Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

アメリカ英語とイギリス英語の違い【どちらを学べばいいのか紹介!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、アメリカ英語とイギリス英語の違いを紹介していきます。

どちらの言語を学べばいいのかも紹介していますので、これから英語を勉強しようと思っている場合にはぜひ参考にしてみてください。

またアメリカでの生活を快適にするために「 アメリカで日本のテレビ番組を見る方法【現地でも5分の作業でOK!】」という記事も用意しています。

アメリカでも日本のテレビ番組を見たいなら、上記の記事をチェックしてみてください。

アメリカ英語とイギリス英語はどちらを学ぶのが良い?

アメリカ英語とイギリス英語は、同じ英語とはいえ、それぞれに独自の表現や発音が存在します。言語学習者にとって、どちらのバージョンを学ぶべきかは個人の目標や利用目的によるものがあります。

まず、アメリカ英語は世界的に広く使用され、特にビジネスや国際的なコミュニケーションにおいて一般的です。アメリカ英語の特徴的な発音や表現をマスターすることで、国際的な環境での円滑なコミュニケーションが期待できます。

一方で、イギリス英語は英語の起源地であり、文学や文化において豊かな伝統を持っています。イギリス英語を学ぶことで、クラシカルでフォーマルな表現や、イギリス文化における言葉の使い方に慣れることができます。また、イギリス英語はアメリカ英語よりも発音が多様であるとされ、これが魅力とされることもあります。

最終的な選択は、学習者の目標によります。ビジネスや国際的なコミュニケーションが主な目的であればアメリカ英語が適しているかもしれませんが、文学や文化への興味が強い場合はイギリス英語が好ましいかもしれません。また、実際に住んでいる地域や留学先によっても適したバージョンが変わることがあります。

総じて、基本的な英語力はどちらのバージョンでも通用しますが、学習者が自身の目標とニーズを考慮して選択することが重要です。

アメリカ英語とイギリス英語の違い

スペル

アメリカ英語とイギリス英語は同じ言語を共有していますが、いくつかの重要な点で異なる特徴があります。その中でも、最も顕著な違いの一つはスペルの違いです。以下に、主なスペルの違いについて詳しく説明します。

母音の違い: 例えば、「color」(アメリカ英語)と「colour」(イギリス英語)、または「center」(アメリカ英語)と「centre」(イギリス英語)のように、アメリカ英語では一部の語で母音が異なる形で表されます。

「re」や「er」の違い: 単語の末尾に現れる「re」や「er」もスペルが異なります。例えば、「meter」(アメリカ英語)と「metre」(イギリス英語)などが該当します。

「ou」や「o」の位置: 特定の単語では、母音の配置が異なります。例として、「favorite」(アメリカ英語)と「favourite」(イギリス英語)が挙げられます。

二重母音の違い: いくつかの単語では、アメリカ英語が二重母音で表現され、イギリス英語では単一の母音になることがあります。例えば、「traveling」(アメリカ英語)と「travelling」(イギリス英語)などです。

これらのスペルの違いは、言語使用者にとって適応の必要があります。特に異なる地域とのコミュニケーションや、文書の執筆において、選択されたスペル体系を正確に使用することが求められます。また、言語学習者にとっては、アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違いを理解し、適切に運用できるようになることが重要です。

発音

アメリカ英語とイギリス英語は同じ言語を基盤にしていますが、その発音には顕著な違いが存在します。これは、歴史的な要因や地域的な変化から生じたものであり、言語学習者が留意すべきポイントです。

まず、母音の発音が異なります。例えば、アメリカ英語では「dance」の「a」が[æ]のように短く発音されるのに対し、イギリス英語では[ɑː]のように長く発音されます。同様に、アメリカ英語の「cot」の「o」は[ɑ]であるのに対し、イギリス英語では[ɒ]となります。

また、子音の発音にも違いが見られます。例えば、アメリカ英語では「schedule」の「sh」が[sk]と発音される一方、イギリス英語では[ʃ]と発音されます。同様に、アメリカ英語の「tune」の「t」は[tuːn]のように発音されるのに対し、イギリス英語では[tjuːn]となります。

これらの発音の違いは、聞き手にとって馴染み深いものであり、実際のコミュニケーションや英語を使用した環境での適切な発音が求められます。特に異なる地域に住む人々と円滑な対話を図りたい場合、アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いに対する理解と適応が重要です。言語学習者は、これらの違いを把握し、両方の発音パターンに慣れることで、幅広い言語環境でスムーズにコミュニケーションをとることができるでしょう。

文法

アメリカ英語とイギリス英語は、言語の共通基盤にもかかわらず、文法の面でいくつかの相違が見られます。これらの違いを理解することは、正確で適切な英語の使用を追求する上で重要です。

一つの顕著な違いは、動詞の活用形です。例えば、アメリカ英語では「get」の過去形は「gotten」であるのに対し、イギリス英語では「got」が一般的です。同様に、「burn」の過去分詞はアメリカ英語で「burned」であり、イギリス英語では「burnt」となります。

また、人称代名詞の扱いも異なります。例えば、アメリカ英語では集団を指す際に「The team is playing well」という表現が一般的ですが、イギリス英語では「The team are playing well」というように、集団を複数扱うことがあります。

