アフィリエイトは不労所得になるの?【結論_半不労所得なら可能】

アフィリエイト 不労所得
アフィリエイトって、不労所得になるの?

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • アフィリエイトが不労所得にならない理由
  • アフィリエイトで不労所得を実現する方法【おすすめしません】
  • アフィリエイトは半不労所得なら実現可能な理由
  • アフィリエイトを始めたら最初に設定すべき目標
本記事の信頼性

今回は、アフィリエイトが不労所得になるのか?という疑問にお答えしていきます。

結論から言うと、アフィリエイトは不労所得にはなりません。

しかし、少ない労働力で収入を得られる「半不労所得」なら実現可能です。

それでは、アフィリエイトが不労所得にならない理由から紹介していきますね。



アフィリエイトが不労所得にならない理由

アフィリエイトが不労所得にならない理由

アフィリエイトが不労所得にならない理由は、下記の2つです。

  • サイトに手を加えないとユーザーが離れてしまうから
  • サイトを定期的に更新しなければ安定して集客できないから

それぞれの理由について紹介していきますね。

サイトに手を加えなければユーザーが離れてしまうから

アフィリエイトが不労所得にならない理由1つ目は、サイトに手を加えなければユーザーが離れてしまうからです。

例えばあなたが不労所得の作り方を知りたいたいと思っている場合、下記の2サイトがあった場合にどちらのサイトを利用するでしょうか。

サイトA
2009年に主流だった不労所得の作り方をまとめたサイト
サイトB
2020年に主流の不労所得の作り方をまとめたサイト

サイトBですよね。

あたりまえのことですが、ユーザーは古い情報を発信しているサイトよりも新しい情報を発信しているサイトを好みます。

上記の理由から、アフィリエイトは「1度サイトを作って、はい。おしまい」というわけにはいかず、定期的にサイト内の情報を更新していく必要があるのです。

サイトを定期的に更新しなければ安定して集客できないから

アフィリエイトが不労所得にならない理由2つ目は、サイトを定期的に更新しなければ安定して集客できないからです。

そもそも、アフィリエイトで収入を稼ぐには、自分のサイトに多くのアクセスを集めることが必要です。

その点、GoogleやYahooの検索結果で上位を獲得できれば検索から多くのアクセスを集められるため、アフィリエイターはGoogleやYahooで検索上位を狙います。

当ブログのアクセスも、ほとんどがGoogleやYahooからの流入ですね

上記の理由から、アフィリエイトで収入を稼ぎ続けるにはGoogleやYahooで検索上位を安定して取り続ける必要があります。

とはいえ、GoogleやYahooは情報の古いサイトを嫌います。

そのため、サイト内の情報が更新されないサイトは、徐々に検索順位が下がる傾向にあります。

上記のように、サイト内の情報を更新しないサイトは検索順位が下がってしまうため、アフィリエイトで完全不労所得の実現は難しいでしょう。

アフィリエイトで不労所得を実現する方法【おすすめしません】

アフィリエイトで不労所得を実現する方法

もしアフィリエイトを完全な不労所得にしたい場合には、すべての作業を外注化することで不労所得を実現できます。

とはいえ、すべての作業を外注化するには作業をマニュアル化する必要があり、結果を出し続けられるマニュアルを作るのにはアフィリエイトの知識や経験が必要になります。

また、作業の外注化はうまくいかないことが多く、思ったような結果が得られないことが多いです。

結論、初心者がアフィリエイトで不労所得を実現することは、かなり難しいでしょう。

ぶっちゃけ、アフィリエイト初心者が作ったマニュアルで結果を出すのは不可能です。多くの資金を溶かして、計画が頓挫するだけだと思います

上記の理由から、アフィリエイト初心者がすべての作業を外注化することはおすすめしません。

アフィリエイトで経験を積み、結果を出すためのメカニズムをある程度言語化できた場合には、作業の外注化を進めるべきです。あくまで、アフィリエイト初心者が最初からすべての作業を外注化するのはおすすめしないということです。

アフィリエイトで完全不労所得は難しいが半不労所得なら可能

アフィリエイトで完全な不労所得の実現は難しいが半不労所得なら可能

これまでに紹介した理由から、アフィリエイトで完全不労所得を実現するのは難しいです。

しかし、少ない作業量で収入を得られる「半不労所得」ならアフィリエイトで実現可能です。

というのも、アフィリエイトは1度記事を書いてしまえば、その記事は永遠と残り続けます。

そして、サイトに投稿した記事は24時間365日誰でもアクセスできるため、私達が寝ている間も記事が勝手に収入を生み出してくれます。

私達の書いた記事が、私達の代わりに半永久的に働いてくれるということですね

とはいえ、先ほどもお伝えした通り、記事を書いたまま放置していてはユーザーが徐々に離れていってしまいます。

そのため、サイトに安定したアクセスを集めるには、下記のように記事を定期的にメンテナンスしてあげる必要があります。

  • 記事の情報を最新の情報に書き換える
  • GoogleやYahooで検索上位を取れるように工夫をする

記事のメンテナンスは、それほど難しい作業ではありません。

平均1日3時間程度の作業量で十分です。

つまり、アフィリエイトは記事を書いた後の作業量が少ないため、不労所得に近い「半不労所得」なら実現可能です。

お金を自動で生み出してくれる「資産」が欲しいと思っている場合には、アフィリエイトは比較的理想に近い資産と言えるでしょう。

アフィリエイトを始めるならまずは月1万円の半不労所得を目標にするのがおすすめ

月1万円の不労所得を目標にするのがおすすめ

もしアフィリエイトを始める場合には、まず月1万円の半不労所得を目標に設定することをおすすめします。

理由としては、アフィリエイトは最初の月1万円を稼ぐことが最も難しいからですね。

アフィリエイトで月1万円を稼ぐことは簡単そうに思えますが、実際には100人アフィリエイトを始めたら目標を達成できるのは50人にも満たないはずです。

それだけ最初の月1万円の壁は高く、多くの人が継続できずに挫折していきます。

SNSでも「アフィリエイト始めました!」と言っていた人が気づいたらいなくなっているのは、あたりまえのことですね

しかし、逆を言えばアフィリエイトで月1万円を稼げれば、それから収入はドンドン伸びていきます。

イメージとしては下記の通りです。

アフィリエイト収入の伸び方

つまり、アフィリエイトで月1万円の目標が達成できれば、更に収入を伸ばしてもOK。作業量を減らして安定的な半不労所得を得るのもOK。というように自由な選択をできるようになります。

上記の理由から、アフィリエイトを始めた場合には、まずは月1万円の半不労所得を目指すのがおすすめです。

アフィリエイトで月1万円の半不労所得を目指そう!

アフィリエイトで不労所得まとめ

これで「アフィリエイトは不労所得になるの?」の内容は終わりです。

どのビジネスにも言えることですが、完全な不労所得を作るのはかなり難しいです。

アフィリエイトを始めたら、まずは月1万円の半不労所得を目指しましょう。

当ブログでは、アフィリエイトの始め方を完全初心者に向けて紹介しています。

これからアフィリエイトに挑戦したい場合には、ぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。