Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

中国の世界遺産13コ【中国旅行に行くならココ!】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、中国の世界遺産を13コ紹介していきます。

それぞれのスポットの特徴などを紹介していますので、これから中国に旅行を計画する場合にはぜひチェックしてみてください。

また中国に入国すると、YouTubeやインスタを使えなくなります。

中国でもYouTubeやインスタを使う方法は下記の記事で紹介していますので、興味があればチェックしてみてください。

中国の世界遺産13コ【2024年最新!】

莫高窟

中国に位置する莫高窟(Mogao Caves)は、その壮大な美しさと歴史的な重要性により、世界遺産として認定されています。莫高窟は、甘粛省敦煌市に位置し、約1,000以上もの洞窟と数千もの仏像、壁画、仏教の経典が保存されています。

この地域は、4世紀から14世紀にかけての仏教の隆盛期に栄え、巧妙に装飾された洞窟が築かれました。これらの洞窟には、仏陀の教えや仏教の歴史を描いた精緻な壁画があり、仏像も様々な形態で彫刻されています。これらの芸術的な表現は、当時の宗教的な信仰と文化の融合を象徴しています。

莫高窟は、千年以上にわたり風雨や地震などの自然災害に耐えながら、その美しさを保ち続けています。1987年には、ユネスコによって世界遺産に登録され、世界中から多くの観光客や研究者が訪れています。

莫高窟は、中国の歴史と仏教文化の豊かな遺産を証明する場所として、その存在感をいまなお放っていません。訪れる者を感動させる美と歴史が、この地域を特別な存在にしています。

万里の長城

中国に広がる万里の長城(Great Wall)は、その堂々たる姿勢と歴史的な意義により、中国を代表する世界遺産の一つとされています。長城は、中国の北部を横断し、山や峡谷を越えながら、数千キロメートルにわたって広がっています。

長城の建設は、紀元前7世紀から始まり、主に中国の各王朝によって拡張され続けました。その主な目的は、異民族の侵入を防ぐことであり、要塞や瞭望台が建てられ、兵士たちが配置されました。長城はその機能を果たすだけでなく、その美しさと壮大なデザインでも称賛を受けています。

万里の長城は、歴史の中で何度も修復や再建が行われ、その姿勢は時代を超えて中国の誇りとなっています。1987年には、ユネスコによって世界遺産に登録され、その重要性が国際的に認められました。

訪れる者は、長城の上を歩きながら歴史の奥深さを感じ、壮大な景色に圧倒されることでしょう。中国の万里の長城は、単なる防壁を超えて、文化と歴史の架け橋として、今なお世界中から注目を集めています。

頤和園

中国の頤和園(Summer Palace)は、その美しい風景と歴史的な背景から、中国の世界遺産の一つとして称賛されています。北京市に位置するこの庭園は、清代の乾隆帝によって建設され、その後も様々な改修や拡張が行われました。

頤和園は、広大な敷地内に湖や山、橋、建物などが配置され、美しさと調和を追求した景観庭園として知られています。園内には、青翠な木々や美しい花卉、風光明媚な風景が広がり、四季折々の美しさが楽しめます。また、昆明湖と呼ばれる大きな湖も園内に取り込まれており、その景色は圧巻です。

頤和園は、中国の皇室が夏の避暑地として使用していた歴史的な建造物も含まれています。その中でも、大規模で美しく装飾された建築物や長廊、彫刻などが特に注目されています。頤和園は、中国の伝統的な庭園デザインと宮殿建築の優雅な融合を見事に示しています。

1998年には、頤和園はユネスコによって世界遺産に登録され、その文化的な価値と美しさが国際的に認識されました。訪れる者は、頤和園で自然と人工が共存する壮大な楽園を満喫し、中国の歴史と文化に触れることができるでしょう。

天壇

中国の天壇(Temple of Heaven)は、その神聖な雰囲気と独特の建築様式により、中国の世界遺産として認定されています。北京市に位置し、明代の永楽帝によって建設された天壇は、中国の皇帝が年に一度祭祀を行う場所として知られています。

天壇の中心にある「祈年殿」は、円形の青い瓦が特徴的な建物で、そのデザインは宇宙の調和を象徴しています。皇帝はここで祭祀を行い、豊穣な収穫や国家の平和を祈願しました。その祭祀は、天と地の間で皇帝が天命を受ける儀式であり、その厳かな雰囲気は中国の歴史と文化に深く根ざしています。

天壇の広大な敷地には、他にも祈りの場や仏寺、美しい庭園が広がっており、訪れる者は歴史的な建築物や自然との調和を感じることができます。1998年には、天壇はユネスコによって世界遺産に登録され、その建築的な優雅さと歴史的な重要性が国際的に讃えられました。

天壇は中国の宗教的・文化的な遺産として、今もなお多くの観光客や信者にとって訪れる価値のある場所とされています。

五台山

中国の五台山(Mount Wutai)は、その雄大な山々と仏教の聖地としての重要性から、世界遺産に認定されています。五台山は、山西省に位置し、五つの主要な峰が独特な景観を作り出しています。

