Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

犬はアメリカに連れて行ける?【渡航条件を紹介!】

記事内に広告を含む場合があります
・犬はアメリカに連れていける?
・どんな準備をすればいいの?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • 犬はアメリカに連れていける?
  • 犬を連れていくための渡航条件
  • 犬を連れていく時の注意点
  • 犬以外に連れていける動物

この記事では、犬はアメリカに連れて行けるのかを紹介していきます。

犬を連れていくための準備方法についても紹介していますので、ペット同伴でアメリカ旅行を計画している場合にはぜひチェックしてみてください。

またアメリカに行くと、地域制限の影響で一部の日本のアプリが使えなくなります。

例えば「動画配信サービス」「マンガアプリ」「ゲームアプリ」などは、ほとんどのアプリが使えなくなってしまいますね。

ただ「VPN」というものを使えば、アメリカにいてもすべての日本のアプリを使えるようになります。

ちなみにVPNとの接続は5分ほどで終わり、料金はかかりません。無料です。

僕も海外旅行に行くときは、この方法で日本のアプリを使っています!

具体的な手順は下記のメニューをタップすれば読めますので、旅行前にVPNとの接続を済ませてアメリカでも日本のアプリを使えるようにしておくといいですよ。

ではアメリカでも日本のアプリを使う方法について詳しく紹介していきますね。

そもそもVPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の略で、誰にも通信を傍受されないセキュリティ性の高い回線のこと。

またVPNには世界各国のサーバーに接続できる特徴もありますので、世界のどこにいても日本の回線と接続できます。

アメリカから日本のアプリを使う場合は、2つ目の特徴の「世界のどこにいても日本の回線と接続できる」という点が重要になります!

このVPNを使ってアメリカから日本のアプリを使う方法をざっくり説明すると、次のような感じ。

VPNを使った手順
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. 日本のアプリを使う

アメリカにいると地域制限の影響で一部の日本のアプリを使えなくなります。

しかしVPNを使って日本のサーバーに接続すれば、日本から通信をしているのと同じ状況を作り出せます。

したがって、アメリカからでもすべての日本のアプリを使えるようになるわけです。

この方法は5分ほどの作業だけでOKです。

VPNには下記のようにいくつかのサービスがあります。

おすすめのVPN

おすすめは「 NordVPN」ですね。

NodeVPNは使い方が超簡単で、早い人なら5分ほどでVPNとの接続ができます。

また通信速度も速いので、動画を見てもカクつくことはありませんし、ゲームもスムーズにロードできます。。

NodeVPNは僕も実際に使い続けているVPNです!いままで使ってきてトラブル0ですので、信頼性も十分かと

ちなみにNordVPNは30日間の全額返金保証があります。

旅行でアメリカに行く方であれば「滞在期間中だけ契約して帰国したら返金」といったこともできますので、無料で日本のアプリを使えます。

ポイント
僕も実際に返金をしてみたところ、無事に返金を受けられました。

たった5分くらい作業しておけばアメリカでも日本のアプリを使えるようになりますので、サクッとVPNとの接続を済ませておくといいと思います。

では実際にVPNを使って日本のアプリを使う手順を紹介していきます。

最初に大まかな手順を紹介しておきますね。

大まかな手順【5分】
  1. VPNと契約
  2. 日本のサーバーと接続
  3. 日本のアプリを使う
備考
この記事では「 NordVPN」を例に手順を紹介していきます。

VPNと契約

まずはVPNと契約していきます。

1.NordVPNの公式サイトにアクセス

2.「NordVPNを購入」をタップ

NordVPNを購入

3.契約したいプランの購入ボタンをタップ

ポイント
プランは一番下位の「スタンダードプラン」で十分。
短期滞在の方
は「スタンダードプラン:1ヶ月」でOK。長期滞在の方は「スタンダードプラン:12ヶ月」とかがおすすめ。
(30日以内の返金申請で、支払った金額の全額が返ってきます)
契約したいプランの購入ボタンをタップ

4.「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力。「続ける」をタップすると、NordVPNの契約が完了

