Alice blog

読みやすいブログの書き方【10コのコツで文章力UP】

読みやすいブログの書き方
           

読みやすいブログを書くことで、読者はコンテンツに満足して他の記事にも興味をもってくれます。

多くの記事を読んでもらえれば、あなたのブログのファンになること間違いなしですね!

この記事を読んでいるということは、あなたも自分のブログが読みづらく感じ、読みやすいブログを書けるようになりたいと思っているのではないでしょうか。

当記事では、読みやすいブログを書くコツを10コ紹介していきます。

紹介するコツは当記事を読み終わった後すぐに実践できるものだけをまとめましたので、誰でも簡単に読みやすいブログを書けるようになります。

この記事を最後まで読み、誰が読んでも読みやすいと感じる文章を書けるようになりましょう。



読みやすいブログとは?

読みやすいと感じるブログは人それぞれ異なりますが、私の場合は次のブログが読みやすいブログだと感じます。

文字を目で追っても躓くことがなく、サラサラ読めるブログ。それでいて、読み終わった後に記事の内容がしっかり頭に入っているようなブログ

読みやすいブログは気づいたら3000文字や4000文字も読んでしまっているので驚きですよね(笑)

基本的に、上記の特徴を備えたブログは読みやすいブログと感じるはずです。

そのため、当記事では上記のようなブログを目指して、読みやすいブログを書くためのコツを紹介していきます。

自分なりの「読みやすいブログ」の理想像がある場合には、当記事で紹介しているコツを取り入れながら、自分なりの読みやすいブログを目指してみましょう。

読みやすいブログ作りは文章構成から始まっている

読みやすいブログを書きたい場合にはいきなり本文を書き始めるのではなく、文章構成を作成してから本文を書き始めるようにしましょう。

先ほどもお伝えした通り、読みやすいブログというのは文章をサクサク読めるだけでなく、読んだ後に内容が定着している必要があります。

その点、文章構成を作成することで伝えるべき内容が整理され、記事の中で自分がどんなことを書けばいいのかが明確になります。

結果、伝える内容がブレることを防ぎ、記事の中で何を伝えたいのかがわかりやすい文章に仕上がるのです。

内容が伝わりづらい文章というのは、記事を書いている本人も何を伝えたいのかわからなくなっていることがほとんどですので
もちろんですが、当記事を書く際にも事前に文章構成を作成してから本文を書き進めています。

例えば、あなたが今読んでいるこの見出しで伝えたいことは「読みやすいブログを書くためには文章構成を作る必要がある」という内容です。

そのため「文章構成が必要な理由」や「文章構成の例」などをお伝えしているといった具合です。

詳しい文章構成の作成方法は下記の記事で紹介していますので、当記事を読むついでにぜひ読んでみてください。

読みやすいブログの書き方10選

読みやすいブログを書くコツは、次の10コです。

  • 常体と敬体は統一する
  • 主語と述語は近づける
  • 一文を短くする
  • 言葉を具体的にする
  • 難しい言葉を使わない
  • 接続詞をあまり使わない
  • ら抜き言葉を使わない
  • 文末(語尾)を同じにしない
  • 読点の位置に気をつける
  • 句点の後は段落を変える

それぞれのコツについて紹介していきますね。

次の記事では、読みやすい文章を書くためのおすすめな本を紹介しています。興味がある場合にはぜひ読んでみてください。
【目的別】ブログにおすすめの書籍11冊_本を読む時のコツも紹介

読みやすいブログの書き方①:常体と敬体は統一する

読みやすいブログを作る1コ目のコツは、常体と敬体を統一することです。

常体と敬体の違いは、次の通りです。

常体
文末が「だ」「である」
敬体
文末が「です」「ます」

常体と敬体が入り混じった文には統一感がなく、読み手に違和感を与えてしまいます。

実際に常体と敬体が混ざった文章が、下記になります。

ブログを書くことには、多くの楽しさがあります。特に楽しさを感じる瞬間は、コメント欄で読者とつながったときだ。ブログを始めるまでは、コメントを貰えることがこんなにも嬉しいことだとは気づかなかった。このブログの楽しさを教えてくれたのは、○○さんがいてくれたからです。現在の私の目標は、世の中にブロガーをもっと増やすことだ。この目標を叶えるために、私は今日もブログを書き続けます。

