Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国で使えるSIMカードおすすめ3選!【注意点や購入方法も紹介】

記事内に広告を含む場合があります
・中国で使えるおすすめのSIMカードは?
・どこで買えるの?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • 中国でスマホを使う方法
  • 中国で使えるSIMカード
  • 中国でSIMカードを使う時の注意点
  • 中国でSIMカードを買う方法

この記事では、中国で使えるおすすめのSIMカードを3つ紹介していきます。

どこでSIMカードを買えるのかも紹介していますので、中国旅行に来ている場合にはぜひ参考にしてみてください。

また中国に来ると「LINE」「YouTube」「SNS」などがすべて使えなくなるので、けっこう困りますよね。

けど「VPN」というものを使えば、いま中国にいる方でも5分ほどの作業で上記のアプリを使えるようになります。

ちなみに料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行ったときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、5分ほど作業をしてLINEやYouTubeを使えるようにしておくといいですよ。

では中国でもLINEやYouTubeなどを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

中国から日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使って中国から日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う

中国にいるとネット規制の影響でLINEやYouTubeを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、中国からでも日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は、いま中国にいる方でも5分ほどの作業でLINEやYouTubeを使えるようになります。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN 」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでLINEやYouTubeを使い始められます。

また通信速度も速いので、Google検索もサクサクできますし、YouTubeの再生でカクつくこともありません。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行で中国に来ている方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業をすればその後は好きなときに日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませて今日、明日、明後日の暇な時間を充実させるといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う
備考
この記事では「 NordVPN 」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイト にアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

日本のサーバーと接続

次にVPNを使って日本のサーバーと接続していきましょう。

備考
日本のサーバーとの接続方法も「NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

LINEやYouTubeを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通りLINEやYouTubeを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、問題なくLINEやYouTubeを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

中国でスマホを使う方法

中国のSIMカードを使う

中国でスマートフォンを利用する際には、現地の通信インフラを活用することが一般的です。これには、中国のSIMカードを取得し、スマートフォンに挿入する手順が含まれます。中国のSIMカードを使用することで、地元の通信事業者と契約し、その地域での通信サービスを利用することが可能です。

通常、中国国内でスマートフォンを利用するためには、中国の携帯通信事業者が提供するSIMカードが必要です。これには中国移動、中国聯通、中国電信などが含まれ、これらの通信事業者は全国規模でサービスを提供しています。SIMカードの取得は、通信事業者の店舗や各種販売代理店、空港などで行うことができます。

SIMカードを入手したら、スマートフォンのSIMカードスロットに挿入し、通信事業者との契約手続きを完了します。一般的な手順には、本人確認や料金プランの選択などが含まれます。これにより、中国国内での通話、テキストメッセージ、データ通信などを利用することができ、ローミング料金を抑えることができます。

中国のSIMカードを利用することで、滞在中にスムーズな通信が可能となり、観光やビジネスでの利便性が向上します。ただし、一部の国際通話やデータ通信に関する料金体系や規制があるため、事前に通信事業者の条件や制約を確認することが重要です。

国際ローミングを使う

中国でスマートフォンを利用する方法の一つに、国際ローミングを活用するという選択肢があります。国際ローミングは、自国の携帯通信事業者との契約に基づき、他の国での通信サービスを利用する仕組みです。

国際ローミングを利用する場合、まず出発前に自国の携帯通信事業者と契約を結び、国際ローミングサービスを有効にします。その後、中国に到着した際にスマートフォンを起動すると、現地の通信事業者との提携に基づき、自動的にその地域での通信サービスが利用できるようになります。

国際ローミングを利用するメリットは、現地でのSIMカードの入手手続きや言語の壁を気にせずに、自国の電話番号やデータ通信をそのまま使用できる点です。これにより、スムーズかつ便利な通信が可能となります。また、短期間の滞在や旅行の際には、SIMカードの購入手続きを省略できるため、手軽な選択肢となります。

ただし、国際ローミングは通信料金が高額になる場合があるため、事前に自国の通信事業者のローミングサービスに関する料金や利用条件を確認することが重要です。一部のデータ通信や通話には追加料金が発生する可能性があるため、注意が必要です。

