Alice blog

【初心者の基本講座】上手なブログ記事の書き方_7つの手順でラクラク文章作成

ブログの書き方
           

ブログは正しい書き方を手順通りに進めるだけで、誰でも読みやすい上手な文章が書けるようになります。

私が記事を書く時も、定型化されたテンプレートに当てはめる感覚で記事を作成しています

この記事を読んでいるということは、あなたも思うようにブログが書けずに困っているのではないでしょうか。

当記事では、誰でも書ける上手なブログ記事の書き方を紹介していきます。

紹介する書き方は7つの手順に沿って書き進めていくだけですので、誰でも楽に読みやすい文章を書けるようになります。

この記事を最後まで読み、誰が読んでも恥ずかしくないようなブログを書けるようになりましょう。



上手なブログ記事の書き方

上手なブログ記事の書き方は、下記の通りです。

  1. 文章構成の作成
  2. 記事タイトルの決定
  3. 見出しの作成
  4. 本文の執筆
  5. 記事の推敲
  6. 記事の装飾
  7. 記事の校正
  8. 記事の公開

上記の流れを見てわかる通り、ブログの記事作成は記事の大枠から作り始め、少しずつ細かい内容を作り上げていきます。

全体の流れを把握したうえで、文章構成の作成から進めていきましょう。

当記事と並行して記事の作成作業を進めることで、ブログの書き方の理解度が深まります。作業ができる環境であれば、この記事と一緒に記事作成することをおすすめします。

手順①:文章構成の作成

上手なブログ記事を書く手順1つ目は、文章構成の作成です。

記事を執筆する前に文章構成を作成することで、これから書く記事では読者に何を伝えなければいけないのか?または、どんな内容の記事を書けばいいのかが明確になります。

書くべき内容が明確になれば後は文字を並べるだけの作業ですので、記事の執筆作業が格段に楽になります。

文章構成を作成せずにいきなり記事の執筆作業に進むと、途中でどこまで書けばいいのかわからなくなり文章の路頭に迷ってしまいますので

ブログ記事を書く時には、まずはじめに文章構成を作成してから本文の執筆作業を進めていきましょう。

なお、具体的な文章構成の作成方法は下記の記事で紹介していますので、ぜひ一度読んでみてください。

手順②:記事タイトルの決定

上手なブログ記事を書く手順2つ目は、記事タイトルの決定です。

文章構成を作成した後に記事タイトルを決めることで、これから書く記事の内容をより具体的にイメージできるようになります。

そのため、今後の作業をより鮮明なイメージをもった状態で進められるようになります。

本文執筆前にタイトルを決めることで記事の内容を具体的にイメージできるようになるため、本文執筆中に内容がズレることを防げるというメリットもあります

ブログを書く人の中には、本文の執筆後に記事タイトルを決める人もいます。

必ず本文執筆前にタイトルを決めなければいけない決まりはありませんので、自分の決めやすいタイミングでタイトルは決めましょう。

なお、ブログの記事タイトルを決める方法は、下記の記事で詳しく紹介しています。

読者にクリックされやすいタイトルを付けたい場合には、一度目を通しておくことをおすすめします。

手順③:見出しの作成

上手なブログ記事を書く手順3つ目は、見出しの作成です。

見出しを作成することで、全体的にモヤッとしている記事全体の内容をパートごとに細かく整理できます。

結果、書くべき内容が明確になり、本文の執筆作業がスムーズになります。

見出しは記事の読みやすさにも直結するため、必ず作成すべき項目ですね
  • 文章構成
  • 記事タイトル
  • 見出し

上記の3つまでが完成すれば、記事のアウトラインは完成です。

ブログを始めたばかりの頃は、見出しの役割や作り方がわからないと思います。そんな場合には下記の記事を読んで、見出しの役割や使い方を身につけましょう。
【SEOに強い】ブログの見出しの使い方・作り方_4つのコツも合わせて紹介