「メールアドレス」と「クレジットカード情報」を入力

ここまでで日本でやる作業は一旦終わりです。

日本のサーバーと接続

次に日本のサーバーとの接続方法を紹介していきます。

アメリカでもスムーズに日本のサーバーと接続できるように、事前に予習しておくのがおすすめです。

アメリカに行ったら、これから紹介することをやればOKというわけです!
備考
日本のサーバーとの接続方法も「 NordVPN」を例に紹介していきます。

1.NordVPNのアプリをダウンロード

NordVPNのアプリをダウンロード

2.NordVPNのアプリを開いて「ログイン」をタップ

ログイン

3.利用規約に同意したら「同意して続行」をタップ

同意して続行

4.登録時に入力したメールアドレスを記入し「続行」をタップ

続行

5.パスワードを入力して「ログイン」をタップ

パスワードを入力

6.ログインに成功したら、サーバー一覧から「Japan」を選択。これで日本のサーバーとの接続が完了

Japan

日本のアプリを使う

日本のサーバーと接続できたら、あとは普段通り日本のアプリを使えばOKです。

日本のVPNサーバーに接続している間は、アメリカでも問題なくすべての日本のアプリを使えるはずです。

ここまでですべての手順が終了です。おつかれさまでした!

犬はアメリカに連れていける?

アメリカへの旅行や移住を考える際、ペットとしての愛犬を連れていくことは多くの飼い主にとって重要な問題です。アメリカでは基本的に犬を連れていくことが可能ですが、いくつかの重要なポイントがあります。

まず第一に、アメリカへの犬の輸送には一定の手続きが必要です。通常、獣医師が発行した健康証明書やワクチン証明書が求められます。これには狂犬病ワクチンの接種が含まれていることが一般的です。また、航空機を利用する場合は、航空会社の規定にも従う必要があります。事前に確認し、必要な書類や手続きを適切に整えておくことが大切です。

次に、アメリカでは各州や自治体によってペットの持ち込みに関する規則が異なります。一部の地域では狂犬病の検疫や追加の予防接種が必要とされることがあります。したがって、目的地や経由地域の法規を確認し、遵守することが必要です。

さらに、アメリカでは一部の犬種や大型犬に対して、特定の制約や規制が存在することもあります。航空機での輸送や一時的な滞在だけでなく、永住を考える場合は、地元の動物福祉団体や自治体に確認を行うことが重要です。

総じて、アメリカへの犬の連れていきは可能ですが、計画的かつ慎重な手続きが求められます。事前に確認と計画を行い、ペットと共に安全で快適な旅を過ごすように心掛けましょう。

犬をアメリカに連れて行くための渡航条件

識別用のマイクロチップの装着

アメリカへの犬の連れて行きを検討する際、重要な渡航条件の一つが識別用のマイクロチップの装着です。これは、犬の身元を確認し、迷子になった場合でも飼い主との再会を助けるための重要な手段となっています。

アメリカへの犬の持ち込みにおいては、国際的な動物輸送の基準に則り、マイクロチップの使用が一般的に要求されます。このマイクロチップには、犬の所有者や連絡先情報がデータベースに登録されており、獣医師や保健官が必要な情報を簡単に取得できるようになっています。

犬のマイクロチップ装着には、通常は獣医師が行います。このプロセスは痛みが少なく、犬にとっては比較的負担が少ない方法です。マイクロチップの規格や周波数などについては、国際的な標準が存在するため、搭乗前に確認しておくことが重要です。

また、マイクロチップだけでなく、狂犬病ワクチンの接種歴や健康証明書なども必要な場合があります。これらの条件はアメリカの法令や航空会社の規定に基づくものであるため、事前に確認し、適切な手続きを踏むことが重要です。

犬をアメリカに連れて行く際には、これらの渡航条件を満たすことで、順調で安全な旅行が期待できます。ペットの健康と安全を最優先に考え、計画的に手続きを進めることが重要です。