文体がやわらかくなったり硬くなったりを繰り返すため、全体的に読みづらい印象ですね

ブログの場合、基本的には敬体に統一することをおすすめします。

常体で書かれたブログは、初見の読者に対して接しづらさを感じさせてしまうからですね。

読者に強面の印象を与えたい場合や企業に向けた記事を書く際には、常体もアリです。

読みやすいブログの書き方②:主語と述語は近づける

読みやすいブログを作る2コ目のコツは、主語と述語を近づけることです。

主語と述語が離れていると「誰が何をした」という、文の中で最も重要な部分がわかりづらくなります。

結果、伝わりづらい文が出来上がってしまうのです。

実際に、主語と述語が離れた文を読んでみましょう。

私の友人ブロガーは、ブログを始めたものの、生活資金がギリギリの生活を強いられている危機的な状況で、それにも関わらずブログを続けることはメンタルを消耗するのではないかと考えている

主語と述語を近づけ、上記の文を改善したものがこちらです。

私の友人ブロガーは次のように考えている。ブログを始めたものの、生活資金がギリギリの生活を強いられている危機的な状況でもブログを続けることは、メンタルを消耗するのではないかと。

主語と述語を近づけるだけで、最初の文章よりも意味がわかりやすくなったのではないでしょうか。

ブログを書くときには、主語と述語はできるだけ近づけるようにしましょう。

読みやすいブログの書き方③:一文を短くする

読みやすいブログを作る3コ目のコツは、一文を短くすることです。

一文が長いと読者の読む気をなくすだけでなく、内容も正確に伝わらなくなります。

具体例をあげてみますね。

ライティングスキルを磨くには量を書くことが必須なのですが、そんなに文章を書く時間が取れない人も多いと思いますので、○○というツールを使うことをおすすめなのですが、このツールは月額1500円ほどかかってしまうのです。

上記の文章では、結局なにが言いたいのかよくわからないですね

一文を短く改善した文章が、次の通りです。

ライティングスキルを磨くには、量が必要です。とはいえ、文章を書く時間が取れない人も多いはず。そんな方には『○○』というツールがおすすめです。※○○を使うには、月額1500円の使用量がかかります。

一文を短くするだけで、1つ1つの文の意味がわかりやすくなったはずです。

ブログを書くときには、一文を短くするクセをつけましょう。

読みやすいブログの書き方④:言葉を具体的にする

読みやすいブログを作る4コ目のコツは、言葉を具体的にすることです。

言葉を具体的にすることで、文章の内容をより詳しくイメージできるようになります。

次の例は、抽象的な言葉ばかりを並べた文章です。

今日の仕事はキツかったんですよ。毎日あんな量の文章を書いてたら、指がパーになっちゃいますね。そんなわけで、今日は自分へのご褒美としてグビッ!と飲んでから帰ります。

では、言葉を具体的にしてみますね。

今日は2時間の残業をしたため、普段の1.5倍は疲れましたね。毎日2万文字もの文章を書いていたら、指が腱鞘炎にでもなってしまいそうですね。そんなわけで、今日は自分へのご褒美として、地元にある駅近の居酒屋でビールを一杯飲んでから帰ります。

