ココナラ占いで使える3,000円クーポン【無料登録でGET!】

英語のスラング「143」・「831」の意味とは?【使い方も紹介!】

英語のスラング「143」の意味とは?

英語のスラング「143」の意味は「I love you」。これは、「I」「love」「you」を各文字の数字に変換したもので、数字の「1」「4」「3」が「I」「love」「you」を意味しています。このスラングは、愛する人に対して使用されることが多いです。例えば、「143 my dear」「143 forever」といった表現が使用されます。「-143」だと「I don’t love you」の意味になります。

「143」の使い方・例

「143」の使い方・例は、愛する人に対して使用されることが多いです。SNSやメッセージ、電話などで使用されることが多いです。「143 my love」「143 always」など、愛情を表した表現が使用されます。

「-143」だと逆の意味になる

「-143」だと逆の意味になります。「I don’t love you」という意味になります。愛していない人に対して使用されることがあります。

英語のスラング「143」は「I miss you(あなたがいなくて寂しい)」と意味する場合もある

英語のスラング「143」は「I miss you(あなたがいなくて寂しい)」と意味する場合もあり、「143」の数字を文字に変えて「I miss you」と表現することもできます。これは、「I」「miss」「you」を各文字の数字に変換したもので、数字の「1」「4」「3」が「I」「miss」「you」を意味しています。このように、意味を変えることで使い分けることもできます。

英語のスラング「143」は「I hate you(あなたが嫌いです)」と意味する場合もある

英語のスラング「143」は「I hate you(あなたが嫌いです)」と意味する場合もありますが、通常は「I love you」の意味で使われることが多いです。「I hate you」という意味で使用する場合は、「-143」のように「I don’t love you」の意味になります。

英語のスラング「831」の意味とは?

英語のスラング「831」の意味は「I love you」。これは、「8」「3」「1」を各文字の数字に変換したもので、数字の「8」「3」「1」が「I」「love」「you」を意味しています。このスラングは、8月31日を「I love you」の日として使用することが多いです。例えば、「831 my dear」「831 forever」といった表現が使用されます。「-831」だと「I don’t love you」の意味になります。

「831」の使い方・例

「831」の使い方・例は、愛する人に対して使用されることが多いです。SNSやメッセージ、電話などで使用されることが多いです。「831 my love」「831 always」など、愛情を表した表現が使用されます。

「-831」だと逆の意味になる

「-831」だと逆の意味になります。「I don’t love you」という意味になります。愛していない人に対して使用されることがあります。

8月31日は「I love you」の日

8月31日は「I love you」の日として、「831」のスラングを使用することが多いです。友達や恋人、家族などに対して、「831」を使って「I love you」と伝えることができます。

英語のスラング「143」と「831」の意味の違い

英語のスラング「143」と「831」の意味の違いは、「143」は通常の愛の表現として使用され、「831」は8月31日を「I love you」の日として使用されることが多いです。

「143」や「831」以外の英語のスラング【意味・使い方】

「143」や「831」以外にも、「ily」「ilysm」「ily2」などの「I love you」を意味するスラングがあります。また、「ilym」「ilyl」「ily4e」など、愛を強調するスラングもあります。

「10」のスラングの意味・使い方

「10」のスラングの意味は「perfect」、使い方は「That’s a 10」や「You look 10」など。 「10」は、「10 out of 10」の意味で完璧なことを表します。

「182」のスラングの意味・使い方

「182」のスラングの意味は「I hate you」、使い方は「182 that person」や「I 182 this situation」など。「182」は、「I hate you」の意味で使用されます。

「1337」のスラングの意味・使い方

「1337」のスラングの意味は「elite」、使い方は「He’s 1337 at coding」や「That’s some 1337 gaming」など。「1337」は、「elite」や「expert」の意味で使用されます。

「101」のスラングの意味・使い方

「101」のスラングの意味は「basic knowledge」、使い方は「I need a 101 on how to do this」や「This is 101 stuff」など。「101」は、「基本」や「基本的な知識」を表します。

「24/7」のスラングの意味・使い方

「24/7」のスラングの意味は「24 hours a day, 7 days a week」、使い方は「We’re open 24/7」や「I’m available 24/7」など。「24/7」は、「24時間365日」の意味で使用されます。

「2moro」のスラングの意味・使い方

「2moro」のスラングの意味は「tomorrow」、使い方は「See you 2moro」や「Let’s meet 2moro」など。「2moro」は、「tomorrow」を短縮した形で使用されます。

「2nite」のスラングの意味・使い方

「2nite」のスラングの意味は「tonight」、使い方は「Let’s hang out 2nite」や「I’ll call you 2nite」など。「2nite」は、「tonight」を短縮した形で使用されます。

「2BH」のスラングの意味・使い方

「2BH」のスラングの意味は「to be honest」、使い方は「2BH, I don’t like it」や「2BH, I’m not sure」など。「2BH」は、「honestly」や「to tell you the truth」の意味で使用されます。

「220」のスラングの意味・使い方

「220」のスラングの意味は「two to one」、使い方は「It’s 220 in favor」や「The vote was 220」など。「220」は、「two to one」の意味で使用されます。

「HB2U」のスラングの意味・使い方

「HB2U」のスラングの意味は「happy birthday to you」、使い方は「HB2U!」や「Sending lots of love on your HB2U!」など。「HB2U」は、誕生日を祝う際に使用される表現です。

「U2」のスラングの意味・使い方

「U2」のスラングの意味は「you too」、使い方は「Have a good day!」「U2」など。「U2」は、「you too」や「you as well」の意味で使用されます。