狂犬病の予防接種

アメリカへの犬の連れて行きを検討する際に欠かせない渡航条件の一つが、狂犬病の予防接種です。このワクチン接種は、アメリカ国内の動物衛生規制に則り、国際的な動物輸送の基準を満たすために必要な措置の一環となっています。

狂犬病は感染力が非常に高い恐ろしい病気であり、犬を含む動物たちに深刻な健康被害をもたらす可能性があります。そのため、アメリカへのペットの持ち込みに際しては、飼い主は犬に対して狂犬病の予防接種を施すことが求められます。

狂犬病予防接種は、通常、獣医師によって行われ、その後に発行されるワクチン証明書が旅行や輸送時に必要となります。この証明書には、ワクチン接種の日付や有効期限、獣医師の署名などが含まれています。アメリカへの到着前には、このワクチン証明書を航空会社や入国審査官に提出する必要があります。

狂犬病予防接種だけでなく、他にも連れて行く犬の身元確認のためのマイクロチップの装着や、健康証明書の取得などが必要な場合もあります。これらの条件を遵守し、事前に確認した上で計画的に手続きを進めることが、安全かつ順調な犬のアメリカ連れて行きを実現するために不可欠です。

狂犬病の抗体検査証明書の取得

アメリカへ犬を連れて行く場合、狂犬病の予防対策として狂犬病の抗体検査証明書を取得することが不可欠です。この手続きは、国際的な動物輸送の規制に基づいており、犬の健康状態を確認し、狂犬病の予防対策を徹底するための一環となっています。

まず、飼い主は獣医師と相談し、犬に狂犬病の予防接種を施します。その後、一定の待機期間を経て、狂犬病の抗体検査が行われます。検査結果が陽性であることが確認されれば、狂犬病に対する十分な免疫を持っていることが示され、これを証明するための抗体検査証明書が発行されます。

この証明書は、検査の実施日や検査結果、ワクチン接種履歴などの詳細が記載されています。航空会社や入国審査で提出が求められることがありますので、注意深く保管し、旅行時には手元に用意しておくことが重要です。

狂犬病の抗体検査証明書の取得は、アメリカへの犬の連れて行きにおいて厳格な要件の一環ですが、これにより犬の健康と周囲の安全が確保され、順調な旅行が期待できます。事前に関連する法規や手続きについて確認し、計画的に進めることが重要です。

動物検疫所で「輸出検疫証明書」取得

アメリカへ犬を連れて行く飼い主にとって、不可欠な渡航条件の一つが動物検疫所での「輸出検疫証明書」の取得です。この証明書は、国際的な動物輸送の基準を満たし、アメリカへの入国時に必要とされる大切な文書の一部となります。

まず、飼い主は獣医師に相談し、必要な予防接種や健康診断を実施します。その後、動物検疫所での検査や手続きが行われ、犬が健康であることが確認されると、「輸出検疫証明書」が発行されます。この証明書には、犬の身元情報や健康状態、検疫所での検査結果などが含まれています。

飼い主は取得した「輸出検疫証明書」を航空会社や入国審査で提示することが求められます。この証明書の提出は、アメリカへの犬の連れて行きにおいて、法的な要件を満たすために極めて重要です。入国時には検疫所や税関で手続きが行われ、検疫証明書の内容に不備がないかが確認されることがあります。

アメリカへの犬の連れて行きにおいては、動物検疫所での「輸出検疫証明書」取得は必須の手続きであり、これにより犬の健康状態が保証され、周囲の安全が確保されます。事前に関連する法規や手続きについて確認し、計画的に進めることが必要です。

犬をアメリカに連れて行くための準備

数時間はケージの中で大人しくできるように訓練する

アメリカへの犬の連れて行きを検討する際、十分な準備が欠かせません。その中でも特に重要な一環は、犬が数時間にわたってケージの中で大人しくできるようにする訓練です。これは、飛行機や長時間の移動中に犬が快適でストレスなく過ごせるようにするための鍵となります。

