Alice blog

【WordPress】Classic Editorのサポートはいつまで?今後はDisable Gutenbergがおすすめ

WordPress クラシックエディター サポート
           

現在「Classic Editor」というプラグインをインストールして旧エディターを使っている場合、下記の疑問を抱くことも多いはず。

Classic Editorのサポートっていつまで?いつになったらClassic Editorは使えなくなるの?

当記事では、Classic Editorのサポート終了期間をメインに紹介していきます。

記事後半ではClassic Editorのサポートが終了しても旧エディターを使い続ける方法を紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

では早速、Classic Editorのサポート終了期間から紹介していきますね。

Classic Editorを導入していない場合には、下記の記事を参考にしながらインストールしてみましょう。
WordPressのエディターをClassic Editorに戻す方法_プラグインを入れるだけでOK



【WordPress】Classic Editorのサポートはいつまで?

Classic Editorのサポートは「2021年12月31日」までとされています。

具体的なソースは下記の通り。

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。

Classic Editorのサポート終了期間のソース
予定通りであれば、2022年以降はClassic Editorを使って旧エディターを使うことはできなくなりそうですね

とはいえ、この記事の読者であれば2022年以降も旧エディターを使い続けたいと思うはずです。

なので、これからClassic Editorのサポートが終了しても旧エディターを使い続ける方法を紹介していきますね。

Classic Editorのサポートが終了しても旧エディターを使い続ける方法

Classic Editorのサポートが終了しても旧エディターを使い続ける方法は「Disable Gutenberg」というプラグインを使う方法です。

Disable Gutenbergについて簡単に紹介していきます。

Disable Gutenbergとは

Disable Gutenbergとは、ブロックエディターを無効化して旧エディターを完全に復元するためのプラグインです。

なお、Disable Gutenbergのプラグインページには下記のことが記載されているため、2022年以降もサポートを継続してくれることが期待できます。

So yeah, will do everything possible to keep Disable Gutenberg (and the Classic Editor) going well beyond 2022.
そうですね、2022年以降もDisable Gutenberg(およびClassic Editor)を維持するために可能な限りのことを行います。

Disable Gutenbergのサポート期間についてのソース

Disable Gutenbergは2022年以降も旧エディターをサポートしているだけでなく、Classic Editorよりも柔軟に旧エディターとブロックエディターの切り替えが行なえるように作られています。

それでいてプラグイン全体の容量も軽く設計されているため、Classic Editorのサポートが終了する前から使ってもいいですね。

Disable Gutenbergのインストール方法

Disable Gutenbergをインストールするには、ダッシュボードのプラグインから「新規追加」を選択します。

 

画面右上にある検索窓に「Disable Gutenberg」と入力し「今すぐインストール」をクリック。

 

インストールボタンが「有効化」に切り替わりますので「有効化」をクリックします。

 

これで、Disable Gutenbergのインストールは完了です。

Disable Gutenbergの設定方法

Disable Gutenbergの設定では、下記の8項目を変更できます。

  • 完全無効化
  • 通知を無効化
  • フロントエンドで有効化
  • ホワイトリスト設定
  • プラグインメニュー項目
  • Gutenbergメニュー項目
  • 編集リンクを表示
  • ACF対応
すべての設定項目を表示するには「More Tools」をクリックする必要があります。

完全無効化

完全無効化にチェックを入れると、すべてのエディターでGutenbergが無効化されます。

なお、完全無効化からチェックを外すと下記の項目が表示され、Gutenbergの適用箇所を設定できます。

  • Disable for User Roles
  • Disable for Post Types
  • Disable for Templates
  • Disable for Post IDs

通知を無効化

通知を無効化にチェックを入れると、WordPressへの通知を無効化できます。

Disable Gutenbergの通知はほとんど必要ないので「通知を無効化」にはチェックを入れておくのがおすすめです。

フロントエンドで有効化

フロントエンドで有効化は、Gutenbergで適用したデザインを旧エディターにそのまま引き継ぐ設定です。

フロントエンドで有効化からチェックを外すと、Gutenbergで編集した記事のデザインがすべて無効化されてしまいます。

そのため、Gutenbergで作成した記事はレイアウトが大幅に崩れてしまうでしょう。

※有効化にチェックを入れているときと入れていない時の違いの画像

上記のことから、Gutenbergを使わない場合でもフロントエンドで有効化にはチェックを入れておくことをおすすめします。

ホワイトリスト設定

ホワイトリスト設定にチェックを入れると下記の項目が表示され、投稿ごとにGutenbergの使用を設定できます。

  • 投稿IDをホワイトリストに追加
  • 投稿スラッグをホワイトリストに追加
  • 投稿タイトルをホワイトリストに追加

Gutenbergを使用したい投稿がある場合にはホワイトリスト設定にチェックを入れ、個別にGutenbergの使用を許可しましょう。

プラグインメニュー項目

プラグインメニュー項目にチェックを入れると、ダッシュボードからDisable Gutenbergの設定画面が非表示になります。

Disable Gutenbergの設定画面が非表示になると細かな設定ができなくなるので、プラグインメニューには基本的にチェックを入れる必要はないでしょう。

Gutenbergメニュー項目

Gutenbergメニュー項目にチェックを入れると、ダッシュボードから「Gutenberg」のメニュー項目が非表示になります。

「Gutenberg」のプラグインを入れている場合に限ります。

編集リンクを表示

編集リンクを表示にチェックを入れると、下記のように投稿を編集する時にGutenbergか旧エディターを選べるようになります。

 

Gutenbergと旧エディターを両方使いたい場合には、チェックを入れましょう。

ACF対応

ACF対応にチェックを入れると「Advanced Custom Fields」のカスタムフィールドが表示されるようになります。

Advanced Custom Fieldsをインストールしている場合には、チェックを入れておきましょう。

Classic Editorのサポートが終了したらDisable Gutenbergを使おう!

これで、Classic Editorのサポート期間に関する内容は終わりです。

当記事で紹介したように、Classic Editorのサポートは2021年12月31日で終わってしまいます。

そのため、2022年以降はDisable Gutenbergをインストールして旧エディターを使うようにしましょう。

当ブログでは、WordPressにおすすめなテーマを8つ紹介しています。

現在使っているテーマに不満を抱えている場合には、上記の記事を参考にしながらテーマ選びを進めることをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。