この地域は、仏教の寺院や修道院が林立することで知られており、五台山は仏教の宗派に関わらず多くの信者や修行者にとって重要な巡礼地となっています。仏教の教えを広めるための寺院や仏像は、山の中腹や頂上、谷間に点在しており、歴史的な価値と美しさが融合しています。

五台山はまた、その自然の美しさでも知られています。四季折々の風景が楽しめ、特に秋の紅葉が美しい時期には多くの観光客が訪れます。山岳地帯にありながら、自然と仏教の文化が調和しており、その絶妙なバランスが五台山の魅力の一環です。

2009年には、五台山はユネスコによって世界遺産に登録され、その仏教的な意味合いと自然の美しさが国際的に評価されました。五台山は、中国の豊かな歴史と宗教的な伝統を感じさせながら、訪れる者に癒しと静寂をもたらす特別な場所となっています。

兵馬俑

中国の兵馬俑(Terracotta Army)は、その驚異的な規模と歴史的な意味から、中国の世界遺産として著名です。陝西省の西安市近郊で発見され、始皇帝陵の一部として建造されたこの軍事の彫刻群は、紀元前3世紀の秦代に遡ります。

兵馬俑は、秦始皇帝の陵墓を守るために制作されたもので、膨大な数の兵士や馬、戦車が精巧に彫刻されています。これらは生身の軍隊を模したものであり、武器や甲冑、顔の表情まで細部にわたってリアルに再現されています。各兵馬俑は異なるポーズや役割を持ち、軍の組織構造や戦闘態勢を知る上で貴重な資料となっています。

1974年に農夫が偶然発見され、以来、数々の発掘調査が行われています。兵馬俑の発見は、中国の歴史の中で一つの驚異的な出来事とされ、その膨大な数と細密な制作技術は世界中で注目を集めました。1987年には、ユネスコによって世界遺産に登録され、その歴史的な重要性が国際的に認識されました。

兵馬俑は、中国の古代文明の繁栄と軍事力を象徴し、現代の人々に歴史の奥深さを伝えています。訪れる者は、その壮大な彫刻と歴史の謎に思いを馳せつつ、秦代の雄大な軍事力を垣間見ることができます。

シルクロード

中国のシルクロードは、その長い歴史と異なる文化の交流により、世界遺産として認定されています。この古代の貿易路は、東西の文明が出会い、交流し、発展するための重要な架け橋となりました。シルクロードは単なる交易路だけでなく、異なる宗教、言語、芸術、科学の発展にも寄与しました。

シルクロードの起源は紀元前2世紀に遡り、中国から地中海まで広がるネットワークで構成されていました。この道はシルクや香辛料、宝石などの商品が運ばれ、文明の発展と文化の融合が進みました。また、宗教や哲学、技術、医学などもこの道を通して伝えられ、さまざまな文明が交わりました。

シルクロードは中国を含む多くの国々が協力してユネスコによって200世界遺産に登録されました。これは、異なる文化や宗教が融合し、共存した歴史的な場所として評価されています。シルクロードは、多様性と対話がもたらす豊かな文化遺産の象徴であり、その存在は古代と現代をつなぐ架け橋となっています。

龍門石窟

中国の龍門石窟(Longmen Grottoes)は、その壮大な岩の中に刻まれた仏教の彫刻と芸術作品により、中国の世界遺産の一つとして輝いています。洛陽市近郊に位置し、北魏から唐代にかけての約400年にわたり、多くの仏像や浮彫が制作されました。

石窟群は、龍門渓谷の崖に広がり、大小さまざまな洞窟に仏像や浮彫が配置されています。これらの彫刻は、仏陀の教えや仏教の歴史を象徴的に表現しており、その芸術的な表現力と細密な仕事ぶりは絶賛を受けています。大小様々な仏像や浮彫の中には、仏陀だけでなく、観音菩薩や文殊菩薩など様々な仏教の守護神も描かれています。

龍門石窟は、中国仏教の栄えた時代において、仏教芸術が最高潮に達した場所の一つとされています。1990年には、ユネスコによって世界遺産に登録され、その文化的な重要性が国際的に認識されました。

訪れる者は、龍門石窟で芸術と信仰が見事に融合した岩の宝庫を堪能できます。岩肌に刻まれた仏教の教えや神聖な存在が、時を超えて今なお訪れる人々に深い感銘を与え続けています。

泰山

中国の泰山(Mount Tai)は、その優美な景観と文化的な意味から、中国の世界遺産として称賛されています。山東省に位置し、歴史的な遺跡や自然の美しさが調和したこの山は、中国の五岳の中で最も高く、古くから「天下第一峰」と讃えられています。

泰山は、中国の歴史と文化に深く根ざした重要な場所であり、多くの文学や芸術作品にも登場します。古代の皇帝たちは登拝の儀式を行い、泰山を神聖視していました。泰山の頂上には、儒教や道教の寺院や祭祀の場が建てられ、これらは歴史的な価値と宗教的な意味を持っています。

山の中腹には、石刻で彫られた歴代の詩や文章が残り、これらは泰山への讃辞や登山の感動を伝えています。特に「玉皇顶」(玉皇頂)や「南天门」などの景勝地は、訪れる者に壮大な自然美を味わわせてくれます。