前置詞の使用にも違いが見られます。例として、「on the weekend」(アメリカ英語)と「at the weekend」(イギリス英語)が挙げられます。同様に、「in the hospital」(アメリカ英語)と「in hospital」(イギリス英語)も文法的な差異を示しています。

これらの文法の違いは、書き言葉や話し言葉の両方に影響を与えます。英語を学ぶ際には、アメリカ英語とイギリス英語の文法の相違に注意を払い、学習者のコミュニケーションスキルを向上させるために活用することが肝要です。

単語

アメリカ英語とイギリス英語は、同じ英語圏にありながらも、単語の用法においていくつかの注目すべき違いが見られます。これらの言葉の違いを理解することは、異なる地域でのコミュニケーションを円滑に行う上で役立ちます。

まず、一般的な名詞や動詞において用いられる単語には変化が見られます。例えば、「truck」(アメリカ英語)と「lorry」(イギリス英語)、「apartment」(アメリカ英語)と「flat」(イギリス英語)などが挙げられます。これらの単語の違いは、同じ意味を持つものの地域によって異なる言葉が使われていることを示しています。

さらに、食べ物や日常的な物品に関する単語にも違いがあります。例えば、「cookie」(アメリカ英語)と「biscuit」(イギリス英語)、「chips」(アメリカ英語)と「crisps」(イギリス英語)などが挙げられます。同じ食べ物や品物であっても、地域によって異なる表現が使用されていることがあります。

これらの単語の違いは、言語学習者にとって注意が必要です。特に異なる地域での生活や仕事において、正確な単語の選択が求められます。英語を学ぶ際には、アメリカ英語とイギリス英語の単語の相違について教えられ、実際のコミュニケーションにおいて柔軟に対応できるようにすることが大切です。

アメリカ英語のほうが古い

アメリカ英語とイギリス英語は、歴史的な経緯から生じるいくつかの興味深い違いが存在します。驚くことに、これらの二つのバリエーションの英語において、アメリカ英語の方が一部の言語的特徴においてより古い形態を保持しているという見方があります。

17世紀初頭に北アメリカに入植されたピルグリム・ファーザーズや初期のイギリス植民地入植者たちは、当時のイギリス英語の言語構造や発音を取り入れていました。その後もアメリカの言語環境は相対的に孤立し、独自の進化を遂げました。一方で、イギリスでは言語が変遷し、発音や語彙において変化が生じました。

この歴史的な経緯により、アメリカ英語は一部で古い形態を保持しているとされています。例えば、一部の言葉や発音が17世紀のイギリス英語に近いものとされ、アメリカ英語の方がイギリス英語よりも保存的であるとされることがあります。

ただし、これはあくまで一般的な傾向であり、特定の地域や社会階層によっても異なることに留意する必要があります。歴史的な背景からくる言語の変遷は複雑であり、アメリカ英語とイギリス英語の関係も多様かつ興味深いものとなっています。

アメリカ英語は省略することが多い

アメリカ英語は、言語表現においてしばしば省略される傾向があります。この省略は、スピーチや日常のコミュニケーションにおいて迅速かつ効果的な対話を可能にします。

一般的な省略例として、助動詞や短縮形の使用が挙げられます。例えば、「I’m」「you’re」「it’s」など、短縮形が日常的に使われ、文を簡潔に表現することが求められます。これにより、スピーチや対話が迅速に進行し、リズミカルな響きが生まれます。

さらに、前置詞の省略もよく見られます。例えば、「going to the store」が「going to the store」に省略され、「I’m at the office」が「I’m at office」に簡略化されることがあります。これにより、文が簡潔でありながらも意味が明確に伝わります。

アメリカ英語の省略傾向は、日常の会話や非公式なコミュニケーションにおいて特に顕著です。ただし、状況によっては正確な表現が求められるため、書き言葉や公式な文書においては注意が必要です。言語学習者は、アメリカ英語の省略構造を理解し、適切な場面で活用することで、より自然で流暢な英語のスキルを養うことができるでしょう。

イギリス英語はフランスの影響が強い

イギリス英語の形成において、歴史的背景からフランスの影響は重要な一因となっています。中世初期、ノルマンディー公国出身のウィリアム征服王が1066年にイングランドを征服し、これによってノルマンディー・フランスの文化と言語がイギリスにもたらされました。

この征服により、イギリス社会にはフランス語とラテン語の影響が拡大し、法律、行政、宗教、文学など様々な分野でフランス語の単語や表現が広く使われました。特に上流階級や法律の文書、宮廷においては、フランス語が主要な使用言語となりました。

この影響は言葉だけでなく、文化や習慣にも及びました。フランスの騎士道や宮廷文化がイギリスに取り入れられ、英語においてもそれらの要素が反映されました。例えば、騎士の称号や宮廷での礼儀正しい言葉遣いなどが、フランス文化の影響を受けたものとされています。

この歴史的な経緯により、イギリス英語にはフランス語由来の単語や表現が多く残っています。例えば、「royalty(王族)」や「government(政府)」などがそれに当たります。これにより、イギリス英語は豊かで多様な語彙体系を有する一方で、その歴史的な背景が言語の奥深さを形成しています。

アメリカ英語とイギリス英語はなぜ違う?