海外旅行用のポケットwifiを借りる

中国でスマートフォンを利用する便利な方法の一つは、海外旅行用のポケットWi-Fiを借りることです。これは、移動中や滞在中にインターネット接続が必要な場合に役立つオプションです。

ポケットWi-Fiは、小型で携帯性が高く、通常はレンタルサービスを通じて利用できます。利用者は、事前に予約やオンラインで手続きを行い、指定の場所でデバイスを受け取ることができます。一度受け取れば、スマートフォンや他のデバイスと接続し、モバイルインターネットを利用できます。

この方法の利点は、現地でのSIMカードの購入や契約手続きを行わずに、容易にネットワーク接続を確保できることです。また、1つのポケットWi-Fiデバイスを複数のデバイスで共有できるため、同時に複数の端末で利用することが可能です。

ポケットWi-Fiの利用は、通信速度やデータ容量に関するプランによって異なりますので、事前にプランや利用条件を確認しておくことが重要です。また、デバイスの返却手続きも滞在中や帰国前に確認し、スムーズな利用を心掛けましょう。この方法は、一時的な滞在や短期旅行者にとって便利な選択肢となります。

ちなみにVPN機能付きのポケットwifiを借りれば、中国でもYouTubeを見たりインスタを投稿できるようになります。

詳しいやり方については下記の記事で紹介していますので、使いたいサービスの記事を参考にしてみてください。

中国のフリーwifiを使う

中国でスマートフォンを利用する際の手軽な方法の一つは、中国の無料Wi-Fi(フリーWi-Fi)を活用することです。中国では多くの公共場所や商業施設、観光地、交通機関などで無料でWi-Fiが提供されています。

これらの無料Wi-Fiは、一般に「中国移動」「中国聯通」「中国電信」などの主要な通信事業者によって提供されています。公共のスペースや観光地などでは、無料Wi-Fiのアクセスポイントが設置されており、利用者はこれらのネットワークに接続することで、インターネットにアクセスできます。

利用方法は簡単で、Wi-Fiの設定画面から利用可能なネットワークを選択し、指示に従って接続するだけです。ただし、一部の場所ではユーザーアカウントの作成や携帯電話番号の認証が必要な場合があります。

無料Wi-Fiを活用することで、通信料金を気にせずにインターネットを利用できるため、短期滞在や旅行者にとって便利な手段となります。ただし、セキュリティに配慮し、個人情報の入力や重要なトランザクションを行う際には注意が必要です。

中国で使えるSIMカードおすすめ3選!

中国移動(China Mobile)

中国で広く利用されている通信事業者の一つが「中国移動(China Mobile)」です。中国移動は、国内で最も広範な通信カバレッジを提供し、多くの地域で信頼性の高い通信サービスを提供しています。

中国移動は、主要都市から郊外や農村地域に至るまで、幅広いエリアで優れた通信インフラを展開しています。このため、観光地やビジネスの拠点など、様々な場所で中国移動のSIMカードを利用することができます。

中国移動では、通信事業者としての基本的なサービスだけでなく、プリペイドSIMやデータ専用SIMなど、さまざまなプランが提供されています。これにより、ユーザーは自分の通信ニーズに合わせて最適なプランを選択することができます。

また、中国移動のプリペイドSIMは、簡単な登録手続きで入手でき、リーズナブルな価格で通信サービスを利用することが可能です。一般的に、通信速度や通話品質にも優れており、中国内での滞在中において信頼性のある選択肢となります。

中国移動のSIMカードは、中国国内での移動やビジネスでスマートフォンを使用する際に、安定性と利便性を追求する上でおすすめの選択肢です。

中国聯通(China Unicom)

「中国聯通(China Unicom)」は、中国で幅広い通信サービスを提供している主要な通信事業者の一つです。中国聯通は、高い通信速度と広範なカバレッジを備え、主要都市や観光地などで信頼性のある通信サービスを提供しています。

中国聯通のSIMカードは、プリペイドSIMやデータ専用SIMなど、複数のプランが用意されており、ユーザーは自身の通信ニーズに応じて適切なプランを選択できます。通常、観光地やビジネスエリア、交通機関の拠点などで手軽に入手できるため、利用者にとって便利な選択肢となっています。