最初の文章よりは、話の内容をイメージしやすくなったと思います。

言葉を具体的にするには、本を読む習慣をつけましょう。

本には多くの言葉が使われており、読むだけで言葉のボキャブラリーが増えていくからですね。

読みやすいブログの書き方⑤:難しい言葉を使わない

読みやすいブログを作る5コ目のコツは、難しい言葉を使わないことです。

難しい言葉を使った記事は専門家なら理解できるかもしれませんが、大半の人には理解されないコンテンツになってしまいます。

ブログは自分の知識量を自慢する場所ではありませんからね

どれくらい言葉を噛み砕かなければいけないのかは、キーワードを検索してきそうな人物像からイメージしてみましょう。

キーワードを検索してきそうな人物像が具体的に定まっていない場合には、記事の文章構成ができていません。

そのため次の記事を読んで、文章構成の作り方を学びましょう。

読みやすいブログの書き方⑥:接続詞をあまり使わない

読みやすいブログを作る6コ目のコツは、接続詞をあまり使わないことです。

接続詞が多い文章は、次のような文章になってしまいます。

  • 幼稚な文章
  • リズムの悪い文章

次の例は、接続詞を多用した文章です。

私は、文章力を身につけ、小説家になりたいと思っています。なぜなら、幼少の頃から物語を書くことが好きで、多くの人に自分の作品を読んでもらいたいと思ったからです。そのため、大学では文学部に所属し、文章の書き方を学びました。その結果、小説のコンクールでは金賞を獲得できました。このような経験から、今よりも文章力を磨き、より人々の心を動かせるような小説を書きたいと思っています。

上記の文章から余計な接続詞を省いた文章が、下記の通りです。

私は、文章力を身につけ、小説家になりたいと思っています。幼少の頃から物語を書くことが好きで、多くの人に自分の作品を読んでもらいたいと思ったからです。大学では文学部に所属し、文章の書き方を学びました。その結果、小説のコンクールでは金賞を獲得できました。今よりも文章力を磨き、より人々の心を動かせるような小説を書きたいと思っています。

文章のリズムも良くなり、文には必要な言葉だけが残りましたね

接続詞の必要性は「接続詞を省いても文の内容は変わらないか?」を基準に判断すべきです。

先ほどあげた例文では、ほとんどが役割を持たない接続詞を使っていました。

そのため、省いても内容が変わらず、むしろスタイリッシュな文章に変容したのです。

読みやすいブログの書き方⑦:ら抜き言葉を使わない

読みやすいブログを作る7コ目のコツは、ら抜き言葉を使わないことです。

ら抜き言葉とは、次のような言葉です。

  • 見られる→見れる
  • 食べられる→食べれる
  • 考えられる→考えれる

ら抜き言葉は正確な日本語ではないため、ラフな印象を与えてしまいます。

そのため、初見の読者には馴れ馴れしさを感じさせてしまいますね。

インターネット上に公開されているブログは多くの人に読まれるため、ら抜き言葉は使わないようにしましょう。

キャラ作りのために、意図して「ら抜き言葉」を使う場合もあります。

読みやすいブログの書き方⑧:文末(語尾)を同じにしない

読みやすいブログを作る8コ目のコツは、文末を同じにしないことです。

文末が同じ文章はリズムが悪く、幼稚な印象を与えてしまいます。

文末をすべて同じにした文章は、次の通りです。

私が長文を書くときは、記事の枠組みから作ります。記事の枠組みから作ると、長文でも文章作成がサクサク進みます。そのため、記事の作成時間を大幅に短縮できます。枠組みを作ることは文章だけではなく、普段の仕事にも活かせます。

ロボットが書いたような上記の文章を、語尾だけ変えてみましょう。

私が長文を書くときは、記事の枠組みから作ります。記事の枠組みから作ると、長文でも文章作成がサクサク進むようになるのです。そのため、記事の作成時間を大幅に短縮できます。枠組みを作ることは文章だけではなく、普段の仕事にも活かせるでしょう。

語尾を変えただけで、文章全体のリズムが良くなったはずです。

語尾を敬体に統一すると語尾が「です」「ます」ばかりの文章になりがちです。

なので、単調になりづらい文末を紹介しておきますね。

  • でしょう
  • はず
  • かもしれません
  • 疑問形
    (~ではありませんか?)
  • 体言止め
体言止めとは、文の終わりを名詞で終わらせる技法のことです。
(例)私の得意な技法は、文を名詞で終わらせる体言止め。

