Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国のホテルにあるアメニティ・備品【5つのホテルの実例を紹介!】

記事内に広告を含む場合があります
・中国のホテルにもアメニティはある?
・あるとしたらどんな備品があるの?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • 中国のホテルにアメニティはある?
  • 中国のホテルにあるアメニティ、備品

この記事では、中国のホテルにあるアメニティ・備品を実例を交えながら紹介していきます。

これから中国に旅行する方であれば気になる内容だと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

また中国に行くと、ネット規制の影響で「LINE」「YouTube」「SNS」などがすべて使えなくなります。

ただ「VPN」というものを使えば、中国にいても上記のアプリを使えるようになります。

ちなみにVPNとの接続は5分ほどで終わり、料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行くときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、旅行前にVPNとの接続を済ませて中国でもLINEやYouTubeを使えるようにしておくといいですよ。

では中国でもLINEやYouTubeなどを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

中国から日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使って中国から日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う

中国にいるとネット規制の影響でLINEやYouTubeを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、中国からでも日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は5分ほどの作業だけでOKです。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでVPNとの接続ができます。

また通信速度も速いので、Google検索もサクサクできますし、YouTubeの再生でカクつくこともありません。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行で中国に行く方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業しておけば中国でも日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませておくといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. LINEやYouTubeを使う
備考
この記事では「 NordVPN」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイトにアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

ここまでで日本でやる作業は一旦終わりです。

日本のサーバーと接続

次に日本のサーバーとの接続方法を紹介していきます。

中国でもスムーズに日本のサーバーと接続できるように、事前に予習しておくのがおすすめです。

中国に行ったら、これから紹介することをやればOKというわけです!
備考
日本のサーバーとの接続方法も「 NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

LINEやYouTubeを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通りLINEやYouTubeを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、中国でも問題なくLINEやYouTubeを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

中国のホテルにアメニティ・備品はある?

中国のホテルにもアメニティや備品はあります。

例えば「歯ブラシ」「タオル」「ドライヤー」といった感じですね。
備考
具体的なアメニティについては後ほど詳しく紹介します。

もちろん中国のどのホテルも同じアメニティが用意されているのではなく、ホテルによって用意されているものは違います。

格安ホテルに泊まる場合には、アメニティのバリエーションにはそれほど期待しないほうが良いかと。

4つ星ホテルや5つ星ホテルなんかだと、日本の高級ホテルと同じようなアメニティが用意されてますね

上海のホテルにはアメニティがない

上海のホテルでは、2019年7月から環境保護を目的にアメニティの提供をストップしています。

具体的には、下記のようなアメニティの提供が廃止されています。

廃止されたアメニティ
  • 歯ブラシ
  • クシ
  • ボディタオル
  • カミソリ
  • 爪ヤスリ
  • 靴磨き用の布
これらのアメニティは、グレードの高いホテルにも用意されていませんね

この取り組みは今のところ上海だけですので、「香港」や「北京」のホテルには上記のアメニティも用意されています。

上海のホテルに泊まる場合には、ホテルのアメニティ類はすべて持参するのがおすすめです。

招待所にはアメニティがある?

中国の招待所には基本的にアメニティは用意されていません。

歯ブラシやカミソリといった消耗品はもちろん、タオル類も用意されていないことがほとんどです。

もし招待所に泊まる予定であれば、身だしなみを整えるものはすべて日本から持参するのがおすすめ。

じゃないと全部中国で買うはめになりますので、滞在費が高くついてしまいます。

中国のホテルにあるアメニティ・備品

中国のホテルに用意されているアメニティや備品は、それぞれのホテルごとに違います。

とはいえどんなアメニティが用意されているのかなんとなくでも気になると思いますので、いくつかのホテルをピックアップして用意されているアメニティを紹介したいと思います。

