Alice blogではあらゆる情報を発信しています。

アメリカ旅行あるある10選!【日本との違いにおどろき】

記事内に広告を含む場合があります

この記事では、アメリカ旅行あるあるを10選紹介していきます。

現在アメリカ旅行に来ている方、もしくはアメリカ旅行の余韻に浸っている場合には、ぜひこの記事を楽しんでみてください。

またアメリカでの生活を快適にするために「 アメリカで日本のテレビ番組を見る方法【現地でも5分の作業でOK!】」という記事も用意しています。

アメリカでも日本のテレビ番組を見たいなら、上記の記事をチェックしてみてください。

アメリカ旅行あるある

すべてのサイズが大きい

アメリカ合衆国への旅行は、多くの人にとって新たな文化や習慣との出会いがあり、その中でも特に印象的なのが「すべてのサイズが大きい」という点です。アメリカはその広大な土地柄からくるものもあるかもしれませんが、食べ物や建物、車、さらには人々の心遣いまで、あらゆる面で大きなものが目立ちます。

まず、食べ物について驚くことでしょう。アメリカの食事は一般的に量が多く、大きなポーションが一般的です。レストランで出てくる料理のボリュームには驚かされること必至でしょう。また、ファーストフードチェーンでは、飲み物やポテトなどのサイドメニューが大きなサイズで提供されることも一般的です。

建物もまた、アメリカならではの大きさが特徴です。高層ビルや巨大なショッピングモール、テーマパークなど、あらゆる場所でスケールの大きな建造物が見受けられます。これらの施設は訪れる者を圧倒し、その大きさに驚かされることでしょう。

車も例外ではありません。アメリカでは一般的に大型の車が好まれ、広大な道路網に合わせて車も大きなサイズとなっています。特にSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)やトラックが多く見られ、これらの車両の大きさには日本からの旅行者も度肝を抜かれることでしょう。

そして、人々の心遣いも大きな特徴の一つです。アメリカ人は一般的にフレンドリーでオープンな性格が多く、初対面でも大きな笑顔で接してくれることがあります。これが異文化体験として訪れる者にとっては、心地よい驚きとなることでしょう。

アメリカ旅行では、あらゆる面でサイズが大きいという印象が強く残ります。食べ物、建物、車、人々の心遣い、どれもが大きなスケールで展開されており、それがアメリカならではの魅力となっています。

シリアルの種類がかなり多い

アメリカを訪れた際に、食品の多様性や選択肢の広がりに驚くことは珍しくありません。その中でも、朝食の定番といえばシリアルであり、アメリカではそのシリアルの種類が非常に多彩であることが注目されます。シリアルは一般的に朝食のスタートを彩るアメリカの食文化において、そのバリエーションは驚くべきものがあります。

まず、スーパーマーケットや食品店を訪れると、無数のシリアルブランドやフレーバーに出会うことができます。通常のコーンフレークスやオートミールだけでなく、チョコレートやフルーツ風味、ナッツやシナモン入りなど、様々な味わいが用意されています。また、ヘルシーオプションとして穀物や果物が多く含まれたものから、トリートとしての甘いシリアルまで、その種類は広範にわたります。

シリアルボックスのデザインも個性的で、キャラクターやイラストが施されていることがよくあります。子供向けのキャラクターシリアルから、大人向けのシリアルまで、幅広い年齢層や好みに対応した商品がラインナップされています。

また、ミルクとの相性を考慮して、シリアルには様々な種類のミルクが合うように開発されています。普通の牛乳だけでなく、アーモンドミルク、大豆ミルク、ココナッツミルクなど、ミルクの選択肢も多岐にわたります。

アメリカのシリアルの多様性は、朝の食事をより楽しく、自分好みにアレンジできるところにあります。異なるフレーバーや種類を試すことで、食卓に新しい驚きと楽しさを加え、アメリカの食文化の一端を垣間見ることができるでしょう。

