Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国の結婚式に参列する時の衣装【NGコーデも紹介!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、中国の結婚式に参列する時の衣装について紹介していきます。

NGコーデの例についても紹介していますので、中国で結婚式に参加する場合にはぜひ参考にしてみてください。

また中国に入国すると、YouTubeやインスタを使えなくなります。

中国でもYouTubeやインスタを使う方法は下記の記事で紹介していますので、興味があればチェックしてみてください。

中国の結婚式で着る新郎新婦の衣装

新郎の衣装

中国の結婚式では、新郎の衣装は伝統的な文化と現代のスタイルが融合した特別なデザインが一般的です。一般的な新郎の衣装は、伝統的な礼服や西洋のスーツといった様々なスタイルがありますが、地域によって異なる要素が取り入れられることもあります。

伝統的な結婚式では、新郎が着る衣装には象徴的な意味が込められています。例えば、紅色や金色の装飾が施された衣装は縁起を担ぎ、幸福を象徴しています。また、龍や鳳凰の刺繍やデザインが取り入れられることもあり、これらは中国の伝統的なシンボルであり、縁起の良さや家族の繁栄を祈る意味が込められています。

一方で、都市部や現代的な結婚式では、新郎がシャープなスーツやタキシードを選ぶことも一般的です。しかし、これらのスタイルにも中国の文化やデザインが取り入れられ、例えば衿やボタンに伝統的な模様や色が取り入れられたり、小物に伝統的な要素がプラスされることがあります。

どのスタイルを選ぶにせよ、新郎の衣装は重要な意味を持ち、その選択には新郎自身の好みや家族の伝統、地域の習慣などが影響を与えています。結婚式当日、新郎の衣装は華やかで記憶に残るものとなり、新しい一生の始まりを祝福します。

新婦の衣装

中国の結婚式において、新婦の衣装は伝統的な美しさと現代のエレガンスが見事に融合されています。新婦のドレスは、地域や文化により異なるスタイルが存在し、一般的には色とりどりの装飾や独自のデザインが特徴的です。

伝統的な結婚式では、紅色のドレスが一般的であり、これは中国文化において繁栄や幸福を象徴する色とされています。新婦のドレスには金の刺繍やビーズが施され、龍や鳳凰といった伝統的なシンボルが描かれることがあります。これらのデザインは、結婚を祝福し、夫婦の調和や繁栄を願う意味が込められています。

一方で、近年では白やクリーム色のウェディングドレスが人気を集めています。これは西洋の結婚式の影響を受けたもので、純潔や清らかさを象徴しています。ただし、これらのドレスにも中国の要素が取り入れられ、伝統的な模様や装飾が施されたり、チャイナカラーが取り入れられたりすることが一般的です。

また、新婦はヘッドピースやジュエリー、引き裾などで装飾され、花嫁の美しさを引き立てます。新婦の衣装はその家族や地域の伝統、そして個々の好みによっても大きく異なります。いずれのスタイルであっても、新婦のドレスは結婚式において特別な存在となり、その美しさは一生の思い出として残ることでしょう。

中国の結婚式に参列する時の衣装選びの注意点

NGカラーは赤・白・黒

中国の結婚式に参列する際、衣装の選び方には特定の注意点があります。文化や習慣に敬意を払い、祝福の雰囲気を大切にするために、いくつかのNGカラーが存在します。その中で特に重要なのは、赤・白・黒の避けるべき色合いです。

まず、赤は一般的に結婚やお祝い事に使用される縁起の良い色ですが、結婚式では新郎新婦の伝統的なドレスが赤いことが一般的です。そのため、参列者が赤い服を選ぶと、新郎新婦の存在を引き立てることが難しくなり、避けるべきです。

白もNGカラーとされています。白は中国文化において葬儀や喪服に用いられる色であり、死者への哀悼の意を表します。結婚式では明るく楽しいイベントであるため、白い服は避け、喪服に見えないよう心がけるべきです。

さらに、黒も注意が必要な色です。黒は喪服の色として広く認識されており、結婚式では適切ではありません。喪失や悲しみを連想させる色合いが、祝福のイベントにはふさわしくありません。

結婚式に参列する際は、明るく、喜びに満ちた雰囲気を醸し出す色合いの衣装を選ぶことが大切です。これによって、新郎新婦やその家族に対する尊重と祝福の気持ちを表現できます。

髪の毛は下ろしていてもOK

中国の結婚式に参列する際、衣装だけでなく髪型についても注意が必要ですが、一般的には髪の毛を下ろしていても問題ありません。伝統的な中国の文化では、髪型に特定の規定があるわけではなく、参列者は個々の好みやスタイルに合わせて髪型を選ぶことが認められています。