1987年には、泰山はユネスコによって世界遺産に登録され、その自然の美しさと歴史的な価値が国際的に評価されました。登山者や観光客が泰山を訪れ、その頂上から見る日の出や山々の雄大な風景は、中国の誇りとして多くの人々に感動と敬意を抱かせています。

九寨溝

中国の九寨溝(Jiuzhaigou Valley)は、その絶景と自然の美しさにより、中国の世界遺産として輝いています。四川省に位置し、多様な湖や滝、彩り豊かな池、雄大な山々から構成されるこの地域は、自然と文化の調和が見事に表れています。

九寨溝は、その美しい風景とクリアな水、豊富な植生で知られており、特に秋の紅葉が一際美しく、観光客を引き寄せます。湖や池の底には、美しい青や緑の色合いが広がり、まさに絵画のような風景が広がっています。また、瀑布や雪山もこの地域の美しさを引き立てています。

九寨溝は同時に、チベット文化との深い関わりも持っています。地域にはチベット族の伝統的な建築物や寺院もあり、その文化的な要素が風景と一体化しています。訪れる者は、美しい自然環境だけでなく、この土地に息づく文化の奥深さも感じることができます。

1992年には、九寨溝はユネスコによって世界遺産に登録され、その天然の美と文化的な重要性が国際的に認識されました。九寨溝は、中国の誇りであり、訪れる者に感動的な自然体験と文化的な発見を提供しています。

黃山

中国の黄山(Mount Huangshan)は、その特異な岩峰、奇怪な松、霧に包まれた風景で知られ、中国の世界遺産として誇り高く立っています。安徽省に位置し、数々の詩や絵画に描かれ、文学や芸術のインスピレーションとなっています。

黄山は四季折々の美しい風景で訪れる者を魅了しています。春には桜や梅が咲き誇り、夏には翠緑の樹々が山々を覆い、秋には紅葉が峰々を彩り、冬には雪景色が幻想的な風景を生み出します。その美しさは、中国の風景画や詩の中でしばしば歌われてきました。

黄山の美しさは、その奇怪な峰々や急峻な崖、断崖絶壁に象徴されます。特に「三清山」「蓮花峰」「光明頂」など、個々の山峰にはそれぞれ異なる形状と神秘的な雰囲気があります。黄山にはまた、奇石や古い松、渓谷、湖など多様な自然美が詰まっており、そのすべてが絶え間ない美のシンフォニーを奏でています。

1990年には、黄山はユネスコによって世界遺産に登録され、その自然の美と文化的な価値が国際的に認識されました。黄山は、中国の風景美の象徴として、世界中から多くの観光客やアーティストを魅了し続けています。

武陵源

中国の武陵源(Wulingyuan)は、その奇岩怪石と美しい風景で知られ、中国の世界遺産として認定されています。湖南省に位置し、四千以上もの独特な砂岩の峰々、深い谷、美しい川が特徴です。武陵源は、自然と歴史が見事に調和した神秘的で幻想的な風景を提供しています。

この地域は、『アバター』のロケ地としても知られ、その圧倒的な美しさはまさに異世界のようです。高さ200メートル以上にもなる峰々や石柱は、風雨や自然の力によって創り出された奇跡ともいえる地形です。武陵源は、「天子山」や「袁家界」など、独特の地名で呼ばれる地域が複数あり、それぞれ異なる風景と歴史的な価値を有しています。

武陵源一帯は、数千年にわたり人々によって利用され、仏教寺院や古い村々なども点在しています。また、地域には歴史的な伝説や神話に由来する文化的な遺産も多く残されています。

1992年には、武陵源はユネスコによって世界遺産に登録され、その自然の美と歴史的な背景が国際的に認識されました。武陵源はまさに神秘の大地であり、訪れる者を自然の魅力と歴史の謎めいた雰囲気に満たしています。

福建土楼

中国の福建土楼(Fujian Tulou)は、その独特な円形・方形の土造りの建築と歴史的な価値により、中国の世界遺産として輝いています。福建省に広がるこの土楼は、主に南靖や永定といった地域に集中しており、土木構造と石材の組み合わせが特徴です。

福建土楼は、主に清朝時代から民国時代初期にかけて築かれ、先住の土楼の建築様式を取り入れながらも、独自の特徴を備えています。これらの建物は、通常、円形または方形の外形を持ち、厚い土壁と石材で構築され、内部には中央に天井が開いた中庭があります。これにより、住居や食堂、祭壇などが一体となり、共同体としての機能を果たしています。

福建土楼は、地域の歴史や文化、社会構造を反映しており、その建築様式は独自かつ美しさに富んでいます。これらの土楼は、共同体生活の中での防御と連帯の象徴としての役割も果たしており、その歴史的背景が建築に息づいています。

2008年には、福建土楼はユネスコによって世界遺産に登録され、その独自性と歴史的な価値が国際的に認識されました。福建土楼は、中国の建築美と歴史の重みを感じさせ、訪れる者に独特な魅力を提供しています。