手順④:本文の執筆

上手なブログ記事を書く手順4つ目は、本文の執筆です。

本文の執筆作業は、これまでに作成してきたアウトラインを元に本文を書き進めていくだけですね。

なお、本文の書き方にもテンプレートがあり、このテンプレートを使うことで説得力のあるわかりやすい文章を書けるようになります。

テンプレートを使うことで、効率的かつ質の高い本文が書けるようになりますね

本文のテンプレートは下記の記事で紹介していますので、ぜひ一度読んでみてください。

手順⑤:記事の推敲

上手なブログ記事を書く手順5つ目は、記事の推敲です。

推敲とは、より良い記事を作るために改善点を見つけ、1つ1つ改善していく作業のことです。

せっかく書いた記事も誤字脱字や理解しづらい表現方法ばかりでは、読者も本文を読み進めてはくれません。

本文作成後は推敲を行い、高品質な状態で読者に記事を届けましょう。

推敲の際には、下記の記事で紹介しているコツを取り入れることをおすすめします。

上記の記事では読みやすいブログを作るためのコツを紹介しているため、コツを取り入れるだけで読みやすい文章が出来上がるはずです。

手順⑥:記事の装飾

上手なブログ記事を書く手順6つ目は、記事の装飾です。

文字だけの面白みのない記事に装飾を付け、視覚的にわかりやすい記事を目指しましょう。

記事の装飾で行うべき作業は、具体的には下記の通りですね。

  • 画像・動画の設置
  • 文の性質に合ったデザインの適用

なお、見やすいブログを作るコツは下記の記事で紹介していますので、よければ読んでみてください。

手順⑦:記事の校正

上手なブログ記事を書く手順7つ目は、記事の校正です。

校正とは、記事の最終確認のことを言います。

推敲の際にも確認作業はしていると思いますが、記事のポスト前に最終確認を行いましょう。

校正の時に確認すべき項目は、下記の通りです。

  • 誤字脱字
  • 文法ミス
  • 情報の信頼性
  • 助長表現の確認
  • 読んで不快になる人はいないか

手順⑧:記事の公開

出来上がった記事はブログ上に公開し、SNSでの拡散作業までを済ませましょう。

ブログの書き方の理解度を深めるために、最後に全体の流れをまとめておきますね。

  1. 文章構成の作成
  2. 記事タイトルの決定
  3. 見出しの作成
  4. 本文の執筆
  5. 記事の推敲
  6. 記事の装飾
  7. 記事の校正
  8. 記事の公開

上手なブログを書けるようになるために必要なこと

これまでに紹介した書き方を実践すれば、ある程度質の高いブログ記事を書けるようになります。

とはいえ、文章力には上限がありません。

更に文章力を上げるために、上手なブログを書くために必要なことを3つ紹介しておきます。

上手なブログを書けるようになるために必要なことは、下記の3つです。

  • とにかく量を書く
  • 本で勉強する
  • 良い文章をたくさん読む

それぞれの項目について紹介していきますね。

とにかく量を書く

上手なブログを書けるようになるために必要なこと1つ目は、とにかく量を書くことです。

とにかく量を書くと言っても、思考停止してただ記事を量産すればいいわけではありません。

「読みやすい文章を書くためにはどうしたらいいか?」を毎回考えたうえで、量をこなすと言う意味です。

何も考えずに手を動かしていても、全く成長はしませんので…

上記のことを考えたうえで量をこなせば、当記事で紹介した書き方よりも更に質の高い書き方が見つかるはずです。

常に上手な文章の書き方を探求し続けることで、文章力を更に向上させられるでしょう。

本で勉強する

上手なブログを書けるようになるために必要なこと2つ目は、本で勉強することです。

知識をインプットするには、本が一般的です。

そのため、今よりも上手な文章を書きたい場合には本を買って勉強することをおすすめします。

ブログにおすすめな本は下記の記事で紹介していますので、よければ一度読んでみてください。

上手な文章をたくさん読む

上手なブログを書けるようになるために必要なこと3つ目は、上手な文章をたくさん読むことです。

上手な文章をたくさん読むことで、自分の文章も自然と良い文体に近づいていきます。

小説家が「とにかく有名な小説を読め!」と言われるのと同じことですね

ちなみに、私の場合は下記の2サイトの文章力に感動したため、サイト内の記事を全部読みました。

自分の理想とする文章を見つけ、ただひたすらに文章を読み漁りましょう。

上手なブログ記事を書けるようになろう!

これで「上手なブログ記事の書き方」の内容は終わりです。

当記事で紹介した書き方を実践しようとしても、最初はうまくいかないかもしれません。

しかし、数をこなせば次第に当ブログと同じレベルの記事は書けるようになります。

まずは量をこなすことを意識し、上手なブログの書き方をマスターしましょう。

当ブログでは、ブログのアクセス数を増やすための「SEO対策」についても詳しく紹介しています。

これからブログのアクセス数を伸ばしていきたい場合には必須の内容となっていますので、ぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。