まず最初に考慮すべきは、犬がケージに慣れ親しむことです。数週間前から、犬にケージ内で過ごすことに慣れさせるためのトレーニングを始めることが望ましいです。ポジティブなリンフォースメントを使用して、ケージが安全で安心な場所であると犬に感じさせましょう。お気に入りのおもちゃやベッドをケージ内に配置して、犬にとってポジティブな経験と結びつけます。

次に、数時間ケージの中で静かに過ごすようにするトレーニングが重要です。徐々に時間を延ばしていくことで、犬がストレスなく長時間ケージ内で過ごせるようになります。トレーニング中には、犬にリラックスさせるために落ち着いた環境を提供し、ケージ内に快適な空間を作り出すことが大切です。

また、犬の適切なエクササイズと排泄を事前に済ませ、出発前には水分摂取を制限するなど、飛行機や旅行に合わせた調整も行います。飛行機内ではケージ内で静かに過ごすことが求められますので、このトレーニングは犬の健康と快適な旅行のために非常に有益です。

以上のような準備を整え、数時間にわたってケージの中で大人しくできるように犬を訓練することで、アメリカへの犬の連れて行きが円滑かつ安心して行えるようになります。

離陸前にはあまりエサや水分を与えない

アメリカへの犬の連れて行きを計画する際、飛行機の旅行においてはペットの健康と快適さを最優先に考える必要があります。その一環として、離陸前にはあまりエサや水分を与えないという配慮が重要です。

飛行機内での旅行では、犬はケージに収められ、一定の期間飲食が制限されます。これは犬が飛行中に排泄物を制御しやすくするためや、ケージ内での快適な状態を保つために行われる措置の一環です。離陸前にあまり多くのエサや水分を摂ることで、飛行中にお腹をこわす可能性が低減します。

一般的なガイドラインとしては、離陸前4〜6時間はエサを与えず、水分も控えめにすることが推奨されます。これにより、犬は機内でのストレスを最小限に抑え、快適に過ごすことが期待されます。ただし、犬のサイズや健康状態によっては、個別の状況に応じて獣医師と相談することが重要です。

離陸前にエサや水分を制限する際には、犬の健康を考慮しながらバランスを取ることが求められます。特に飛行時間が長い場合やトランジットがある場合は、飛行中に水分補給ができるように対策を講じることも重要です。計画的な飛行前の準備を行い、ペットの安全と快適な旅行を確保するためには、飼い主の慎重な計画と配慮が欠かせません。

犬をアメリカに連れて行く時の注意点

小さすぎるケージは使わない

犬をアメリカに連れて行く際、ケージの選定は非常に重要です。特に小さすぎるケージは避けるべきであり、ペットの快適性と健康を確保するために慎重な選択が求められます。

ペットのケージは、飛行機内での安全かつ快適な旅行をサポートする役割を果たします。ケージは犬にとって一時的な住まいであり、十分な広さと通気性が必要です。小さなケージは犬にとって狭苦しく、長時間の旅行中にストレスや不快感を引き起こす可能性があります。

航空会社や国際的な輸送基準では、ペットのケージには一定のサイズ要件があります。これに適合するケージを選ぶことは、航空会社とのトラブルを避け、犬に安全かつ快適な空間を提供するために不可欠です。ケージは犬が立ち上がり、回転し、自然な体勢で寝転がることができる十分な高さと広さを備えているべきです。

また、ケージの中には犬が慣れ親しむためのお気に入りのおもちゃやベッドを配置することも重要です。これにより、犬は安心感を得ることができ、旅行中のストレスを軽減することが期待されます。

犬をアメリカに連れて行く際には、適切なサイズのケージを選び、快適な空間を提供することが大切です。航空会社や国の輸送規定を確認し、犬のサイズや旅行条件に合わせた適切なケージを用意することで、安全かつ安心な旅行が実現します。

飼い主の匂いがついた衣類をケージの中に入れておく

アメリカへ犬を連れて行く旅行では、ペットが新しい環境に適応しやすくするために、飼い主の匂いが重要な役割を果たします。そのため、飼い主の匂いがついた衣類をペットのケージに入れておくことが一つの有益な注意点です。