ヒルトン 北京 王府井

ヒルトン王府井に用意されているアメニティは、下記のとおりです。

ヒルトン王府井のアメニティ
  • バスローブ
  • バスアメニティ
  • ドライヤー
  • タオル
  • コーヒー/ティーメーカー
  • 電気ケトル
  • ミネラルウォーター
  • ミニバー
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • アイロン/アイロン台
  • セーフティボックス
  • スリッパ
  • 無料WiFi
さすが5つ星ホテルだけあって、アメニティも充実していますね

ヒルトン王府井だと、日本のホテルに用意されているようなアメニティはすべて揃っているはずです。

ランガム・プレイス広州

ランガム・プレイス広州に用意されているアメニティは、下記のとおりです。

ランガム・プレイス広州のアメニティ
  • バスローブ
  • バスアメニティ
  • ドライヤー
  • タオル
  • ミネラルウォーター
  • ミニバー
  • スリッパ
  • セーフティボックス
  • 無料WiFi
  • ベビーベッド
  • テレビ
  • DVDプレイヤー
  • デスク/デスクチェア
  • 電源アダプタ/充電器
  • ガイドブック
  • アイロン/アイロン台
ランガム・プレイス広州も5つ星ホテルですので、アメニティは充実していますね

ランガム・プレイス広州も、日本のホテルと同じようなアメニティが用意されています。

北京プディホテル

北京プディホテルに用意されているアメニティは、下記のとおりです。

北京プディホテルのアメニティ
  • バスローブ
  • バスアメニティ
  • ドライヤー
  • タオル
  • エスプレッソマシン
  • ミネラルウォーター
  • ミニバー
  • テレビ
  • DVDプレイヤー
  • アイロン/アイロン台
  • デスク
  • セーフティボックス
  • スリッパ
  • 無料WiFi

北京プディホテルは4つ星ホテルなのですが、アメニティ類は5つ星ホテルとなんら変わりないです。

アメニティの充実度だと、5つ星ホテルと4つ星ホテルはそれほど差がないと思います。

ザ・オットーホテル

ザ・オットーホテルに用意されているアメニティは、下記のとおりです。

ザ・オットーホテルのアメニティ
  • バスアメニティ
  • ドライヤー
  • タオル
  • コーヒー/ティーメーカー
  • 電気ケトル
  • ミネラルウォーター
  • ミニバー
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • アイロン/アイロン台
  • セーフティボックス
  • スリッパ
  • 無料WiFi
ザ・オットーホテルは3つ星のホテルなのですが、基本的なアメニティは揃っている印象ですね

3つ星の「ザ・オットーホテル」と5つ星の「ヒルトン王府井」では、用意されているアメニティがほぼ同じです。

アメニティのバリエーションだけなら、5つ星ホテルと3つ星ホテルは遜色ないと言えます。

Beijing Mengfei Hotel

Beijing Mengfei Hotelに用意されているアメニティは、下記のとおりです。

Beijing Mengfei Hotelのアメニティ
  • ドライヤー
  • タオル
  • 電気ケトル
  • ミネラルウォーター
  • ティーバッグ/インスタントコーヒー
  • テレビ
  • デスク
  • 電源アダプタ/充電器
  • 洗濯機
  • 洗濯洗剤
  • スリッパ
  • 無料WiFi
バスアメニティがないのが気になりますが、それ以外の基本的なアメニティは揃ってる印象ですね

Beijing Mengfei Hotelは2つ星のホテルなのですが、そこまでアメニティ類がひどいといったことはありません。

むしろ高級ホテルにはなかった洗濯機がついていますので、人によってはBeijing Mengfei Hotelのほうが良いかもしれません。

中国のビジネスホテルでも、アメニティ類は十分充実していると思います。

中国のホテルもアメニティや備品は充実している!

これで「中国のホテルにあるアメニティ」の内容は終わりです。

中国のホテルもアメニティや備品は充実しています。

3つ星以上のホテルであれば日本のホテルと同じようなアメニティが用意されていますので、シャンプーやリンスなどは持参しなくても平気そうです。

ただ上海のホテルにはあまりアメニティ類がありませんので、その点だけは注意しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。