「20」のスラングの意味・使い方

「20」のスラングの意味は「location」、使い方は「Meet me at the 20」や「I’ll be at the 20 in 10 minutes」など。「20」は、場所を表す際に使用される言葉です。

「2EZ」のスラングの意味・使い方

「2EZ」のスラングの意味は「too easy」、使い方は「That test was 2EZ」や「That game was 2EZ」など。「2EZ」は、「簡単すぎる」や「つまらない」を表す言葉です。

「2L8」のスラングの意味・使い方

「2L8」のスラングの意味は「too late」、使い方は「I missed the train, it’s 2L8」や「I wish I came earlier, but it’s 2L8」など。「2L8」は、「遅すぎる」や「後悔」を表す言葉です。

「2C」のスラングの意味・使い方

「2C」のスラングの意味は「to see」、使い方は「I can’t wait 2C you」や「I hope 2C you soon」など。「2C」は、「見る」や「会う」を短縮した形で使用されます。

「<3」のスラングの意味・使い方

「<3」のスラングの意味は「heart」、使い方は「I <3 you」や「Sending <3」など。「<3」は、ハートを表す記号で、愛や感情を表します。

「303」のスラングの意味・使い方

「303」のスラングの意味は「mom」、使い方は「I’m going to the store, be back soon 303」や「303, can you pick me up from school?」など。「303」は、「mom」を短縮した形で使用されます。

「404」のスラングの意味・使い方

「404」のスラングの意味は「error」、使い方は「404 error on the website」や「404, page not found」など。「404」は、インターネット上でのエラーを表します。

「411」のスラングの意味・使い方

「411」のスラングの意味は「information」、使い方は「Can I get some 411 on that?」や「I need 411 on the party」など。「411」は、情報を求める際に使用される言葉です。

「4GM」のスラングの意味・使い方

「4GM」のスラングの意味は「forgive me」、使い方は「4GM, I didn’t mean to hurt you」や「Can you 4GM me?」など。「4GM」は、謝罪や許しを求める際に使用される言葉です。

「G4U」のスラングの意味・使い方

「G4U」のスラングの意味は「good for you」、使い方は「G4U, you got the promotion」や「G4U, you passed the exam」など。「G4U」は、他人の成功を祝う際に使用される言葉です。

「B4」のスラングの意味・使い方

「B4」のスラングの意味は「before」、使い方は「I’ll call you B4 I leave」や「B4 we start, let’s go over the rules」など。「B4」は、「前に」や「先に」を短縮した形で使用されます。

「B4N」のスラングの意味・使い方

「B4N」のスラングの意味は「bye for now」、使い方は「Gotta go, B4N」や「Talk to you later, B4N」など。「B4N」は、一時的に別れる際に使用される言葉です。

「4get」のスラングの意味・使い方

「4get」のスラングの意味は「forget」、使い方は「Don’t 4get to bring the keys」や「I 4got my phone at home」など。「4get」は、「忘れる」を短縮した形で使用されます。

「4sale」のスラングの意味・使い方

「4sale」のスラングの意味は「for sale」、使い方は「This car is 4sale」や「I have a bike 4sale」など。「4sale」は、「販売中」を短縮した形で使用されます。

「4EVA」のスラングの意味・使い方

「4EVA」のスラングの意味は「forever」、使い方は「I’ll love you 4EVA」や「We’ll be friends 4EVA」など。「4EVA」は、「永遠」を短縮した形で使用されます。

「J4F」のスラングの意味・使い方

「J4F」のスラングの意味は「just for fun」、使い方は「We’re playing this game J4F」や「I’m doing this project J4F」など。「J4F」は、「楽しんで」や「気分転換」を表す言葉です。

「420」のスラングの意味・使い方

「420」のスラングの意味は「marijuana」、使い方は「Let’s smoke some 420」や「It’s 420 time」など。「420」は、大麻を表す言葉で、特に4月20日に大麻を吸うことを祝う日として使用されます。

「45」のスラングの意味・使い方

「45」のスラングの意味は「45 degree angle」、使い方は「Hold it at a 45」や「Turn it to a 45」など。「45」は、45度の角度を表す言葉で使用されます。

「Gr8」のスラングの意味・使い方

「Gr8」のスラングの意味は「great」、使い方は「That was Gr8」や「You did Gr8」など。「Gr8」は、「素晴らしい」や「すごい」を短縮した形で使用されます。

「831」のスラングの意味・使い方

「831」のスラングの意味は「I love you」、使い方は「831, my love」や「Sending 831 to you」など。「831」は、8月31日を「I love you」の日として使用され、愛を表す言葉として使用されます。

「L8r」のスラングの意味・使い方

「L8r」のスラングの意味は「later」、使い方は「See you L8r」や「Talk to you L8r」など。「L8r」は、「後で」や「また後で」を短縮した形で使用されます。

「W8」のスラングの意味・使い方

「W8」のスラングの意味は「wait」、使い方は「W8 a minute」や「Can you W8 for me?」など。「W8」は、「待つ」を短縮した形で使用されます。

「99」のスラングの意味・使い方

「99」のスラングの意味は「parent is no longer watching」、使い方は「99, let’s party」や「99, we can do whatever we want」など。「99」は、親が見ていないことを表す言葉で使用されます。

「9-to-5」のスラングの意味・使い方

「9-to-5」のスラングの意味は「regular office hours」、使い方は「I have a 9-to-5 job」や「I’m stuck in the 9-to-5 grind」など。「9-to-5」は、通常のオフィスワークの時間帯を表す言葉で使用されます。

「10q」のスラングの意味・使い方

「10q」のスラングの意味は「thank you」、使い方は「10q for your help」や「10q for the compliment」など。「10q」は「thank you」を短縮した形で使用されます。