知らない人でも友達のように話しかけてくる

アメリカ合衆国を旅行する際、多くの訪問者が共通して経験するのが、知らない人とのコミュニケーションが非常にオープンで友好的であるということです。アメリカでは、知らない人でも気軽に会話を始め、親しみやすい態度で接してくることがよくあります。この現象は、アメリカ独特の社交性やフレンドリーな文化に起因しています。

例えば、公共の場や観光地で歩いていると、知らない人から声をかけられることがあります。地元の住民や他の旅行者が、観光スポットやレストランのおすすめを教えてくれたり、道案内をしてくれたりすることがよくあります。これは、地元の人々が親切で協力的な性格を持っていることを反映しています。

また、公共交通機関やカフェ、レストランなどでも知らない人同士が自然に会話を始める光景が見受けられます。これは、異なる背景や文化を持つ人々との交流が歓迎され、異文化交流が盛んであることを示しています。旅行者が新たな友達を作りやすい環境が整っていると言えるでしょう。

このフレンドリーなコミュニケーションの雰囲気は、旅行者にとっては初対面の人とも気軽に交流できる素敵な機会となります。知らない人との友好的な対話を通じて、新しい視点やアドバイスを得ることができ、アメリカ旅行がより楽しいものとなることでしょう。この特徴はアメリカのホスピタリティと人懐っこい雰囲気が結びついたものであり、多くの旅行者にとって魅力的な一面となっています。

トイレの扉の下の隙間が広い

アメリカ合衆国を旅行する際、訪れる者が驚く一つの特徴が、トイレの扉の下に広い隙間があることです。これは、アメリカの一般的なトイレのデザインに見られる独特な要素であり、他の国々と比較してその差異が顕著です。

アメリカの一般的な公共トイレや一部の商業施設で見られるトイレの扉は、しばしば床との間に比較的大きな隙間があります。これにより、トイレ内の活動や利用者の姿勢が外部から見えやすくなっています。この広い隙間は、プライバシーを守るために設計されたものではなく、むしろ製造上の都合や通気性の確保などが理由として挙げられています。

初めてアメリカのトイレを利用する旅行者にとっては、この隙間の広さに戸惑うことがあります。特に他の国々では一般的に見られないこの特殊なデザインは、文化の違いや建築慣習の異なりを感じさせます。

一方で、この特徴に慣れてしまうと、アメリカ独自のトイレデザインがどのような利点を持つのか理解することもできます。通気性が確保されることで、トイレ内が清潔な状態を保ちやすくなり、施設のメンテナンスがしやすくなるといった面も考慮されている可能性があります。

アメリカ旅行者にとっては、このトイレの特殊なデザインが一つの興味深い観察対象となり、異なる文化や習慣に触れる機会となるでしょう。

チップを支払わないとトラブルに発展する

アメリカ合衆国では、レストランやサービス業において、チップの概念が非常に重要な役割を果たしています。多くの旅行者がアメリカを訪れる際に驚く一因は、チップを支払わないとトラブルに発展する可能性があることです。これはアメリカの独自のカスタムであり、サービス業の従事者への感謝の意を示すために広く行われている習慣です。

レストランでは、飲食サービスに対して一般的に15%から20%のチップが期待されます。この金額は食事の合計額に基づいて計算され、ウェイターやウェイトレス、キッチンスタッフなど、サービスに関わるスタッフと分け合われます。また、タクシーやホテルでのサービスも同様に、ドライバーや清掃スタッフへのチップが一般的です。

アメリカでは、チップは従業員の給与の一部として計算されており、時には最低賃金よりも低い給与体系が採用されています。そのため、サービスを提供するスタッフに対するチップは、彼らの生計に直結していると言えます。従って、チップを支払わないことは、彼らが適切な収入を得られない可能性を意味し、サービス業の従事者にとっては困難な状況を生むことがあります。

