事は静かで控えめなものとされ、箸の使い方もそれに合わせたマナーが重要とされます。一方で、中国の食文化は活発で多様性に富み、箸の使い方も柔軟であり、個々の好みに合わせてさまざまなスタイルが許容されています。

これらの違いは、両国の食文化と社会慣習の異なる側面を示しており、異なる箸の使い方が文化的多様性の一部として尊重されています。

食事中の音

食事中の音は、日本と中国の食文化においても異なる要素を反映しています。それぞれの国の独自性が、食事時の音にも影響を与えています。以下は、日本と中国における食事中の音に関する違いについての考察です。

1. 日本の食事中の音:
日本の食事中の雰囲気は、一般的に静謐であり、食べる際に大きな音を立てることは避けられます。箸やスプーンを使って食べる際も、なるべく静かに食べることが美徳とされています。これは、食事を静かな時間と捉え、周囲への気配りや食べ物への敬意を表す一環とされています。

2. 中国の食事中の音:
中国の食事文化では、食べる際に音を立てることがあまり問題視されません。食べ物が熱々であることや、調味料が多く使われることから、食事中に音が発生することはよくあることです。また、賑やかな食事が好まれ、食べ物の香りや音が食卓に活気をもたらすと考えられています。

3. 文化的な理念:
これらの違いは、日本と中国の文化的な価値観に起因しています。日本では静けさと優雅さが重視され、静かな食事が精神的な安定をもたらすとされています。対照的に、中国の食事文化では活気と共に食べることが楽しみの一環と考えられ、食事中の音が賑やかさを演出します。

これらの食事中の音の違いは、食文化が根付いた異なる国々の個性を示しています。異なる文化の理念や慣習を理解し、尊重することが、異文化コミュニケーションにおいて重要です。

料理を食べる順番

日本と中国は、それぞれ独自の料理文化を有しており、料理を食べる際の順番にも異なる慣習が見られます。以下は、両国の食事文化における料理を食べる順番の違いについての解説です。

1. 日本の料理の食べる順番:
日本の食事では、一般的にはご飯が最初に提供され、それに続いてお味噌汁や小皿の副菜、最後に主菜が供されることが一般的です。ご飯は主食であり、他の料理との相性を考慮しつつバランス良く食べ進めることが重視されます。この順番は、日本の伝統的な食事スタイルに根ざしています。

2. 中国の料理の食べる順番:
中国の食事では、複数の料理が同時に提供され、食べ手が好きな順番で取り分けることが一般的です。特にファミリースタイルの食事では、テーブルに複数の料理が同時に配膳され、自由な順番で食べ進めることが一般的です。中国の食卓では、さまざまな料理を同時に楽しむことが重要視されています。

3. 文化的な背景:
これらの違いは、日本と中国の文化的な背景や価値観の違いに起因しています。日本の場合、料理の順番は季節感や料理のバランスを考慮し、一つひとつの料理を楽しむことが強調されます。対照的に、中国の料理は多様性があり、同時に複数の料理を味わいながら、食卓を賑やかにすることが文化的に好まれています。

これらの料理を食べる順番の違いは、両国の独自性を反映しています。異なる食文化を理解し、尊重することが、より良い異文化コミュニケーションを築く一助となります。

日本と中国の生活の違い【交通ルール】

歩行者優先の考え方

日本と中国は、それぞれ異なる歩行者優先の文化や交通慣習を有しています。以下は、両国の歩行者優先の考え方に関する違いについての解説です。

1. 日本の歩行者優先の考え方:
日本では、歩行者に対する敬意と配慮が重要視されています。特に横断歩道では、歩行者が道路を横断する際には車両が停車し、歩行者が安全に渡ることが期待されます。信号待ちをしている歩行者に対しても、ドライバーは歩行者が安全に横断できるように注意を払います。

2. 中国の歩行者優先の考え方:
中国では、歩行者優先の文化が日本ほど強くはありません。横断歩道で歩行者が信号待ちをしている場合でも、すぐには停車しないことが一般的です。一部の都市や交通量の多い場所では、歩行者が自己責任で道路を渡ることが期待され、車両は歩行者に対してある程度の優先権を与えることがあります。