一般的には、女性がドレスやチュニックなどで装いを整える場合、髪型に関しても自由度が高く、アップスタイルやハーフアップ、髪を下ろしたままなど、様々なスタイルが受け入れられています。こうした柔軟性があるため、参列者は自身の好みや快適なスタイルを選ぶことができます。

ただし、特別な場合や地域によっては、髪型に関するマナーや慣習が異なることがありますので、招待状や主催者からの指示に留意することも重要です。それによって、特別な要請や伝統的な慣習に沿ったスタイルを選ぶことができ、祝福のイベントにふさわしい雰囲気を演出することができます。

総じて言えることは、髪型についての基本的な制約は少なく、個々の好みやスタイルに合わせて選ぶことができるという点です。したがって、参列者は自分自身が快適で、同時に祝福の雰囲気を醸し出すようなスタイルを選ぶことができます。

黒スーツ+白ネクタイはNG

中国の結婚式に参列する際、衣装の選び方には慎重な注意が必要です。特に、黒のスーツに白いネクタイを組み合わせるスタイルは避けるべきです。これは文化的な意味合いから来るものであり、一般的に喪服や葬儀の際に用いられるスタイルであるため、結婚式の祝福の雰囲気とは合致しません。

黒のスーツは一般的に正装として受け入れられていますが、白いネクタイを添えると、喪服の印象を強調してしまう可能性があります。結婚式は喜びに満ち、明るいイベントであるため、参列者の服装も明るく、祝福の雰囲気を反映するよう心がけるべきです。

代わりに、男性の参列者は明るい色のネクタイやアクセサリーを取り入れたり、色とりどりのシャツを選んだりすることで、より適切な装いを構築することができます。地域や文化によっては、特定の伝統的な色やデザインが好まれることもあるため、招待状や主催者からの指示に留意することも重要です。

総じて言えることは、祝福のイベントである結婚式においては、服装の選択がその雰囲気に合ったものであることが大切です。結婚式に招かれる際には、地域の習慣や文化を尊重し、喜びと祝福を表現する適切な衣装を心がけましょう。

中国の結婚式に参列する時は高級レストランに行くような衣装でOK!

中国の結婚式において、参列者が選ぶべき衣装には幅広い選択肢がありますが、高級レストランに行く際のフォーマルな衣装が適切です。結婚式は特別で喜ばしいイベントであり、それに相応しい服装で祝福の気持ちを表現することが大切です。

男性の参列者は、シックで上品なスーツが良い選択となります。黒や濃紺のスーツは一般的に受け入れられていますが、明るめの色合いも許容されることがあります。シャツやネクタイは、高級感があり結婚式の雰囲気に合ったものを選ぶと良いでしょう。

女性の場合、エレガントなドレスやスーツが適しています。深めの色合いや華やかなデザインが好まれ、季節やイベントのスタイルに合わせたアクセサリーがアクセントとなります。ただし、新婦の白いドレスと被らないように気をつけることも大切です。

これらの衣装は、高級レストランに行くときのフォーマルなスタイルと共通する要素があります。結婚式は特別な日であり、参列者の衣装もその重要性にふさわしく、祝福の雰囲気を高めることが期待されます。

ただし、地域や文化によっては特有の慣習が存在するため、招待状や主催者からの指示を確認し、それに従うことも大切です。総じて言えることは、結婚式の雰囲気に合った、品のあるフォーマルな衣装を選ぶことが良い参列者としてのマナーとされています。

中国の結婚式に参加する時のご祝儀の目安

中国の結婚式に参加する際、ご祝儀は特別な意味を持ち、祝福の表れとして大切にされています。ご祝儀の相場や目安は、地域や習慣によって異なることがありますが、一般的な傾向や基準が存在します。

一般的に、参加者は新郎新婦に対して紅包(ホンバオ)と呼ばれる赤い封筒に入ったお金を贈ります。赤い色は中国文化において縁起の良い色とされ、結婚式では幸福や繁栄を願う象徴として使われます。贈り物の金額は、親しい関係や地域の慣習により左右されますが、一般的には少なくとも500元から始めることが一般的です。

親しい友人や親族、特に近い関係にある場合は、1,000元以上の金額を贈ることが一般的です。また、新郎新婦の経済的な状況や招待された結婚式の規模によっても、ご祝儀の金額が変動することがあります。

新郎新婦が挙式後に行う披露宴に参加する場合、ご祝儀は普通に贈ることが一般的です。ただし、披露宴が大規模で、参加者が多い場合は、贈り物を渡す際に新郎新婦や家族に手渡すのが一般的です。

ご祝儀の金額や贈り方は、地域や文化によって変わるため、参列前に主催者や地元の習慣について確認することが重要です。総じて言えることは、心からの祝福と感謝の気持ちを込めて、相手の喜びを祝福する形としてご祝儀が贈られることが一般的です。