中国聯通の通信サービスは高い通信速度が特徴で、ユーザーはスマートフォンや他のデバイスをスムーズに利用できます。また、中国内での移動や観光、ビジネスでの利用に適しており、カバレッジの広さも一般的に高い評価を受けています。

簡単な登録手続きで入手できる中国聯通のSIMカードは、滞在中の通信ニーズに合わせた選択肢としておすすめです。通信料金や利用条件などを確認し、自分に最適なプランを選択することで、快適な通信環境を確保できます。

中国電信(China Telecom)

「中国電信(China Telecom)」は、中国で提供されている主要な通信事業者の一つで、高品質かつ信頼性のある通信サービスを提供しています。中国電信は、主に都市部や商業地域で幅広いカバレッジを持ち、通信インフラの整備が進んでいます。

中国電信のSIMカードは、プリペイドSIMやデータ専用SIMなど、様々なプランが用意されています。これにより、ユーザーは自分の通信ニーズに合わせて適切なプランを選択できます。中国電信は、通信速度や通話品質においても高水準の性能を誇り、ユーザーはスマートフォンや他のデバイスを快適に利用できます。

中国電信のSIMカードは一般的に、主要都市や商業地域、交通機関の拠点などで手に入れることができます。また、簡単な登録手続きで入手できるため、中国国内での滞在やビジネスでの利用において手軽で便利です。

中国電信の通信サービスは、高い信頼性と通信品質を求める利用者にとって適しています。通信料金やプランについて事前に確認し、自分に最適なSIMカードを選ぶことで、中国での滞在中においてスムーズな通信環境を実現できます。

中国でSIMカードを使う時の注意点

SIMフリースマホであることを確認する

中国でSIMカードを使用する際に注意が必要な点の一つは、利用するスマートフォンがSIMフリーであることを確認することです。以下に、そのポイントについて詳しく説明します。

中国でSIMカードを使用するためには、端末がSIMロックされていない、つまりSIMフリーである必要があります。SIMロックとは、携帯電話が特定の通信事業者のSIMカードしか受け付けないように制限されている状態を指します。SIMフリーのスマートフォンであれば、異なる通信事業者のSIMカードを利用することができます。

通常、海外で購入したSIMフリースマホは中国でも利用できますが、特定の通信事業者と契約して購入した端末は、その通信事業者以外のSIMカードを挿入できない可能性があります。したがって、中国での滞在中に自由に通信事業者を選択したい場合は、SIMフリーの端末を選ぶことが重要です。

スマートフォンがSIMフリーであることを確認するには、製品の仕様書や販売元の情報を確認するか、端末の設定画面からSIMロックの状態を確認することができます。これにより、中国での滞在中にスムーズかつ柔軟にSIMカードを利用できるようになります。

国際ローミングをONにしない

中国でSIMカードを使用する際に注意が必要な点の一つは、スマートフォンの国際ローミング設定をオフにすることです。以下に、そのポイントについて詳しく説明します。

通常、国際ローミングは、自国の通信事業者のネットワークが利用できない場合に、他国の通信事業者のネットワークを利用するための機能です。しかし、中国では地元の通信事業者のSIMカードを使用することが一般的であり、国際ローミングをONにしてしまうと高額なローミング料金が発生する可能性があります。

中国国内で通信サービスを利用するためには、中国の通信事業者が提供するSIMカードを購入し、スマートフォンに挿入する必要があります。国際ローミングをONにしてしまうと、自動的に他国の通信事業者のネットワークを探し始め、高額なローミング料金がかかる可能性があるため、事前にオフに設定しておくことが重要です。

スマートフォンの設定画面から国際ローミングをオフにし、中国のSIMカードを正しく挿入した後、通信事業者との契約手続きを完了すると、ローカルな通信サービスを正常に利用できるようになります。これにより、通信料金を抑えつつ、中国国内でスマートフォンを利用できるようになります。

データ使用量の大きいことはしない

中国でSIMカードを使用する際に注意が必要なポイントの一つは、データ使用量が大きくならないように注意することです。以下に、そのポイントについて詳しく説明します。

中国の通信事業者のSIMカードを利用する場合、データ使用量に関するプランがありますが、データ使用量が大きいと通信料金が増加する可能性があります。一部のプリペイドSIMでは、データ容量が制限されていることもあります。そのため、滞在中に大量のデータを使用する場合は、通信事業者のプランや利用条件を事前に確認し、適切なプランを選択することが重要です。