犬は嗅覚が非常に発達しており、馴染みのある匂いが安心感を与えます。新しい環境や長時間の旅行中に不安を感じることがあるため、飼い主の匂いがケージ内に漂っていると、ペットは心地よく感じることができ、ストレスを軽減する可能性が高まります。

飼い主の匂いがついた衣類や毛布をケージに入れることで、ペットはそれに寄り添って安心感を覚えることができます。これは特に飛行機内や不慣れな場所での旅行において有益であり、ペットの心理的な安定に寄与します。

ただし、十分な通気性を確保しつつ、安全な状態で飼い主の匂いがケージに取り込まれるように注意する必要があります。ペットが舐めてしまう可能性があるため、安全で無害な衣類やアイテムを選ぶことが重要です。

犬をアメリカに連れて行くときは、飼い主の匂いがペットにとって心強い要素となります。飼い主の衣類をケージに入れておくことで、ペットの旅行がより安心で快適なものになるでしょう。

犬以外にアメリカに連れていける動物

アメリカへの渡航時、ペットとして犬以外の動物を連れていくことも可能ですが、これにはいくつかの条件と留意点が存在します。以下に、アメリカに連れていける可能性のある他の動物について概説します。

ネコ: 猫も犬と同様にアメリカに連れていけます。適切な健康証明書や予防接種の履歴が必要です。猫の場合も、航空会社や入国審査で求められる規定に従う必要があります。

小動物(ハムスター、ウサギなど): 小型の動物も連れていくことができる場合があります。ただし、動物の種類やサイズによっては特別な規定があるかもしれません。適切なキャリアやケージが必要です。

鳥: 鳥をアメリカに連れていく場合、通常は狂犬病の予防接種や健康証明書が求められます。また、一部の鳥は輸入規制の対象になることもあるため、事前に確認が必要です。

小型爬虫類や両生類: 一部の小型の爬虫類や両生類も連れていける場合がありますが、輸入規制や州ごとの法規制に留意する必要があります。

サービスアニマル: 必要に応じて特定のサービスアニマル(盲導犬、聴導犬など)もアメリカに連れていくことができますが、事前に航空会社や入国審査に通知し、必要な証明書を持参する必要があります。

連れていく動物によっては、入国先のアメリカの各州や自治体ごとに異なる法規制があるため、事前に確認が欠かせません。航空会社の規定や国の法令を遵守し、動物の健康と安全を確保するための適切な手続きを行うことが重要です。

アメリカに連れていけない動物

アメリカへの渡航時には、連れていくことが難しいあるいは不可能な動物も存在します。これは、アメリカ国内の法規制や輸入規定、生態系への潜在的な影響などが影響しています。以下に、アメリカに連れていくことが難しい動物の例を挙げてみましょう。

大型哺乳動物(大型ネズミ、フェレットなど): 一部の動物はアメリカ国内で害獣とされ、連れてくることが難しい場合があります。フェレットなどの哺乳動物は、特にいくつかの州でペットとして飼うことが合法ではありません。

特定の爬虫類や両生類: アメリカでは、一部の爬虫類や両生類が特定の法令で制限されています。個々の州によっても規制が異なりますので、詳細な確認が必要です。

一部の鳥類: 鳥も州によっては連れてくることが難しい場合があります。特に保護種や感染症のリスクがある場合、入国規定に抵触する可能性があります。

野生動物: 野生動物の持ち込みには厳格な規制があります。特に、生態系に対する潜在的な影響がある場合、許可が得られないことがあります。

特定の犬種: 一部の州では、特定の犬種に対する制限が存在することがあります。例えば、アメリカの一部の州ではピットブルなどの特定の犬種の飼育が禁止されていることがあります。

これらの例はあくまで一般的な指針であり、具体的な法規制は州や地域によって異なります。アメリカに動物を連れていく際には、事前に入国先の州や自治体の法令、航空会社の規定を確認し、適切な許可を取得することが不可欠です。