読みやすいブログの書き方⑨:読点の位置に気をつける

読みやすいブログを作る9コ目のコツは、読点の位置に気をつけることです。

読点とは、文を区切るときに使う『、』のことです。

読点の位置によって、文章のリズムは大きく変わります。

そのため、読みやすい文章にも読みづらい文章にも成りえるのです。

読点の数は、最高でも一文に3つまでと言われていますね

読点を打つ場所に決まりはありません。

そのため、自分が必要だと思った箇所に読点を打てばOKです。

とはいえ、読点を打つタイミングにテンプレートがあることも事実です。

代表的な読点の打ち方を4つ紹介しておきますので、よければ参考にしてみてください。

  • 息継ぎをするタイミング
  • 修飾、被修飾を明確にするとき
  • 列挙するとき
  • ひらがなが続くとき

息継ぎをするタイミング

読点は息継ぎをするタイミングで打ちましょう。

悪い例
ブログを始めるときに必要なものはノートパソコンだけです。
良い例
ブログを始めるときに必要なものは、ノートパソコンだけです。

修飾、被修飾を明確にするとき

読点は修飾・被修飾を明確にするときに打ちましょう。

パターンA
Aさんと、友達のBさんがブログを始めた
(ブログを始めたのは、AさんとBさんの2人)
パターンB
Aさんと友達のBさんが、ブログを始めた
(ブログを始めたのは、Aさんと友達関係にあるBさんだけ)

列挙するとき

読点は単語を列挙するときに打ちましょう。

悪い例
主語も述語も修飾語も被修飾語も
良い例
主語も、述語も、修飾語も、被修飾語も、

ひらがなが続くとき

読点はひらがなが続くときに打ちましょう。

悪い例
彼は我慢できなかったのかたまった水たまりを飲み始めた
(「かたまった」と誤読してしまう)
良い例
彼は我慢できなかったのか、たまった水たまりを飲み始めた

読みやすいブログの書き方⑩:句点の後は段落を変える

読みやすいブログを作る10コ目のコツは、句点の後は段落を変えることです。

WEB上の文章は視認性が悪く、文字が密集していると読みづらさを感じさせてしまいます。

結果、文章は読まれることなく、記事全体を流し読みされてしまうでしょう。

現に、次の文章は読む気が起きないはずです。

私はブログを始めて2年が経とうとしています。この2年間には様々なことがありました。フリーライターに挑戦してみたり、ペラサイトを作ってみたりなどですね。結果的に私は今のブログだけに専念しています。そのため、このブログにかける思いは今まで作ったどのサイトよりも強いです。この熱い思いを持ち続け、必ず人気なブログを作ることをここに宣言します。

上記の文章を句点ごとに段落を変えたものが、こちらです。

私はブログを始めて2年が経とうとしています。

この2年間には様々なことがありました。

フリーライターに挑戦してみたり、ペラサイトを作ってみたりなどですね。

結果的に私は今のブログだけに専念しています。

そのため、このブログにかける思いは今まで作ったどのサイトよりも強いです。

この熱い思いを持ち続け、必ず人気なブログを作ることをここに宣言します。

最初は、句点ごとに段落を変えることに抵抗があるかもしれません。

しかし、WEB上の文章は、行間が空き過ぎなくらいが丁度いいのです。

読みやすいブログを書けるようになるには、多くの記事を書こう!

これで、読みやすいブログの書き方の内容は終わりです。

最初の頃は様々なことを意識しながら文章を書かなければいけないため、文章作成に時間がかかるしかなり疲れると思います。

しかし、多くの記事を書いて経験を積めば、自然と読みやすいブログを書けるようになります。

最初の頃は辛いかもしれませんが、コツコツ時間をかけて文章力をスキルアップしていきましょう!

当ブログでは、ブログ初心者に向けてブログの書き方を詳しく紹介しています。

上記の記事では、私が記事を作成する時の手順を1からすべて紹介しています。

ブログの書き方を1から勉強したい場合には、ぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。