3. 文化的な背景:
これらの歩行者優先の違いは、文化的な背景や交通慣習の異なる影響を受けています。日本では歩行者優先が社会的に奨励され、道路での安全が重要視されています。一方で、中国では都市の急速な発展や交通量の増加に伴い、歩行者と車両の共存が課題となることがあり、歩行者には慎重な行動が求められます。

これらの違いは、日本と中国の異なる社会構造と文化が反映されています。歩行者優先の理念が交通文化においてどのように位置づけられるかは、それぞれの国の歴史や社会的な要因によって形成されています。

信号の扱い方

日本と中国は、交通標識や信号に対するアプローチにおいて異なる文化的背景や交通慣習を持っています。以下は、両国の信号の扱い方に関する違いについての解説です。

1. 日本の信号の扱い方:
日本では信号が非常に尊重され、交差点での信号待ちが一般的です。信号が赤の場合、車両は停車し、歩行者も横断歩道で信号待ちを行います。信号の色によって、車両や歩行者が進むべきかどうかが明確に示され、交通の安全が確保されています。信号を無視することは法律で規制され、違反すると罰金やペナルティが科せられることがあります。

2. 中国の信号の扱い方:
中国では信号の尊重が日本ほど厳格ではありません。信号が赤でも、一部の車やバイクが進むことが見受けられることがあります。特に一部の都市や交通量の多い地域では、信号を遵守せずに進むことが一般的です。一方で、大都市や特定の交差点では信号を尊重する傾向があり、交通標識の重要性が高まっています。

3. 文化的な背景:
これらの信号の扱い方の違いは、文化的な背景や社会的な慣習に起因しています。日本では秩序や規律が尊重され、信号がその象徴とされています。一方で、中国では都市化の急速な進展や交通混雑に伴い、信号を守ることが難しい状況も見られます。信号の扱い方は都市や地域によっても異なり、混雑した都市では柔軟な対応が求められることがあります。

これらの違いは、両国の異なる社会構造と文化が交通の安全に対する意識にどのように影響を与えているかを示しています。

自転車のルール

日本と中国は、自転車の利用において異なる交通慣習や法規を有しています。以下は、両国の自転車のルールに関する違いについての解説です。

1. 日本の自転車のルール:
日本では、自転車は基本的に歩道を利用することが求められています。歩行者に注意を払いつつ、適切な速度で進むことが期待されます。一方で、一部の都市や地域では自転車専用の道路や車道も整備されており、これらを利用することも一般的です。信号や標識にも注意し、歩行者や車両との安全な共存が重視されています。

2. 中国の自転車のルール:
中国では、自転車は歩道や車道、自転車専用の道路を含めて幅広く利用されます。歩行者や車両と混在することがよく見られ、自転車同士が横並びで進むことも一般的です。信号や標識の遵守はある程度求められつつも、独自の動線や流れが存在し、自転車同士が適切に配慮しながら進むことが期待されています。

3. 文化的な違い:
これらの自転車のルールの違いは、文化的な価値観や都市の構造の違いに起因しています。日本では秩序や規律が尊重され、自転車の安全な移動が強調されています。一方で、中国では人口密度の高い都市や急速な都市化に伴い、自転車が交通手段として広く利用され、柔軟な共存が求められています。

これらの自転車のルールの違いは、両国の異なる社会構造と文化が交通の安全や効率に対するアプローチにどのように影響を与えているかを示しています。

日本と中国の生活の違い【コミュニケーション】

ジェスチャーの使い方

ジェスチャーは言葉を補完し、コミュニケーションを助ける重要な手段ですが、その使用方法は文化によって異なります。以下は、日本と中国において異なるジェスチャーの使い方に関する解説です。

1. 日本のジェスチャーの使い方:
日本の文化では、ジェスチャーは比較的控えめに使用されます。一般的には、手の動きや表情を抑え、言葉に重点を置く傾向があります。特に公共の場やフォーマルな状況では、過剰なジェスチャーは避けられ、表情や身のこなしによって感情や意図を表現することが一般的です。