旅行者がアメリカで滞在する際には、この文化的な違いに留意し、サービスに対して適切なチップを支払うことが求められます。逆に、十分なチップを支払うことで、サービスの質が向上することも期待できるため、この習慣は双方向の信頼と円滑なコミュニケーションを築く一環として捉えることができます。

手荷物検査や入国審査が怖すぎる

アメリカ合衆国への旅行者にとって、到着時の手荷物検査や入国審査が時折、驚きと緊張をもたらすことがあります。アメリカは国際的なテロの脅威に対応するために厳格な入国審査を行う国の一つであり、その結果として、旅行者は過去の経緯や訪れる目的に関する質問に対して詳細な回答を求められることがあります。

まず、空港での手荷物検査が挙げられます。アメリカの空港では、安全上の理由から厳格なセキュリティプロトコルが採用されており、旅行者は手荷物の検査や身体検査を経ることが一般的です。これは、不正な物品や危険物が機内に持ち込まれるのを防ぐための措置であり、一方で旅行者にとっては非常に厳しいプロセスと映ることがあります。

また、入国審査も旅行者にとって重要なステップです。到着後、入国審査官はパスポートの確認や質問を通じて旅行者の入国資格を審査します。このとき、訪れる目的や滞在期間、宿泊先などに関する情報を正確かつ明確に伝えることが求められます。特にビザが必要な場合は、関連する文書も要求されることがあります。

これらの手続きが怖いと感じられる一因は、過去のテロ事件や国際的な治安の懸念からくるものであり、アメリカ政府が国土を守るために採用している手法です。しかし、これらのプロセスは一般的な旅行者に対するものであり、適切な文書と正直かつ明確な回答があれば、通常はスムーズに進むことが期待されます。

アメリカへの旅行者は、これらの手続きに備え、必要な文書や情報を整備して臨むことで、スムーズな入国体験を迎えることができます。異なる国の入国手続きに慣れることが新たな旅の一環となり、緊張感を和らげる手段となるかもしれません。

和食が恋しくなる

アメリカ合衆国を旅行する際、多くの旅行者が異文化の魅力に触れ、新しい食の体験を楽しむことが期待されます。しかし、逆に新しい味覚に慣れる中で、日本の伝統的な和食が恋しくなることがあります。アメリカの食文化は多様であり、美味しいものが数多くありますが、故郷の味に対する愛着や懐かしさが旅行者に感じられる瞬間でもあります。

まず、アメリカではファーストフードや洋食が主流であり、ハンバーガーやピザ、ステーキといった料理が広く親しまれています。これらの料理は美味しく楽しいものの、日本独特の調理法や風味とは異なるため、旅行者は和食の繊細でバラエティ豊かな味わいを思い出すことがあります。

特に、寿司や刺身、和風の出汁を使った料理など、日本独自の食材と調理法に慣れ親しんだ者にとって、これらの要素が不足することが旅行中に感じられることでしょう。アメリカの都市部では日本食レストランも増えてきていますが、地域によってはなかなかアクセスが難しいこともあります。

また、日本の食事文化は季節や地域の風土を取り入れ、食材の鮮度やバランスにこだわります。これに対して、アメリカの一般的な食事は大盛りやボリュームが特徴で、日本の和食とは異なる食べ方や食事構成が求められることがあります。

和食が恋しくなる瞬間は、異文化を楽しむ一方で、自分のルーツや故郷に対する愛情が芽生える瞬間でもあります。旅行者にとって、和食が恋しく感じられることは、異なる食文化を楽しむ旅の一環として、また故郷への思いを再確認する貴重な経験となるでしょう。

駐車場が広すぎてどこに車を停めたのかわからなくなる

アメリカ合衆国では、広大な土地に多くの車が普及しており、それに伴って駐車場も広大であることが一般的です。この広大な駐車場で、どこに車を停めたのかを見失うことが旅行者にとって驚きとなることがあります。