以下は、データ使用量を節約するための注意点です:

Wi-Fi利用の活用:
公共の場や観光地、宿泊施設などで提供されているWi-Fiを活用することで、データ使用を抑えることができます。

自動更新や同期の制限:
アプリケーションの自動更新やクラウド同期など、データを使用する自動プロセスを制限することで、予期せぬデータ使用を防ぐことができます。

データ節約モードの利用:
スマートフォンのデータ節約モードを有効にすることで、アプリやウェブページのデータ通信を最適化し、データ使用を最小限に抑えることができます。

オフラインマップの活用:
事前に必要な地図データをダウンロードし、オフラインで利用することで、現地でのナビゲーションにデータ通信を必要としません。

これらの注意点を考慮することで、データ使用を抑えつつ、通信事業者のSIMカードを効果的に利用できます。

中国のSIMカードを購入する方法

中国でSIMカードを購入する

中国でSIMカードを購入する際の一般的な手順は以下の通りです。

通信事業者の選択:

中国には主要な通信事業者として中国移動(China Mobile)、中国聯通(China Unicom)、中国電信(China Telecom)などがあります。これらの通信事業者から自分の利用ニーズに合ったプランやサービスを選択します。
販売場所の選定:

SIMカードは通常、通信事業者の直営店、エレクトロニクスストア、空港、観光地などで購入できます。特に都市部や観光地では、取引のしやすい場所が多く存在します。
身分証明書の用意:

SIMカードを購入する際には、身分証明書(パスポートなど)が必要なことがあります。通信事業者が法律や規制に基づき、顧客情報を確認するためです。
SIMカードの選択:

通信事業者の提供するさまざまなSIMカードの中から、自分の通信ニーズに合ったものを選びます。通常、データ通信専用のSIMカードや通話プランが提供されています。
SIMカードの購入と設定:

選んだSIMカードを購入し、通信事業者の店舗や代理店で設定を行います。店員が必要な手続きを案内してくれることが一般的です。
料金の支払い:

SIMカードの購入には一定の費用がかかります。現金やクレジットカードで支払いを行い、利用したい通信サービスの料金も同時に支払います。
通信サービスの利用開始:

上記の手順が完了すると、購入したSIMカードが有効になり、通信サービスの利用が開始されます。スマートフォンにSIMカードを挿入し、設定を行うことで、中国国内での通信が可能となります。
中国でSIMカードを購入する際には、通信事業者のポリシーや規制に留意しながら、自分のニーズに合わせたプランを選ぶことが重要です。

日本で中国旅行用のSIMカードを購入する

中国での旅行用にSIMカードを購入する方法は、日本国内で手順を踏むことが一般的です。以下はその一般的な流れです。

日本国内で購入:

中国旅行用のSIMカードは、日本国内の携帯電話ショップ、百貨店、電子機器販売店、オンラインショップなどで購入できます。また、旅行代理店やオンラインプラットフォームでも取り扱われていることがあります。
通信事業者やプランの選択:

購入前に、中国で利用できる通信事業者や各プランについて調査し、自分の通信ニーズに合ったものを選択します。通常、データ容量や有効期限、通話可能エリアなどがプランに含まれています。
料金の支払い:

SIMカードを購入する際には一定の料金がかかります。クレジットカードや現金などで支払いを行い、領収書や利用規約を確認しましょう。
身分証明書の提出:

一部のSIMカード購入では、身分証明書(パスポートなど)の提出が必要な場合があります。これは、通信事業者が法律や規制に基づいて顧客情報を確認するためです。
受け取りと設定:

購入したSIMカードは、通信事業者が指定する方法で手に入れることができます。受け取ったSIMカードをスマートフォンに挿入し、通信事業者が提供する指示に従って設定を行います。
中国での利用:

到着後、中国にてスマートフォンに挿入したSIMカードが有効になり、通信サービスを利用できるようになります。有効期限やデータ残量などを確認し、必要に応じてリチャージなどを行います。
中国旅行用のSIMカードを日本で購入する際には、事前に各通信事業者やプランについて調査し、旅行中に必要な通信サービスを確保できるようにしましょう。