アメリカ英語とイギリス英語が異なる要因は多岐にわたり、言語の進化に影響を与えた歴史的、社会的背景がその一因です。以下に、主な理由を述べます。

1. 植民地時代の影響:
アメリカ英語の発展において、17世紀初頭に始まる植民地時代が大きな影響を与えました。植民地住民は主にイギリスからの移民でありながら、新大陸の環境や文化との接触により言語が変容しました。新しい環境や異なる文化の影響が、アメリカ英語の発音や語彙に変化をもたらしました。

2. 地域的な絶対移動の影響:
アメリカの広大な土地において、人々は地域ごとに異なる言語的特徴を発展させました。これにより、アメリカ英語内での方言やアクセントの差異が生まれ、地域ごとに異なる言葉の使い方が定着しました。

3. 独立と国家の発展:
アメリカ独立戦争およびその後の国家の発展も、アメリカ英語の形成に影響を与えました。新興国としてのアメリカは、政治や社会においてイギリスからの独自のアイデンティティを築き上げ、それが言語にも反映されました。新しい独立国としての自己認識や価値観が、言語の発展に影響を与えたのです。

4. 交流と国際的な影響:
20世紀以降、アメリカは国際的な影響力を増し、メディアやエンターテインメントが広く普及しました。これにより、アメリカ英語の表現や語彙が国際的に浸透し、世界中の英語使用者に影響を与えました。

これらの歴史的な要因が絡み合い、アメリカ英語とイギリス英語が異なる言語体系を形成しました。この差異は言語の豊かさと多様性を示す一方で、共通のルーツを持つ言語変種として独自の進化を遂げています。

アメリカ英語を学ぶのにおすすめの映画

アメリカ英語を学ぶ上で、映画はリラックスしながら自然な言語表現やアクセントを学ぶ有益な手段です。以下は、アメリカ英語学習者におすすめの映画リストです。

**1. フォレスト・ガンプ(Forrest Gump):
この感動的な映画は、アメリカ南部の特有のアクセントや様々な言葉の用法を体感するのに適しています。主人公フォレスト・ガンプの独自の言い回しや語彙は興味深いものがあります。

2. グッド・ウィル・ハンティング(Good Will Hunting):
ボストンのアクセントが特徴的なこの映画は、社会的なテーマや心理学に触れながら、アメリカの日常会話やスラングを学ぶのに適しています。

3. フレンチ・キス(French Kiss):
ロマンティック・コメディで、フランスとアメリカの文化や言語が絡み合います。言語学習者にとっては、異なる言語環境でのコミュニケーションが描かれており、聴き取りやすい英語が使われています。

4. キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(Catch Me If You Can):
実話を基にしたこの映画は、アメリカ英語のビジネスや法律関連の専門用語を楽しみながら学ぶことができます。トム・ハンクスとレオナルド・ディカプリオの演技も見どころです。

5. ショーシャンクの空に(The Shawshank Redemption):
ショーシャンク刑務所を舞台にしたこの映画は、アメリカ英語のスラングや俚語が豊富に使われています。物語自体も非常に感動的で、言語学習のモチベーション向上に一役買います。

これらの映画を通じて、アメリカ英語のさまざまな側面を楽しみながら学ぶことができます。映画鑑賞はリスニングスキルの向上や日常的な表現の理解に寄与し、同時にエンターテインメントとしても楽しめる学習法です。

イギリス英語を学ぶのにおすすめの映画

イギリス英語を学ぶ際に、映画は地域ごとのアクセントや表現、文化を理解する手助けとなります。以下は、イギリス英語学習者におすすめの映画のリストです。

1. ノッティングヒルの恋人(Notting Hill):
ロマンティック・コメディで、ロンドンの日常会話やスラングが豊富に使われています。ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツの演技も見どころです。

2. ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(Lock, Stock and Two Smoking Barrels):
イギリスのスラングやアクセントが特徴的なガイ・リッチー監督の作品。犯罪コメディでありながら、地元の言葉遣いや俚語を学ぶのに適しています。

3. ブリジット・ジョーンズの日記(Bridget Jones’s Diary):
レニー・ゼルウィガー主演のこの映画は、ロンドンの生活やイギリスの社交文化を描いています。日常英会話や女性の視点からの表現が学びやすいです。

4. ハリー・ポッターシリーズ(Harry Potter series):
J.K.ローリングの小説を基にした映画シリーズで、イギリスの魔法学校ホグワーツを舞台にした作品。子供から大人まで様々な表現やイギリス英語が使われています。

5. シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes):
ロバート・ダウニー・Jr.が演じたシャーロック・ホームズの映画は、ヴィクトリア朝時代のロンドンを舞台にしています。緻密な探偵劇とともに、時代背景に合わせた言葉遣いが観察できます。

これらの映画を通して、イギリス英語の様々な側面を探索することができます。映画はリアルな言語の使用例を提供するだけでなく、英語圏の文化や習慣に触れる良い機会となります。