2. 中国のジェスチャーの使い方:
中国の文化では、ジェスチャーがより豊かに用いられます。手の動きや身体の表現が強調され、感情やコミュニケーションの補完として広く受け入れられています。特に市場や交渉の場では、手のジェスチャーが会話を豊かにし、相手とのコミュニケーションを強化する役割があります。

3. 文化的な背景:
これらのジェスチャーの違いは、文化的な背景やコミュニケーションスタイルの違いに起因しています。日本の文化では静かで控えめな表現が好まれ、ジェスチャーは相対的に控えめです。中国の文化では感情豊かな表現が一般的であり、ジェスチャーを多用することでコミュニケーションをより豊かにすることが重要視されています。

これらの違いは、異なる文化の特性や価値観がジェスチャーの使用に影響を与えており、相互理解が求められる点を示しています。異文化でのコミュニケーションでは、ジェスチャーの適切な使用が円滑な意思疎通に寄与します。

言葉の選び方

言葉の使い方は、文化や言語に根ざして異なる特徴を持ちます。日本と中国においても、言葉の選び方には文化的な差異が見られます。以下は、両国での言葉の使い方に関する違いについての解説です。

1. 日本の言葉の選び方:
日本の文化では、謙譲語や丁寧語が重要視され、相手に対して敬意を払う言葉遣いが一般的です。特にビジネスや公の場では、相手に対して謙虚で控えめな表現が好まれます。また、相手の立場や感情を考慮して、適切な言葉を選ぶことが重要視されています。

2. 中国の言葉の選び方:
中国の文化では、言葉は時に直截で表現されることが一般的です。謙譲語の使用は日本ほど厳格ではなく、意見や感情をはっきりと述べることがよくあります。人間関係やコミュニケーションにおいては、感情表現が豊かであり、表面的な謙遜よりも率直な意見の方が重要視されることがあります。

3. 文化的な価値観:
これらの言葉の選び方の違いは、文化的な価値観や社会慣習の違いに起因しています。日本では謙遜や控えめな態度が美徳とされ、それが言葉にも反映されます。一方で、中国では率直な表現が尊重され、コミュニケーションにおいてはオープンなコミュニケーションが奨励されます。

これらの違いは、異なる文化的背景が言葉の使い方に影響を与え、相手とのコミュニケーションにおいて留意すべきポイントを示しています。異文化でのコミュニケーションにおいては、相手の文化や言葉のニュアンスを理解し、適切な表現を心掛けることが重要です。

感情の伝え方

感情の表現は文化や社会の背景によって異なり、日本と中国においても異なるアプローチが見られます。以下は、両国での感情の伝え方に関する違いについての解説です。

1. 日本の感情の伝え方:
日本の文化では、感情を控えめに表現することが一般的です。公共の場やビジネス環境では、冷静で穏やかな態度が好まれます。感情を抑えることが礼儀正しさや他者への気配りとされ、直接的な表現よりも微妙なニュアンスが重要視されます。感情の表現はしばしば非言語的なサインや表情で示されることがあります。

2. 中国の感情の伝え方:
中国の文化では、感情の表現が豊かで直接的なことが一般的です。喜怒哀楽を率直に表現し、感情を共有することが重要視されます。特に友人や家族との関係では、感情を隠すよりも率直にコミュニケーションを図ることが一般的です。表情や身振り手振りを通じて感情を強調することがあります。

3. 文化的な背景:
これらの感情の伝え方の違いは、文化的な背景に根ざしています。日本では静かで内向的な表現が美徳とされ、感情を穏やかに保つことが価値観として受け継がれています。対照的に、中国では感情を率直に表現し、コミュニケーションにおいて感情を共有することが人間関係の構築において重要視されています。

これらの感情の伝え方の違いは、異なる文化が人々のコミュニケーションスタイルに与える影響を示しています。相手の文化や感情の表現スタイルを理解することが、異文化間での円滑なコミュニケーションに寄与します。