特に大型のショッピングモール、テーマパーク、イベント会場などでは、膨大な数の駐車スペースが用意されています。これらの駐車場はしばしば同じような外観や配置を持ち、駐車スペースが数千台に及ぶことも珍しくありません。その結果、車を停めた場所を覚えておくことが難しく、戻るときにどこに車を駐車したのか迷ってしまうことがあります。

一部の大型施設では、駐車場内に案内看板や番号、色分けなどの工夫がされている場合もありますが、それでも広大なスペースを持つ駐車場では、旅行者が戸惑うことがよくあります。また、レンタカーを利用している場合、借りた車の色や形状が他の車とあまり変わらないことも考慮すべきポイントです。

一方で、この広大な駐車場はアメリカの車社会を象徴しており、大規模な施設を利用する際には必要な設備と言えるでしょう。また、駐車場の広さはアメリカの国土の広がりや、自動車利用が主流である文化を反映しているとも言えます。

アメリカ旅行者にとっては、これらの大規模な駐車場での経験は一種のアドベンチャーともなり、迷子になった先に広がるアメリカならではの楽しみを見つけることができるでしょう。

Sサイズのピザも食べきれない

アメリカ合衆国では、食文化が多様であり、その中でもピザは非常にポピュラーな料理の一つです。しかし、訪れた旅行者が驚くのは、アメリカのピザのサイズが一般的に大きいことです。例えば、S(スモール)サイズのピザでさえも、他の国の標準的なサイズよりも大きく、食べきれないほどのボリュームがあることがよくあります。

アメリカのピザ店では、S、M、L、XLなどのサイズが一般的で、その大きさは地域や店によって異なりますが、日本や他の国のピザに比べて全体的に大きな傾向があります。一般的なSサイズであっても、直径が30センチ以上に及ぶことがあり、これが旅行者を驚かせる要因となります。

また、アメリカのピザはトッピングも多様で、チーズやソーセージ、ベーコン、野菜、シーフードなど、好みに合わせて様々なトッピングが用意されています。これにより、ピザの重量や食べ応えが一段と増すこととなります。

アメリカのピザ文化は、家族や友達と一緒に楽しむことを重視しており、大人数で分け合うことが一般的です。そのため、ピザをオーダーすると、思わぬほどのボリュームに驚くことでしょう。ピザの残りは持ち帰り可能で、翌日の食事として楽しむことも一つの選択肢です。

アメリカ旅行者にとって、ピザの大きなサイズは新たな食の体験として覚えられ、地元のカルチャーに触れる貴重な機会となるでしょう。

アメリカ旅行で激太りする

アメリカ合衆国は多様性に富み、その多彩な食文化は世界中から注目されています。一方で、アメリカ旅行者が驚くことの一つは、その美味しい料理に誘われて激太りしてしまう可能性があることです。アメリカでは、豊富な食材や多様な料理が楽しめる一方で、その分量やカロリーが旅行者にとっては意外な課題となることがあります。

まず、アメリカの食事文化は大胆でボリュームがあり、ファーストフードから高級レストランまでさまざまな選択肢があります。ジャンクフードやフライドポテト、バーガーなどはアメリカの代表的な食べ物であり、これらが美味しくて手軽なため、旅行者がついつい多く食べてしまうことがあります。

また、アメリカではサービングサイズが大きく、一般的な料理でも他の国と比較して多いと感じることがあります。これには食事の「リフィル」(追加提供)が一般的であり、ソフトドリンクやコーヒーなどを自由に追加できることも食べ過ぎの一因となります。

さらに、デザート文化も根強く、パンケーキやワッフルにたっぷりのシロップ、アイスクリームなど、誘惑が多いのも特徴です。アメリカのスイーツは甘くてヘルシーでないことが多く、それが旅行者のダイエットに影響を与えることがあります。

アメリカ旅行者にとって、美味しい食事を楽しむ一方で、食文化の違いに驚き、摂取するカロリーに気を付けることが求められます。健康的な選択を心がけつつ、地元の料理や文化を楽しむことで、アメリカ旅行がより充実したものとなるでしょう。